人気上昇中の俳優・窪田正孝さんが【るろうに剣心】にも出演してた!!

現在人気急上昇中の俳優・窪田正孝さん。そんな人気の窪田正孝さんが実は実写映画『るろうに剣心』にも出演していた!!映画『るろうに剣心』でも窪田正孝さんは一体どんな役?『るろうに剣心』以外のの出演作は?今回は映画『るろうに剣心』と窪田正孝さんについてまとめました。

窪田正孝のプロフィール

窪田正孝

名前:窪田正孝
生年月日:1988年8月6日
出生地:神奈川県
身長:175cm
血液型:B型
職業:俳優

主な出演作
テレビドラマ
『ケータイ捜査官7』
『花子とアン』
『Nのために』
『デスノート』

映画
『ガチバン』シリーズ
『ふがいない僕は空を見た』
『飛べ!ダコタ』
『るろうに剣心』

舞台
唐版『滝の白糸』

窪田正孝はガソリンスタンドで働き、整備士を目指して工業高校に通うなど元々芸能界には興味がなかったが、母親に勧められ『De☆View』の誌内からスターダストプロモーションのオーディションを見つけて応募し、事務所に入所する。

出典:http://ja.wikipedia.org

最近では『るろうに剣心』だけでなく人気作品にも多く出演している窪田正孝さん。
最初は、芸能気に全く興味が無かったんですね。

窪田正孝さんのように、家族や友人のススメで芸能界入りする人は結構いるみたいですね!!

2006年4月、フジテレビ系深夜ドラマ『チェケラッチョ!! in TOKYO』で初主演。
2008年4月、テレビ東京ドラマ『ケータイ捜査官7』主演。
2009年1月、NHK土曜時代劇『浪花の華〜緒方洪庵事件帳〜』主演。
2012年6月、『平清盛』に平重盛役でNHK大河ドラマ初出演。

出典:http://ja.wikipedia.org

2013年10 - 11月、作:唐十郎、演出:蜷川幸雄の舞台『唐版 滝の白糸』にアリダ役で出演。
2014年上半期放送の『花子とアン』に、木場朝市役でNHK連続テレビ小説2度目の出演。
2014年10月、TBSテレビドラマ『Nのために』に成瀬慎司 役で出演。
2015年7月、日本テレビドラマ『デスノート』に夜神月 役で主演。

出典:https://ja.wikipedia.org

『るろうに剣心』だけでなく
知らなかっただけでかなり多くの作品に出演している窪田正孝さん。

窪田正孝さんは脱ぐと筋骨隆々。役で必要なときは鍛えたり食事に気を使ったりするが、普段は鉄棒にぶらさがって懸垂をするくらい。
小学生の時には野球、中学生の時には『SLAM DUNK』の影響でバスケットボールをやっていた。
焼肉が大好物である。

また、以外にも甘党であり、特にアイスなどの氷菓子を好む。

出典:http://ja.wikipedia.org

『るろうに剣心』など人気作品にも出演している窪田正孝さんの受賞暦とは??

2012年度第34回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞(『ふがいない僕は空を見た』『はさみ hasami』)
第27回高崎映画祭 最優秀助演男優賞(『ふがいない僕は空を見た』)
第1回ジャパンアクションアワード ベストアクション男優(『ガチバン』シリーズ)

出典:http://ja.wikipedia.org

2014年度第83回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞(『Nのために』)
第24回TV LIFE 年間ドラマ大賞 助演男優賞、新人賞(『Nのために』『花子とアン』)

出典:http://ja.wikipedia.org

2015年度第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 最優秀主演男優賞(『デスノート』)

出典:http://ja.wikipedia.org

映画やドラマだけでなく舞台などでも幅広く活躍する窪田正孝さん。
そんな実力は俳優と言われている窪田正孝さんのこれまでの出演作とは一体どんな作品があるのでしょうか??

最近人気絶頂の窪田正孝さんの過去の出演作品とは?

過去にも人気作品に出演していますが、最近では人気漫画原作の過去、実写映画にもなった
『デスノート』のドラマ版にも窪田正孝さんは出演されていました!!

『デスノート』は、2015年7月5日から9月13日まで毎週日曜日に、日本テレビ系の『日曜ドラマ』枠で放送された日本のテレビドラマ。全11回。

漫画『DEATH NOTE』を原作とし、2006年に公開された実写映画版、2015年のミュージカル版に続き、今回初めて実写テレビドラマ化される。原作とは違うキャラクター設定でオリジナルストーリーとなり、実写映画版では描かれなかったキャラクターも登場する。

出典:http://ja.wikipedia.org

杉並経済大学に通う大学生。警察官を父に持つが、特段に正義感が強いわけでも悪事に手を染めてもいなかった「普通の青年」。唯一の趣味はアイドルグループ「イチゴBERRY」の応援とライブ鑑賞。居酒屋でのバイトもしている。一人称は原作とは異なり「俺」となっている。

出典:http://ja.wikipedia.org

少年時代から成績優秀だったが、公務員志望で安定志向を持つ厭世的な性格。当初はデスノートによる殺人を拒絶していたが、ノートをやむなく使い続けていくうちに犯罪者を裁く「キラ」としての使命に目覚めていく。

原典と違いノートを手に入れても慢心はしておらず、リュークに「ニューヒーロー」と茶化された時ははっきり否定している。ノートを使って殺人を行う際の自身のことは「キラ」と称し、「俺」とは呼んでいない。火口を殺害し、ノートの所有権を再び得て記憶を取り戻した後は「俺が世界を変える」と決意しており、「キラ」と「自分」との区別が無くなっている。また犯罪者のみならず、自分の邪魔になる者に対しても容赦無く「裁き」を行ったり、自分の思い通りにならないことに、内心で愚痴をこぼしたりするようになっている。

出典:http://ja.wikipedia.org

主人公の夜神月(やがみ ライト)は、居酒屋でアルバイトをしながら公務員を目指している、ごく平凡な大学生。過去に母親を亡くした際に、父親が仕事に追われていたことから、父親に確執を持っており、世の中を斜に見ていた。

ある日、親友の鴨田が高校時代の同級生・佐古田に恐喝される現場に遭遇。恐喝をやめさせようとするも、力無く為す術もなかった月は自分の無力さを知り、「力が欲しい」と願う。そんな月の頭上に、夜空からDeath Noteと表紙に書かれた黒いノートが落ちてきた。「名前を書かれた人間は死ぬ」という裏表紙の記述に呆れながれも、つい佐古田の名前を書いてしまう月。そして翌日、佐古田が死亡したという知らせが入り、彼はそれが本当に人間を殺せるノートであったと知る。

出典:http://ja.wikipedia.org

ドラマと原作はちょっと話が違う??

『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - 大場つぐみ・作画 - 小畑健による日本の少年漫画作品。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 - 2006年24号)に連載。

名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

出典:http://ja.wikipedia.org

高校生の夜神月(やがみ ライト)は、ある日、通っている高校の敷地内で奇妙な黒いノートを拾う。それは死神・リュークが落とした、ノートに名前を書かれた人間を死に誘うデスノートだった。犯罪者が存在しない新世界を作るため、月は世界中の犯罪者名を次々とノートに書き込んで葬る。やがて犯罪者を葬る者の存在に気付いた人々は殺し屋(=Killer)の意味から「キラ (KIRA)」と呼び始め、キラを神とあがめる者まで現れた。

一方、キラの存在を察したICPO(インターポール)は、手がけた事件を必ず解決に導く、全世界の警察を動かせる唯一の存在である謎の名探偵L(エル)にキラ事件の調査を依頼。

犯罪者の抹殺を続けるキラを連続殺人犯と見なすLは、キラが日本の関東地区にいると判断し、日本に捜査本部を設け、キラに挑む。こうして“キラ”と“L”は、それぞれの正義を掲げて対峙することになる。

出典:http://ja.wikipedia.org

やはりドラマ版になると原作とはちょっと変えての作品作りになるみたいですね!!
しかし、ドラマ内での窪田正孝さんの演技にファンだけでなく、多くの方面から
良い評価が多くあがりました!!

実写版映画『るろうに剣心』に出演していた窪田正孝さん。そもそも『るろうに剣心』とは??

窪田正孝さんも出演している『るろうに剣心』とはそもそも
どのような内容の漫画なのでしょうか?

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろうにけんしん めいじけんかくろまんたん)は、和月伸宏による日本の漫画作品。1994年(平成6年)から1999年(平成11年)にかけて集英社の『週刊少年ジャンプ』で連載。アニメ化・実写映画化などと様々な形でメディアミックスも行われている。略称は「るろ剣」。

出典:http://ja.wikipedia.org

登場人物の名前に作者の出身地である新潟県、特に旧越路町を含めた長岡市に関係のある地名などが多く使われている。

明治時代初期の日本が舞台。ストーリー自体はオリジナルのものだが、赤報隊や新選組、明治11年(1878年)5月14日に起きた大久保利通暗殺事件(紀尾井坂の変)など、史実や実在人物を物語に絡ませている。

連載前は編集者に「『ジャンプ』で歴史物は受けない」、「明治時代は漫画にするには難しすぎる」と言われたが、その前評判を跳ね返し人気を博した。ジャンプ・コミックス全28巻と完全版を合わせた売り上げは、2013年2月時点で5861万部を記録

出典:http://ja.wikipedia.org

幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客緋村剣心。明治維新後は「不殺」(ころさず)を誓い、流浪人として全国を旅していた。神谷薫との出会いや、同じ激動の時代を生き抜いた宿敵達との戦いを通じて、贖罪の答えと新たな時代での生き方を模索していく。

出典:http://ja.wikipedia.org

東京編
物語の序盤(テレビアニメ化の際に便宜的に付けられた名称)。主に剣心と薫・弥彦・左之助の出会いなど。単行本ではエピソードごとに「斬左編」「黒笠編」「恵編」「雷十太編」とされている。アニメでは、オリジナルストーリーとして「真紅の海賊編」が加わる。

京都編
政府に恨みを持つ、志々雄真実一派の武力による明治政府転覆を阻止する物語。戦いの場は京都と指定されたため、剣心たち一行も東京を離れ現地に活動拠点を置くこととなる。「斎藤一編」(単行本での名称)は東京が舞台であるが、『剣心華伝』では京都編のエピソードとされている。

出典:http://ja.wikipedia.org

人誅編
剣心が人斬り抜刀斎だった幕末時代に、姉・巴(抜刀斎の妻)を殺された雪代縁を中心に、抜刀斎への復讐を目的に集まった六人の同志たちとの私闘を描いた物語。「人誅」とは、「天が裁かぬならば自分たちが裁く」という意味であり「天誅」から変化した造語。この中で剣心が語る過去の話は、のちに追憶編としてOVA化された。

人誅編が終了した後にも連載が続いていたら、「北海道編」なる構想があったことを明かしている。内容は北海道を舞台とし、剣心たちの仲間に宗次郎が加わり、さらに不二や安慈、永倉新八も登場する西部劇テイストの話になる予定だった。描かれなかった理由は、「剣心のドラマは人誅編で既に終わっているから」とのこと。2012年のキネマ版連載時も「読者が一番求めているのはわかっているが、剣心の物語はこれ以上描けない」と没になった。

出典:http://ja.wikipedia.org

実写版『るろうに剣心』の内容は??

『るろうに剣心』(るろうにけんしん)は、和月伸宏による日本の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とした日本の実写映画シリーズ。
主演・佐藤健。監督は大友啓史。製作・配給はワーナー・ブラザース映画。

出典:http://ja.wikipedia.org

第1作『るろうに剣心』は2011年8月から撮影が開始され、2012年8月25日に公開された。物語は、「東京編」。原作におけるニセ抜刀斎騒動・黒笠編・観柳邸突入までのストーリーが基になっている。

第2作『るろうに剣心 京都大火編』(るろうにけんしん きょうとたいかへん)、第3作『るろうに剣心 伝説の最期編』(るろうにけんしん でんせつのさいごへん)は前後編2部作として2014年8月1日、9月13日に連続公開された。

出典:http://ja.wikipedia.org

幕末の動乱に揺れる京都に名を轟かせる、凄腕の暗殺者・緋村剣心。剣心は、その神速の剣技と驚異の暗殺成功率から「人斬り抜刀斎」の通り名を持ち、幕府要人や佐幕派の武士達を震撼させていた。

それから10年の月日が流れ、時は明治11年。剣心は、以前とは打って変わって人の命を奪うことを良しとしない「不殺(ころさず)の誓い」を掲げて日本各地を旅しながら、か弱き人々を剣の力で守り助ける流浪人(るろうに)として、穏やかな日々を送っていた。剣心が東京に流れ着いた頃、巷では中毒性の高い新型阿片の密売、“神谷活心流 人斬り抜刀斎”を騙る辻斬りという、2つの事件が進行していた。

出典:http://ja.wikipedia.org

映画『るろうに剣心 伝説の最期編』

2012年8月25日の全国ロードショーに先駆けて8月22・23・24日に一部劇場にて先行ロードショーされた。

8月25日に新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷HUMAXシネマ、渋谷TOEI2、TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国329スクリーンにて公開され、8月27日付の興収ランキングで初登場1位を記録した。

土日2日間で動員29万5,319人、興収3億9,953万400円の成績で、先行上映を合わせると公開5日間で動員42万4,143万人、興収5億5,547万6,800円であり、前週に初登場1位を獲得した『アベンジャーズ』が844スクリーンで2日間の興収5億93万2,250円であったことに比べると、半分以下のスクリーン数で高い成績を残したと分析されている

出典:http://ja.wikipedia.org

アジアから順次公開。シンガポールでは2スクリーンのみの公開にもかかわらず、過去4年間にシンガポールで公開された日本映画の興行収入記録を塗り替えた。フィリピンでは44スクリーン公開後、3日間の興行収入で日本映画歴代No.1を記録。

日本映画初の全土拡大公開した台湾は、世界的ヒットシリーズの『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』や、台湾出身の監督アン・リーの『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』と同時期公開にもかかわらずオープニングの興行成績4位と好成績を記録した。以後、北米・ヨーロッパ・ロシア等世界各地で上映中(2013年8月現在)。NYで開催されたシネマフェスティバル:ジャパンカッツ2013(Japan Society主催)では、上映作品中、最も早くチケットが完売するなど、各地映画祭や国際映画祭招待作品としても人気が高い。

出典:https://ja.wikipedia.org

実は実写版『るろうに剣心』にも出演していた!!窪田正孝さんの役とは??

映画『るろうに剣心』に出演している窪田正孝さんですが
窪田正孝さん演じる『清里明良』というキャラクターは一体どんな人物なのでしょうか?

清里明良とは『るろうに剣心 追憶編』の登場人物。
緋村抜刀斎時代の物語―追憶編の冒頭で登場、幕府の重役の京都所司代である重倉十兵衛の護衛を行っていた。

出典:http://www49.atwiki.jp

文武ともにからきし、かといって良家育ちでもないが人柄がとても良かった。
登場シーンは数ページとはいえ追憶編のキーとなる人物であり、後に抜刀斎の妻となる雪代巴は彼の許嫁であり幼なじみだった。
巴が大切に持っている簪の贈り主は他ならぬ清里明良である。

彼が祝言を延ばしてまで京都見廻組に志願したのは幕府への忠義を立て男を上げてから晴れて彼女を迎えようという思いからだった。

出典:http://www49.atwiki.jp

『るろうに剣心』の原作でも映画でも
窪田正孝さん演じる『清里明良』はとても誠実なキャラクターみたいです。

しかし
巴との祝言を1か月後に控えた元治元年(1864年)4月の夜、
重倉十兵衛の護衛を行っていた時に緋村抜刀斎と戦闘となり斬殺される。
その際に抜刀斎のトレードマークでもある頬の十字傷の一方を付けたのは彼。

先述の通り、清里は剣の腕が立つ訳ではない。
彼が抜刀斎の頬に一太刀入れることが出来たのは、掴みかけた幸せのため、なんとしても生きて愛する人の下へ帰るため。

謂わば、生への 執念 が付けた一太刀である。

出典:http://www49.atwiki.jp

漫画内の『清里明良』が亡くなるシーンも多くの反響がありました!
『るろうに剣心』の中でもとっても感動するシーンになっています。

そんな『るろうに剣心』にも出演していた人気の俳優・窪田正孝さんの今後の活動は??

いかがでしたか?
今回は窪田正孝さんも出演していた『るろうに剣心』についてまとめてみました。

『るろうに剣心』での出演場面は余りありませんでしたが、とっても良い演技を
映画『るろうに剣心』の中でされていました!!

とっても人気の売れっ子俳優の窪田正孝さん。
映画『るろうに剣心』では清里明良役を見事演じきった窪田正孝さんですが
現在でも多くの人気ドラマ・人気映画に出演していますが
今後は一体どんな作品に出演されるのでしょうか??

とっても気になるところです。
今後も窪田正孝さんの活動に目が離せませんね!!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ