記事ID84069のサムネイル画像

【AAA】日高光啓と噂になっている彼女はグループ内にもいる!?

男女7人のパフォーマンスグループ【AAA】の日高光啓さん。「SKY-HI」という別名でソロとしても活躍しています。日高光啓さんには、お付き合いしている彼女はいるのでしょうか?日高光啓さんの噂の彼女は、同じグループ内にいるらしいのです。その真相は?

日高光啓プロフィール

日高光啓さんのプロフィールを紹介します。
生年月日:1986年12月12日
出身地:千葉県市川市
元音楽ユニットMother Ninja(2006年 - 2010年)及び西風雲(2009年)のメンバー
日高光啓さんは2005年、鈴木亜美さんの「Eventful」のバックダンサーを務めたことがあるそうです。
AAA8枚目のアルバム「Eighth Wonder」収録曲「drama」で、作詞を担当しています。

日高光啓の所属グループ「AAA」

日高光啓さんが所属する「AAA」は、男女7人のパフォーマンスグループです。「AAA」は、「Attack All Around」(アタック・オール・アラウンド)の頭文字をとったものだそうです。意味は、「すべてのことに挑戦する」。2005年9月、デビューシングル「BLOOD on FIRE」をリリース。

「AAA」のメンバーのプロフィールを紹介します。

日高光啓の所属グループ「AAA」:西島 隆弘

生年月日:1986年9月30日
出身地:北海道札幌市
別名:Nissy
元アイドルグループ「Japs」(2003年 - 2004年)および音楽グループ西風雲(2009年)のメンバー。日高光啓さんや浦田直也さんも同じメンバーです。
2009年 初出演・初主演映画「愛のむきだし」で、キネマ旬報ベスト・テン・毎日映画コンクール新人賞受賞
2013年 Nissyで、ソロデビュー

日高光啓の所属グループ「AAA」:浦田 直也

生年月日:1982年11月10日
出身地:東京都
別名:URATA NAOYA urata naoya(AAA)
元音楽グループ西風雲のメンバー(2009年)
日高光啓さんや與 真司郎さんも同じメンバーです。
2002年 浜崎あゆみのバックダンサーとして活動。
2009年 URATA NAOYAで、ソロデビュー

日高光啓の所属グループ「AAA」:與 真司郎

生年月日:1988年11月26日
出身地:京都府
別名:SHINJIRO ATAE
元音楽グループ西風雲のメンバー(2009年)
日高光啓さんや末吉秀太さんも同じメンバーです。
2006年 初主演ドラマ「心霊探偵 八雲」
2010年 初主演映画「ラムネ」

日高光啓の所属グループ「AAA」:末吉 秀太

生年月日:1986年12月11日
出身地:長崎県佐世保市
元インディーズグループ「FRIENDS」のサブリーダー(2003年)
音楽グループ西風雲のメンバー(2009年)
日高光啓さんや西島隆弘さんも同じメンバーです。
2005年 「第56回NHK紅白歌合戦」「CDTV」で、鈴木亜美のバックダンサーを務めていました。
2009年 舞台「Love Musical」主演

日高光啓の所属グループ「AAA」:宇野 実彩子

生年月日:1986年7月16日
出身地:東京都江戸川区
高校1年生のとき、エイベックスオーディション2002に応募。最終選考「ボーカル部門」A2ランク5位、「ダンス部門」優勝し、合格。
食事・健康・美容に関する生活の公認ファスティングカウンセラーでもあります。
2009年 日高光啓さんと東京オリンピック・パラリンピック招致イベント「TOKYO MOVE UPトークスペシャル」に歌手代表として出演しています。
2010年 映画「ランデブー!」主演

日高光啓の所属グループ「AAA」:伊藤 千晃

生年月日:1987年1月10日
出身地:愛知県名古屋市
別名:chiaki
台湾の限定バンドCLOVER楽団(2008年)のメンバー
2004年 avexオーディション合格
2005年 日高光啓さんが所属する「AAA」に加入しました。
2006年 音楽情報番組「音時間」MC

日高光啓は元ジャニーズ!?

日高光啓さんは中学の時にジャニーズ事務所に入り、avaxのオーディションに合格するまでの間、ジャニーズJr,として活動していたそうです。

日高光啓がジャニーズを辞めた理由

日高光啓さんがジャニーズを辞めた理由は、「生歌が良くても口パク」「ジャニーズJr,として売れなかった」「ラップをやりたかったが、ジャニーズJr,ではできなかった」と言われています。しかし、本当の話なのかは定かではありません。

日高光啓がジャニーズ時代の同期は?

日高光啓さんがジャニーズ時代の同期は、NEWSの小山慶一郎さん、Kis-My-Ft2の横尾渉さんだそうです。

日高光啓=ラッパー(SKY-HI)

日高光啓さんは「SKY-HI」という名前でソロ活動もしています。2011年には、「SKY-HI a.k.a. 日高光啓(AAA)」で他のアーティスト客演参加をしていました。ソロデビューすると、名義を「SKY-HI」に統一しています。

日高光啓は俳優としても活躍していた

日高光啓さんは西島隆弘さんと一緒に、辻仁成の恋愛小説が原作の映画「サヨナライツカ」に出演しています。沓子役の中山美穂さんと豊役の西島秀俊さんの息子役でした。

日高光啓の彼女と噂されている女性

日高光啓さんの彼女と噂されている女性は次の人たちです。

日高光啓の彼女と噂されている女性:一般の女性

日高光啓さんの彼女と噂されている女性の中には、一般の女性もいます。一般の人なので、写真はありません。しかし、彼女と噂のある女性は、自身のブログで日高光啓さんとキスをしている写真を公開していたとか。今は閲覧できないそうです。本当かどうかわ分かりませんが、彼女にそんな写真を公開されたら困りますよね。

日高光啓の彼女と噂されている女性:宇野実彩子

日高光啓さんと宇野実彩子さんは、2人でディズニーランドに行ったことがあるとか。ディズニーランドは、彼女とデートに行く場所でもありますよね。

日高光啓の彼女と噂されている女性:伊藤千晃

日高光啓さんと伊藤千晃さんは「AAA」のメンバー。2人ともメインでラップとダンスを担当しているという共通点もあります。ライブ中にツーショットが多かったり、伊藤千晃さんが日高光啓さんに対してスキンシップが多かったことから、彼女だと噂になりました。

日高光啓の彼女と噂されている女性:黒坂優香子

日高光啓さんの彼女と噂されている女性は、黒坂優香子さんです。日高光啓さんがそろ活動をしているSKY-HIのMVで、日高光啓さんが黒坂優香子さんに壁ドンをしているところや接近しているシーンがあることから、彼女だという噂が流れたそうです。ただ、証拠がないので、黒坂優香子さん彼女説はガセのようです。

では、日高光啓さん以外の他のメンバーはどうでしょう?彼女はいるのでしょうか?噂になった彼女はこの人たちです。

「AAA」西島隆弘の彼女と噂されている女性

「AAA」西島隆弘の彼女と噂されている女性:三好 絵梨香

西島隆弘さんの彼女とだと言われていたのが、元美勇伝の三好絵梨香さんです。2人とも北海道出身で、同じアクターズスクールに通っていたそうです。ペアの物を公表したりしてファンの間では有名だったそうですが、三好絵梨香さんは2013年に結婚しています。

「AAA」西島隆弘の彼女と噂されている女性:福田沙紀

西島隆弘さんと福田沙紀さんは、2009年ドラマ「ゴーストフレンド」で共演。このドラマで2人のキスシーンあり。共演から交際に発展するのはよくある話。彼女だと噂があったようですが、デートをしているところを目撃されたこともないようなので、彼女だというのは、ただの噂かもしれませんね。

「AAA」西島隆弘の彼女と噂されている女性:宇野実彩子

西島隆弘さんと宇野実彩子さんはとても仲が良く、デートをしている姿を何度も目撃されているようですし、週刊誌にも撮られています。宇野実彩子さんは、西島隆弘さんの彼女なのでしょうか。宇野実彩子さんさんは「メンバーは恋愛対象にならない」、西島隆弘さんは「女性として見ていない」と言っているようですが。果たして真相は。。。

「AAA」西島隆弘の彼女と噂されている女性:伊藤千晃

西島隆弘さんと伊藤千晃さんは、ファンの間で「にしちあ」コンビと呼ばれているそうです。仲が良すぎて、彼女~結婚相手とまで言われていたとか。それもこれもライブ中に親密な行動があったせい?しかし、2人とも「彼氏・彼女には見えない」と言っているそうですよ。

「AAA」與真司郎の彼女と噂されている女性

「AAA」與真司郎の彼女と噂されている女性:宇野実彩子

英語が堪能な與真司郎さんと宇野実彩子さん。お互いツイッターで公開ツイートしているそうです。ツーショット写真も多いことから、與真司郎さんの彼女だと言われています。

「AAA」與真司郎の彼女と噂されている女性:伊藤千晃

與真司郎さんと伊藤千晃さんはメンバーの中で一番仲が良く、ファンの間で「しんちあ」コンビと呼ばれているそうです。ライブでもハグをしたりしているので、彼女ではないかと言われています。

まとめ

いかがでしたか?
宇野実彩子さんと伊藤千晃さんは、日高光啓さんの彼女?西島隆弘さんの彼女?それとも與真司郎さんの彼女?なのでしょうか。同じグループ内で熱愛の噂が出るってことは、それくらい皆仲が良いということでしょうね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ