記事ID26512のサムネイル画像

    彼女を妊娠させない方法・もし彼女が妊娠してしまったときの対処法

    結婚前の彼女とSEXをしないなんて現在ではちょっと古いですよね!大事な彼女を妊娠させてしまわないようにしっかり避妊して妊娠させないようにしましょう!でももし、妊娠させてしまったら・・・その時の対処法や彼女に対してのケアなどをご紹介します。

    彼女を妊娠させないために、妊娠のメカニズムを知ろう!

    大事な彼女を妊娠させてしまわないようにまずはどうしたら妊娠するのかを、しっかり頭に入れておきましょう。

    妊娠のしくみについては、中学や高校の時に保健体育の授業で聞いたことがあったという程度で、詳しい方はそれほどいないのではないでしょうか?
    妊娠を考えていないときは特に必要のない知識ですが、妊娠を考えはじめるなら、その仕組みを知っておくことは大切なことです。
    今回は、妊娠の仕組みの中でも、卵子が受精し着床するまでの過程を詳しくご紹介します。

    出典:http://192abc.com

    SEXをするならこの知識は必ず知っておいてください!

    卵巣と子宮は女性が妊娠するために必要な器官です。
    卵子は約28日間の一定周期で2つの卵巣でつくられます。
    その卵子が、射精された精子と卵管で受精することで、受精卵となります。受精卵は、その後卵管を通過し子宮に送られ、子宮内膜に着床することで妊娠が成立します。

    出典:http://192abc.com

    28周期でちゃんと生理が来ない女性も多くいます。
    彼女の生理周期を知ることも妊娠させないために大切なことです。

    難しいので部位の名称だけ見てください。

    女性の子宮内にある2つ卵巣では、「卵胞」と呼ばれる卵子の元となる細胞が育てられています。
    たくさんの卵胞のうちの1つが、卵子として成熟し、月1回の周期で卵巣の壁を破って外に飛び出し、卵管の先にある卵管采(らんかんさい)に届けられます。
    この一連の流れを「排卵」といいます。卵子が卵管采で生きていられるのは約24時間ほどです。

    出典:http://192abc.com

    先にも申し上げましたが人によって周期はバラバラです。
    キレイな28周期の人は生理開始から14日目で排卵を迎えますが、もし彼女がそれ以外だったら排卵を予想するのは難しいです。
    排卵が近くなると少量出血したり、精子が進みやすくなるように女性の膣から10cmほど伸びる卵白のようなローションのようなオリモノが出ます。男性が分かりやすい合図はこれくらいですので彼女の正しい排卵日を知ることはとても難しいことなのです。

    精子は、性交により女性の膣内に射精され、その後自ら動いて卵管に向かいます。
    1回の射精された精液に含まれる精子は、個人差や体調によって異なりますが、約1億~4億個程度で、精子の命は射精後3~5日となっています。

    出典:http://192abc.com

    中には1週間生きて妊娠したケースもあるので排卵日の前だからと避妊しないSEXは妊娠を望まないならとても危険です。

    彼女に安全日だからと言われても決してその言葉や快楽に流されないでくださいね!
    妊娠したといって慰謝料が発生したり、望んでいない結婚をしないといけなくなったり、たった一瞬の気の緩みが、彼女や自分の一生を台無しにすることにもなりえるんです!

    彼女に生理が来ない場合

    ●着床出血
    ●胸が張る
    ●下腹部が痛む
    ●精神に変化がある
    ●トイレが近くなる
    ●頭痛がする
    ●食べ物の好みが変わる
    ●喉が渇く
    ●疲れやすい、だるい

    出典:http://192abc.com

    彼女にも体調をしっかり観察してもらいましょう。
    全く症状が無い人もいます。
    私が妊娠した時は微熱が続き、胸の張りが凄くて乳房のまわりに血管の青筋が浮き出ていました。すぐつわりも始まりました。あとは腰痛や下腹部にチクッとした痛みがありました。

    妊娠すると体も精神面も変わるので彼女のケアを心掛けてください。

    彼女が妊娠しないように避妊具を使おう!

    彼氏が行う避妊法と 彼女ふが行う避妊法があります。

    自分の体やライフスタイルに合った避妊法を 見つけましょう。

    これは基礎体温表と言って彼女が避妊や妊娠するために必要なことです。
    専用の体温計を寝起きに動かないで測ります。
    彼女が正しく測り、正しい生理周期ならば上の画像のようなグラフになるはずです。

    コンドームは絶対に使って欲しいです。
    妊娠だけでなく、性感染症も防げる可能性が高いからです。
    彼女にも移さないし移されない、破けていない限り妊娠も高い確率で防ぐことができます。

    これは、OC(低用量経口避妊薬)といって、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれた錠剤で1日1錠飲むことで排卵を抑制することができます。
    これは彼女に産婦人科や婦人科に行って処方してもらって飲んでもらうしかありません。
    排卵が無いので妊娠はすることはないということですね!

    その他、女性用のコンドームもありますが、彼女が買うのはかなり抵抗があるでしょうし、
    避妊率も男性のコンドームとほぼ変わらないので、男性がコンドームをつける方が簡単で手間もかからないし、彼女のために是非そうしてあげてください。

    それでも彼女が妊娠してしまった場合。

    一緒に市販の妊娠検査薬を使って調べよう

    クリアブルーというのもあります。

    ドラッグストアで買えるので、ちゃんと彼女と一緒に検査しましょう。

    このように判定線が薄かろうが妊娠しています。
    まだ初期の妊娠でHCGというホルモンが少ないだけで、妊娠が進めばHCGも増えていくので濃くなります。

    病院へ行き妊娠を確かめよう

    これは妊娠5週目の超音波の画像です。
    生理予定日から1週間後ということになります。
    黒い丸が赤ちゃんが入っている袋ですがまだ赤ちゃんの姿は見えません。

    これが妊娠6週目。
    赤ちゃんの姿が見えて心拍も確認できるくらいです。

    赤ちゃんの心音を聴くと女性はとても感動するものです。
    望んでいなくても心音を聴くと気持ちが変わったという人も多いくらいですから。

    この奇跡の命をどうするのか、しっかり彼女の気持ちを聞き、自分の気持ちを整理しましょう。

    未成年なら両親へ報告

    両方の親から殴られる覚悟で報告しましょう。
    未成年が解決できる問題ではありません。保護者である自分と彼女の両親にきちんと説明しましょう。
    そして彼女との話し合いで決めたことを報告しましょう。

    もし、彼女が妊娠を継続することが出来ないなら・・・

    まずは心のケアをしてあげよう

    流産や望まなかった妊娠でも彼女の身体や心には相当のダメージがあります。
    二人でしてしまった事とはいえ、彼女の方がダメージが深いことを理解してくださいね。
    できる限りそばにいて傷が癒えるのを待ってあげてください。

    再発防止のために何が出来るか一緒に考えよう

    もしかしたら1度の流産の手術で2度と妊娠できなくなる可能性もあるんです。
    それにせっかく宿った命を殺してしまったんです。
    もう2度とこんなことが起きないように、どうしてこんなことになったのかを反省し、二人でよーく話し合いましょう。

    まとめ

    しっかり妊娠のしくみや避妊の方法が分かりましたか?
    それ以外にも妊娠させてしまった場合の恐ろしい結末もしっかりと頭に叩き込んで
    快楽に流されず、愛のあるSEXを楽しんでくださいね!

    子供って本当に素晴らしいですよ!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ