羽生結弦を支える姉とは?!気になる家族構成や年収などもご紹介!

言わずと知れたフィギュアスケーター「羽生結弦」。今や日本だけではなく世界中からも大人気で、常に私たち視聴者を感動の渦にまきこんでくれる彼には、支えてくれる姉がいるよう!また、気になる家族構成や年収などもご紹介しちゃいます。

羽生結弦選手には支えてくれる大事な姉がいた!

今年行われた平昌オリンピックで金メダルを獲得し、ますます目が離せないフィギュアスケーターの羽生結弦選手

ここまで素晴らしい選手になったのは、もちろん彼自身の努力の賜物ではありますが、実は羽生結弦選手には、支えてくれる大事なお姉さんがいるようなのです!

姉もいる?羽生結弦の美しいプロフィール

羽生結弦選手のプロフィール

まずは羽生結弦選手のプロフィールを改めて確認しましょう。

・肩書き
 
フィギュアスケート選手

・生年
 
1994(平成06)12.07(射手座/B型)

・出身地

宮城県仙台市泉区 

・出身校
 
仙台市立七北田中学校 東北高校 早稲田大学人間科学部人間情報科学科

・略歴(満年齢)

10年(16歳)世界ジュニア選手権優勝。

12年(18歳)世界選手権銅メダル。
 
14年(20歳)ソチ五輪で金メダル。GPファイナル2連覇。

・趣味
 
音楽観賞 
テレビゲーム

・サイズ

171㎝
52㎏

・特記事項
・フィギュアスケート男子シングル史上初の金メダル

羽生結弦選手の私生活

□私生活

・好物…

寿司。

鍋。

焼肉。

・食が細い。普通の人に比べて食事中に胃腸が働き始めるのが遅い。

・体脂肪が少ない(3〜4%)ので風邪をひきやすい。

・身体が柔らかい。

・好きな色…赤。

・くまのプーさんが好き。顔を見ると気持ちが落ちつく。練習にくまのプーさんのティッシュを持
参。

・広島カープのファン。

・凝り性。約50個所有するイヤホンを練習用、ランニング用などに使い分ける。

出典:http://www.d-aiba.com

羽生結弦の姉とは?!

辛い時でも献身的に支えるお姉さんの存在

11月8日、中国人選手と衝突した羽生結弦(はにゅうゆづる)選手が東部や顎などを負傷し、全治2~3週間と診断されました。

爽やかなイケメンで人気のある羽生結弦選手ですが、その栄光の陰には支えてくれた家族とお姉さんの存在があったようですね。

羽生結弦選手にスケートを始めるきっかけを与えた姉

実は羽生結弦選手をフィギュアスケートに導いたのは姉の「さや」さんとの情報が。

羽生選手が子供の頃、姉のさやさんがフィギュア教室に通っていて、羽生選手が興味本位でその体験教室に参加したのがフィギュアスケートを始めるきっかけになったそうです。

もしお姉さんがフィギュアスケートを始めていなければ、現在世界で活躍している羽生結弦選手は誕生しなかったのでしょう!

スケート選手だったお姉さん

羽生結弦の姉「さや」さん

そんな羽生選手のお姉さんについての情報は

・1990年生まれ

・高校までスケート選手だった

・4歳年上

・ダブルアクセルまで跳べる

・震災時はスケートリンクにいた

・名前は「さや」

・羽生選手のために選手を引退

出典:http://geinougossip.com

お姉さんもスケート選手だったようです。

8歳から18歳までの10年間スケートをやっていたことがわかっていて、ダブルアクセルも飛べていたみたい。

スケートのレベルは初級から8級まで級が分かれていますが、8級を取る選手はまれなのです。羽生結弦選手や浅田真央元選手のように、国際試合で活躍する選手はだいたい7級と言われているみたい。

すでに引退した中野友加里選手は8級を持っていますが、羽生結弦のお姉さんも7級か、少なくとも6級であったことがわかりますね。羽生結弦のお姉さんもかなりのレベルだったんですね~!

普通ならこのまま大学でもスケート部に入部し、国体や全日本選手権に挑戦できる選手だったはず。

弟のためにスケートを辞めることを決意

フィギュアスケートは大変お金のかかるスポーツ。

弟の結弦選手とお姉さんの両方を選手続行させるのは、普通の公務員家庭のお父さんでは不可能だったそう。

お姉さんは羽生選手のために選手を引退。

羽生選手は「姉を超えたい!」と始めたスポーツでしたが、「姉の分も頑張らなくては」と思うようになったとか。

お姉さんもスケート選手として結弦選手にアドバイスしているようです。

出典:http://geinougossip.com

姉もいる羽生結弦選手の気になる家族構成は?

ごく普通の家庭で育った羽生結弦選手

羽生結弦選手の家族構成は、父、母、姉、そして羽生結弦選手の4人です。
父親は公立中学校の教師で教頭先生、母親はパートをしていたという、ごく普通の家庭です。

フギュアスケートはとてもお金がかかるスポーツのため、家庭の収入などに注目されますが、羽生結弦選手の過程は一般的な中流家庭のようです。

母親はパートを掛け持ちしたり衣装を手作りしたりと、特に羽生結弦選手のために過ごしていたそう。

東日本大震災で一時はスケートをやめようかとも…

しかし、自宅は東日本大震災で壊れてしまいました。

東日本大震災直後の4日間は羽生家の家族4人全員で避難所暮らしをしていたようですよ。
畳1畳に毛布1枚の生活だったそう。

羽生結弦選手の実家である仙台市の自宅はマンションで、壁のひび割れ補修工事が大変だったそうです。当然かなりの金額の工事費も必要だったようで、「生活で精一杯なのに、なんでスケート・・・。やめようかな」と羽生選手は思いつめていたそう。

それに、羽生結弦選手の遠征費やコーチ代金、スケートリンクの費用等がかさんで、相当苦労されたのは分かりますね。

姉もびっくり?羽生結弦の気になる年収は?!

収入はさまざまなものから

ソチ5輪で金メダルを獲得した羽生結弦選手、

ソチ五輪の報奨金の他に、DVDやブルーレイの売上も好調のようで、複数出演しているCMでのギャラも合わせるとよゆうで億はいくとみられています。

出典:http://geinougossip.com

ソチ5輪オリンピックで金メダルをとって日本中に元気をくれた羽生結弦選手、2014年12月7日に20歳となり成人を迎えるという若さで、2013年7月1日に全日空(ANA)と所属契約を交わして、ANAから固定収入を得ているようです。

出典:http://geinougossip.com

ほかの収入源はスケート競技の入賞賞金、写真集発売での収入、DVDやブルーレイ発売での収入とCMやテレビ出演でのギャラになると言われています。

また、羽生選手のフィギュアスケートの支出は衣装代、シューズ大、カナダ滞在費の他に個人コーチ台が含まれます。

特にトップレベルの専属個人コーチは月60万~100万円の費用がかかると言われ、高額かもしれません。

出典:http://geinougossip.com

年収は公式発表されていませんが、ネットの情報では3億と言われているみたいです。

しかし、ソチ五輪の金メダルの報奨金は日本オリンピック委員会(JOC)と日本スケート連盟から
300万円づつもらったようで、2014年7月16日に発売された初の映像作品「覚醒の時」は初秋売上がDVD2.1万枚、ブルーレイ2.3万枚と初秋売上だけで約2億円はもらっていると思われます。

出典:http://geinougossip.com

競技の賞金は競技のランクによって異なるようですが、あくまでの目安

1位だと18000米ドル(約180万円)、
2位 13000米ドル
3位 9000米ドル

また、CM出演とテレビの出演のギャラも当然ありますので、それも含めると相当な額になりそう。

CMは、日本のトップ女優で1本3000万~4000万

スポーツ選手だと石川遼選手が1本3000万円と言われています。

なので、羽生選手も3000万円なのではないかという予想。

(週刊誌だと1本5000万円だと言われていますが。)

CM収入については、日本スケート連盟の収入に50%もっていかれ、羽生選手には最大で50%なのかもしれませんね。

出典:http://geinougossip.com

姉もいた羽生結弦・今後の活躍に期待☆

いかがでしたでしょうか?

羽生結弦選手に姉がいたなんて、知らなかった人も多いのではないでしょうか?

彼のフィギュアスケートにかける熱い思いや、真摯な姿勢はとっても魅力的ですよね。

東日本大震災でのことは、とても残念ですが、ここまで上りつめたことは本当に、すごいとしか言いようがないですね。

きっと羽生結弦選手の姉を含め家族や、その周りの方々の大きなサポート、そして羽生結弦選手自身の強い思いがこうして結果につながっていったのでしょう。

そんな羽生結弦に今後も注目しつつ、温かく見守っていきましょう^^

もっと羽生結弦を知りたい方へ!

もっと羽生結弦を知りたい方へオススメの記事です!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ