記事ID39772のサムネイル画像

まるで化け物?劣化が激しいと話題の工藤静香。現在どうしているの?

木村拓哉の妻でもある工藤静香。結婚出産後は家事育児を優先し、露出は減っている。しかし、ネット上では工藤静香の劣化した現在の容姿が話題になること多い。一体工藤静香に何があったのか。劣化が気になる工藤静香のプライベートと容姿についてアイドル時代から現在まで検証する

アイドル時代は超絶可愛かった!工藤静香のプロフィール

工藤静香

木村 静香(本名)、愛絵理(作詞時の名義)
出生・・・・1970年4月14日
出身地・・東京都
職業 歌手・女優、タレント、宝飾デザイナー、画家
活動期間 1985年 - 現在

1984年、中学2年の時に応募総数歴代最大18万325人の第3回「ミス・セブンティーンコンテスト」に出場し、特別賞を受賞。同コンテストの出場者には、後に同じグループとなる国生さゆり、渡辺満里奈のほか、渡辺美里、松本典子、網浜直子、麻倉あきらなどがいた。

出典:https://ja.wikipedia.org

デビュー直前にお兄さんを亡くしていて、両親が悲しまないようにとひたすら前だけ見て頑張ったとインタビューで話していました。成功し、1990年頃に両親へ一軒家をプレゼントしその後は静香さんが一人で両親を養っていたはずです。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

アイドル時代から現在に至るまで、多彩な才能を発揮している工藤静香さん。性格もポリシーをしっかりと持っていて、時には誤解され嫌われキャラになることも。それでもブレない工藤静香さんは現在でも仕事をきっちりこなしているようです。そしてお兄さんを亡くし、ご両親のためにひたすら頑張ったとか。苦労しているからこそ現在の芯のある強い工藤静香さんがいるのですね。

工藤静香・現在までの輝かしい経歴

セブンティーンクラブ

ちなみに木村亜希さんは、のちの清原和博夫人になる清原亜希さんです。

木村亜希、柴田くに子(後の森丘祥子)と“セブンティーンクラブ”を結成し、1985年1月にCBSソニーからレコードデビュー。しかし、2枚のシングルを発表し解散

出典:https://ja.wikipedia.org

うしろ髪ひかれ隊

このグループでも一番人気でした。歌も上手でしたね。

高校へ進学後の1986年5月、事務所の勧めでフジテレビ系『夕やけニャンニャン』のオーディションコーナー・「ザ・スカウト アイドルを探せ!」に出場。合格を果たし、おニャン子クラブの会員番号38番となる。

出典:https://ja.wikipedia.org

グループで活動していましたが、やはり一人だけあか抜けていますね。清純派アイドルという感じです。現在のヤンキー的要素は皆無ですね。

グラデイション

この透明感!本当に綺麗でした。可愛さもセクシーさもあり、大人気のアイドル時代。髪型も流行りましたね。

オリコン12年連続TOP10入り(安室奈美恵が2007年に記録更新)、現時点でシングル11曲オリコン1位獲得、アルバム4枚1位獲得をしている(オリコン調べ)。

出典:https://ja.wikipedia.org

アイドル時代の工藤静香さん

この歌う時の眉が好きでした!ちなみにヘアセットは自分でされていたそうですよ。

1987年「禁断のテレパシー」でソロデビューし、オリコン1位を記録。以後、1980年代後半から1990年代後半に渡りヒット曲を連発した。80年代後半に最も活躍した女性アイドル四人(工藤静香、中山美穂、南野陽子、浅香唯)は女性アイドル四天王と呼ばれていた。

出典:https://ja.wikipedia.org

出す曲すべてが大ヒット!スーパーアイドルとなった工藤静香さんですが、当時八の字眉が個性的で話題でした。工藤静香さんの髪型や化粧をまねる女性が多かった!現在もこの八の字眉は健在ですが、さすがにこの髪型は現在に至るまでずっと封印されています。時代を感じますから仕方ありませんね。

工藤静香の現在は?【仕事編】

トレジャーフォーウフのデザイナー

ゴージャスなシルバーをあしらった、ジュエリーデザイン。業界初となるプラチナにブラックコーティングを施したデザインを導入。

2004年、ラスベガスにて自身がデザイン・プロデュースする宝飾ブランド「TREASURE IIII」を発表[2]。日本でなく海外で発表したのは、「工藤静香」の名前のみが注目されデザインが適切に評価されないことを避けるためであった。

出典:https://ja.wikipedia.org

フクロウと女性

幻想的な絵です。発想も凡人とは違うのでしょうね。

2010年9月2日に第95回「二科展」絵画部で自身が描いた絵画『瞳の奥』が特選受賞。絵画の師として故・原良次に長年師事、絵画の才能は1990年より10年連続「入選」獲得、育児期間をおいて2006年より2010年まで5年連続「入選」に選ばれているが「特選」受賞は初めて[3]。「特選」に入ると二科会(実行団体)「会友」への推薦を受けられる。

出典:https://ja.wikipedia.org

絵画の二科展での連続受賞は10代の頃から現在に至るまで!絵も独特ですね。しかし、何時間かかるんでしょう。ジュエリーデザイナーもこなし、美的センスも素晴らしい!まさに才色兼備で現在も仕事をこなされています。

My Treasure Best -中島みゆき×後藤次利コレクション-

約7年ぶりの新作アルバムのリリースになる。また、新作CDとしても2012年の「キミがくれたもの」以来となる。

久しぶりの歌手活動。もともとヒット曲も多く、歌唱力もあるので、歌手再活動は期待していたファンも多いのでは?アイドル時代の楽曲が多く収録されていますが、当時とは違った、現在の工藤静香さんの魅力があります。

工藤静香の現在は?【プライベート編】

木村拓哉・工藤静香結婚

人気絶頂での電撃結婚に日本中が大騒ぎになりました。

2000年11月、SMAPの木村拓哉と結婚(当時妊娠4ヶ月)

出典:https://ja.wikipedia.org

2001年5月1日に長女を出産。
2003年2月5日に次女を出産。

出典:https://ja.wikipedia.org

長女・心美ちゃん

工藤静香さんに似てませんか?(現在ではなくアイドル時代の工藤静香さんです)とてもかわいいですね。

木村拓哉・工藤静香夫妻と長女・次女

自然な感じで、どこにでもある幸せ一家という印象です。現在もこの幸せオーラは健在でしょうか。

ビッグカップルの結婚に日本中が大騒ぎ!多彩で仕事ができる工藤静香さんですが、家事育児もきちんとこなしているそう。本当に器用ですね。現在も幸せいっぱいなのは、きっと工藤静香さん・木村拓哉さんの努力があっての事でしょう。

一家で海外旅行

かっこいい家族ですね~とても絵になります。

二人は過去に山野楽器主催の「第23回ヤマノジュニアフルートコンテスト」に
出場し心美ちゃんが最優秀賞で光希ちゃんが優秀賞を獲得しています。

出典:http://laughy.jp

現在英国式のインターナショナルスクールに通学しており、バイオリンが得意でクラシックの演奏会にも出演しているほどの腕前だという。

出典:http://laughy.jp

英語が堪能な娘さんたち。工藤静香さん本人も現在は英語が堪能だとか。娘さんたちがこんなに才能があるのは工藤静香ゆずりなのでしょうか。工藤静香さんや木村拓哉さんの姿を見て育ったのか、感性豊かなんでしょうね。

工藤静香の現在は?【容姿編】

ソロデビュー当時の工藤静香さん

まだ初々しさが残ります。爽やかさがありますね。

アイドル人気絶頂当時の工藤静香さん

現在のようなヤンキー系でもなく、少し大人の魅力も出てきた当時。一番人気があった頃でしょうか。

CMでも可愛い工藤静香さん

この前髪とふわふわヘアスタイルはみんなこぞって真似していました。この太めの眉も個性的で、本当に可愛いですね。

ヤンキー系へ路線変更し始めた工藤静香さん

アイドル時代の爽やかさはどこに?この頃から顔つきも変わってきて、ファン層も変わってしまいました。ある意味自分のポリシーを貫いているところはかっこいいです。現在の工藤静香さんに近くなってきました。

現在の工藤静香さん

アイドル時代の顔とは別人のようですが、上手に歳をとっているような印象。大人の魅力は出ています。現在は露出は減っていますね。

現在の残念な工藤静香さん

やっぱり歳には勝てないのでしょうか。現在はしわが多いですね。しかも元々笑顔がしわくちゃになるタイプでしたので、それが時には老人のように見えてしまう現在の工藤静香さん。ネットではお化けの画像と比べられてしまう惨事に・・・

いかがでしたか?工藤静香さんの10代から現在までの容姿の遍歴。アイドル時代は本当に可愛くて、清純派でしたね。やっぱり家事育児で疲れがきてしまったのでしょうか。でもこの「しわ」も現在の工藤静香さんの魅力だと思います!

工藤静香は現在充実した人生を送っていた

現在の工藤静香さんと相川七瀬さん

二人とも可愛いですね。工藤静香さんのショートカットは、現在の工藤静香さんだからこそ似合うと思います。

工藤静香さんの現在を仕事・プライベート・容姿で検証してみました。工藤静香さんは本当に多彩ですね。仕事でも成功している傍ら、子育ても上手にこなしておられます。女性として憧れですね。それも工藤静香さんがストイックに何でも努力されているからでしょう。多彩な工藤静香さんの今後にも期待大!ですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ