記事ID55023のサムネイル画像

    安達祐実が主演!!映画「花宵道中」ってどんな作品なの??

    2014年に公開された映画「花宵道中」。安達祐実が主演を務めた映画「花宵道中」はどんな作品なのか?安達祐実が映画「花宵道中」で演じた役とは?映画「花宵道中」に出演したキャストとは?など、映画「花宵道中」について調べてみました。

    映画「花宵道中」とは?

    映画「花宵道中」は
    2014年11月8日に公開されました。

    映画「花宵道中」は、宮木あや子による日本の小説作品が原作で、2006年に第5回「女による女のためのR-18文学賞」で大賞と読者賞をダブル受賞し、連作短編として書籍化されると女性層を中心に支持を集めベストセラーになった作品です。

    映画「花宵道中」は、2014年8月21日よりカナダで開催される第38回モントリオール世界映画祭のワールド・グレイツ部門で上映されました。

    第38回モントリオール世界映画祭のワールド・グレイツ部門で上映された「花宵道中」は、2回の上映共に客席はほぼ満員で話題になりました。

    映画「花宵道中」は、「江戸時代末期、新吉原。人気女郎・朝霧は、とらわれの身でありながらも懸命に働き、遊郭から離れることができる年季明けを迎えようとしていた。そんなある日、縁日に出掛けた彼女は半次郎という青年に出会う。彼に心を奪われてしまう彼女だったが、花魁(おいらん)という身分ゆえにかなわぬ恋と諦める。しかし、日増しに思いが募るに従って、彼女の運命は大きく変化していく…」というストーリーです。

    映画「花宵道中」は、テレビドラマ「怪奇大家族」や映画「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」などでも監督を務めた豊島圭介が監督を務めました。

    映画「花宵道中」は花魁姿でたんかを­切る安達祐実のきっぷのいい姿に加え、絢爛豪華な衣装にも注目が集まりました。

    映画「花宵道中」の主演は安達祐実!

    映画「花宵道中」の主演は
    安達祐実が務めました。

    映画「花宵道中」の主演を務めた安達祐実は、この映画で「劇場版家なき子」以来20年ぶりの映画主演を務めました。

    映画「花宵道中」の主演に抜擢されたことについて安達祐実は、「花魁の役は今までやったことがなかったので嬉しかったですし、今の私にはとてもいい役だと思いました」とコメントしました。

    また、撮影前に原作の「花宵道中」を読んだ安達祐実は、「素敵な作品です。その世界観をどう表現するかは総合力だと思うので、私はただ、役の心や思いに集中して演じるようにしていました」と話しました。

    映画「花宵道中」で、初の花魁役を演じたことについては「時代劇や花魁だからといって、特に苦労した点はありませんでした。花魁道中の場面では、衣裳やかつらがものすごく重かったですが、素敵な場面になっています」と話しました。

    映画「花宵道中」の監督についても「大好きな監督ですし、絶対にまた一緒にお仕事がしたい! と思っていましたので、本当に嬉しかったです」と明かしました。

    映画「花宵道中」で安達祐実がヌードに!

    安達祐実は
    映画「花宵道中」でヌードを披露しました。

    安達祐実は、この映画「花宵道中」で初のオールヌードに挑戦しました。安達祐実は「演技をするのに服を着ていようと着ていまいと関係ない」と、このオファーを快諾しました。

    「女優として新たなキャリアをスタートさせるための勝負作を撮りたい」という安達祐実とスタッフの強い思いが、この映画のオールヌードで実現しました。

    映画「花宵道中」で濡れ場を演じきった安達祐実は「濡れ場は生々しくやろうと思い、ひとつの挑戦を乗り越えた部分が大きい。これが30年の集大成ではなく、ひとつの区切りとして、ここからまた一歩ずつ踏み出していきたい」とコメントしました。

    映画「花宵道中」で、安達祐実と共に濡れ場シーンを演じた津田寛治は「スタンドインの女優さんとリハーサルをしたけれど、本番で安達さんが入ってきたらガラリと空気が変わった。濡れ場は女優さんによって変わる。安達さんは本当にハラを決めていた」とコメントしました。

    映画「花宵道中」での安達祐実の濡れ場について、実際にこの映画を鑑賞した人からは「安達祐実の演技がすごい」や「大人になった」などの声が聞かれました。

    映画「花宵道中」のキャストとは?

    映画「花宵道中」には
    安達祐実の他にも多くの俳優や女優が出演しました。

    映画「花宵道中」で、朝霧の間夫で、霧里の弟の半次郎役を務めたのは、淵上泰史です。淵上泰史は、テレビドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」や映画「ヘルタースケルター」に出演していました。

    映画「花宵道中」で、三弥吉と恋に落ちる八津役を務めたのは小篠恵奈です。小篠恵奈は、映画「ストロボ・エッジ」などに出演していました。

    映画「花宵道中」で、絢音役を演じたのは多岐川華子です。多岐川華子は、ドラマや映画の他にバラエティ番組などにも出演しています。

    映画「花宵道中」で、お勝役を演じたのは友近です。友近は、お笑い芸人としても活躍していますが、多くのドラマや映画にも出演し注目を集めています。

    映画「花宵道中」で、霧里役を演じたのは高岡早紀です。この作品での高岡早紀の花魁姿が美しすぎると話題を集めました。

    映画「花宵道中」のまとめ

    映画「花宵道中」は
    安達祐実のヌードが話題になりましたが
    作品自体も高い評価を受けました。

    現在、公開されている作品ではないので
    DVDなどで、是非ご覧下さい。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ