記事ID10406のサムネイル画像

【画像】ゴールデンボンバーのハロウィン衣装がヤバいと話題に!

あの有名なゴールデンボンバーのハロウィン衣装のクオリティがヤバいと話題に!
かなりレベルの高いものになっているようなので早速まとめてみました!

ハロウィンコスプレをしたゴールデンボンバーとは!

ゴールデンボンバーのメンバー全員

こちらがゴールデンボンバーのメンバーですね。
このような4人グループで活動している事になります。

バンドコンセプトは「ハイパー・ギガ・ハイブリッド・スーパー・サブカル・ビジュアル・ロック」[6]。音源の演奏等の作業は、メンバーではなくゴールデンボンバーの「中の人」とされるeversetのtatsuoや様々なゲストミュージシャンが行っている

出典:http://ja.wikipedia.org

ゴールデンボンバーの中の人とされる人物

こちらの人を含めてゲストミュージシャンが演奏を行っているのですね。

キャッチコピーは「笑撃のライブパフォーマンスと、奇才・鬼龍院翔の創り出すクオリティーの高い楽曲で注目の究極のエアーバンド」

出典:http://ja.wikipedia.org

リーダーでもある鬼龍院翔

キャッチコピーはこの人の為にあるような気もしますね!

本題のゴールデンボンバーのハロウィンとは!

ゴールデンボンバー、仮装ハロウィンコスプレのクオリティがヤバいw

出典:http://girlschannel.net

ゴールデンボンバーの2013年ハロウィン衣装

こちらがそのハロウィン衣装ですね。
これはすごいですね。

左から順番に
・ふなっしー
・UFO
・アトム
・サラリーマン?
でしょうか!

2014年のゴールデンボンバーのハロウィン衣装

このような衣装を着ている事もあったようです。

こちらは全てあの有名なLINEのキャラクターのようです。
今ではかなり普及しているので知っている人も多いのではないでしょうか。

もはや誰が誰だか分からないとの声もあるが…、左から樽美酒研二の“ブラウン”、歌広場淳の“サリー”、鬼龍院翔の“ジェームズ”、喜矢武豊の“ムーン”となっている。

出典:http://irorio.jp

このハロウィンのコスプレについて皆の反応は!

金爆の仮装やばすぎる

出典:http://irorio.jp

金爆の仮装ワロタ。
久々に笑った気がする

出典:http://irorio.jp

ゴールデンボンバーの仮装に朝からくっそわらってしまった..誰が誰なの..

— rainess (@rc_0322) 2014, 10月 26

出典:http://irorio.jp

ゴールデンボンバーの仮装がじわじわ来ていて電車内つらい
2014年10月27日 07:35

出典:http://irorio.jp

金爆メンバーのLINEスタンプ仮装、クオリティー高すぎよな。
ライブはもちろん、存在感だけであれだけ笑えるってやばい。
笑いすぎて泣いたとか、私ホンマ楽しかったんやなー♡

出典:http://irorio.jp

このような事があったようです。

ハロウィンのコスプレがテレビに紹介されたことも!

テレビで取り上げられるハロウィンのゴールデンボンバー

このように取り上げられる事もあったようです。

このように幅広い所からもピックアップされる程有名のようです。
これは2015年のハロウィンにもかなり期待が出来そうですね。

ハロウィンのキャンペーンもしていた!

ゴールデンボンバーがファンタとコラボしたもの

このようにコラボがあったようなのです。

 9月16日(火)からスタートする“「ファンタ」ハロウィンキャンペーン”では、「ファンタ×ゴールデンボンバー ハロウィン仮装コンテスト」でさまざまなアイテムを手に入れ、仮装させることで、「ファンタ」のおいしさだけではなく、楽しさを印象的に訴求してまいります。

出典:http://www.cocacola.co.jp

キャンペーンサイトで仮装を楽しむ際に、ユーザーはゴールデンボンバーのメンバー4人の写真またはイラスト、もしくは自分自身の写真を取り込むという全9パターンから仮装する対象を選択することができます。

出典:http://www.cocacola.co.jp

このようなキャンペーンもあったようですね。

ゴールデンボンバーとファンタのコラボ

こちらのようなコラボで楽しむ事が出来たようです。

ゴールデンボンバー仕様のファンタ

このようなものも販売されました

ハロウィン仮装が似合うゴールデンボンバー!

いかがでしたでしょうか!
ハロウィンだけではなく、他の衣装を着てもとっても花として輝けるゴールデンボンバー!
これは今後の活躍もかなり期待が出来るのではないでしょうか!たのしみですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ