記事ID22183のサムネイル画像

日本一洋菓子店の多い神戸発祥の洋菓子店のカフェランチをご紹介

そこで,今回は神戸発祥の3つの洋菓子店のカフェランチをご紹介したいと思います。そして,洋菓子店の手掛けるカフェランチだからこその愉しみ方もご提案したいと思います。
おしゃれな神戸の街での至福のひと時を,神戸発祥の洋菓子店のカフェで堪能してみては如何でしょうか。

神戸に洋菓子店が多い理由

明治元年の兵庫開港(現在の神戸港)、および外国人居留地の設置によって、多くの西欧文化がもたらされた神戸。その中には外国人菓子職人による本格的な洋菓子もあり、神戸には老舗洋菓子店をはじめとしたスイーツの名店が多い。

出典:http://news.mynavi.jp

また,

神戸、芦屋、西宮の3市を合計した洋菓子店の数は462店。同規模の人口を持つ名古屋市の洋菓子店数は323店。1.7倍の人口を持つ横浜市にも、342店しか洋菓子店はない。阪神間の洋菓子店密度は日本一と言ってよい。

出典:http://mag.executive.itmedia.co.jp

なぜ,このように神戸にはたくさんの洋菓子店があるのだろうか。
それには,次の3つのポイントがあるようです。

競争と共存を可能にする「人材育成」

親方の下で修業した若手職人が独立し、店を出すとき、神戸には見えざる不文律がある。その不文律こそが、店舗間のつぶし合いを未然に防くと同時に、若き職人のオリジナリティを高めていったのだ。

出典:http://mag.executive.itmedia.co.jp

増田製粉所の存在

単にケーキ原材料の卸元としてだけではなく、あるときは人材供給の仲介者として、スウィーツ業界を支え続けた地元の優良企業

出典:http://mag.executive.itmedia.co.jp

が存在するからです。

顧客水準の高さ

近代日本の都市文化を生み育ててきた阪神間の住民は、マスメディアの仕掛けに踊らされ「行列ができる店」に並ぶようなことはない。代々培った舌の感覚は高い水準を保ち、住民間のクチコミネットワークは強力だ。そのネットワークは、師匠の猿真似をしているだけのケーキ店を、あっという間につぶすほどの力を持っている。

出典:http://mag.executive.itmedia.co.jp

神戸の洋菓子店は,そんな顧客の肥えた舌を満足させ続けてきているのです。
ここでは,そんな神戸の洋菓子店が手掛けるカフェランチをご紹介したいと思います。
単にカフェだけを経営しているというのとは違い,洋菓子店が手掛けているからこそのメリットがあります。その点についても最後にご紹介したいと思います。

フロインドリーブ

長い歴史を持つ神戸の老舗ベーカリー「フロインドリーブ」のカフェは1999年登録文化財の指定を受け、神戸の新しいランドマークとして着実に定着しつつあります。高い天井、窓など当時の教会の面影を残した2Fのカフェスペースは幅広いファンに支持されています。また車椅子対応のエレベーターなどバリアフリーポイントもきっちり整備され、訪れる人を心地よく迎えてくれます。

出典:http://www.equiv.net

そんなおしゃれなフロインドリーブのカフェで提供されているランチがちら。

-LUNCH-

日替わりでランチをご用意しております。限定数がございますのでお早めの来店をお待ちしております。

-TIME-

11:30~14:00月曜日~金曜日(祝日、定休日を除く)

-MENU-

本日のサンドウィッチ
本日のスープ
本日のアイスクリーム
コーヒー or 紅茶
税込 ¥1080
※14時まではランチメニューがご注文いただけますが、材料の仕入れ状況等により予告なく下記のサンドウィッチの種類を変更する場合がございます。予めご了承くださいませ。

出典:http://freundlieb.jp

フロインドリーブのカフェでランチを堪能したお客さまからは,

職場の近くにあるのでお昼休憩に行って来ました。

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計のユニオン教会を改装したカフェです。
1階がパン・スウィーツの販売スペース、2階がカフェになっています。
ヴォーリズの作品の多くが教会・学校・個人住宅なので一般の方が自由に入る機会が少なく
建築を愛でながらお茶を楽しめるヴォーリズ好きにとっては貴重な存在です。
天井に張り巡らされた梁、柔らかな光が差し込む窓などヴォーリズらしさが溢れています。
ヴォーリズ愛好家だけでなく観光客にも人気があるようで
この日も平日にもかかわらず10組以上の待ち客が2階が上る階段にズラッと(+o+)
幸い予約していたので待ち時間無しで案内していただけました。
ただし、予約のテーブル数は限られているようですので早めの予約をお勧めします。

この日の日替わりランチ(1080円税込)は
・本日のサンドウィッチ
・本日のスープ
・本日のアイスクリーム
・ コーヒー or 紅茶

本日のサンドウィッチはコールドポークでしたが
ペッパーハム&チーズサンドでもOKということでそちらに。
4分割に切る事も可なのでお願いしました、丁度一口サイズで食べやすい♪
自家製の食パンに具材たっぷりでかなり食べごたえあります。
パンは子供の頃食べていたよりもかなりソフトになったような気がします。
デザートも杏仁味のアイスクリームの他に自家製クッキーが2個ついていて
食後にケーキも注文するつもりでしたが十分お腹いっぱいになりパスしました。
老舗ベーカーリー名物の食パン、クッキーが楽しめて1080円、とってもお得です!

神戸のハイカラ文化のシンボル的存在のフロインドリーブさん
レトロモダンな建物は初訪問でも懐かしさを感じる空間です。
神戸好きな方は一度お立ち寄りくださいませ。

出典:http://tabelog.com

神戸の有名なカフェと聞いて行ってきました。
駐車場があるので行きやすいです。エレベーターとあるのでベビーカーできてる方もいました。

建物はやっぱりおしゃれ!
入って一階にはテイクアウト
二階がカフェになってました。

少し待ちがありましたが、一階見てるうちに順番きたしはやかったかな。

平日限定のウィークデイランチ1080円を注文

つきだし的な感じ?でクッキーが2枚でてきました。
嬉しいな( ^ω^ )おいしかったです。
食前クッキーて初!

スープはアスパラガスのポタージュ
アスパラガスがすごいしてました。おいしい!
めずらしいスープが出てきて嬉しいです。

今日はペッパーハム&チーズのサンドイッチでした。

ピクルスもサラダも美味しいし結構ボリューミー!
サンドイッチってお店であんまり食べたことなかったけどお店のんておいしいなあ。

帰りに大ミミチョコ324円と
シナモンレーズンとくるみレーズンのパンを買って帰りました。

大ミミがすっごいおいしくて感動!!
高いなあって思ったけどこのおいしさなら納得です!!さくさくでおいしい〜
また食べたいなあ。

パンもレーズンたっぷりでおいしかったです。

ケーキ最初いっぱいあったけど帰りにはほとんどなくなるほど人気やったんで今度はケーキとか他の焼き菓子、パンなど食べてみたいです。

出典:http://tabelog.com

といった感想が寄せられています。
みなさん,ランチ自体だけでなく,元々教会だったカフェの建物の雰囲気まで愉しまれているようですね。
神戸の中心地にありながら,都会の喧騒を忘れさせてくれるような優雅な雰囲気を味わえる,風呂インドリーブのカフェでのランチは,一度体験してみる価値がありそうですね。

ケーニヒスクローネ くまポチ邸

ケーニヒスクローネのキャラクター、くまのポチが歓迎します。
ここにしかないお土産や、贈り物に喜ばれるパッケージをご用意しました。
ポチのホテルグッズもお買い求めいただけます。
カフェでは、小粋なランチ、ブレイクタイムをお過ごしいただけます。

出典:http://www.hkk-kobe.jp

そんなケーニヒスクローネくまポチ邸のカフェで提供されているランチがこちら。

メイン料理は5種類の中から選べます。
卵とお餅のビーフシチュー 1,500円(税抜)
野菜のビーフシチュー   1,500円(税抜)
野菜グラタン       1,500円(税抜)
パスタ(クリーム)    1,800円(税抜) 
パスタ(ボロネーゼ)   1,800円(税抜)

ランチメニューは全品パン・サラダ・ドリンク付き。
パンは食べ放題。サラダ、ドリンクは おかわり自由です。
ドリンクは紅茶・コーヒー・カフェオレの3種類で、それぞれホットかアイスか選べます。

出典:http://hibikorekiduki.blog.fc2.com

ケーニヒスクローネくまポチ邸のカフェでランチを堪能されたお客さまからは,

三宮のケーニヒスクローネホテルのカジュアルレストラン、くまポチ邸へ行ってきました。

平日のランチでしたが、念のため事前に席を予約しておきました。
いくつか空いている席があったので、この日は予約なしでもギリギリ大丈夫そうでした。

ホテルということで、落ち着いた雰囲気を想像していたのですが、平日だったからか半分くらいのお客さんが小さな子供連れで、かなりガヤガヤとにぎやかな雰囲気でした。
ソファ席も多く、赤ちゃん連れでも気兼ねなく利用できる貴重なお店だと思います。

注文は、最初にカウンターで食べ放題のパンとサラダをとり、お会計でメインとドリンクを注文し、番号札をもらって席で待つ仕組みでした。
初めての訪店だったので、口コミの多いビーフシチューのランチセット(1620円)を注文しました♪

内容は、
・パン(食べ放題)
・サラダ(たぶん野菜はおかわり自由)
・メイン(ビーフシチュー)
・デザート(プリン)
・飲み物(飲み放題)

パンは一つ一つのサイズがかなり小さめのため、いろんな種類を楽しめます!
惣菜系からパンオショコラやレーズンなどの甘い系のパンもあり、どれも美味しくて何回もおかわりしました(*^^*)
飲み物は、空になったカップやポットをレジに持っていけば、何回でもおかわりできます。
飲み物の種類も変更できて良かったです。

子供が多く騒がしかったので、友人とゆっくり語り合うには不向きなお店かもしれませんが、パンが本当に美味しかった…☆
神戸に行く機会があれば、また行きたいです。

出典:http://tabelog.com

休日の2時前ごろにお邪魔しました。
レジには長い列。席に着いた後もひっきりなしにお客さん。
できてすぐ位にも覗きましたが、そのころから変わらぬ行列!

20食限定のグラタンは売り切れ・・・残念!
ランチは
〇サラダ
〇パン(食べ放題)
〇メイン(秋野菜のビーフシチュー、パスタ、グラタン、ビーフシチューからどれか一つ)
〇ドリンク(飲み放題)

先にパンを好きなだけ選んで、サラダを取ったらレジでメインを注文。
期間限定の秋野菜のビーフシチューをチョイス。
税込1620円。
メインは席まで運んでくれます。
お会計の後、ドレッシング(しょうがクリーミー、ごま、オニオン、明太子)を好きな物を選んでかけます。
サラダの葉物を少し追加できたり、パンを温めたりできるのはさすが!

席はソファー席も多くてゆったり♪

特筆すべきはやっぱりパンでしょう!
食べ放題なのに、種類もたっくさん!
ほんでめっちゃ美味しい!
今回は、チーズと、メロクロ(クロワッサンにメロンパンの生地をかぶせたやつ)と、シナモンロールをチョイス。
甘いのが多かったから、デザート感覚。
ハムチーズとかソーセージのような甘くないのもあるのが嬉しい♪
サラダやビーフシチューは普通に美味しかったです。
デザートのクレームブリュレはカリカリ感は少ないけど、こういうのがちょっとつくと嬉しいよね。

おかわりしようかと思いましたが、結構お腹いっぱいになったのでコーヒーだけ口直しでもらって終了~
おかわりの時に、わざわざコップを新しく湯煎してるものに変えて入れてもらえたのに感激!
忙しいのにその気配りがめっちゃ嬉しい~♪

このお値段を高いととるか安いととるかは人によって違うと思いますが
観光地で、いかにも神戸らしい雰囲気、パンもドリンクも食べ放題飲み放題で、このサービス。
良いと思うなぁ♪

ランチは14時過ぎには売り切れてたので早めがお勧めです☆
ご馳走様でした!

出典:http://tabelog.com

ケーニヒスクローネくまポチ邸のカフェでは,ランチのメインだけでなく,食べ放題のパンが人気をよんでいるようですね。多くのカフェでは1~3種類程度だと思いますが,ケーニヒスクローネくまポチ邸のカフェではバイキング形式で多くの種類を小さめのサイズで愉しめます。いろいろな味を味わえるのはうれしいですよね。そして,店内の装飾から食器に至るまでがくまポチで飾られているところも人気の秘訣のようです。これならお子様も喜びそうですね。

ガルニエ(ゴンチャロフ)

ガルニエはゴンチャロフが手掛ける新事業で,

フレッシュチョコレートをはじめとするスイーツの販売をはじめ、イタリア料理や喫茶をお楽しみいただけるレストランスペース、そしてインテリアの展示販売スペースを持つ、新しいスタイルのショップです。

出典:http://www.garnier68.jp

ゆっくりとおくつろぎいただけるおしゃれな空間で
シェフが作るこだわりのパスタやピッツァを
お楽しみいただけます。

出典:https://www.goncharoff.co.jp

そんなガルニエで提供されているランチがこちら。

【ランチ】
・パスタランチA 1,260円
前菜、サラダ、パスタ【2種より選択)、パン

・パスタランチB 980円
サラダ、パスタ(1種のみ)、パン

・ピッツアランチ 1,365円
前菜、ピッツア、スープ、サラダ

出典:http://tabelog.com

ガルニエでランチをご堪能されたお客さまからは,

お料理はまあまあ美味しいと思います。
夫は、「料理は普通だけど雰囲気が好きだから、ランチには良い。」と言っていますが、それほど悪くないと思います。
夫の場合は、フレンチやイタリアンでも、すぐに素材の風味を最大限になんとかかんとかと言い出すので、厳しすぎると思います。
刺身には特にうるさいですね。

お買い物の合間のランチやお茶にはお薦め出来るお店だと思います。

出典:http://tabelog.com

カフェイタリアンのガルニエに行って来ました〜
旧居留地でランチを探して歩いている時見つけたお店です
イタリアンのお店とは最初はわからない外観ですがリーズナブルで美味しいイタリアンが食べれますよ。平日はランチ997円〜1290円でドリンクも付いています
ランチの後はそのまま美味しいデザートも食べれますからゆっくりできます

出典:http://tabelog.com

店内の雰囲気が気に入られているい客様も多いようです。また,店内にはインテリアの展示販売スペースがあるという点は,おしゃれの街神戸ならではという印象を受けますね。

神戸発祥の洋菓子店のカフェランチはならではの楽しみ方

洋菓子店のカフェランチ,いかがだったでしょうか。どのお店のカフェランチも一度行ってみたいですよね。洋菓子店の手掛けるカフェでランチを味わえば,場所を移動せずそのまま美味しいスイーツまで味わえるというメリットもありますよね。ここで紹介した以外にも,神戸発祥の洋菓子店のカフェランチはあります。ぜひ,探して行ってみて下さい。
おしゃれな神戸の街で,カフェランチを愉しみながら,ゆったりとしたひと時を過ごしてみては如何でしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ