記事ID4413のサムネイル画像

瀧本美織のバンド!LAGOONのデビュー曲は発売初日22位発進!

女優のボーカル瀧本美織(MIORI)、一児のママのギターRINO、救急救命士のベースNANA.、学生のドラムyuri、カフェ店員のキーボードYUKINOの5人が結成したガールズバンド「LAGOON」が11月26日(水)にシングル『君の待つ世界』でデビュー!発売初日のデイリー売上ランキング22位でスタート!

デビュー直前まで非公開にされていたボーカルの「M」は瀧本美織

瀧本美織さん

YouTube公式チャンネルでバンドメンバーが順次発表されるという中、デビュー1カ月前まで女優の「M」と非公開にされていたボーカルについては、2014年10月2日公開したYouTube公式チャンネルの中で瀧本美織と発表されました。
「透明感」と「力強さ」を兼ね備えた個性的な歌声に惹かれたスタッフが瀧本美織さんにオファーをかけたことがボーカル決定の真相です。
スタッフが惹かれたとおり1度聞いたら耳から離れない瀧本美織の歌声は、これからのガールズバンドを引っ張っていく存在になるでしょう。
中高生からの人気が出ること間違いないLAGOONを見逃せません。

バンド名の「LAGOON」ラグーンの由来は?

LAGOON

バンド名についてはラグーンの街として有名なヴェネチアを訪れた瀧本により「この港町のように人がたくさん集まるバンドになりたい!」との願いを込めて名付られけた

出典:http://ja.wikipedia.org

ヴェネチアいい街ですね♪
瀧本美織の意気込みを感じるネーミングだと思います。
ソニー・ミュージックレコーズが企画したオーディション「女性の夢を叶える応援プロジェクト」から誕生した5人組ガールズバンドということでこの「LAGOON」というバンド名はとてもマッチしていますね。
デビュー曲の疾走感も一緒に感じさせてくれるLAGOONというバンド名はこれから中高生を中心に拡がっていくでしょう。
女性のみのガールズバンドというのにもLAGOONはとてもあってますね。
港町でみんなをいつでも歓迎して待っている・・・そんな印象を受けるバンド名です。

11月26日(水)にシングル『君の待つ世界』でデビュー!

LAGOON/君の待つ世界

タイトル曲の「君の待つ世界」は、瀧本美織のかわいらしさとは違い、かなりのバンドの音になっていました。疾走感があり、LAGOONの世界に引き寄せられていくようなそんな曲です。

とても完成度が高く、これがデビュー曲か?!と思わせるような仕上がりです。

普段のおっとりと話す瀧本美織の声からは想像のつかないROCKなヴォーカルMIORIの声が、とても新鮮で見るもの聞くものをひきつけます。

テレビアニメ『まじっく快斗1412』の主題歌でアニソンとしても広まりますね。

ジャケットもかっこよくてここからスタートする、強い意気込みを感じます。

歌詞もMIORIが参加しておりこれからを期待できます。

作詞:MIORI・emilou  作曲:オオバコウスケ

LAGOON「君の待つ世界」のPV、ショートバージョンをどうぞ

LAGOON「君の待つ世界」Short Ver

瀧本美織の女優としての活躍とは裏腹に、かなりのロックチューンに仕上がっています♪
これは瀧本美織ファンならずとも、たくさんの方に受け入れてもらえるのではないでしょうか?
テレビアニメ『まじっく快斗1412』の主題歌としても、とてもはまる曲だと思います。

ご覧いただけましたか?

PVはまたかなりのROCKカンあふれる仕上がりで女優・タレントとして瀧本美織ファンには
どのように映っているのかわかりませんが、相川七瀬を思い出させるギターリフをはじめ
ところどころにROCKをだしたこの曲は最高です。

サビの疾走感もかなりGOOD!

けいおん好きならどはまりですね♪

女子中高生がやるLAGOONのコピーバンドが目に浮かびます。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ