記事ID64949のサムネイル画像

窪田正孝さんが過去の出演ドラマや出演映画をご紹介します!

窪田正孝さんはドラマや映画で様々な作品に出演されていますよね!そんな窪田正孝さんのプロフィールやデビューのきっかけなどについてと窪田正孝さんの過去の出演ドラマや窪田正孝さんの過去の出演映画の中でも代表的な作品をご紹介します!

窪田正孝さんについて

最近多数のドラマや映画に出演されている窪田正孝さんですが、そんな窪田正孝さんについてご紹介したいと思います!

窪田正孝さんのプロフィール

窪田正孝

生年月日 1988年8月6日
出身地 神奈川県
血液型 B型
身長 175cm
所属事務所 スターダストプロモーション

窪田正孝さんは小学生時代には野球・中学生時代には漫画SLAM DUNKの影響でバスケットボールをされていたそうです!

また、窪田正孝さんはお肉と甘いものも大好きだそうです。

特に、ガリガリくんを食べると気合が入るんだとか。

映画を見ながら、気付いたらアイスを30本も食べていた経験があるんだとか……。

窪田正孝さんは男三人兄弟の末っ子で兄二人がバイクに乗っていた影響もありバイクが好きな事で有名です。
過去にはバイクのCMにも出演されていた事もあります。

そんな窪田正孝さんのデビューのきっかけはどのような事からだったのでしょうか?

窪田正孝さんのデビューのきっかけ

窪田正孝さんは芸能界を目指していたわけではなく高校時代にはガソリンスタンドで働きながら整備士を目指して工業高校に通っていたそうです。

窪田正孝さんはお母さんの勧めでDe☆Viewの雑誌内からスターダストプロモーションのオーディションを見つけて応募して事務所のスターダストプロモーションに所属する事になりました。

そんな窪田正孝さんの過去に出演されたドラマにはどのようなものがあるのでしょうか?

窪田正孝さんの過去の出演ドラマ

窪田正孝さんの過去の出演ドラマの中でも代表的な作品をご紹介します!

チェケラッチョ!! in TOKYO

窪田正孝さんの過去の出演ドラマ


2006年にフジテレビ系列で放送されたチェケラッチョ!! in TOKYOで主役の青葉拓実役を務めています。この作品は、窪田正孝さんの初主演ドラマとなりました。

コンセプトは、「若いENERGYに不可能なんてない!自分が踏み出しさえすれば、『夢』は必ず叶う」というもの。
今、夢がある人もこれからみつける人にも、“夢に近づくきっかけ”をあげられる番組です。

ケータイ捜査官7

窪田正孝さんの過去の出演ドラマ


2008年にはテレビ東京系列で放送されたドラマケータイ捜査官7で主人公の網島ケイタ役で窪田正孝さんは主演を務めています。

これはそう遠くない未来(=明日未来)の物語。
高校生の網島ケイタは、幼い頃から転校を繰り返したことから、学校では友達もいなくて浮いている、無気力な少年。何事にも投げやりで、できるだけ他人との接触を避ける生活をしていた。
ある日、ケイタは工事作業用の機械が暴走する事件に巻き込まれてしまう。そこには滝本壮介という男と、1体の動く携帯電話がいた。ケイタはその携帯電話・フォンブレイバー7の指示に従い、事件の解決に貢献する。傷ついた滝本は死亡、ケイタは滝本が所属していた機関のエージェントとして活動することとなった。

出典:https://ja.wikipedia.org

浪花の華〜緒方洪庵事件帳〜

窪田正孝さんの過去の出演ドラマ


2009年にはNHK総合にて放送されたドラマ浪花の華〜緒方洪庵事件帳〜で主人公の緒方章役で窪田正孝さんは主演を務めています。

いつもはあまり見ることのできない、和服姿の窪田正孝さんに注目です!

“将軍様のお江戸”や“天子様の京”と並び、「天下の台所」として栄えた商人の町、大坂。
文政年間(1829年頃)のこの町で、ヘタレ侍の蘭学生・緒方章(後の幕末の名医・緒方洪庵)と、謎の男装の麗人・左近が、運命の出会いを果たした!
武芸が苦手で人づきあいも下手な章だが、持ち前の正義心と実直さから左近と共に事件に巻き込まれ、次第に彼女にひかれていく。住む世界の違う二人だけに、決して結ばれることのない恋と知りつつ・・・・。
若き二人の周りに多彩な人物を配し、サスペンスと活劇の味付けをスタイリッシュに施した、爽やかで少し切ない青春物語。
浪花の華が、今開く!

出典:https://www.nhk.or.jp

平清盛

窪田正孝さんの過去の出演ドラマ


2012年にはNHKの大河ドラマ平清盛で窪田正孝さんは平清盛の清盛の後継者として期待された人物である平重盛役を演じました。

窪田正孝さんが演じる重盛は、常に姿勢も所作も美しく、平治の乱での源頼朝の長男・義平(波岡一喜)との一騎打ち(第27回「宿命の対決」)では、凛々しくも勇ましい立ち回りをみせます。

SUMMER NUDE

窪田正孝さんの過去の出演ドラマ


2013年の月9ドラマSUMMER NUDEでは窪田正孝さんは海の家の常連客で魚屋の息子でありレンタルビデオ店でアルバイトしている桐畑 光役を演じました。

カフェアンドバー「港区」海の家「青山」の常連客で魚屋の息子。普段はレンタルビデオ店でアルバイトしている。感情を表に出さない文学青年。イメージは「メガネの文庫本」。そのメガネの外した瞬間にあおいが胸キュンになる。波奈江とは高校以来の付き合い。波奈江が好きだったが表に出さず、朝日に相手にされない波奈江を常に傍で見守っていた。後半では映画監督を目指して東京へ出、最後には波奈江と結婚する。

出典:https://ja.wikipedia.org

デスノート

窪田正孝さんの過去の出演ドラマ

2015年には日本テレビ系列で放送されたデスノートで窪田正孝さんは主人公の夜神月役で主演のを務めています。
この作品は、最終回視聴率14%越えの話題作。窪田正孝さんの演技力が、世間にさらに認められることとなった代表作といっても過言ではありません。回を重ねるにつれて狂気じみていく主人公を演じる窪田正孝さんに注目です。

主人公の夜神月(やがみ ライト)は、居酒屋でアルバイトをしながら公務員を目指している、ごく平凡な大学生。過去に母親を亡くした際に、父親が仕事に追われていたことから、父親に確執を持っており、世の中を斜に見ていた。

ある日、親友の鴨田が高校時代の同級生・佐古田に恐喝される現場に遭遇。恐喝をやめさせようとするも、力無く為す術もなかった月は自分の無力さを知り、「力が欲しい」と願う。そんな月の頭上に、夜空からDeath Noteと表紙に書かれた黒いノートが落ちてきた。「名前を書かれた人間は死ぬ」という裏表紙の記述に呆れながれも、つい佐古田の名前を書いてしまう月。そして翌日、佐古田が死亡したという知らせが入り、彼はそれが本当に人間を殺せるノートであったと知る。

出典:https://ja.wikipedia.org

臨床犯罪学者 火村英生の推理

窪田正孝さんの過去の出演ドラマ

2016年には日本テレビ系列で放送中の臨床犯罪学者 火村英生の推理では斎藤工さん演じる火村 英生と共に窪田正孝さん演じる有栖川 有栖も主人公となっています。

有栖川 有栖(ありすがわ ありす)
火村の大学時代からの友人。職業は推理作家で、本人によれば年収は同年代の平均的サラリーマンと同程度。専業作家になる前は印刷会社の営業マンだった。本シリーズのワトソン役で、「火村の良き、そして唯一の理解者」と紹介されることもある。32〜34歳。独身。大阪生まれ大阪育ちで、現在は大阪市天王寺区夕陽丘のマンションに住んでいる。

出典:https://ja.wikipedia.org

MARS〜ただ、君を愛してる〜

窪田正孝さんの過去の出演ドラマ
2016年には日本テレビ系列で放送中の臨床犯罪学者 火村英生の推理と同時期にMARS〜ただ、君を愛してる〜にも出演されていて藤ヶ谷太輔さん演じる樫野零と共に窪田正孝さん演じる桐島牧生はダブル主演となっています。

原作は、講談社「別冊フレンド」にて連載された累計発行部数500万部を超える少女コミック。少女漫画の枠を超えた“究極のラブストーリー”として90年代を席巻し、絶大な支持を得た。そんな少女コミック原作の映画化らしい王道的な胸キュンシーンが満載なのはもちろん、実はそれだけにとどまらないのが『MARS』の魅力。そのカギを握るのが、窪田さんが演じる牧生の存在だ。

出典:https://www.cinemacafe.net

ラストコップ

窪田正孝さんの過去の出演ドラマ
唐沢寿明演じる30年ぶりに昏睡状態から目覚めた刑事・京極浩介と、窪田正孝演じる横浜中央署刑事課の若手刑事・望月亮太の活躍を描くアクションコメディ。

1985年、刑事・京極浩介は凶悪犯・カグラを追い詰める際、仕掛けられていた爆弾の爆発に遭い、昏睡状態に陥った。30年後の2015年、昏睡から目覚めた浩介は刑事に復職したが、価値観や知識は1985年当時のままで周囲を困らせながらも数々の事件を再び解決していく。

出典:https://ja.wikipedia.org

僕たちがやりました

窪田演じる高校生のトビオたちが、起こした復讐計画が爆発事件に発展。事件がきっかけで初めて生きることに必死になったトビオたちが、右往左往しながらも成長していく様を、ハラハラドキドキの展開で描く“青春逃亡サスペンス”。

凡下高校生徒の2年生・増渕トビオは、同級生の丸山友貴と伊佐美翔、OBで金持ちのパイセンこと小坂秀郎と共に、そこそこ楽しい日常を送っていた。凡下高校の隣には、不良校で有名な矢波高校があり、彼らに目を付けられてしまったマルはボコボコにされてしまう。仕返しすることにしたトビオグループは夜間の矢波高校に忍び込み、パイセンの財力で作ったプラスチック爆弾を校舎の各場所に設置した。翌朝、遠隔操作で爆弾を起動させ、矢波高をパニックに陥れていくが、プロパンガスの近くに設置した爆弾の爆発がプロパンガスに誘爆し、死傷者も出る大惨事に発展する。

パイセンはトビオたちに口止め料を払い、伊佐美はグループを抜け、トビオとマルはパイセンと共に国外脱出を図るが……。

出典:https://ja.wikipedia.org

今回紹介しきれないぐらい数多くのドラマに出演されている窪田正孝さんですが、そんな窪田正孝さんが過去に出演された映画にはどのようなものがあるのでしょうか?

窪田正孝さんの過去の出演映画

最後に窪田正孝さんの過去の出演映画の中でも代表的な作品をご紹介します!

僕の初恋をキミに捧ぐ

窪田正孝さんの過去の出演映画
2009年には僕の初恋をキミに捧ぐの中で主人公である岡田将生さんが演じた垣野内 逞の親友である鈴谷律を演じました。

カノジョは嘘を愛しすぎてる

窪田正孝さんの過去の出演映画
2013年には映画カノジョは嘘を愛しすぎてるの中で窪田正孝さんはクリュードプレイというバンドのベースを演奏している篠原心也さん役を演じました。

ナニワ銭道

窪田正孝さんの過去の出演映画
2014年には映画ナニワ銭道で的場浩司さんとW主演で主人公の青威雄一郎を演じました。

予告犯

窪田正孝さんの過去の出演映画
2015年には映画予告犯でインターネットカフェで働く店員青山祐一を演じました。

石原さとみ×窪田正孝!2018年1月「アンナチュラル」スタート

主人公・ミコトの職業は、死因究明のスペシャリストである解剖医。
彼女が許せないことは、「不自然な死(アンナチュラル・デス)」を放置すること。不自然な死の裏側には、必ず突き止めるべき真実がある。不自然死の真相に、彼女は個性豊かなメンバーと共に立ち向かうことになる。

2018年1月からは、石原さとみさん×窪田正孝さんの豪華コンビによる連続ドラマ「アンナチュラル」がスタートします!窪田正孝さんは、石原さとみさん演じる法医解剖医の三澄ミコトと同じチームに属する記録員・久部六郎を演じます。

刑事役からバンドマンまで幅広く役をこなす窪田正孝さん、次の役もどんな仕上がりになっているのか気になりますね!

窪田正孝さんの過去の出演作品まとめ

窪田正孝さんについてと窪田正孝さんの過去の出演ドラマ・出演映画をご紹介しました!
同時に二本のドラマに出演されるほど大活躍されている窪田正孝さんの今後の活躍にも期待したいですね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ