記事ID28397のサムネイル画像

【女性必見】結婚式に招待された!ドレスは?髪型はどうしたいい?

結婚式に招く人、結婚式に招かれた人、ドレスを着たときどうしてる?髪型ってさりげなく服装に負けなようにのバランスって難しい。そんな時こそこれを見て!ウェディングドレスやカクテルドレス、ワンピースを着る華やかなときにピッタリの髪型をピックアップしました!

ドレスを着た時の髪型の難しさ

結婚式に招待された人にとって髪型は悩むものですよね。
ヘアサロンに行く場合も、自分でアレンジする場合もある程度のマナーを心得ていないと失礼になったりしてしまいます。

そこで、結婚式に招かれた時の失敗しない髪型のコツを調べてみました。
花嫁の髪型と合わせてたくさんの髪型をご紹介できればと思っています。

ダウンスタイルの髪型はさける

結婚式に出席するとき、髪型は目に入りやすいところです。そのためきちんと感が大切です。
祝い気持ちがあるので髪型も考えてきましたよとなるために手を加えたとわかりやすいアップスタイルの髪型がいいでしょう。
ダインスタイルの髪型でもセットしてきたとわかるような髪型やヘアアクセなどを使い出しゃばり過ぎない華やかさを出すようにしましょう。

ドレスも髪型もあくまでも主役は花嫁さんです

いくらゲストとして招かれたとしても主役は花嫁です。
キレイなドレスを着こなし華やかな髪型にしても花嫁より目立ってしまってはマナー違反です。服装もそうですが、あまり主張が強くないように髪型が少し派手ならヘアアクセは抑えるなどの配慮がほしいものです。

髪型をお願いするときは着ていくドレスも伝える

自分でセットする技術に自信がない人はヘアサロンでお願いするのがいいでしょう。
プロとしての腕は確かな人たちに頼むのですから、地味すぎず派手すぎずの丁度良い髪型にしてくれると思います。
その時、イメージを伝えられる人はいいのですが、出来上がりがイメージ通りではなかったなどのトラブルを防ぐためにも画像など伝わりやす画像などを持ち込んでお願いすることを薦めます。

ウェディング姿の花嫁の髪型

【ウェディングドレスと髪型】 

花嫁の髪型 ①

【ウェディングドレスと髪型】 

ウェディングの髪型 ②

【ウェディングドレスと髪型】

ウェディングの髪型 ③

【ウェディングドレスと髪型】

ウェディングの髪型 ④

【ウェディングドレスと髪型】

ウェディングの髪型 ⑤

【着物姿の花嫁と髪型】 

ウェディングの髪型 ⑥

【着物姿の花嫁と髪型】 

ウェディングの髪型 ⑦

【ウェディングドレスと髪型】 

ウェディングの髪型 ⑧

【着物姿の花嫁と髪型】 

ウェディングの髪型 ⑨

【着物姿の花嫁と髪型】 

ウェディングの髪型 ⑩

さすがに花嫁の髪型だけあって華やかでヘアアクセも大ぶりなものが多いですね。
ドレスにはドレスの、着物には着物の髪型があり、それぞれ花嫁姿に負けないようバランスを取るようにされています。
最近は予算をあまりかけない結婚式が多いようですが、ドレスや髪型には思い出の残るようなものを選びたいですね。

 ゲスト時の髪型

【ゲスト時の髪型】

ゲストの髪型 ①

【ゲスト時の髪型】

ゲストの髪型 ②

【ゲスト時の髪型】

ゲストの髪型 ③

【ゲスト時の髪型】

ゲストの髪型 ④

【ゲスト時の髪型】

ゲストの髪型 ⑤

【着物の時の髪型】

ゲストの髪型 ⑥

【着物の時の髪型】

ゲストの髪型 ⑦

【着物の時の髪型】

ゲストの髪型 ⑧

【着物の時の髪型】

ゲストの髪型 ⑨

【着物の時の髪型】

ゲストの髪型 ⑩

ゲストの場合は白っぽいものや派手なものを避けるのがマナーですが、振袖は訪問具や紋付と違って少し華やかでも問題ないとは思います。ただし大ぶりのものは避けた方が賢明と思います。

ドレスも派手すぎず地味すぎずという適当なドレスを選ぶのは難しいと思いますが、購入するときは友人や母親と相談すると間違いはないでしょう。

ドレスアップした髪型を彩るヘアアクセサリー

【ドレスアップ時のアクセ】

ヘアアクセサリー ①

【ドレスアップ時のアクセ】

ヘアアクセサリー ②

【ドレスアップ時のアクセ】

ヘアアクセサリー ③

【ドレスアップ時のアクセ】

ヘアアクセサリー ④

【ドレスアップ時のアクセ】

ヘアアクセサリー ⑤

ヘアアクセサリーはカラフルのものは派手に見えがちになります。
その点、パールは慶弔に用いられどの席でも失礼にならないとされているのでシンプルにパールのものがいいと思われます。
ヘアアクセサリーのボリュームは髪型にもよります。例えば、髪型がロングヘアでダウンスタイルならばセットするだけでも十分に見栄えがするので小ぶりのものを着けるといいでしょう。逆にショートヘアスタイルならば少々大きいもので問題ないと思われます。

ドレスと髪型をトータルで考えると

結婚式は新郎新婦がメインで新婦が主役と言っても過言ではありません。したがって、派手め服装、派手は髪型では浮いてしまい、非難の目にさらされてしまう結果になっていしますでしょう。
それをさけ、祝う気持ちをメインに考え行動しれば自ずとファッションも考えるようになると思います。

白を基調としたドレスやスーツなどは嫌がられますし、派手なカクテルドレスを思わせるドレスも好まれません。
よく見かけるのは派手な化粧に華やかすぎる髪型、花嫁より目立つのではないかと思うようなドレスときた若い女性です。
若いから知らなかったでは済まされないのが公の場です。気を付けたいものですね。


何はともあれ、失礼のないように分を弁え行動すればいいのではないでしょうか。
いい思い出になるような結婚式になるといいですね。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ