記事ID13125のサムネイル画像

    高岡早紀は『魔性の女』?!抜群のオトコを落とすテクニックと資質

    40代を迎えてますます色気に磨きがかかったと評判なのが、女優の高岡早紀だ。俳優の保坂尚樹希と離婚後も、度々男性との噂が飛び交う、魔性の女としても有名な高岡早紀だが、3人の子供を持つシングルマザーでもある高岡早紀は、その魔性の性格からか、ムンムンとした色気を振りまいている。そんな高岡早紀の魔性の女ぶりについて調べてみた。

    魔性の女、高岡早紀のプロフィール

    高岡早紀 (たかおかさき)

    女優、芸能人、俳優、歌手、役者、モデル、グラビア、声優

    誕生日12月3日
    星座いて座
    出身地神奈川
    性別女
    血液型A型
    身長163cm
    特技乗馬

    出典:http://talent.yahoo.co.jp

    本名、高岡 佐紀子(たかおか さきこ)。

    神奈川県藤沢市出身。2011年、個人事務所エアジンを立ち上げる。A-teamと業務提携。

    出典:http://wkp.fresheye.com

    雑誌『セブンティーン』モデルとして芸能活動を始め、1988年4月には「マドラス」のテレビCMで俳優・岡田真澄と共演。このCMで芸能界デビュー。同月30日にCMソングの『真夜中のサブリナ』で歌手デビューした。1989年には、映画 『cfガール』への出演で映画デビュー。同6月にはファーストアルバム『Sabrina』を発売した。1990年には映画『バタアシ金魚』に出演した。

    出典:http://wkp.fresheye.com

    『バタアシ金魚』

    魔性の女、高岡早紀の映画デビュー作

    『バタアシ金魚』

    監督 / 脚本:松岡錠司
    原作:望月峯太郎
    撮影:笠松則通
    出演:筒井道隆、高岡早紀、白川和子、 土屋久美子 、東幹久 他
    1990年

    高岡早紀は自ら”魔性の女”を演出している

    魔性の女、高岡早紀の

    「いい女の条件」のレクチャー

    かつては「相手が自分を100%嫌いでも好きにさせる自信がある」と豪語していたこともあるほど自信家の高岡早紀。この発言から考えると、おそらく高岡早紀は無自覚なわけではなく、むしろ意識的に「魔性の女」を演出しているといえるのではないだろうか。

    出典:http://netallica.yahoo.co.jp

    四十路とは思えない官能的な肉づきに、ネット上で称賛の声が鳴りやまない。タンクトップの胸元は大きく開き、白いブラひもが外側に堂々と飛び出している大胆さ。

     剥き出しになった二の腕はほっそりしているが、対象的にバストの張りは健在。いわゆる「釣り鐘形」であることが、タンクトップの下でも存分に味わえる。

    出典:http://news.livedoor.com

    高岡早紀の女性をアピールするテクこそが、

    魔性を演出している証拠か?

    高岡早紀の魔性テク

    高岡早紀の魔性のテクは、女をアピールすることだけではない!

    行きつけのレストランで食事の光景を映し出す。カリカリに焼いたベーコンに半熟の黄身を垂らし、唇をとろりと濡らす。

    出典:http://news.livedoor.com

    旅番組でのヒトコマなのだが、「エロの作法」を

    確信犯的に見せつけるのは、高岡早紀が

    魔性の女を意識して、自らがその魔性を演出

    していると言えるのではないでしょうか?

    高岡早紀の魔性テク

    モンスター(2013)

    主演の高岡早紀の魔性の

    エロさが引き立った作品です。

    高岡が男を落とす際の魔性のテクニックのひとつに「男と会うときには必ずスッピンにデニム姿」という古典的なギャップテク

    出典:http://netallica.yahoo.co.jp

    ただこの魔性テクは、顔が整っていて肌も綺麗、

    スタイルも抜群の高岡早紀だからこそできる魔性テク

    であって、普通は通用しないでしょうが・・・。

    高岡早紀さんの密着ロケに同行することになった中村光宏アナウンサーが登場。少しすると雨の中、傘を差しながら颯爽と高岡早紀さんが現れた。傘を忘れたという中村アナを自分の傘の中に招き入れると「じゃあ、(傘を)持ってて♪」とちょっと甘えた口調でナチュラルに相合傘状態へ素早く持ち込んでいた。この何気なくスムーズで可愛げのある行動こそが魔性テクニックよ!

    出典:http://mess-y.com

    美人の女性にこんな風にされたら、

    誰でもその魔性のテクに嵌りますよね。

    パスタを食べながら、中村アナに「男性(のタイプ)は肉食系と草食系どちらがいいですか?」と聞かれると、高岡さんはしばらく考える仕草をしつつも中村アナを見つめて「早く食べなさいよっ」とはぐらかして答えを出さなかった。姉御キャラも出しながら、男性のタイプを明かさず秘密の部分を残して、どっちのタイプの男性にもチャンスがあると期待させる魔性テクニック

    出典:http://mess-y.com

    高岡早紀は魔性の女と言われながらも弱い部分もアピール!

    魔性テクを使いまくる高岡早紀

    「昔は漠然と強い人が好きで、表面的にもパワーがみなぎってる人が好きだったんだけど、私もわりと強い性格だから、ぶつかってすごく大変なことになる」
    「結局(好きなタイプが)わかんない、何も成功してないから、男性との恋愛が。だからわからない……」

    出典:http://www.minp-matome.jp

    魔性の女、高岡早紀の熱愛遍歴

    魔性の女・高岡早紀と元夫の保坂尚希

    「火遊びが過ぎた」

    2004年 布袋寅泰と不倫報道!
    「きっりちけじめはつけたい」

    不倫されてしまった保坂さんの発言。 この発言に

    ビビった布袋さんはボディガードを雇ったり、家から

    出られなくなってしまったりで大変だったのだとか!!

    彼女は結婚して子どもを産んでからも、母親であるより、女としての部分のほうが強かったんでしょう。
    不倫には驚きや怒りというより、落胆を感じました。それまで付き合っていた彼女の男は全部知っていたし、彼女とはテレビなどでカタチだけの夫婦を演じる関係になっていた。ビジネスパートナーのようなもので、恋愛感情はもうなかった。

    出典:http://gendai.ismedia.jp

    魔性の女、高岡早紀の元夫の保坂尚希は

    本でこのように暴露しています。

    結局この高岡早紀の不倫騒動をきっかけに

    保坂は高岡早紀と離婚しました。

    2005年 松尾スズキと熱愛報道

    2007年 市川海老蔵と花見デート

    高岡早紀も魔性の女として有名ですが、

    海老蔵さんもいろいろな噂、熱愛報道が

    絶えない人ですよね

    2009年 木田優夫選手とのデート報道

    日本ハムファイターズで活躍していた木田優夫選手とのデートが何度も報道されていました。こちらは高岡さんの猛列プロポーズに木田選手がたじろいでしまいそのまま破局になってしまったのだとか…

    魔性の女と言われる高岡早紀にはまだ他にも

    熱愛報道がありますが、割愛して一番最近の

    高岡早紀の熱愛に関する報道は・・・・・

    お相手は実業家!!

    最新の高岡早紀さんは、国内外に200店舗を

    超える飲食店を出店している株式会社ダイヤ

    モンドダイニングの松村厚久氏と熱愛中で

    あることが報じられました!

    しかし松村さんの浮気がばれて・・・・・

    松村さんが結婚相談書を経営する

    女性と観光旅行をしていた事が、高岡早紀に

    ばれてしまい、魔性の女高岡早紀はバッサリと

    松村さんをすててしまったのだか。

    やっぱり高岡早紀は魔性の女

    魔性の女・高岡早紀

    魔性の女を定義するとしたら、自由で気さくでかわいらしい感じなのに、

    雌ライオンの目のような眼力で男を落とす!といったところでしょうか。

    まさに高岡早紀は魔性の女そのものだと思えますよね?

    高岡早紀の魔性については、ハンターのような強さと、女性

    らしい危うさを併せ持っていますから、ましてや色白・スレンダーな身体と

    モテない要素がないのですから、男はイチコロですね!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ