記事ID69792のサムネイル画像

    韓国ドラマ『トキメキ成均館スキャンダル』の魅力あふれるキャスト

    韓国ドラマ『トキメキ成均館スキャンダル』は日本でも人気があるドラマです。とっつきが悪い韓国の時代劇を面白く魅力的なものにしたのは、そのキャストにあります。『トキメキ成均館スキャンダル』の魅力あふれるキャストについて紹介します。

    『トキメキ成均館スキャンダル』とは?

    原作は小説

    『トキメキ成均館スキャンダル』は小説『成均館儒生たちの日々』をドラマ化したものです。韓国の放送局KBSが2010年に制作・放送しました。キャストに東方神起で活躍の後、本格的に俳優として始動したばかりのパク・ユチョンが主役の1人になり話題を呼びました。

    現存する成均館大学が舞台

    『トキメキ成均館スキャンダル』は韓国の名門大学、成均館大学が舞台になっています。成均館大学は数々の韓国ドラマに登場していますが、朝鮮王朝時代から存在する名門なんですね。

    どういうストーリー?

    『トキメキ成均館スキャンダル』は、家族を養うために大学の入学試験の替え玉受験を引き受けていた頭が良い娘キム・ユニが男ばかりの成均館に入学してしまうことから起こる騒動を描いたラブコメディ時代劇です。

    女性が男装して男性の中に混じって勉強やスポーツをするというストーリーは日本のドラマにもよくあるのですが、面白そうで、つい見てみようかなと思いませんか?『トキメキ成均館スキャンダル』は固くなりがちな時代劇にコメディの要素を入れたことで、とても見やすくなりました。キャストも若い人が中心で斬新でした。

    『トキメキ成均館スキャンダル』の魅力的なキャスト~パク・ユチョン

    主役4人衆のキャスト~イ・ソンジュン役 パク・ユチョン

    『トキメキ成均館スキャンダル』の魅力はキャストの斬新さにもあります。元東方神起でJYJのユチョンが主役の1人イ・ソンジュン役にキャスティングされたことによって、彼のファンの人たちが盛り上がりドラマの人気にもつながっていきました。

    ユチョンのプロフィール

    ユチョンは1986年6月4日生まれ 2004年に韓国で東方神起のメンバーとして人気を集めます。東方神起脱退後は音楽ユニットJYJのメンバーとなり、同時に俳優業にも力を入れてきました。出演ドラマは『トキメキ成均館スキャンダル』の他、『ミス・リプリー』『屋根部屋のプリンス』『会いたい』『スリーディズ~愛と正義~』『匂いを見る少女』と引っ張りだこの人気俳優です。

    韓国ドラマファンは『トキメキ成均館スキャンダル』で初めてユチョンを見てファンになったという人も多いですね。このドラマ以来、日本で俳優としても人気が急上昇しました。

    『トキメキ成均館スキャンダル』の魅力的なキャスト~主役4人衆

    主役4人衆のキャスト~キム・ユニ役 パク・ミニョン

    『トキメキ成均館スキャンダル』のキャストはユチョンを合わせて主役が4人いて、それぞれ個性豊かな魅力ある人物でした。その中でも女性でありながら男性だらけの世界に飛び込んでしまうキム・ユニ役のパク・ミニョンは男装でがんばっていました。

    パク・ミニョンのプロフィール

    1986年3月4日生まれ 
    主な出演ドラマは『トキメキ成均館スキャンダル』の他は『アイ・アム・セム』『シティハンター in Seoul』『Dr.JIN』など、人気作に出演しています。

    主役4人衆のキャスト~ク・ヨンハ役 ソン・ジュンギ

    『トキメキ成均館スキャンダル』のイケメン4人衆のキャストの中でも一段と整った美しい容貌のソン・ジュンギは、ソンジュンとユニの上級生でありプレイボーイの役にぴったりでした。

    ソン・ジュンギのプロフィール

    ソン・ジュンギは1985年9月19日生まれ。その端正な容姿から、もっと早くに人気が出ても良かった俳優さんですが、人気が爆発したのは『トキメキ成均館スキャンダル』で主役の1人になってからです。主な出演作に映画『ボクとマウミの物語』ドラマ『根の深い木』『優しい男』『太陽の末裔』など。人気アイドルグループSHINee(シャイニー)のリーダー、オニュとよく似ていると言われています。

    主役4人衆のキャスト~ムン・ジェシン役 ユ・アイン

    個性派ぞろいのキャストの中でも、一番の個性派といったら、ムン・ジェシンとそれを演じたユ・アインです。名門大学の生徒とは思えないワイルドさで、その魅力にハマった人も多いかもしれません。

    ユ・アインのプロフィール

    ユ・アインは1986年10月6日生まれ。映画『Antique~西洋骨董洋菓子店』で主役に抜擢され『トキメキ成均館スキャンダル』のムン・ジェシン(コロ)役で爆発的な人気を得ました。悪役、純粋な青年、王様とどんな役でもこなす俳優として注目されています。主な出演作は映画『王の運命-歴史を変えた八日間-』ドラマ『ファッション王』『チャン・オクチョン』『密会』など。

    『トキメキ成均館スキャンダル』はストーリーも面白いですが、主役のキャストもとても魅力的なのがわかりますよね。主役だけでなく脇役のキャストも個性派ぞろいで、どこかで見たことがある顔ぶれが揃っています。

    トキメキ成均館スキャンダルの魅力的なキャスト~脇役のキャストは?

    脇役のキャスト~チョン・ヤギョン役 アン・ネサン

    成均館の教授である実在の人物チョン・ヤギョンを演じたのはアン・ネサンです。いろいろなドラマの脇役として出演していますので『トキメキ成均館スキャンダル』以外でも顔を見たことがあるのでは?主な出演作は『復活』『太陽を抱く月』『漢城別曲』『噂のチル姫』『怪しい三兄妹』など多数。

    脇役のキャスト~ハ・インス役 チョン・テス

    『トキメキ成均館スキャンダル』で何かとミニとソンジュンを敵視する上級生を演じていたチョン・テス。誰かに似ていると思いませんか?彼の実姉は人気女優ハ・ジウォンなのです。
    1984年3月2日生まれ。まだドラマ出演は多くはないですが、時代劇で魅力を発揮する俳優さんです。

    脇役のキャスト~朝鮮王正祖役 チョ・ソンハ

    『トキメキ成均館スキャンダル』の時代は『イ・サン』の時代ですから、正祖王が登場します。時代劇に出演することが多いチョ・ソンハさんですが『キム・マンドク 美しき伝説の商人』でも正祖役を演じているのは面白いですね。

    脇役のキャスト~イ・ジョンム役 キム・ガプス

    『トキメキ成均館スキャンダル』でソンジュンの父、イ・ジョンムを演じているのはキム・ガプス。時代劇、現代劇問わず、ドラマには欠かせない名脇役です。悪人、善良な人物、何でも来いです。主な出演ドラマは『太祖王建』『復活』『海神』『大王世宗』『推奴』など多数。

    脇役のキャスト~ハ・ウギュ役 イ・ジェヨン

    時代劇でよく見かける俳優さんです。『トキメキ成均館スキャンダル』でも、どちらかと言えば悪役でしたが、その風貌に反して人の好い役を演じることもあるます。主な出演作は『ピアノ』『イ・サン』『トンイ』『海神』『朱蒙』『夜警日誌』『根の深い木』など多数。

    脇役のキャスト~ユニの母役 キム・ミギョン

    韓国ドラマをよく見る人なら、一度は見たことがある女優さんです。『トキメキ成均館スキャンダル』ではユニの母でした。ちょっとおっかないけれど子ども思いのお母さん、という役柄が似合います。主な出演作は『大望』『太王四神記』『春のワルツ』『会いたい』『君の声が聞こえる』『シークレットガーデン』等多数。

    脇役のキャスト~ハ・ヒョウン役 ソ・ヒョリム

    『トキメキ成均館スキャンダル』ではソンジュンの婚約者で、ちょっと切ないお嬢様役でした。出演作は多くないですが、意外とインパクトがある役が多いですね。主な出演作は『女の香り』『その冬、風が吹く』『彼らが生きる世界』『主君の太陽』など。

    脇役のキャスト~チョソン役 キム・ミンソ

    『トキメキ成均館スキャンダル』の中で美貌の売れっ子妓生チョソンを演じています。時代劇姿になると、とても存在感があります。主な出演作は『太陽を抱く月』『赤と黒』『華政(ファジョン)』など。

    いかがでしょうか?『トキメキ成均館スキャンダル』の人気は脇役キャストの力によるところも大きいですよね。脇役がいい演技をしてくれるからこそ主役たちが生きてきます。それぞれ、その役柄に合っていて、とても素晴らしいキャストでした。

    韓国ドラマ初心者にもおすすめの『トキメキ成均館スキャンダル』

    『トキメキ成均館スキャンダル』は時代劇が苦手だという人たちにも人気になった韓国ドラマです。ストーリーもキャストも魅力的なドラマは、どこの国のものでも時代設定がいつでも、あまり関係がないですね。

    いかがでしたか?韓国ドラマ『トキメキ成均館スキャンダル』のキャストの魅力についてご紹介させていただきました。このドラマは韓国ドラマを見たことがない、時代劇が苦手だという方にもおすすめですので、機会があれば一度ご覧になってください。きっと楽しんでいただけることでしょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ