「武田鉄矢 今朝の三枚おろし」って何?それはラジオ番組の題名です

武田鉄矢さんといったら、「金八先生」のイメージが強いと思いますが、金八先生みたいな話し方で放送されているのが「今朝の三枚おろし」です。「今朝の三枚おろし」っていったいどんな番組でしょうか?武田鉄矢さんが放送している「今朝の三枚おろし」についてまとめてみました。

武田鉄矢 プロフィール

武田 鉄矢(たけだ てつや、1949年〈昭和24年〉4月11日 - )は、日本の歌手・俳優・タレント・作詞家。フォークグループ・海援隊のボーカル・リーダー。本名は同じで、自身が出演する映画・ドラマの脚本を片山蒼の名義で執筆することもある。

代表曲に「母に捧げるバラード」、「贈る言葉」、「あんたが大将」、「思えば遠くへ来たもんだ」(いずれも海援隊)[1]などがある。身長167cm。 既婚。

名誉学位・称号は名誉学士(福岡教育大学)。名誉漢字教育士(立命館大学)。長崎市亀山社中記念館名誉館長[2]。

出典:https://ja.wikipedia.org

武田鉄矢 今朝の三枚おろし

武田鉄矢 今朝の三枚おろしってどんな番組?

武田鉄矢「今朝の三枚おろし」

『武田鉄矢 今朝の三枚おろし』(たけだてつや けさの さんまいおろし)は、文化放送が制作し、NRN系列の全国AMラジオ32局ネットで、平日の朝に10分間放送している企画ネット番組である。1994年4月4日放送開始

出典:http://ja.wikipedia.org

私は福島に住んでいた時、毎朝放送していた武田鉄矢さんの「今朝の三枚おろし」を聞きながら車で保育園まで通っていました。「今朝のさんまいおろし」は一般人にアンケートをとり、それに対する武田鉄矢さんのコメントがおもしろいです。武田鉄矢さんだからこそ、「今朝の三枚おろし」は成り立っているのかもしれませんね。

武田鉄矢 今朝の三枚おろし 番組アシスタントは?

文化放送の女子アナウンサー。今朝の三枚おろしはラジオ番組なので、水谷加奈さんのお顔を拝見したことがなかったため、今回はじめて拝見しました。とてもおきれいな方ですね。「今朝の三枚おろし」での武田鉄矢さんとの掛け合いも面白いです。

パーソナリティ:武田鉄矢
アシスタント:水谷加奈(2000年4月3日 - 2003年3月28日、2006年4月3日 - 2006年9月29日、2007年4月2日 - )[

出典:https://ja.wikipedia.org

けさのさんまいおろしでの、武田鉄矢さんと水谷加奈さんの巧妙な会話のやり取りが面白かったことを覚えています。

武田結や 今朝の三枚おろし 番組内容は?

ある日の今朝の三枚おろしです

番組冒頭に街頭インタビューが流れ(後述のテーマとは関係ない質問が多い)、それに対して、武田がコメントし、タイトルコールを行う。[

出典:http://ja.wikipedia.org

「たけだてつやの今朝の三枚おろし」ってながれますよね。

毎週一つのテーマについて、武田がアシスタントに対し、語りかける形式で意見を述べる。アシスタントに質問を投げかける場合もある。テーマは基本的に毎週変わるが、数週間、同じテーマでトークを行うこともある。テーマは日常的とはいえないほど難しいことも、しばしばである。不定期で番組に寄せられたお便りを読むことがある。(送り先は番組を聴取している放送局か制作局の文化放送)[

出典:https://ja.wikipedia.org

番組のエンディングは包丁で、まな板を叩く音が聞こえるが、スタジオに包丁とまな板を持ち込んで、武田自身が鳴らしている。この方式を決めたのは、1996年当時の中根義雄プロデューサーと、清水克彦ディレクターである

出典:https://ja.wikipedia.org

武田鉄矢のけさのさんまいおろしでは、菜占めに街頭インタビューが流れ、みんないろいろな意見を言い、その意見が流れ終わると「武田鉄矢の今朝の三枚おろし」というタイトルコールが流れ、その後からテーマに沿って武田鉄矢さんと水谷加奈さんのテーマにあったトークが展開されてきますが、たまに、「これが武田鉄矢の発言??」って思うことを離すこともあります。金八先生のイメージがつよい武田鉄矢さんですが、素の武田鉄矢さんを見ることができる番組、それが「今朝の三枚おろし」かもしれませんね。
また、最後のまな板で包丁をたたく音?が何とも言えず、これを聞くと「一日が始まる」感じがします。

「今朝の三枚おろし」以外の武田鉄矢について 詳しく調べてみよう

「今朝の三枚おろし」以外の武田鉄矢 誕生

1949年(昭和24年)、福岡県福岡市博多区生まれ。母・武田イクと父・嘉元は熊本県阿蘇郡南小国町中原[3]字樋ノ口の出身。両親は博多で結婚し、父親が天涯孤独となっていた母親の家に婿養子に入った

出典:http://ja.wikipedia.org

手家だ鉄矢さんのお父さんは天涯孤独のお母さんの家に入り婿養子になったとのことで、優しさを感じるお父さんだと思いました。

「今朝の三枚おろし」以外の武田鉄矢 大学浪人と中退

坂本龍馬の研究を志して当時一期校だった高知大学文理学部(現:人文学部)を現役、浪人時と2年に渡り挑戦した。また坂本の墓所の近隣に位置していた立命館大学も受験したが不合格。結局、一浪後、二期校で合格した福岡教育大学教育学部障害児教育教員養成課程に入学。しかし、7年在籍するも中退。芸能界で失敗しても大学に戻れるよう母・イクが休学手続きをして学費を払い続けていたという[7]。

出典:https://ja.wikipedia.org

このころから武田鉄矢さんは坂本龍馬を尊敬していたのでしょうか?それにしても、武田鉄矢さんのお母さんは、息子g芸能界で種っぱいしても戻る場所を確保しておくなんて、普通のお母さんではできないことだと思いました。お母さんの武田鉄矢に対する愛情がうかがえます。

「今朝の三枚おろし」以外の武田鉄矢 大学を中退したものの・・・

福岡教育大学は中退になったものの、武田の『金八先生』シリーズでの長年の活動を評価し、2008年(平成20年)に、国立大学法人理事会で特別に名誉学士号(6月に制定。第一号)を授与することを決め、武田本人も了承した

出典:https://ja.wikipedia.org

これまたすごいことと感じました。武田鉄矢さんの「金八先生」を通しても貢献度かもしれませんね。

武田鉄矢と海援隊 「今朝の三枚おろし」とは全く違う顔の武田鉄矢です

1972年(昭和47年)10月25日に、千葉和臣・中牟田俊男らと海援隊でデビュー。当初は全く売れなかったが、武田が母・イクに向けた詫び状を歌にした「母に捧げるバラード」(1973年(昭和48年))がヒットし、翌年の第25回NHK紅白歌合戦に出場。しかし、その翌年には、夫婦揃って大晦日の夜に皿洗いのバイトをしなければならないほど、人気が低迷したと言い、テレビから流れるNHK紅白歌合戦を横目で見て、「俺はこんな所で何をやっているんだろう」と落ち込んでいたと後年語っている

出典:http://ja.wikipedia.org

武田鉄矢率いる海援隊が結成されたときはまだ生まれていなかったので知りませんが、「母に捧げるバラード」は有名ですよね。しかしながら、私たちの年代は「贈るころ場」ですね。どちらにしても、とても良い歌です。

「今朝の三枚おろし」以外の武田鉄矢と金八先生と

金八先生 あらすじ

1980年代前半にTBSで放送されていた学園ドラマ『桜中学シリーズ』のメインとなる作品。東京都の区立桜中学校[2](第3シリーズとスペシャル7・8のみ区立松ヶ崎中学校。いずれも架空)を舞台に、中学校の教員(国語担当)である坂本金八(さかもときんぱち)が、学級担任をしている3年B組内に起こる様々な問題を体当たりで解決していくというのが大まかなあらすじである

出典:https://ja.wikipedia.org

武田鉄矢さん演じる金八先生は32年間続いたそうです。32年の間にはいろいろあったと思います。私の中で一番印象に残っているのは、再放送で見たのですが、「腐ったミカンの方程式」です。その時代時代にあったことがラをドラマの中で演じ、視聴者の一人として、考えさせられることもあ多々ありましたが、金八先生のようなせんせいがいればなと南海おもったことか、わかりません。

金八先生主題歌 贈る言葉

武田が主演するテレビドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)第1シリーズの主題歌として使われ、レコード売上が100万枚を超えるヒットとなった[1]。1980年12月31日の第22回日本レコード大賞では、この曲により武田が作詩賞(西条八十賞)を受賞[2]。また同日、『第31回NHK紅白歌合戦』にも海援隊として、6年ぶり2度目の出場を果たした。

元来は叶わなかった愛を歌うラブ・ソングとして書かれた曲であった。当の武田自身は、この曲は、福岡市中央区桜坂で「女々しか(女々しい)」という理由で当時21歳の女性(ウメダさん)にフラレて、それを契機に作られた曲(失恋ソング)である、とも語っている[3]。しかし、『金八先生』という学園ドラマの主題歌に使われたことから、1980年以降では山口百恵の「いい日旅立ち」等とともに、学校の卒業式の定番曲ともなっている

出典:https://ja.wikipedia.org

金八先生の主題歌だったので、てっきり、学園ソングかと思っていたのですが、失恋ソングだったのですね。でも、今では学園ソングであり、卒業式などでも流れていました。すてきな曲です。

金八先生でも坂本龍馬が・・・

高校時代に読んだ司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』の影響からバンド名に「海援隊」と名付けるほど、坂本竜馬を敬愛しており、竜馬役や竜馬に関連する人物の役をすることがある[13]。金八先生の名字の「坂本」は竜馬の姓に、金八の娘の「乙女」は竜馬の姉の名にちなんだものである。

出典:https://ja.wikipedia.org

武田鉄矢さんは本当に坂本龍馬を尊敬し大好きだということがあわかる一文です。とてもこだわりをもっていると感じました。

武田鉄矢と「今朝の三枚おろし」についてまとめてみました

武田鉄矢さんについてまとめてみました。武田鉄矢さんは金八先生のイメージが強いのですが、実はいろいろな場面で活躍していることがわかりました。俳優であり、歌手である。そして、話が上手な人でもある。「今朝の三枚おろし」は録音放送されている番組ですが、聞いていて全くアキが来ません。この「今朝の三枚おろし」アシスタントの水谷加奈さんとのかけあいもとてもよくて、10分間の番組があっという間に終わってしまいます。
私がラジオをきくようになったのは東日本大震災の直後からでした。それまではほとんどきいたことがありませんでした。ラジオはいろいろな情報が流れます。また、コンセントがんくても電池で動きます。優れものです。東日本大震災後は24時間ラジオをつけっぱなしでした。いろいろなラジオ番組を聞いている中で印象に残った番組の一つが「今朝の三枚おろし」でした。毎日決まった時間に聞いていると「今朝の三枚おろし」がはじまったから、何時だということがわかり、時計のかわりにもなっています。
福島を出てからは聞く機会がなくなりましたが、きいてみたいなと感じにさせるそれが「今朝の三枚おろし」ですね。

TOPへ