記事ID40363のサムネイル画像

見るなと言われると見たくなる!井森美幸のダンスが封印された理由

タレントの過去の映像を振り返る番組では必ずと言っていいほどネタにされる井森美幸さんのオーディション時のダンス映像。一度は見たことのある人が多いと思いますが、2014年から事務所NGが出て映像が使えないようです。井森美幸さんのダンスはなぜ封印されたのでしょうか?

ダンス映像でおなじみ!井森美幸とは?

井森 美幸(いもり みゆき、1968年10月26日 - )は、日本のタレント、バラエティーアイドル、女優、歌手。所属事務所はホリプロ。

出典:http://ja.wikipedia.org

第9回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを獲得して以来、現在もバラドルの草分け的存在として活躍中の井森美幸さん。顔は美人なのに喋ると3枚目なはっちゃけキャラが面白いと評判の人気タレントの一人です。

スカウトキャラバンの予選時に課題の一つとして踊ったレオタード姿での『ジャズダンス』と称する映像が現在も残っており、そのダンスが相撲の稽古の「鉄砲」のような奇妙な振り付けになっていることからしばしばバラエティ番組のネタとして使われている。

出典:https://ja.wikipedia.org

井森美幸さんといえばスカウトキャラバンのオーディションで披露したジャズダンスがよく話題になります。有吉弘行さんに「ダンスの天才」というあだ名を付けられたり、なだぎ武さんには「もう何だかんだで5000回ぐらいテレビで流れてる」とネタ中にダンスが取り入れられたりしています。SMAPの中居正広さんも井森美幸さんのダンス映像について「辛いとき、この映像見ると励まされる」と発言したことがあるそうです。

お笑い芸人も面白いと認めるほどの井森美幸さんのダンス映像。どうしてこの映像が封印されてしまったのでしょうか?

有名な井森美幸のダンス映像がNGになったのはなぜ?

井森美幸のダンス映像はいつごろからNGになったの?

2014年12月24日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)に井森美幸がゲスト出演した時だった。MCの中居正広が井森の踊りを真似しながらVTRが映っているつもりになっていたが、放送では「映像は事務所NGでした」と表示されて“ダンス映像”は見られなかったのだ。

出典:http://japan.techinsight.jp

 「あの映像はずっと昔から流れていたわけじゃなく、4~5年前からですよ。ここ最近のことだと思います」(担当マネージャー)とのこと。具体的にブレイクのきっかけとなった番組や、このダンスの正式名称、このダンスをした理由などについて聞いてみたが、取材はNGとのことだった。

出典:http://1min-geinou.com

井森美幸さんがホリプロスカウトキャラバンでダンスを初披露したのは1984年のことですが、その年にまだ生まれていなくてもこの映像を知る人は多いはず。
井森美幸さんのダンス映像は2005年頃に「爆笑おすピー問題!」で毎週のように流されていたり、2007年24時間テレビの深夜放送の中で使用されたりしていたそうなので、この映像が頻繁に使われだしたのは2005年以降のことと思われます。

井森美幸のダンス映像が水曜日のダウンタウンで検証された!

2015年4月29日の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では噂の真相を究明するため、番組スタッフがホリプロに電話して井森美幸の男性マネージャーとつながった。

マネージャーは「今は、弊社としてはあの映像を出していない状況」だと答えており、ホリプロとして井森美幸の“ダンス映像”を封印している形だ。

出典:http://japan.techinsight.jp

4月29日に放送された「水曜日のダウンタウン」でそんな井森美幸さんのダンス映像について直撃取材が行なわれました。マネージャーによると、事務所が公式で井森美幸さんのダンス映像にNGを出しているのは事実のようです。

井森美幸マネージャー「今はですね、弊社としては、あの映像をですね、出していない状況でして、あのVTRは、あまりにもコスり過ぎてしまいまして、あまりこれ以上コスり過ぎると、面白くなくなっちゃうんじゃないかという事で、現状少し寝かせよう、熟成させようという形で、弊社と致しましては、あのVTRは、凄い大事な重要なコンテンツだと考えておりますので、一旦あのVTRは是非ちょっと皆さんには、一度忘れて頂ければ幸いかと思っております」

出典:http://tikutaaku.hatenablog.com

「コスる」とは業界用語で「ビデオテープをVTRで録画したり再生する事」(擦る)ですが、今では転じて芸人用語で「ウケるエピソードを様々な場所で複数回披露する事」という意味でよく使われています。
井森美幸さんのダンス映像は披露すれば確実に笑いの取れる素材。1発ギャグと同じく、あまりにも連発すると視聴者は飽きて笑えなくなってしまいます。

井森美幸さんはダンス映像について「私なんか、水色のレオタードでジャズダンス踊ったんだから!!」「こっちはコレで20年メシ食ってんだ!」と発言したことがあり、自身のおいしいネタとして使用しており、今や恥ずかしい過去というよりは鉄板ネタという扱いです。
飽きられないように長期戦略であえて鉄板ネタを封印する敏腕マネージャー。ここに井森美幸さんが30年以上芸能界で活躍できる理由が垣間見えたような気がします。

CGで再現された井森美幸のダンスがひどい(笑)

これで井森美幸さんのダンス映像はしばらく見られないというオチで終わればいいのに、水曜日のダウンタウンでは井森美幸さんのダンス映像をCGで再現してしまいました(笑)

その出来があまりにもひどく、スタジオから失笑が漏れる始末。スタッフもCGの再現は本物にはかなわないとわかったのか、何とか面白くしようといろんな背景に合成してみました。

あるのは井森美幸さんのダンス映像が封印されているという事実のみ。その題材からCGをわざわざ作り、さらにそれを何とか面白くさせようと合成までしてしまう「水曜日のダウンタウン」のスタッフの心意気が「ここまでやるか!?」と逆に面白いです。

今や幻となった井森美幸のダンス映像がこちら!

もう何回もオンエアされているものの、もう見られないと知っては見たくなるのが人の性というもの。

こちらが井森美幸さんがホリプロスカウトキャラバンで披露されたダンスです。

やっぱり本物のインパクトにはかないませんね。10秒足らずの映像ですが、やっぱり笑ってしまいます。

あまりの面白さに、井森美幸さんのダンス映像を素材としてダンスミュージックと合成させたMAD映像を作る人も現れました。

こちらは2015年7月の27時間テレビでの様子。全然上達してないのが笑えますが、スタジオではそこまでウケてないので井森美幸さんが若干かわいそうな感じになっています。NGが出た以上、映像だけでなく井森美幸さんにダンスを踊らせるという演出もしばらく封印した方が面白いかもしれません。

2:20~ 2:52~ に注目。

恋するフォーチュンクッキーでもダンスを披露していた井森美幸さん。この映像では2:20~と2:52~のシーンで登場していますが、みんな普通に踊っている中で急にたたみかけるように出てくるので、思わず笑ってしまいます。

なぜあのダンスで井森美幸は優勝できたの?

芸能界への有力な登竜門として、最も歴史と伝統を有することで知られているホリプロタレントスカウトキャラバン。井森美幸さんの決勝の相手は女優の鈴木保奈美さんでした。 アイドル全盛期の1980年代になぜ井森美幸さんはあの決して上手とはいえないダンスで優勝できたのでしょうか?

「東京ラブストーリー」の赤名リカ役で一世を風靡した鈴木保奈美さん。現在はとんねるずの石橋貴明さんの妻としても有名。

彼女がオーディションで優勝できた理由は超単純です。
それは… 鈴木保奈美の方がもっと酷かったから。

出典:http://1min-geinou.com

上記のリンクから映像を見てもらえるとわかると思いますが、鈴木保奈美さんのオーディションでの歌声はヤバイくらい音痴です。緊張もあったのでしょうが、ことごとく音を外してしまっています。話す声と顔はかわいいだけに余計にキツイですね・・・。

“ジャイアンリサイタル”を選ぶか”ふしぎな踊り”を選ぶか…、
当時の審査員はさぞかし苦慮したことでしょうね。

出典:http://1min-geinou.com

この2択なら井森美幸さんが優勝するのも無理はないですね。鈴木保奈美さんは審査員特別賞を受賞しました。
現在はホリプロから独立してとんねるずの芸能事務所アライバルに所属している鈴木保奈美さん。イメージを守るため当然このオーディション映像もTVでのオンエアはNGがかかっていると思うので、貴重な映像です。

ダンス映像が封印されても井森美幸さんの魅力はたくさん!

10月26日の誕生日に誕生日を迎えて47歳となっても笑える美魔女であり続ける井森美幸さん。
有吉弘行さんが5月10日にツイートした上記の写真は美しいと評判で、RT勢い1位になりました。
井森美幸さんの美貌もさることながら、最近では未婚ながらビビる大木宅の赤ちゃんを世話したり、批判殺到のラジオ番組を神コメントで救ったりとそのタレント力が再評価される声も多いです。

「ブレない、媚びない、すぐ売れない」をモットーとする井森美幸さん。ネット社会の今井森美幸さんのダンス映像はネット上で永久に語り継がれるかもしれませんが、これからもその飾らない人柄で輝き続けて欲しいですね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ