記事ID19326のサムネイル画像

高橋大輔の兄が犯罪者?!メダリスト支える家族愛は偽物なのか?

高橋大輔の兄が犯罪者だと噂されている。4人兄弟の末っ子で、高橋大輔のために陰ながら支え続けてきた家族愛は偽物なのか?まことしやかに囁かれる高橋大輔の兄の不穏な噂。気になる事件内容と、高橋大輔と家族のエピソードをまとめました。噂の真偽を確かめましょう!

兄の噂は本当か?まずは高橋大輔のプロフィールから

プロフィール


高橋 大輔

代表国: 日本
生年月日: 1986年3月16日(29歳)
出生地: 岡山県倉敷市
身長: 165 cm
体重: 60 kg
元コーチ: 長光歌子 (1999- 現在)
ニコライ・モロゾフ (2005-2008、2012-)[1]
タチアナ・タラソワ
林祐輔
服部直行 (1996-2000)[2]
振付師: 宮本賢二
ローリー・ニコル
元振付師: タチアナ・タラソワ
リー=アン・ミラー
長光歌子
ニコライ・モロゾフ
パスカーレ・カメレンゴ
阿部奈々美
シェイ=リーン・ボーン
所属クラブ: 関西大学スケート部
引退: 2014年10月14日

出典:https://ja.wikipedia.org

関西大学文学部総合人文学科身体運動文化専修卒業。
2008年4月より関西大学大学院文学研究科総合人文学専攻身体文化専修博士前期課程に進学。2015年、修士論文の未提出のため同大学院を中退。

出典:https://ja.wikipedia.org

高橋大輔の輝けるフィギュアの功績

主な実績として、2010年バンクーバーオリンピック銅メダリスト、2006年トリノオリンピック(8位入賞)、2014年ソチオリンピック(6位入賞)日本代表。
2010年世界選手権優勝、2012年グランプリファイナル優勝、2008年・2011年四大陸選手権優勝、全日本選手権優勝(2005年-2007年、2009年、2011年)、全日本選手権3連覇(2005年-2007年)、世界フィギュアスケート国別対抗戦優勝(2012年、2013年)など。

出典:https://ja.wikipedia.org

2002年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝を初めとし、日本男子初の快挙を次々と成し遂げた。

出典:https://ja.wikipedia.org

2013年のソチシーズンを最後に、28歳で現役引退(2013年のGPファイナルと2014年の世界選手権は怪我により棄権。同年10月までは休養という形をとっていた)。日本人男子スケーターでは過去最年長記録。

出典:https://ja.wikipedia.org

高橋大輔の家族構成とは。兄弟は何人?

高橋大輔選手の実家は岡山県倉敷市の庶民の家庭です。

高橋選手の父親は、とび職の粂男(くめお)さん(68)で、母親は理容師の清登さん(64)夫婦です。

出典:http://xn--t8jm1r9gza2a9495g94lgm3a2j3c.com

3人いるお兄さんはそれぞれが少林寺拳法をやっている。

出典:http://ryuukou001.com

また、高橋大輔は家族同様に可愛がってくれた、第2の母のような存在があったそうです。

「『大輔』という名前は、私が付けました」。店を経営する田村光江さん(72)の長女、初瀬英子さん(44)は振り返る。高橋選手は「姉ちゃん」と慕った。

出典:http://www.yomiuri.co.jp

さらに、コーチ長光歌子さんも高橋大輔を息子のように支えた存在でした。

長光夫妻は子供がいないから、「息子のようだ。」とも言っていた。
そして、「お誕生日にはプレゼントをくれる優しい子。」とも「おばあさんが横断歩道を渡り終えるまで後ろを歩いていたほおど優しい子で、こんな子をこの世界に入れていいのかと思った」というような事も言っていた。
コーチとしてはきつい指導もして口うるさいかもしれないけど、本音はかわいくてかわいくてしょうがないんだなぁと。

出典:http://masayo0340.blog.fc2.com

高橋大輔、家族と兄に見守られ育った幼少期。

3人の兄たちはそろって少林寺拳法の教室に通っていたが、大輔は格闘技に馴染(なじ)めず、野球やサッカーなどの球技にもまるで興味を示さなかったという。

出典:http://biznot.xsrv.jp

幼少期の高橋大輔の様子を、兄はこんな風に語っていました。

「負けず嫌いな気持ちを内に秘めたタイプ」(兄)

出典:http://www.yomiuri.co.jp

一番上の兄は「音に合わせ、体でリズムを取るのは得意だった」と話す。

出典:http://www.yomiuri.co.jp

恥ずかしがり屋で泣き虫な少年。
幼少期の高橋大輔は、そんな少年だった。
だが、本人のがんばりと持ち前のスケートセンスで、めきめき上達していく高橋大輔の試合や遠征を母と「ひでこねーちゃん」、そして父と兄が応援した。

大会の衣装は英子さんが清登さんと共にTシャツにスパンコールを付けるなど、10着以上を手作りした。

出典:http://www.yomiuri.co.jp

こんな風な衣装を家族で手作りしていたんですね。

絵の得意な兄は、衣装のデザインを担当した。

出典:http://www.yomiuri.co.jp

大学時代、高橋大輔はスケートを辞めたいと言ったことがあったそう。
それでも辞めなかった弟・高橋大輔を、兄はじっと見守っていた。

兄は「みんなに愛されていることを大輔はわかっていた。あそこで踏みとどまったから、2006年のトリノ大会出場につながった」という。

出典:http://www.yomiuri.co.jp

理髪店の鏡の前には、兄が色鉛筆で描いた高橋選手のイラストが飾られている。

出典:http://www.yomiuri.co.jp

高橋大輔の兄にまつわる不穏な噂・・・

長男(長兄)であり、中卒でとび職についていた
高橋郡司が信金職員強盗致傷事件の犯人で、
懲役7年の実刑を受けた凶悪犯であるという。

出典:http://blog.livedoor.jp

8月に倉敷市内で発生した信用金庫職員を襲い現金58万円などが
奪われた強盗致傷事件で、岡山県警捜査1課と倉敷警察署はきょう、
倉敷市連島町西之浦の高所作業員、高橋郡司容疑者・26歳を
窃盗と強盗致傷容疑で逮捕しました。
高橋容疑者は今月2日に別の自動車窃盗事件で逮捕されており、
強盗致傷事件の犯人と人相が似ていたことなどから警察で追及、
犯行を自供したということです。
 (岡山日日新聞2002年10月10日)

出典:http://blog.livedoor.jp

事件の起こった場所が、
高橋大輔さんの地元に非常に近く、

高橋大輔さんの同級生が
高橋さんの兄とその容疑者の名前、年齢が一致していると証言したそうです。

出典:http://emi-mie.blog.so-net.ne.jp

高橋大輔はプロフィギュアスケーターですが、家族は一般人。
もし本当の事件だったなら、もっと大きなニュースになりそうですが・・・

この事件、金がかかる高橋大輔に家計がそそがれ
不満に思った兄郡司は過去に金絡みの犯罪を犯しており
すでに前科6犯だった。

出典:http://blog.livedoor.jp

郡司以外の兄弟もすべて中卒だ。

出典:http://blog.livedoor.jp

さらに、まことしやかにこのような兄の言葉という発言も出てきました。

兄貴自身が言ってる。
金が必要な時に、親が高橋に金をかけていて金がないから相談できなかったって。
兄弟が不満に思ってるのは事実だろうし。

出典:http://aieba.wiki.fc2.com

この事件は本当に、高橋大輔の兄が関わっているのでしょうか…?

兄は犯罪者?高橋大輔を支えた家族像は偽物なのか?

高橋大輔の兄が起こしたと言われる事件に関しては、情報源があいまいなのも気になるところで…

この掲載された地元新聞。
今はほかの新聞社に買収され、なくなっているとのこと。

出典:http://emi-mie.blog.so-net.ne.jp

そして高橋大輔さんの地元、倉敷市には
「高橋」という姓の方がたくさんいるそうです。

出典:http://emi-mie.blog.so-net.ne.jp

さらに調べてみても

中卒の件については結局何も裏付ける証言は出てきませんでした。

出典:http://laughy.jp

ですよね!高橋大輔が有名人でも、兄も家族も一般人ですから。
犯罪歴の無い人の個人情報が、簡単に出回っては困りますよ。

高橋大輔の兄については、様々な噂が以前から多くあります。ネット上では、本当に多くの噂が目立ちます。ただ、それはどれもこれも根拠がなく、本当に噂というカテゴリーは抜けていないと思います。

出典:http://shou-100.blog.so-net.ne.jp

おそらく、アンチ高橋大輔のような人の中から悪意あるやっかみが生まれたのではないでしょうか?
高橋大輔が有名になってしまったばかりにネタにされてしまった兄。

迷惑な話ですね。

高橋大輔が、家族と周囲の人たちからの支えで現在まで頑張ってきたことは間違いありません。
決して表だって高橋大輔の応援をしないですが、その分、深い愛情を注いできたのでしょう。
高橋大輔が引退したいま、家族の皆さんが素晴らしい人生を過ごされるよう祈ります。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ