記事ID32865のサムネイル画像

【ドラマ】『流れ星』は上戸彩史上ナンバー1ドラマ?!【純愛】

上戸彩さん出演ドラマと言えば、『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』。しかし、不倫ドラマは嫌い!と言う人も多いですよね。そんな方にお勧めしたい上戸彩さんの出演ドラマ『流れ星』。純愛と言う言葉がピッタリくる名作でした。上戸彩さん出演ドラマ「流れ星」とは?

上戸彩さん出演ドラマ「流れ星」とは?!

上戸彩出演「流れ星」

『流れ星』(ながれぼし)は、
2010年10月18日から12月20日までフジテレビ系で
月曜日21:00 - 21:54の「月9」枠で放送されたテレビドラマ。
主演は竹野内豊。
初回は21:00 - 22:09の15分拡大。全10回。

フジテレビが主催しているヤングシナリオ大賞の
第21回(2008年度)佳作を受賞した『クラゲマリッジ』を基に企画されたもので、
同作品の作者である臼田素子が脚本を手掛けている。
月9で新人脚本家の作品が使用されるのは異例のことである。

キャッチコピーは「偽りの愛から、真実の愛へ」。

出典:https://ja.wikipedia.org

主演は竹野内豊さん。
上戸彩さんは相手役として出演
とてもお似合いの2人でした。

上戸彩出演ドラマ「流れ星」

ドラマ「流れ星」の中で、
クラゲはとても重要なキーワードとなりました

新江ノ島水族館で働く岡田健吾は
ある時、妹・マリアが難病で肝臓の移植を必要としていることを知る。
親族かその配偶者でなければ臓器提供は法によって厳しく規制されているが、
親族の中から移植に同意してくれる人はおらず、
最後の望みの綱であった婚約者も移植を拒否し、二人は別れてしまう。

一方、風俗嬢として働く梨沙は、
兄・修一の作った借金のために自暴自棄になっていた。
偶然出会った健吾と梨紗は借金の肩代わりと、
結婚し移植をすることを互いに条件とし契約を結び、結婚する。

本来出逢うはずのない二人であったが、
お互いが背負った境遇が二人を引き寄せていく。
人生に絶望しながらも、様々な困難を乗り越えていく男女の恋愛を描くラブストーリー。

出典:https://ja.wikipedia.org

竹野内豊さん演じる主人公と、
契約結婚をする元・風俗嬢役の上戸彩さん

「流れ星」のキャッチコピーである
「偽りの愛から、真実の愛へ」

移り行く2人の気持ち、周りの人々の心情を丁寧に描いたドラマでした

上戸彩出演ドラマ「流れ星」主題歌

コブクロ - 流星

ドラマ「流れ星」の主題歌は、
コブクロの「流星」
効果的に流れる主題歌に涙した人も多いのでは?!

上戸彩さん主演ドラマ「流れ星」のキャスト

上戸彩出演「流れ星」メインキャスト

岡田 健吾(37)
演 - 竹野内豊
新江ノ島水族館の飼育員。マリアのため梨沙と契約結婚する。

出典:https://ja.wikipedia.org

妹思いの優しいお兄さん役

岡田 梨沙(26)
演 - 上戸彩
旧姓、槇原 梨沙。
イメクラで働いていた風俗嬢であり源氏名は「ミルク」。
借金の肩代わりとマリアへの臓器提供を条件に入籍し、健吾の戸籍上の妻となる。
イメクラ嬢時代は酒豪であり喫煙者でもあったがドナー登録を機に禁酒を行い、
卒煙する決意をした。
それ以降は非喫煙者である。

出典:https://ja.wikipedia.org

元気で明るい清純派のイメージの上戸彩さん
この役では、風俗嬢役を熱演
言葉使いは乱暴だが、心の優しい梨沙役は魅力的でした

上戸彩出演「流れ星」:岡田家の人々

岡田 マリア(17)
演 - 北乃きい
神奈川県立由比ケ浜高校3年生・美術部に所属。
健吾の妹だが、実は健吾の異母妹。
先天性胆道閉鎖症という肝臓の病気を抱えている。
第5話で健吾とは異母兄妹であるという出生の秘密が明らかになった。
すでにマリアが子供の頃に両親は火事で他界した。山梨県生まれ。

出典:https://ja.wikipedia.org

主演2人の結婚のきっかけとなる妹役

岡田 和子(57)
演 - 原田美枝子
健吾の母でマリアの養母。
マリアの出生の秘密を知っていたが、それを隠して自分の娘として育ててきた。

出典:https://ja.wikipedia.org

始めは、上戸彩さん演じる蓮っ葉なリサに戸惑いつつも、
しっかり関係性を築いていき、
契約結婚した義理の娘であるリサをとても大事に思っていく・・・
そんな心の移り変わりを丁寧に演じられました。

上戸彩出演「流れ星」:その他キャスト

神谷 凌(28)
演 - 松田翔太
消化器外科の医師でマリアの主治医。

出典:https://ja.wikipedia.org

健吾とリサが契約夫婦であることに、
気付いてしまう医者役
患者であるマリアのために苦悩する様子が印象的でした

沢村 涼太(享年17)
演 - 桐山照史(関西ジャニーズJr.)
落語オタクで陽気な性格。マリアと同じく肝臓に病気を抱えており、第6話で他界する。

出典:https://ja.wikipedia.org

マリアと同じ病気で仲が良かった涼太
涼太の死には衝撃を受けました
当時関西ジャニーズJr.だった桐山君は、
今や「ジャニーズWEST」のメンバーとしてデビューしましたね!

槇原 修一(35)
演 - 稲垣吾郎(SMAP)
梨沙の兄。
借金返済を妹に押し付け、梨沙の苦しみの原因となっている。
一見、妹を金づるとしか考えていない卑劣漢だが、その真意は謎に包まれている。

出典:https://ja.wikipedia.org

「流れ星」で稲垣吾郎を嫌いになった!
なんて声が聞こえるくらいの熱演でしたね。
あの吾郎ちゃんがこんな卑劣なイヤな役をやるなんて…
と思ったものですが、意外にはまっていました。
吾郎ちゃんを観るだけでも、
上戸彩さん出演ドラマ「流れ星」は観る価値あり!と言えます

上戸彩さん主演ドラマ「流れ星」のあらすじ①

上戸彩出演ドラマ「流れ星」第1話

流れ星 第1話

夜の踏切にたたずむ梨沙(上戸彩)を、健吾(竹野内豊)が助けるシーンから始まる。

婚約者との結婚を控えて幸せな健吾。
そんな時、健吾の妹のマリアが倒れる。
肝臓移植をしないと、1年もたないと告げられて、母親と健吾は適合検査を受けるが、
残念ながら2人とも不適合
血縁者か、三親等以内の親族の配偶者前ドナーになれると聞いた2人は、
親せきを当たってみるが、検査を受けてくれる人すらいない。
最終的には、健吾の婚約者に母が土下座をして頼むが、
婚約者は決断できず、その場を去ってしまう。

一方、恋人に結婚を申し込まれるが、兄の借金を背負い、
風俗で働いていることを隠したままの梨沙。
その恋人にも、兄が謝金や風俗で働いていることを話してしまう。

健吾の働く水族館のクラゲ水槽の前で出会う2人。
人生に絶望している梨沙は、死ぬと水になると言うクラゲになりたい・・・と願う

婚約者に臓器提供はできない、結婚もできないと断られた健吾
兄に振り回される人生に希望が見いだせず自殺しようとする梨沙

偶然、梨沙を自殺から救った健吾は、

借金を肩代わりする代わりに、結婚してほしいと迫る

上戸彩出演ドラマ「流れ星」第2話

一度は断りかけた結婚&ドナーの話を受ける梨沙
兄に見つかりたくない梨沙は、その日、健吾の家に泊まる。
母もマリアの命を救うためなら、と理解を示す。

梨沙の条件は、借金300万を払ってもらうこと
ドナーに適合しなくても300万貰い、適合すれば100万上乗せして臓器を提供。
健吾は、手術が成功したら離婚するからと約束する

家に戻ってこない梨沙を探す兄。
その兄を嫌いつつも見捨てることが出来ない梨沙。

そんな時、マリアと病院で親しくなった涼太が倒れる。
マリアは同じ薬を飲んでいたことから、同じ病気だと気づく。

健吾は家に戻ってこない梨沙に、逃げられたと思い落ち込むが、
梨沙は、兄が寝ている間に荷物をまとめて健吾を訪ね、名前を書き込んだ婚姻届を差し出す

上戸彩出演ドラマ「流れ星」第3話

婚姻届を提出し、戸籍上夫婦となった健吾と梨沙
梨沙は300万を受取り、借金を返済し、自由の身となる。
契約結婚とばれないように、岡田家で暮らし始める梨沙。
優しい母に少しずつ心を開いていく。

マリアの病院で移植のリスクを説明されるが、動じない梨沙。
適合検査の結果は、移植可能
しかし、医師神谷は、健吾の婚約者の名前が梨沙ではないことマリアから聞いてしまう

上戸彩出演ドラマ「流れ星」第4話

医師神谷は、健吾にドナー目的の結婚ではないのか?と尋ねに来るが、
健吾は、梨沙がすべてを受け入れて結婚してくれたと話す

マリアは何も知らず、健吾の元婚約者に、
結婚の準備は進んでいるのか?と電話して尋ねるが、
移植を断ったこともあり、婚約者は婚約破棄を言い出せない

手術前に、すべてを話すため、マリアの外泊許可を取った健吾
その夜は、自分は外で泊まると健吾に告げる梨沙

マリアの帰宅日、兄が岡田家の前にいるのを見て、連れて家から離れる梨沙
50万円必要だと話す兄に、自分が働くから、岡田家には関わるなとくぎを刺す。
その二人を追ってきた健吾は、
「僕の妻です。連れて帰ります!」と兄から梨沙を引き離し家へ連れ帰る。

健吾と梨沙が一緒に帰ってきたのをみて混乱したマリアだが、
健吾の説明を聞き、「手術する」と答えて、病院へ戻る

上戸彩出演ドラマ「流れ星」第5話

病院へ戻ったはずのマリアが行方不明になり、探す健吾と梨沙
あてもなく電車に乗ったマリアは涼太と出会い、浅草へ。
お互いに同じ病気でもうすぐ死ぬんだと話す2人。

マリアは、健吾の父とその愛人の間に産まれた子供だった。
母と健吾はマリアにそのことを隠していたが、本人は悟っていた。
容体が悪くなり、病院へ行った涼太と別れたマリアが向かった先で、
母と健吾と梨沙は、マリアを見つける。

2人の思いを素直に受け止めず、愛されていること受け入れられないマリアは
移植をしない!と宣言
素直にならないマリアに怒りを覚えた梨沙だが、
「これは家族の問題だ」との健吾の言葉に何も言い出せない

そのころ、梨沙の兄は、岡田家に入り込み、
健吾の預金通帳から300万円が引き出されているのを見つけていた。

上戸彩さん主演ドラマ「流れ星」のあらすじ②

上戸彩出演ドラマ「流れ星」第6話

マリアに「ドナーになるのにお金をもらったのか!」と聞かれて、
認めてしまった梨沙
マリアは頑なに移植手術を拒否し、医師にも事実を告げてしまう。
医師から、手術はできないと健吾は告げられてしまう。
そんな中、容体が悪化する一方の涼太は、移植手術を拒むマリアに甘えだと言って怒る。

自分が話してしまったことで、手術が出来なくなったことを悩む梨沙
それでも自分を責めることをしない健吾の優しさに触れて、
医師に、「お金を返せば手術できるのか?」と尋ねるが、答えは返ってこない
「1人を助けることもできなくて何が医者なのだ!」と梨沙に罵倒された医師も悩む

そんな中、梨沙の兄は、母にドナーの件に気付いたことを話、お金を受け取る

涼太が亡くなり、涼太の思いを託された健吾から受け取ったマリア
健吾の元婚約者が梨沙と話したおかげで気持ちの整理がついたと、
「ドナーになりたい!」と家を訪ねてくる

上戸彩出演ドラマ「流れ星」第7話

婚約者にドナーになると告げられても、健吾にとって、
梨沙と今まで築いてきたものは、もっと大切なものになっていた。
母も今の梨沙がお金目的だけでドナーになると言っているわけではないと感じ、
マリアにも話をする。

梨沙は、婚約者が戻ってきたことで用無しになったと判断し、岡田家を出ていくが、
病院に兄が「売買された臓器での移植はやめろ!」とFAXを送ってしまったのを知る。
医師に、「お金は返す!婚約者が不適合なら自分の肝臓を使って欲しい」
と話す梨沙に、医師は本気でマリアを助けたいと思っていると感じる

婚約者は本気でドナーになる決意が出来ていないことに気づいていた健吾は、
はっきりと気持ちがないことを話し、別れを告げ、
梨沙にも戻ってきてほしいと話す。

梨沙と2人きりで話したマリアは、優しい人柄に触れ、手術を決意

手術の傷のない自分の身体を覚えておいてほしいと、
梨沙は、健吾に自分の腹部を見せる

上戸彩出演ドラマ「流れ星」第8話

手術は無事に成功。マリアは助かった。
梨沙は、自分の役目が終わったと思う。

このまま家にいればいいと話す母だが、
梨沙は、家を出ると告げる

婚約者も健吾の気持ちを悟り、梨沙に健吾をよろしくと告げるが、
今となっては契約が邪魔となり、2人の距離は縮まらない

最後の夜、梨沙は自転車を健吾からプレゼントされるが、
梨沙は自転車に乗れないので、2人で練習をする。

引越し先を告げずに家を出る梨沙を失いたくなく、追う健吾だったが、
途中で見失ってしまう
仕事先の水族館に着いた健吾の目に入ったのは、砂浜で海を眺める梨沙

上戸彩出演ドラマ「流れ星」第9話

お互いの気持ちを確かめ合った健吾と梨沙
これからはゆっくりと2人のきずなを深めていこうと決意するが、
梨沙の兄が臓器売買としてネタを新聞に売ってしまったことで、
歯車がくるってしまう・・・

記事が原因で健吾は職場を離れ、岡田家の平穏は壊されてしまう

梨沙を守るために、新聞社に乗り込み、

「臓器売買の契約はしていない。だましたのだ」

とすべての罪をかぶる健吾。
マリアも梨沙のためなら、と納得していた。
梨沙は、自分で勝手に決めた健吾を責めて、
「また私を1人にするのか?!」と訴える

上戸彩出演ドラマ「流れ星」第10話

最終回、健吾と梨沙がどうなるのか…
それは、あなたの目で確かめてください

上戸彩さん主演ドラマ「流れ星」まとめ

上戸彩さん出演ドラマ「流れ星」は、
健吾とマリア、梨沙とその兄の2組の兄妹の話でもあり、
純粋な愛の話でもありました。

始めは、臓器売買という衝撃的な展開で始まったことも忘れるくらい、
じれったい展開にイライラしつつも、
みんなが幸せになってほしいと願い続けながら、
観ることのできたドラマでしたね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ