記事ID23660のサムネイル画像

大人も夢中!!レゴのキーホルダーはこんなに種類があった!

子供のおもちゃであるレゴブロックとしてだけではなく、大人にもファンの多いレゴ。そんなレゴのキーホルダーが大人にもおすすめなんです!
かわいいものからかっこいいものまで、名前を入れることもできちゃうレゴのキーホルダー。
その魅力にあなたもほしくなっちゃうかも!

大人にも人気!レゴをおさらい!

はたらくくるまシリーズ

レゴ(LEGO)は、デンマークの玩具会社、若しくはプラスチック製の組み立てブロックの玩具(商標の項で示すが会社側はこの呼称を良しとしない)。1934年に「よく遊べ」を意味するデンマーク語"Leg Godt"から社名をLEGOとした。最初は木製玩具を作っていたが、1949年からプラスチック製玩具を作り始めた。

出典:https://ja.wikipedia.org

街ですね

プラスチックのブロックが世に出て以来、数千ものセット商品が販売されて来た。その題材は多岐に亘り、宇宙、ロボット、海賊、中世の城、恐竜、街、郊外、西部開拓時代、北極調査隊、船艇、レーシングカー、鉄道、スター・ウォーズ・シリーズ、ハリー・ポッター、スパイダーマン、バットマン、インディ・ジョーンズ、トイ・ストーリー、パイレーツ・オブ・カリビアン等様々である。

出典:https://ja.wikipedia.org

こんなものまで!

レゴブロックにおける一般的な基本色は、赤、黄、青、黒、白、灰色である。1990年代から徐々に他の色も多用されるようになり、現在では濃灰色や緑色、砂色、茶色なども多く見ることができ、透明のブロックもある。

出典:https://ja.wikipedia.org

レゴの人間たち

ミニフィグというのはレゴブロックの人型ブロックで、minifigure【みにふぃぎゅあ】の略称です。
日本での一般的な呼び方でもあります。

最近ではレゴ ミニフィグに関するレゴ社のオフィシャル本が発売されるなど、
その関心は年々高まっており、昨年発売されたミニフィグをメインにした商品「レゴ ミニフィギュア」シリーズ
も大変好評です。

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

いろんな職業の人がいますね

おなじみのキャラクターもレゴに!

レゴブロックがキーホルダーに!

基本のレゴブロック型キーホルダー

壁にかけることも可能です。

レゴブロックのキーホルダーはどこでつくれるの?

LEGO clickbrick(クリックブリック)というお店でレゴブロックに好きな文字を入れたキーホルダーを作ることができます!

レゴ®の全てが体験できるブランドストアです。
大きなショーケースに飾られているブロックジオラマ、子どもから大人まで遊べるプレイエリアも充実していますので、
見て、触って、組み立てて、レゴ®の世界を思う存分体験することができます。

出典:http://clickbrick.info

ブロックの色と、文字の色が選べます。
英語も平仮名も刻めますよ♩

いくつか作れば、本物のレゴのように
つなげることだってできますよ。

早ければ5分くらいで完成☆

出典:http://mery.jp

あっという間にキーホルダーができちゃいますね!

文字入れ:片面390円
キーリング:490円

片面390円+キーリング490円=880円

また、キャラクターキーリング(490円)をつけることも可能◎

出典:http://mery.jp

ミニフィグもキーホルダーに!

おススメキーホルダー① スーパーマン&バットマンのキーホルダー

スーパーマン&バットマンのキーホルダー
実は動いておしゃべりしてるかも!

おススメキーホルダー② マーベルヒーローのキーホルダー

未だに人気が衰えないマーベルヒーローのミニフィグもキーホルダーになってます。

おススメキーホルダー③ いろんな職業のキーホルダー

宇宙飛行士キーホルダー

カーボーイキーホルダー

格闘家キーホルダー

宇宙飛行士キーホルダー

忍者キーホルダー

うさぎコスプレキーホルダー

おススメキーホルダー④ USB付きキーホルダー

LEDライトがついたキーホルダー。
夜、鍵穴を探すのに便利!

おススメキーホルダー⑤ 動物キーホルダー

かわいすぎる動物シリーズ

レゴキーホルダー応用編!

こんな風に壁に付けておいたら出かける前に鍵を探すこともなくなるかも!
レゴで作ったお家もかわいい

何個あってもキーホルダーを増やせばいいので大丈夫!

レゴで作ったKEYS!がオシャレ~

いかがでしたか?

レゴのキーホルダーはレゴランドやアウトレットでも扱っていますが、ネットショップなどでも扱っているようです。
ぜひお気に入りのレゴを見つけて、あなただけの使い方を見つけてみてくださいね!

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ