記事ID26353のサムネイル画像

    あなたが使う白髪染めは泡タイプ?泡タイプ白髪染めの口コミ情報

    ドラックストアなどで良く見かける泡タイプの白髪染め。白髪染めに泡タイプが登場したのは最近だと思いますが、使いやすいなどメリットがあり、人気のようです。白髪染めとヘアカラーの違い、どの白髪染めが使いやすく長持ちするなど泡タイプを中心に口コミ情報を集めてみました

    白髪染めは泡タイプ、ペーストタイプのほかどんな種類があるのか、どんな仕組みで染まるの?

    これならわかる!白髪染めのタイプ別メリット・デメリット

    白髪染めの種類とメリット・デメリットをわかりやすく解説した美容院のサイトがありましたので、紹介します
    どのタイプの白髪染めにも、メリット・デメリットがあるため、染める人の目的やアレルギーの有無、などで染める方法なども変わってくるようです
    美容院で白髪染めをする場合もよく相談して染めた方がよさそうですね

    髪の傷みが少ないトリートメントタイプの白髪染め

    以前から髪の傷みが少ないといわれるトリートメントタイプの白髪染めも通販などを中心に販売されていましたが、白髪が染まるまでに時間がかかる(毎日すこしずつ染めるので、毎回5~10分待たなくてはいけない)他の白髪染めなどと比較すると価格が高いなどの特徴があります

    白髪用ヘアカラー泡タイプ

    テレビCMなどで時々みかける某ブランドの白髪用ヘアカラー。
    こちらは医薬部外品の染毛剤で使用前にパッチテストが必要ですが、長い髪の女性には、従来のペーストタイプの白髪染めよりも簡単に使用することが出来そうですね

    ヘアカラーリング剤(ヘアカラーリングざい)は頭髪用の染料である。日本の医薬品医療機器等法では、ヘアカラーリング剤は、染毛剤(医薬部外品)と染毛料(化粧品)に大別される。
    染毛剤(カラー剤)の主成分は、パラフェニレンジアミンなどの酸化染料で、使用時に過酸化水素水と混合することにより酸化発色し、毛髪を永久的に染める。これと同時に過酸化水素による毛髪中のメラニン色素の脱色が起こるため、染料の配合濃度に応じて「白髪染め」から「おしゃれ染め」まで、色調の異なる染毛が可能となる。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    白髪染めの大半は染毛剤と呼ばれるものだと思いますが、中にはヘアマニュキュア(染毛料)と呼ばれる一時的に髪を着色して白髪を目立たなくするというタイプのものもあります。
    両者の大きな違いは上にあるように、永久的に染める染毛剤、一時的に着色すると違い。
    カラー成分の違いにより、染毛剤はアルカリ性で髪や地肌を傷める恐れがあり、一部アレルギーのある方には使えないが、染毛料では髪の痛みや、アレルギーは起こる可能性が低いものの、シャンプーなどで色落ちしやすいなどの欠点がある

    このほか染毛料には、ヘアスプレーにカーボンブラックなどの顔料を配合したカラースプレーや、生え際の白髪を隠すリタッチ用製品もある。これらの製品には毛髪を染める力はなく、一回のシャンプーで落とすことができる。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    白髪染めをしている方に共通の悩みとして、髪の毛が伸びてきたときの生え際や、髪の毛の分け目の白髪が目立つことですね。
    以前からありましたが、白髪を目立たなくする成分が入ったコンディショナーや、マニュキュアタイプの部分染めで対応している方もおいでるかと思います。
    男性の場合は、1~2か月前後で理髪店で、調髪と共に白髪染めをする方も多いと思いますが、女性の場合は、美容院に行くのが年数回というかたもおいでるようなので、やはり女性用の白髪染めの需要は多いようですね

    わたしは30歳前後から白髪が目立ち始めたので、白髪染めとの付き合いはかなり長いです...
    美容院や理髪店で染めてもらったことももちろんありますが、お店で染めると普通に髪を切るのと2倍近い金額がかかってしまいます(泣き)
    なので、お金がない時はカットだけしてもらって自分で染めたり、あらかじめ染めてから理髪店に行ったりと、いろんなメーカーやタイプの白髪染めを試しました
    今回は泡タイプの白髪染めメインにいろいろと書きたいと思います

    白髪染め泡タイプの口コミ情報を調べてみました

    泡タイプの白髪染めを選ぶ時には要注意!

    従来のペースト状などと比較すると使いやすく、しっかり染まり、髪へのダメージが少ないといわれる泡タイプの白髪染め。
    でも、あくまでも白髪染めの成分は従来品と同じで、場合によっては髪にダメージがでたり、アレルギー反応が出る人もいます。
    使用する場合は、購入するお店の人によく相談してから購入しましょう。

    毎回美容室でカラーができればいいのですが、そういうわけにもいかず、ショートなのだし、夏場くらいはセルフでと思っています。でも、クリームタイプは村になる、根元まで染まらない、液状は、すぐに落ちてくると、いいことなしでした。
    でも、このムース状はいいですね。こっくりした泡に変わって、液ダレしてこないし、根元までしっかり染まります。髪へのダメージも思ったほどありませんでした。
    でも、カラー後しばらくは、カラリング用のシャンプー・トリートメントは、必須だと思います。

    出典:http://www.cosme.net

    泡タイプの白髪染めを使った方の口コミを観たところ、髪の長さや、染め方にもよりますが、大半が良い印象の口コミを書かれていました。
    女性はいろいろと白髪染めを使用してみて、白髪染めの成分を比較して購入したり、染まり具合や髪へのダメージ、地肌のヒリヒリ感など、色々比較して自分に合ったものを使用しているみたいです
    当然と言えば当然なのですが、人によって好みもあると思うので、いくつか試してみるのもいい方法かもしれません

    白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーの染まり方にちょっと満足できなくなってきた方に、新しく紹介したいのがこの「泡の白髪染め」。
    泡タイプの白髪染めは、テレビCMでも盛んに宣伝されていますが、ここで紹介するのはそれらとは異なるものです。
    髪を傷めない低刺激のタイプとなっていて、安心して使えます。
    1度でしっかり染めたい方におすすめです。

    出典:http://www.migraine-headache-nti.com

    実際のところ、白髪染めでちょっと臭いが気になったり、地肌に多少ヒリヒリとするような刺激を『感じている人は少なかずいると思います(私もそうでした)
    でも、髪が染まる事で若々しく見えること、(白髪が多ければ老けて見えますよね…)髪が黒く染まることで気分も若返ったような気もしますよね
    理髪店や美容院でさっぱりカットして、髪も染めれば一気にテンションあがりますが、毎回お店で染めるわけにもいきませんので、白髪染めがよく売れるんだと思います

    泡タイプ白髪染めのメリット・デメリットとは・・・

    ワンプッシュ泡のヘアカラー(白髪用)」 「なんて言われてみたい初デート」篇

    泡タイプの白髪染めは、白髪染めが初めてという方や、慣れていない方にも簡単に白髪を染めることが出来る。クリームタイプのものと比較するとにおいや刺激が少ないものが多いのが特長のようですね

    【泡タイプのメリット】
    ・泡でくしゅくしゅするのが楽しい
    ・後頭部や後ろ髪を染めるのが簡単
    ・くしやコーム等で伸ばす必要がない
    ・技術がいらないので自宅染め初心者でも使いやすい
    【泡タイプのデメリット】
    ・泡が軽く飛び散るため掃除が大変
    ・必要以上に揉みこみすぎて髪や頭皮にダメージを与えやすい
    ・泡が弱く、液だれして顔に垂れてくる商品もある
    ・生え際の白髪を染めるのが実は難しい

    出典:http://www.designscienceoffice.com

    泡タイプの白髪染めのメリットデメリットをわかりやすくまとめてありましたので引用しました。
    従来のペーストタイプの白髪染めと比較すると、髪の毛の長い女性は全体に良く馴染み、使いやすいという半面、生え際などが染まりにくい、メーカーによってはムース状の泡が液体に近く液だれするなどのデメリットがあるようですね

    泡タイプの白髪染め どうしたらきれいに染まる?

    泡カラーでキレイに染める方法

    美容師さんなのかな?白髪染めではないですが、上手に染まりそうなヘアカラーの使用方法の手順が解説されています

    白髪も自分で染めるとなるとやはりおしゃれ染め同様にムラになってしまったり綺麗に染まらないということが多いです。 これは市販の白髪染めのクオリティーが低いのではなく、染め方のテクニックの問題です。コツさえ掴めば自分一人でも綺麗に染めることが出来ます。
    白髪を上手に染めるには、3つのポイントがあります。

    1、量をケチらない
    白髪染めの量をたっぷりつけるということです。つけ過ぎると髪の毛が傷んでしまうと思うかもしれませんが、仕上がりがいまいちで 何回も続けて白髪染めをする方が、髪にはダメージになります。特に染まりにくい部分には量を多めにつけるようにしましょう。
    2、放置時間を髪質にあわせて調整する
    説明書には、白髪が染まるまでの時間の目安が書いてありますが、人によって髪質や髪の太さが違います。髪質が硬かったり太い人は染まりにくいですし、 柔らかくて細い人は染まりやすいという性質があるので、放置時間は髪質によってちょっとづつ変えるようにしましょう。 硬くて太い方は15分ぐらい長めに、柔らかくて細い人でも5分ぐらいは長めに置いておくと綺麗に色が入ります。
    3、ひと手間加える
    今の白髪染めはとても進歩しているので、ただ塗るだけでも色が入りやすくなっていますが、やはり髪を温めてキューティクルを開くとその分より浸透力がアップします。 ですので、全体に均等に塗ったら、サランラップや蒸しタオルを巻いて頭を温めると、より一層上手に染めることができます。

    出典:http://www.2020worldpeace.org

    わたしも以前、何度か自分で白髪を染めたことがありましたが、きれいに染まらなかったり、周りが汚れたりで自宅で白髪染めをすることは最近はほとんどありませんが、上記の方法を守ると、きれいに白髪が染まりそうですね

    白髪染め を完璧に使いこなすプロ直伝の白髪染め やり方!

    こちらはテレビ番組で紹介されていた本職美容師さんの白髪染めの方法。
    こちらで使用しているのは泡タイプの白髪染めではありませんが、白髪を染める方法の基本として紹介しました

    泡タイプ白髪染めのベスト3製品とは!?

    マツキヨで買える! おすすめの泡タイプ白髪染めランキングベスト3!!

    ちなみに某有名ドラックストアでの泡タイプ白髪染めベスト3は・・・
    1位 花王 ブローネ泡カラー (医薬部外品)
    2位 ビゲン ヘアカラーDXクリーミーフォーム
    3位 シエロ ムースカラー
    だそうです。

    ブローネ泡カラー 根元・生えぎわまでしっかり染まるヘアカラー

    高嶋礼子さんや飯島直子さんのCM起用で、一躍泡タイプ白髪染めを世間に知らしめたブローネ(花王)
    初心者だと、コームでのムラが出来やすい為に「染まりにくい」との声から研究を重ね、より細かい泡で髪に色を密着、シャンプーを泡立てるように髪に揉み込んで着色させるそうです。
    泡の細かさでは、ブローネが一番密着型が高いので、全体染めで塗残しが出来やすい、耳の後ろや襟足も細かい泡で浸透するようです。

    白髪染め初心者の方や、手間なく簡単に染めたい方に向いているのは、ワンプッシュで手軽に染められる「泡タイプ」です。液体・乳液タイプのように髪全体になじませやすく、クリームタイプのように根元までしっかり密着するので、髪の全体染めにも部分染めにも対応できるすぐれものです。

    出典:http://d.hatena.ne.jp

    白髪染めのタイプと特徴
    液状・乳液 は髪全体に馴染みやすいく、全体をムラなく染めたい方二お勧め
    クリームは 小分けができ生え際などの部分染めがしやすく、部分染めや根元などをしっかり染めたい方にお勧め。
    泡タイプは スタイリング感覚で気軽に染められ、間なく簡単に白髪染めをしたい方にお勧め。
    粉末タイプは、水に溶くだけで使え、小分けができる白髪染めをお探しの方にお勧め。

    【まとめ】泡タイプ白髪染めのメリット・デメリットを理解してきれいに白髪染めしましょう♪

    白髪は染める?染めない?今どきの白髪染めいろいろ

    男性はある程度の年齢になれば(50歳くらい?)白髪が多少あっても、そのままという人が多いように思いますが、女性はそうもいきませんよね。
    女性でも多少は白髪があったとしても、年相応に見えるならいいですが、白髪が多い人は白髪染めかヘアカラーに頼る人が多いのでないでしょうか・・・

    私も以前は自宅でいろいろなタイプの白髪染めを使って白髪染めをしていましたが、最近は理髪店で染めてもらう事がほとんどです。
    でも、今回色々と調べてみて、白髪が目立つけど、まだ髪を切るのは早いなという状態の時に、また自分で白髪染めしてみようかな?と思いました。
    最後まで、泡タイプ白髪染めの記事を読んでいただいてありがとうございました。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ