記事ID20684のサムネイル画像

【動画あり】弾き語りにおススメなテイラー・スウィフトの曲まとめ

ギターで弾けるようになりたい楽曲人気ナンバーワンのテイラー・スウィフト。そんなテイラー・スウィフトのギター1本でコピーできちゃう、弾き語りにおススメな曲を集めてみました!どこで弾いても喜ばれるテイラー・スウィフトのギターソングをあなたも練習してみませんか!?

ギター女子代表テイラー・スウィフトのプロフィール!

本名はテイラー・アリソン・スウィフト。1989年12月13日生まれ。
アメリカ合衆国ペンシルベニア州で生まれ育ち、幼い頃からカントリーシンガーの夢を抱き10代の若さで見事夢を実現する。
プロとしての活動は2006年~
現在の音楽界での位置付けはカントリー・ポップシンガー。
世界中にファンを持つ押しも押されもせぬ歌姫。
度々コンサートなどで日本への来日も果たしている。

10歳の頃には地元のカラオケ大会に出場するようになり、作詞もするようになりました。
そして、11歳でカントリーミュージックに定評ある地元テネシー州ナッシュビルの全レコードレーベルに自作のデモテープを送り込んだそうですが、評価は低かったようです。

出典:http://hollywoodsnap.com

学生時代は同級生からいじめをうけていて、カントリー・ミュージックが好きということも笑いのネタにされていた。そのことについてテイラー・スウィフトは「彼女達のいじめという逆境に負けず頑張れたし、試練にもなった。私が世界に負けないよう強くなれたのも彼女達のおかげだと思うわ。」とコメントしている。

出典:http://matome.naver.jp

最年少でグラミー賞 最優秀アルバム賞を受賞したアメリカ合衆国のカントリー・ミュージック歌手、シンガー・ソングライター。16歳で大ヒットCDでデビュー、史上最年少でグラミー賞最優秀アルバム賞を受賞など華々しいキャリアを持ち、国内でも10代を中心に若者からの人気が高い女性アーティストです。

出典:http://nihon-meisho.com

テイラー・スウィフトは10歳くらいからすでに”歌手になる”と明確な目標を持ち、ギター片手に夢に向かって走り続けていたようです。そんなテイラースウィフトのギターと初心者でも挑戦しやすい楽曲に迫ってみましょう♪

テイラー・スウィフトとアコースティックギター

エレキギターも演奏しますが、テイラー・スウィフトといったらやっぱりアコースティックギター!
テイラー・スウィフトのオシャレなアコースティックギターの画像をまとめてみました。

テイラー・スウィフト愛用のギターは”テイラー・ギター社”のギターだった!

Taylor Guitar社からでているフラッグシップラインのPresentationシリーズのGrand Auditoriumタイプで、それに彼女の好きなFlorentineカッタウェーの特注品の「Custom PS14ce」のようです。

出典:http://mykeita.blog59.fc2.com

ポップ調の曲にもアコースティックギターを可愛く取り入れちゃうテイラー・スウィフト。

ステージで使用しているボディ全面にシルバーのスワロフスキー・クリスタルをちりばめたゴージャスなギター

出典:http://nihon-meisho.com

テイラー・スウィフトの歌声はアコースティックギターのサウンドにピッタリ!!

カントリーだから上手いのか、上手いからカントリーをやるのか、というよりも、上手くないと出来ないのがカントリーです。演奏が上手いということは、必然と上手い歌が必要になりますし、その逆も然り。

出典:http://fuyu-showgun.net

ギターの実力も歌唱力も一流のテイラー・スウィフト。その上容姿もこんな意可愛い~!

テイラー・スウィフトの何が凄いのかといえば、アメリカの土着的音楽であるカントリー・ミュージックを国民的のみならず、国際的にポップミュージックとして知らしめ、どこか年齢層の高かった同ジャンルのリスナー層を10代にまで下げた。日本に置き換えるとどういうことなのかといえば、美少女演歌歌手が登場して女子高生に話題で、国民的どころか海外でもバカ受けしてる、みたいな。

出典:http://fuyu-showgun.net

今最も勢いのある若者層のカリスマ、テイラー・スウィフト。さすがカントリー出身というだけあって、歌唱力やギター演奏など、音楽面での才能ももちろんお墨付き。

出典:http://ticket.st

テイラー・スウィフトはステージでギターの他にも、たびたびバンジョーを披露することも!!

テイラー・スウィフトが使用しているのは6弦バンジョーで、チューニングもギターと同じで、まさにギターのように弾いているようです。
このテイラー・スウィフト使用のギターバンジョーは、1975年創業のアメリカはカリフォルニアのブランド、DEERING BANJO COMPANY(ディーリング・バンジョー・カンパニー)のもの

出典:http://fanblogs.jp

テイラー・スウィフトのネーム入りギターも発売中!

なんとテイラー・スウィフトのネーム入りギターが販売されています。
楽器店やネット通販などで購入が可能です!!

Taylor Swift's Baby T
60,900円(税込)
・Top:Sitka Spruce
・Back&Sides:Sapele Laminate(サペリ)
・Body Shapes:3/4 Size Dreadnought
・Neck:Tropical Mahogany
・Fretboard/Bridge:Ebony
・Fretboard Inlay:Pearloid Dots
・Nut&Saddle:Tusq
・Scale:22 3/4"(578mm)
・Neck Width:1 11/16"(43mm)
・Finish:Varnish
・Case:Baby Gigbag

出典:http://www.barks.jp

自身と同名のギター・ブランド「Taylor」のギターを使用していることでも有名、シグネイチャー・モデルもリリースしています。

出典:http://nihon-meisho.com

テイラーのヒット作であるBaby Tがベースとなっており、4分の3のスケールは、子供から大人まで、初心者からマニアまで広く受け入れられるかわいい存在だ。もちろん作りは高品質。まさしくテイラー・スウィフトそのものだ。

出典:http://www.barks.jp

弾き語りにおススメなテイラー・スウィフトの曲!

テイラー・スウィフトのギター弾き語りナンバー1人気曲 "We Are Never Ever Getting Back Together"の弾き方を初心者にもわかりやすく教えてくれる動画です!!

この曲で使うコードはたったの『4つ』

しかも簡単!!Fコード(バレーコード)は一切使わない。
これは、初心者でもすぐに弾けますね!!
使うコードは、これ!
Cadd9、G、D、Em

出典:http://gitafan.com

同じくテイラー・スウィフトの人気曲“You Belong with Me”のギターの弾き方を教えてくれる動画です。英語での動画再生となりますが画面上にコード表記もあり、英語がわからない人でも参考にできると思います。

that was fucking cool !!!!
I love this tutorial !

出典:http://www.youtube.com

訳)すごくクールだったよ!!!!
このチュートリアルが大好き!

テイラー・スウィフトの“Blank Space”の弾き方を教えてくれる動画です。こちらも英語の動画ですが、弦の押さえ方のアップなども収録されていてわかりやすいです。英語が苦手な人にもおススメ♪

Thank you for this amazing tutorials and all of our tutorials are really clear and easy to follow and thts what makes me want to watch.
Love ya

出典:https://www.youtube.com

訳)すばらしいチュートリアルをありがとう。あなたのチュートリアルってどれも明確でわかりやすくいから見たくなっちゃうわ。
大好きよ!

テイラー・スウィフトの曲の弾き語りにチャレンジするなら、"We Are Never Ever Getting Back Together"がまずはおススメ!テイラー・スウィフトを代表する人気ソングですが、実はギター初心者でもすぐにひけちゃうくらい簡単なんです!!

テイラー・スウィフトがギターを弾いてるところを見てみよう!

元々はカントリーシンガーとしてデビューしたテイラー・スウィフト。しかしその人気とともに最近ではカントリーソングよりもポップな曲のリリースが増え、アコースティックギターの音色を聞かせてくれる機会がずいぶん減ってしまったように感じます。・・・が、そんな彼女もコンサートでは原曲にアレンジを加えアコースティックギターバージョンや弾き語りバージョンなどをたくさん披露してくれます。親日家らしくコンサートで日本に来てくれることも多いアーティストなので、一度テイラー・スウィフトの生ギター演奏をコンサート会場で聞いてみてはいかがでしょう!!!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ