お笑い・俳優・歌手……多才な浜田雅功さんのプロフィール

言わずとしれた国民的大人気の
ダウンタウン浜ちゃんこと浜田雅功さん。

本名 濵田 雅功 (読み同じ)
ニックネーム はまちゃん
生年月日 1963年5月11日(52歳)
出身地 日本 兵庫県尼崎市[1](大阪府大阪市浪速区生まれ)
血液型 A型
身長 165cm
方言 大阪弁
最終学歴 日生学園第二高等学校
出身 NSC大阪1期生

出典:http://ja.wikipedia.org

コンビ名 ダウンタウン
グループ名 H Jungle with t
相方 松本人志
芸風 漫才・コント(ツッコミ)
立ち位置 右
事務所 吉本興業東京本社
活動時期 1982年 -

同期 トミーズ
ハイヒール

作品 曲「WOW WAR TONIGHT」
曲「チキンライス」

配偶者 小川菜摘
親族 ハマ・オカモト(長男)

出典:http://ja.wikipedia.org

若い頃のダウンタウンはCDを出していたんです。

ダウンタウンの若い頃のシングル「GOBU-GOBU」。
この頃の松本人志さんと浜田雅功さんの人気はアイドル並で、
宣伝で貼られたポスターがすぐに盗まれていたとか……

若い頃のダウンタウンのアルバム。
松本人志と浜田雅功からもじって、
マツタケとハマグリ?

シングル「生きろ・ベンジャミン」(松本バージョンと浜田バージョンの2種類発売)の発売後にリリースされた。松本、浜田のソロ歌唱曲も収録し、宇崎竜童、所ジョージ、奥田民生、島田紳助などが詞曲を提供している。

出典:http://ja.wikipedia.org

”世界のサカモト”プロデュース!GEISHA GIRLS

GEISHA GIRLS(ゲイシャガールズ・芸者ガールズ)は日本のラップユニット。1994年結成、1996年以降活動中止。ダウンタウンの二人が「芸者」めいた姿で歌う、というコミックバンドじみたコンセプトとは裏腹に、坂本龍一とテイ・トウワ、富家哲を始めアート・リンゼイ、小室哲哉など豪華なアーティストが参加していることで知られる。

出典:http://ja.wikipedia.org

1993年『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』のトークに坂本龍一が観覧客として来ていた事に対し、後日のトークで松本人志が「いっちょやな、世界の坂本に曲書いてもらって全米デビューするんですよ」と唐突に語り、ユニット名「GEISHA GIRLS」もその場のボケで急遽決まる。

「世界の坂本がそんなオファー受けるはずがない」と思いつつスタッフが坂本に連絡すると、「ダウンタウンの二人がニューヨークまで来てくれるなら」との連絡が入り、1994年二人は渡米。着いたその日にそのままレコーディング、翌日ライブという強行スケジュールで全米デビューを果たした。この模様は1994年4月のガキの使いスペシャルで放送された。

出典:http://ja.wikipedia.org

「ダウンタウンのごっつええ感じ」から生まれた名(迷)曲!!?

エキセントリック少年ボウイオールスターズ(エキセントリックしょうねんボウイオールスターズ)は、日本の歌手グループである。吉本興業所属のお笑い芸人タレントで構成された。
フジテレビ系列で毎週日曜日20:00 - 20:54に放送された番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』から誕生した(単発)ユニット。キャラクターと歌詞、メロディーラインともに、ヒーローもののテレビアニメもしくは特撮番組のパロディである。

出典:http://ja.wikipedia.org

主人公(?)のエキセントリック少年ボウイを演じる浜田雅功さんがメインボーカル。

第二弾「日影の忍者 勝彦」……ミュージックステーションにも出演しました…

日影の忍者勝彦オールスターズ(ひかげのにんじゃかつひこオールスターズ)はダウンタウンを中心に結成されたユニット。エキセントリック少年ボウイオールスターズの第二弾。『ダウンタウンのごっつええ感じ』が放送終了したため、HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMPで結成された。メンバーは「エキセントリック-」に木村祐一を新たに加えたもの。

出典:http://ja.wikipedia.org

吉本メンバー勢ぞろい!CMもドラマも「明日があるさ」

ドラマ「明日があるさ」の主人公、メインボーカルともに浜田雅功さん。

Re:Japanが1枚目のシングルとして2001年3月28日にavex traxよりリリースしたカバー。リミックスシングルも発売されている。
歌詞は、坂本九が歌ったオリジナルの「明日があるさ」に、オリジナルの作詞者である青島幸男が新たに歌詞を追加したものである。1番・2番・5番・7番・11番・12番はオリジナルの歌詞が使われている。
日本テレビ系テレビドラマ『明日があるさ』の主題歌となった。Re:Japan同様にこの曲をカバーしたウルフルズがコラボレーションし、大晦日の『第52回NHK紅白歌合戦』にも初出場した。

出典:http://ja.wikipedia.org

浜田雅功さんと小室哲哉さんとのユニット H Jungle with tが大ヒット!

ダウンタウンも小室哲哉さんの人気も凄まじかった時代……

「HEY!HEY!HEY!」で浜田雅功さんが
ミリオンセラーを連発していた小室哲哉さんに
「曲作ってくださいよ」と頼んで出来た曲が

「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」。

大ヒットとなり、浜田雅功さんは紅白にも出演しました。

今聞くと、すごくいい曲ですね………

第二弾、第三弾の歌も………

浜田雅功さん主演「竜馬におまかせ!」というドラマの主題歌でもありました。

小室ファミリー勢ぞろいの中、浜田雅功さんもワンフレーズで参加。

これまでの小室哲哉がプロデュースしたアーティスト等出演によるチャリティーソング。ワンフレーズを歌唱。

出典:http://ja.wikipedia.org

ほかにも浜田雅功さんは有名人にプロデュースしてもらってます。

奥田民生さんプロデュースのPUFFYが大ヒットしたので、
それに便乗して作ってもらった歌ですね。

奥田民生プロデュースによるシングル。JR東日本のCMで使われた。
Music Videoやテレビ出演には奥田も参加。

出典:http://ja.wikipedia.org

松本人志さんの作詞が泣ける名曲……

作詞:松本人志、作曲・プロデュース・コーラスを槇原敬之が担当。小室同様、「HEY!HEY!HEY!」に槇原敬之がゲスト出演した際、浜田が曲作ってとお願いしたのがキッカケで作られた。

出典:http://ja.wikipedia.org

浜田雅功さんの冠番組「人気者でいこう!」から生まれた歌も。

同番組に出演していた内藤剛志さん、袴田吉彦さんも同じようにソロシングルを出しました。
視聴者から歌と曲を募集。

朝日放送「人気者でいこう!」で企画されたソロシングル。

出典:http://ja.wikipedia.org

浜田が特集されたカルチャー雑誌「Swtich」Vol.30 No.12(2012年12月号)の付録CDとしてリリース。翌月に配信リリースされた。
作詞は放送作家で同級生の高須光聖、作曲・プロデュースは奥田民生。
楽器演奏はベース以外は全て奥田が演奏しているが、ベースは「人の息子」とクレジットされており、浜田の長男・ハマ・オカモトが演奏している。

出典:http://ja.wikipedia.org

『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP20周年大感謝祭』でH Jungle with tが復活!

2014年12月にHEY!HEY!HEY!のSPで
「WOW WAR TONIGHT」を出演者みんなで熱唱!

特に歌詞が秀逸との意見が多く、
「流れる景色を必ず毎晩みている 家に帰ったらひたすら眠るだけだから
ほんのひとときでも自分がどれだけやったか 窓に映っている 素顔を誉めろ」
は、当時10代で今30代の社畜にはボディーブローのように効いてくる歌詞だろう。
「リーマンやってると沁みる」「明日1日仕事あるけど頑張ろうと思う」から当時小室が何年経っても共感できる歌詞を作ったと発言したことを思い出し「小室哲哉って天才だと思う」という意見も。

最後はホントに純粋な気持ちで「良い曲だね」って思える「90年代最高だわ」など絶賛のコメントが並んだ。

出典:http://girlschannel.net

浜田雅功さんの歌に対しての世間の声は………?

浜ちゃんて決してイケメンではないんだけど格好いい
歌も決して上手くはないんだけど心に響く

出典:http://girlschannel.net

浜ちゃんの歌声すき。飾らなくてストレート

時代の寵児同士が組んで爆発的にヒットした今では考えられないユニットだよね

出典:http://girlschannel.net

浜ちゃん歌下手だけど何かじーんとするよね~
今の歌って口パクが多いのも原因たけど何かじーんとこないだよね。
まぁ、時代がそうなってしまったって
言われれば仕方ないのかもしれないけど残念。

出典:http://girlschannel.net

本当のプロに比べたら上手くないだろうけど
一切の悪ふざけもなく必死に歌ってた
浜ちゃんに好感が持てた

出典:http://girlschannel.net

次の浜田雅功さんのヒットはこれかもしれない!?

いかがでしたか?

ダウンタウンの浜田雅功さんが
今まで歌ってきた歌をまとめてみました。

今聞くと、いい曲が多くてびっくりですね。
それに浜田雅功さんの声もいい声です……

次は「ガキの使いやあらへんで!」で話題になった
浜田ばみゅばみゅが大ヒットするかもしれません……

浜田雅功さんのこれからの益々の活躍が楽しみです♪

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ