記事ID146533のサムネイル画像

元w-inds.緒方龍一の脱退理由とは?病気?結婚の噂も?

3人組ダンスボーカルユニットw-inds.として活動していた緒方龍一さんですが、19年間所属していたグループを2020年に脱退しています。今回は、緒方龍一さんがw-inds.を脱退した理由や、結婚などの恋愛事情を調査しました。

緒方龍一のプロフィール

  • 本名(ふりがな/愛称):緒方龍一(おがたりゅういち/)
  • 所属事務所:ライジングプロダクション(2020年5月31日まで所属)
  • 生年月日:1985年12月17日
  • 現在年齢:35歳
  • 出身地:北海道札幌市豊平区
  • 血液型:O型
  • 身長:164センチ
  • 体重:56キロ(2002年時点)
  • 活動内容:歌手、ダンサー
  • 家族構成:両親、姉

アクターズスクール出身

緒方龍一は、姉が応募したCMオーディションに参加したところ、そこでアクターズスタジオ北海道本部校にスカウトされ、それから千葉涼平と共に特待生としてレッスンを受けるようになりました。

ALL CITY STEPPERSとしても活動

w-inds.の橘慶太が2013年からソロ活動を再開させたことをきかっけに、緒方龍一は自身も単独での活動をしようと考えます。幼馴染でありベーシストのRYUKI(前田竜希)や友人で5人組バンドThe John's Guerrillaのギター&ボーカルを務めるLEO(今村怜央)と、3ピースバンドである『ALL CITY STEPPERS』を結成しました。

そして、東京および大阪において『Stepper's session』というツアーを開催しています。

登山愛好家としても有名

緒方龍一はアウトドア好きであり、特に登山愛好家として知られています。とある時には月に10日間も山に登ったことがあり、その中の2回から3回はテント泊であるということをラジオで語っています。登山は20歳の頃から始め、アウトドアショップに行き店員の話を聞きテントを買ったことがハマるきっかけだったといいます。

それから1人で1泊2日の登山へと南アルプスの地蔵ヶ岳・鳳凰三山に出かけ、それが登山デビューであったのです。また緒方龍一は、登山家の鬼頭功や栗城 史多とも親交があります。

ファン衝撃!緒方龍一はなぜw-inds.を脱退?

長年にわたりw-inds.のメンバーとして活躍してきた緒方龍一ですが、電撃的に脱退をしてしまいました。ファンの方にとっては衝撃があったと思われますが、脱退の理由はどこにあったのでしょうか。その点について、見ていきたいと思います。

w-inds.とは?

緒方龍一が所属していたw-inds.は、2020年から活動をしている男性ダンス&ボーカルユニットです。DA PUMPの後輩グループであり、2001年に『Forever Memories』でメジャーデビューしました。そして同年の第43回日本レコード大賞において、最優秀新人賞を受賞しています。

 

メンバーは他に、リーダーの千葉涼平とボーカルを務める橘慶太がいます。

2020年に脱退を発表

緒方龍一は、19年間w-inds.として活動をしてきましたが、2020年5月31日を最後にW-inds.から脱退し、所属事務所であるライジングプロダクションとの契約も終了したことが発表されました。w-inds.は今後、千葉涼平と橘慶太の2人体制で活動をしていくことになったのです。

w-inds.を去った緒方龍一は、『19年間応援してくださって、本当にありがとうございました』とコメントをしています。

脱退理由は精神的な病気?

緒方龍一は、近年になり極度の重圧および不安を感じていたことから医療機関の診療を受け、心理社会的ストレスの影響からくる「心身症」であると診断されました。そのことがあり、本人がグループを脱退し事務所も離れることで自分自身を見つめ直したいと事務所に申し出たのです。

何度も協議が重ねられましたが、緒方龍一本人の意思を尊重して、専門的な治療を受けることや健康が大事であることから、脱退をすることになりました。

心身症はどんな病気?

心理社会的ストレスの影響により、機能的な障害を伴う疾患が心身症です。心理社会的ストレスにあまり頓着しない場合や自覚がない場合に発症または悪化するケースが多くあり、一般的な治療においては改善が難しいとされています。

心身症の疾患群では、過敏性腸症候群やアトピー性皮膚炎、頭痛などが挙げられるでしょう。

現在のw-inds.は2人で活動中

w-inds.は現在、千葉涼平と橘慶太の2人で活動を継続していて、2020年12月2日にはデジタルシングル『Beautiful Now』が配信スタートとなっています。また2021年3月14日にはベストアルバム『20XX “THE BEST”』がリリース予定です。

デビューシングルである『Forever Memories』から最新シングル『Beautiful Now』までの全47曲が、CD3枚に納まります。

緒方龍一の結婚や歴代彼女

35歳となった緒方龍一ですが、結婚が気になる方も多いでしょう。続いては、緒方龍一の結婚や歴代彼女について探ってみたいと思います。

緒方龍一は結婚している?

現在までに結婚をしたという情報はないため、緒方龍一はまだ独身である可能性があります。ただ、Twitterでは『楽屋で結婚占いをしてもらった』ということを本人が呟いていることから、もしかしたら結婚願望はあるのではないかと思われるでしょう。

彼女と噂されていた女性

緒方龍一は、東京ガールズコレクションにも出演経験のあるモデル・シャウラとの交際が取り沙汰されていて、緒方龍一本人も交際を認めていました。しかし、いつの間にか破局をしていたとされています。また、シャウラは既にほかの男性と結婚をしています。

そして、緒方龍一は高橋メアリージュンとも交際をしていると噂になりましたが、こちらは週刊誌に掲載されたわけでもなく写真の証拠などもありません。単なる、ネットの掲示板での噂に過ぎないと考えられるでしょう。

w-inds.橘慶太の結婚相手

橘慶太は、アイドルとして人気を誇っていた松浦亜弥と、12年という交際期間を経て2013年に結婚をしました。2014年に長女が誕生し、2018年には第2子も誕生していて、2020年12月9日には、インスタで第3子が誕生したことを報告しています。

性別や生まれた日付などは公開されていませんが、橘慶太は現在3人の子どものパパとなっているのです。

w-inds.千葉涼平の結婚相手

千葉涼平は、2017年10月2日に一般女性と結婚をしました。相手が一般の方ということもあり、画像などどういった相手なのかは分かっていません。

緒方龍一は筋肉キャラとしても話題!

マッチョな人が好みという女性も多いかもしれません。緒方龍一は筋肉も凄いと評判なのをご存知でしょうか。次は、緒方龍一の筋肉についてスポットを当ててみたいと思います。

現在の体が筋肉でバキバキ

デビューしたての最初の頃は、可愛らしいという印象も強く、ムキムキのマッチョというわけではありませんでした。しかし現在は、筋肉バキバキのたくましい身体になっています。自身のTwitterでも、上半身裸の写真をアップしているのです。

 

緒方龍一が、きっちりと身体を鍛えていることが分かるでしょう。

「有吉反省会」ではマッチョを反省

緒方龍一は、2018年10月3日に放送された『有吉反省会』に出演しています。この時には、昔とのギャップがありすぎるということで、“筋肉質な身体でザワつかせた”ことを反省しに来ました。ちなみに、脱いでいる時には大概大自然の中であり、緒方龍一曰く『布が一枚有るのと無いのでは違う』とのことです。

また、橘慶太から『龍一くんは人がいる時に脱ぎたがる』ということを言われたとされ、番組内で「ちょっと脱いでみて」という流れになった時には、スタジオでも服を脱いだのでした。

緒方龍一の筋トレ方法

緒方龍一は、ジムに行くなどして頻繁に身体を動かすようにしていますし、椅子があったら自重トレーニングもしているとしています。また、それだけでなくベンチプレスを使ってじっくりと鍛えているのです。この様な徹底的なトレーニングにより、緒方龍一の筋肉が出来上がっているのでしょう。

緒方龍一の食生活

緒方龍一の筋肉は、トレーニングだけでなく食事によっても作られています。彼は、糖質を摂らないようにしていて、タンパク質と野菜を中心とした食生活を送っているのです。朝、昼、晩とステーキやささみあるいは卵の白身などを多く摂っているとされています。

ある時期には、たこやセロリ、山芋、きゅうりを毎日のように食べていた時期もあると自身で語っていました。さらに現在も、グリーンスムージーを飲んだり玄米を食べるなどして、食生活には気を使っているでしょう。

緒方龍一は新たな道を歩み始めた

緒方龍一は2020年5月でW-inds.を脱退してしまいました。体調面などで、継続するのが難しい状況もあったのかもしれません。W-inds.として長年にわたり走り続けてきた彼ですが、病気と向き合いながら新たな道を進み始めたのです。

メンバーたちとは別々の道を行くことになった彼ですが、緒方龍一なりの道を、これからも応援していきましょう。ちなみに、緒方龍一は2020年9月から新たなTwitterを開始しているので、新たな情報もキャッチすることもできる可能性があります。

緒方龍一の関連記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ