記事ID35122のサムネイル画像

カラコン疑惑を否定!ベッキーのきれいな目の模様はホンモノ?

父親がイギリス人のハーフで母親が日本人である、クォーターのベッキーの目はきれいなブルーグリーン。その目をアップで見るとヒマワリ模様が・・・ベッキーの目ってカラーコンタクトじゃないの?ネットでも話題になっているカラコン疑惑の真相を探ってみました。

ヒマワリ目はホンモノ?ベッキーのプロフィール

ベッキー

本名  レベッカ・英里・レイボーン
生年月日 1984年3月6日(31歳)
出身 神奈川県
身長 157cm
血液型 AB型
職業 タレント、女優、歌手
家族 サイモン・チャールズ・レイボーン(父)
    智佳子・レイボーン(母)
    ジェシカ・レイボーン(妹)

1998年12月3日からタレント、女優、歌手として活動している。
2006年3月に、タレント活動と学業を両立させながら亜細亜大学経営学部経営学科を卒業。
テレビ東京の『おはスタ』のマスコットガールOhaガールでデビューする。

クォーターであるベッキーの目はブルーグリーン

ベッキーはクォーターということもあって、羨ましいくらいキレイなブルーグリーンの目ですよね。
人って自分にはないものに憧れるものですから、黒い目の日本人としては、憧れや妬みで、そんな噂がたつのかもしれませんね。

デビュー当時のベッキー。
お笑いの中川礼二に似ているという声も・・・
・・・ということは礼二はベッキーに似ている・・・
それはちょっとかわいそう・・・
でも似てるかも(笑)

ベッキーの目の色のカラコンほしい♡
裸眼がこれってほんと羨ましい

出典:https://twitter.com

こちらがベッキーっぽいカラコンですが、アップで見ると不自然な目ですよね。
こうやって比べてみると、ベッキーの目はもっとナチュラルな感じですね。

本物でも偽物でも、どっちでもいいっす。
でもキレイな目よね。
私は真っ黒だからうらやましいな。

出典:http://girlschannel.net

ベッキーの目は本物?カラコン疑惑を否定

ベッキーの目についてツイッター

1月6日、Twitterにてファンから「ベッキーの目は本物?あのCMの目…カラコン?実はアンドロイド?」と質問が投げかけられると「カラコンじゃないですよ♪ほんとうの目です」ときっぱり否定しました。

出典:http://twicolle.jp

ベッキーのスズキのCMの目

昨年12月に行われたスズキのCM発表会の席で「目にひまわりのようなものが見えるので、
いつかお見せしたいと思っていたのでうれしい」とベッキー自身が発言したことから、カラコンではないかという噂がかき立てられていた。

出典:http://geinou.chnuru.com

子供の頃のベッキーの目

ベッキーのちっちゃい時の画像もあるけど、この時もちゃんと目にひまわりいるしカラコンなわけない

出典:http://twitter.com

気になるベッキーの目!世間では・・・

生粋の日本人ではないベッキーの目は、チャームポイントでもあり、いちばん目立つ部分なので、いろんな噂が絶えないのも仕方ないのでしょうね。
そんなベッキーの目について、世間の声を集めてみました。

ベッキーや白人は顔立ち肌の色に合ってるから、青くても緑色でも綺麗だと思う。
きゃりーぱみゅぱみゅとかのっぺり系のモンゴリアンの日本人は青や緑の瞳は似合わない。ましてや金髪なんてどうかしてる。

出典:http://girlschannel.net

ベッキーの目は本物!ベッキーがまだ10代のころ本人に見せてもらったことあります!本当にひまわりみたいで綺麗だった。
でも性格はきつかった…。

出典:http://girlschannel.net

数年前、学校で収録があったときベッキーに目を間近で見せてもらいました!すごく綺麗なひまわりでした!

出典:http://girlschannel.net

自分もヒマワリあります。
ベッキーのみて気になって鏡見たらあって興奮。
結構いるんじゃないかな?色素薄い方なら。

出典:http://girlschannel.net

真相!ベッキーの目について

ベッキーの目について、エピソードや世間の噂などを見てきましたが、いかがでしたか?
やはり、あくまでも噂のようで、天然の美しい目だったようですね。
どうでもいい!なんて意見もありましたが、話題に触れてるってことは気になってるってことですよね。どうでもいいことが話題になるベッキーは、それだけ注目されてる証拠だと思いました。
30代になったベッキーの、今後の活躍を期待したいと思います。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ