記事ID29107のサムネイル画像

髪染めすると顔の印象が明るくなり、染める色で雰囲気が変わった!

老いも若きも大勢の人が髪染めをしています。シニア世代は白髪と黒髪のまだらが気になり髪染めをする人が多いです。髪質や状態によって、同じ色で染めても発色が違うと言います。自分に合った色を選んで、髪染めを衣服を変えるように楽しみたいものです。髪染めの色を見ましょう。

髪染めの色選びはどうすればいい?

キュートなボーイッシュヘアー

短くカットされたヘアースタイルの髪染めは、やわらかな印象を与えるような、明るめの茶色を選びます。短い髪でも若い女の子らしいキュートさが出ています。フェミンニな雰囲気が良いですね。

髪染めには、白髪染めと色を楽しむお洒落染めがあります。どちらも、自分らしさを追求しトレンドを楽しみたいとの思いから髪染めをするのです。季節や気分に合わせて、女性は髪染めの色を選んで自由に自分を演出します。髪染めの色は顔の印象を変え、洋服選びや、メイクと同じく、その人のイメージを変えられる、ビューティーアイテムなのです。髪染めの色選び一つで、全く別の自分を演出できる強みがあります。お洒落をしたいと思ったら、髪も含めたトータルコーデが、あなたをより一層魅力的にしてくれることでしょう。

色選びのエキスパーアト

化粧品を選ぶときのように、髪染めの色もその人の顔映りが一番いいものを選びます。それには色見本などで、あらかじめ検証する必要があります。面倒だな、などと思わないで、あなたのお洒落を完成するために、是非色選びを実際に行ってみてください。


まず、髪の明るさを決めましょう

髪染めの大原則は、色を間違うことを気にするよりも、髪の明るさを間違えないように気をつけることが大切です。一度明るくなったものを暗くすることは簡単にできますが、暗くなってしまったものを明るくすることは出来ません。

さあ!いよいよ色選びをしましょう!

髪の明るさを決めたら、次は自分に似合う色を見つけます。
テーマに沿ってみた行きたいと思います。先ず、 髪質から見つける方法です。次は. ライフスタイルから見つける方法です。最後は パーソナルカラーから見つける方法」をご紹介します。


1. 髪質から見つける方法

黒い・硬い・多い・太い髪質の方
黒い・硬い・多い・太い髪質の方は、メラニン色素の量が多いので、赤みが出ます。そんなあなたに似合うヘアカラーはレッド系、オレンジ系です。

茶色い・軟らかい・少ない・細い髪質の方
茶色い・軟らかい・少ない・細い髪質の方は、メラニン色素の量が少ないので黄みが出ます。そんなあなたに似合うヘアカラーはゴールド系、アッシュ系です。

出典:http://www.hoyu.co.jp

この方法のポイントは、髪の明るさを選びながら、自分の髪の毛が何色に染まりやすいかを把握しておくことが大事です。髪質によって、自分が選んだ色と同じ発色が出ない場合があります。ですから、髪染めをするときは慎重に色選びをすることが大切です。

大人可愛いふわくしゅショートヘアー

栗色に染まった髪が、ショートカットに合っています。少しくしゅくしゅしたヘアースタイルは、若々しさと躍動感を演出してくれます。秋色の道を、秋色に髪染めして颯爽と歩きましょう。もてること請け合いです。


2. ライフスタイルから見つける方法

インドア中心の方

インドア中心の方は、蛍光灯と同じ様な色味を持っているアッシュ系などが、より光とマッチしてきれいに見えます。

アッシュブラウン

アウトドア中心の方

アウトドア中心の方は、太陽の光が髪にふりそそぐので少し暗めのブラウンにしてもツヤっぽく、きれいに見えます。

出典:http://www.hoyu.co.jp

この方法のポイントは、光によって見える色の印象が変わってきます。
ライフスタイルになどによって髪の色の明るさを選んでもいいでしょう。


3. パーソナルカラーから見つける方法

人にはそれぞれ、自分に似合う色 (パーソナルカラー) があります。パーソナルカラーとは、肌や瞳の色などをもとにして導き出すもので、大きく、スプリング・サマー・オータム・ウィンターの4タイプに分類されます。
厳密には、これらをさらに細分化して、一人一人に似合う色を絞り込んでいくのですが、ここではカンタンに自分のタイプがわかる診断方法をご紹介しましょう。

出典:http://www.hoyu.co.jp

先ず、自分の肌の色を確認しましょう。ベージュ系かオークル系か、そして、瞳の色が濃いか薄いかによっても違ってきます。ベージュ系で瞳の色が濃い方は、ウインタータイプ、薄い方はサマータイプに分かれます。また、オークル系で瞳の色が濃い方はオータムタイプで、薄い方はスプリングタイプだとされています。

色相スプリング

色には「三属性」と言われる、色相 (色味)、明度 (色の明るさ)、彩度 (色の鮮やかさ) という3つの性格があります。
この性格を元にして、色を四季に応じた4つのタイプ別にしたのが、「スプリング」「サマー」「オータム」「ウィンター」です。

色相はイエローベースで、明度は薄く、彩度は鮮やかで、明るくカラフルな色合いになりますす。鮮やかで華やかな色が特徴です。

色相サマー

先ほどのスプリングと比べて色味が全く違うのが分かります。髪染めの時に、こういう色彩の原則を知っていると便利ですし、自分に合った色を選ぶことができます。

色相はブルーベースで、明度は薄く、彩度は少しくすんだ色合いになります。
全体的にはやわらかいイメージで、パステルカラーといった中間色の色味になります。ウィンターとは対照的な色です。

色相オータム

こちらは少し抑えめの色合いです。このような色が似合う方は、きっと落ち着きのある上品な方でしょう。シックな装いが似合うので、それに合わせた髪色を決めてください。

色のベースはオレンジで、明度は少し暗めです。彩度ははっきりしています。秋の落ち葉のような色合いに、少しオレンジがかった色をプラスすると素敵でしょう。秋をイメージしたファションがお似合いでしょうね

職場で好かれる髪の色は?

普通の髪色が愛される職場

基本的に日本人の髪は黒いので、職場ではそれが一番良しとされているようです。でも、個性を表現したいと思われる方は、少し髪の色を変えたいと思うでしょう。そこで、職場で好かれるヘアカラー、髪染めの色をご紹介したいと思います。

近年髪染めのヘアカラーの種類が豊富になって、各企業は社員のヘアカラーのありかたについて模索しています。ヘアカラー基準を設けようとしていますが、中々色決めが難しい状況にあって、様々な比較検討が成されているようです。ヘアカラーの色は各メーカーによって明るさが違ったりして決めにくいと言うことが根底にあります。
2004年、日本ヘアカラー協会(JHCA)は、美容師の勉強用として、「JHCAレベルスケール」を開発しました。現在は多くの企業が、この「JHCAレベルスケール」を採用しています。こげ茶から(レベル5)から金色(レベル15)まであります。

ミディアムパーティー 大人のゴージャスアップ

髪でイメージチェンジをする方が増えています。御呼ばれされたときはもちろんですが、普段でもちょっと髪型を変えるだけで気分が変わります。髪染めももちろん気分転換になります。しかし、現在は金髪に近い色があったりして、就職の時に支障が出たりしています。若さに任せて少し派手目な色に髪染めをした人は、就活を機会にトーンを落とすようにした方がいいでしょう。先ずは就職して糧を得ることが先決です。髪染めは後になっていくらでもする機会があるでしょう。

職種別髪染めヘアカラー推奨レベル

JHCAでは企業の一般的な推奨レベルを6、7、8レベルと提案しています。具体的に職種別推奨レベル(明るさの上限としての提案)をご紹介します。

・接客サービス業 女性 7~8レベル
男性 5~6レベル
・事務系 女性 7~9レベル
男性 5~6レベル
・営業職 女性 7~8レベル
男性 4~5レベル
・外回り(ノーネクタイ) 女性 7~10レベル
男性 6~8レベル
・クリニック(白衣着用) 女性 6~8レベル
男性 5~6レベル
・ブティック 女性 6~13レベル
男性 4~13レベル

職種によってヘアカラーの明るさを調整することも、職場で愛される秘訣のひとつかもしれません。

引き続き、JHCAのレベルスケールを採用している企業をご紹介します。

・日本航空 6レベルまで認可
・ホテルオークラ(女性のみ) 7レベルまで認可
・三越日本橋本店 7レベルまで認可
・UFJ銀行 7レベルまで認可
・コジマ(女性のみ) 8レベルまで認可
・プランタン銀座 10レベルまで認可

企業によって、職場にふさわしいヘアカラーの考え方が異なっているようです。ご自分の勤務先と比較するなどして、ご自分に合ったヘアカラー選びのご参考になさってみてはいかがでしょうか

出典:http://allabout.co.jp

企業によっては結構明るめな色までOKとされているのは、昨今の時流を考慮してのことでしょう。髪染めで気分をリフレッシュして仕事に励んでほしいとの企業の譲歩ともとれます。気持ちよく働くこと、社員同士トラブルがないように働けること、これが企業の業績を伸ばす最良の手段だと、経営者サイドも理解してきたことの表れではないでしょうか。

髪染め、色 についてのまとめ

外人風メイクと髪染めの色ブラウン

外人顔に憧れるのは女性なら誰しも望むことです。現在はメイクアップ技術が数段あがっているので、楽に外人顔にイメージチェンジできます。顔に陰影をつけ、髪染めを明るめの茶色にすることで、外人顔になれました。お気に入りの洋服を着て、ブーツを履いて颯爽と秋風立つ街を闊歩しましょう。少しぐらいの疲れなら吹っ飛んじゃいますよ!

髪染めと色について見てきました。カラスの濡れ羽色、といわれ日本人の女性の黒髪は全女性憧れの時代から、シニア世代が白髪を染めたい、という発想から髪染めが進化して、今ではお洒落染めが主流になりつつあります。ヘアカラーも様々なものが出ています。強い刺激を伴うものもあるので、皮膚テストを行ってから髪染めをするようにしましょう。私の髪は染まりにくいわ、と言って、説明書に書いてある時間より長く放置することは危険です。頭皮に悪い影響が出る可能性があります。若し自宅でうまく発色しなかったら、美容院へ行って髪染めをしてもらうのが良いでしょう。美容師さんは髪染めに関して深い知識を持っています。
暑い夏が過ぎて、季節は秋へと移行しました。食欲の秋、お洒落の秋です。髪染めをした髪をたなびかせて、秋色の街をロマンチックな服装で歩いてみませんか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ