記事ID27468のサムネイル画像

シャンプー後に使うのはコンディショナー?それともトリートメント?

コンディショナーとトリートメントの違いは知っていますか?いつもシャンプーの後はコンディショナーを使っていますか?それともトリートメントを使っていますか?2つは同じように思えて実は効果が全然違うです。コンディショナーとトリートメントの使い方を紹介します!

コンディショナー(リンス)とは?

コンディショナーは昔リンスと呼ばれていましたが、コンディショナーとリンスはほとんど同じで、リンスの少しいい成分が入っているのがコンディショナーと考えて頂けるといいです。
コンディショナーとトリートメントを使い分けている方、またコンディショナーのみ使っている方いると思いますが、コンディショナーとはどんなものなのでしょうか?

シャンプー後の髪を整えるために、コンディショナーやリンスは使われています。

出典:http://www.and-delon.jp

コンディショナーとは、髪の表面をカバーしてコンディションを整え、髪を保護する働きをします。

出典:http://www.and-delon.jp

コンディショナーは髪の表面をコーティングして水分の蒸発を防ぎ、ダメージを予防するといわれています。

出典:http://www.and-delon.jp

コンディショナーは髪の表面をコーティングして水分の蒸発を防ぎ、ダメージを予防するといわれています。

出典:http://www.and-delon.jp

また、髪に艶を与える効果もあります。かつてはリンスが主流であり、洗浄力の強いシャンプーできしんでしまった髪を整えるために使われていました。

出典:http://www.and-delon.jp

髪の表面を油分でカバーし、シャンプーの後の髪のきしみを防いで、手ざわりをよくすることができる。
また、髪の水分の蒸発をおさえることができる。しかし、毛髪の内部には作用しない。

出典:http://freett.com

コンディショナーはシャンプー後のキシキシした感触を和らげるため、髪の表面をコーティングするものなのです。静電気防止うあ、髪のまとまりを手助けするなどシャンプー後には欠かせないものです!

トリートメントとは?

コンディショナーの他にはトリートメントがありますよね!
トリートメントはコンディショナーより値段は高いのは知っていると思いますが、
トリートメントとコンディショナーの違いは何でしょうか?

トリートメントは、髪に栄養を行き渡らせるためのケア製品ですので、リンスやコンディショナーと使い方が若干異なります。

出典:http://www.and-delon.jp

リンスと同じ効果があるが、毛髪の内部にまで、タンパク質成分が浸透できるので、ダメージ部分に栄養を補給する事ができる。

出典:http://freett.com

トリートメントは髪の内部に成分を浸透させて、髪の状態を整えるもの。髪の傷みをケア・補修したり、髪の質感をコントロールしたりするものなどがあります。

出典:http://www.kao.com

リンス・コンディショナーの機能を併せ持つタイプがほとんどなので、シャンプーの後はトリートメントだけでも充分な仕上がりが得られます。

出典:http://www.kao.com

トリートメントとコンディショナーの大きな違いは髪の内部に成分が入り込むかそうではないかです。
トリートメントは髪の内部に浸透するので、傷んだ髪に有効と言われ、コンディショナー以上の働きがあるのです。

傷んだ髪にはトリートメント!コンディショナーは必要ないのでは?

最近はカラーやパーマ、縮毛矯正をしている方が多く髪も傷んでいる方が多いです。
トリートメントは傷んだ髪に効くと言われているので、コンディショナーではなくトリートメントをメインに使っている方や、トリートメントだけ使っている方も多いのでは?
髪が傷んでいる方にはコンディショナーは必要なんでしょうか?

髪が傷んでない限り洗髪時のトリートメントも必要ないんじゃないかと思います

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

一番いいのはトリートメントつけてから更にコンディショナーをつけるとトリートメントの栄養を中に入れて、上からふたをしてくれます。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

トリートメントとコンディショナーの両方を使う方法もあるんです!
トリートメントだけを使うより、手触りが違い、トリートメントの効果を高くするようです!

コンディショナーとトリートメントは、併用することで効果を高めますが、正しい使い方で使用することが大前提です。間違えた使い方は効果を半減させ、トリートメントの意味を打ち消してしまうこともあります。

出典:http://www.and-delon.jp

シャンプーの後には、まずトリートメントを行います。こうすることで洗い立ての髪に栄養をしっかりと与えることができます。トリートメントは塗布した後しばらく時間を置き、栄養分を髪に浸透させます。蒸しタオルなどで覆っても良いでしょう。

出典:http://www.and-delon.jp

髪の長さや状態によっては、髪へのダメージを減らすためにコンディショナーは必要です。

出典:http://www.and-delon.jp

実はトリートメントのしすぎはダメ!傷みが少ない場合はコンディショナーで!

髪が傷んでいるとトリートメントの回数は多くなりますよね!
いつも手触りのいい髪でいたい、トリートメントはできるだけたくさんしたした方が髪に栄養がいくのでは?と考えがちですが、実際はそうでもないみたいなんです…。

髪の毛のダメージでお困りの方
トリートメントのやり過ぎは、髪の毛を痛めてしまいます!!

出典:http://chezmoi-hair.net

トリートメントには、シリコン、ポリマー、カチオンなどの髪の毛にツヤを出したり、柔らかさを出す成分が入っています。(シリコン、ポリマー、カチオンは、適切な量は必要です。)

1カ月に何回もすると、どんどん髪の毛に蓄積されます。

出典:http://chezmoi-hair.net

コチラの成分は、蓄積するとダメージの原因になります!!
髪の毛がパサツキ、重たくなります。

出典:http://chezmoi-hair.net

栄養を補給するのはいいことですが、栄養を補給しすぎると肥満になるように、トリートメント剤をつけすぎると問題が起こることもあるのです。

出典:http://shampoo.ymmkr.net

髪の傷みも少ないのにトリートメントを多くしすぎると、髪がべたついたり、重くなっていきます…。
そしてトリートメントの成分で髪を傷めることに…。
これは恐ろしいですよね!自分トリートメントのしすぎかわからない場合は美容師さんに髪の状態を見てもらうのをおすすめします。

【まとめ】コンディショナーとトリートメントは髪の状態で使い分ける!

似ているようで全然違うコンディショナーとトリートメントの違いをまとめました。
実は成分と働きが全然違うコンディショナーとトリートメント。
髪の状態で使い分けるのがおすすめです。髪が傷んでいるからと思い込んで過剰にトリートメントするのはかえって髪の状態を悪くするのです。
使うトリートメントの使用方法をよく読んで使うのが髪にもいいですよ!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ