本田翼のテレビ出演番組のまとめ!演技いまいち?タメ口で酷評相次ぐ

本田翼さんは2012年頃から多数のテレビで出演番組が増えています。そんなドラマやトーク番組などをまとめてみました。本田翼さんに対しての酷評も多数あるようですが、出演番組は減っていないのは本田翼さんの好感度の良さでしょうか?

本田翼の出演番組は?

2012年から徐々にテレビの出演番組が急に増えたり、ドラマや映画にまで出演し、女優業も本格的になってきています。

そんな本田翼さんの出演番組を見ていきましょう。

トーク出演番組

non-no TV

non-no TVはBS-TBSと集英社の雑誌「non-no」が連動して、2010年10月2日から2012年3月17日まで放送されていた情報番組。

出演者はnon-noモデルなので、もちろん本田翼さんの出演番組でした。

ノンノ11月号表紙撮影中の本田翼に密着!

YouTubeでnon-no公式チャンネルにて番組の一部が配信されている。本田翼さんの出演番組の一つです。撮影シーン可愛いですね。

A-Studio

本田翼さんは、2012年4月から1年間、A-Studioという笑福亭鶴瓶さんが司会のトーク番組で4代目アシスタントを務めた出演番組でした。

ミュージックドラゴン

ミュージックドラゴンは日本テレビで放送された音楽番組です。

タカアンドトシが司会で2013年7月12日から2014年6月27日までは本田翼さんがMCを務めた出演番組です。

放送は2015年3月27日に終了しました。

本田翼はタメ口?トーク番組の世間での評価

本田翼さんが出演番組で、たびたびタメ口になっていると話題に上がりました。

「A-Studio」の笑福亭鶴瓶さんや「笑っていいとも」のタモリさんや「SMAP×SMAP」で木村拓哉さんににもタメ口交じりで話し、ネット上では「ヘラヘラしすぎ」「タメ口が不快」「調子に乗ってる」「悪気がないのは分かるけど」といった声があがりました。

ドラマの出演番組

ドラマやテレビでの出演番組が増え、モデルよりも女優として知られるようになったのではないでしょうか?

恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方

2012年に本田翼さんは女優業にも力を入れ、レギュラーで初めて「恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方」というテレビドラマに出演しました。

GTO第8話「ブタネコのトラウマ」

2012年7月に本田翼さんはGTOの第8話「ブタネコのトラウマ」で神崎麗美を演じました。

神崎麗美はIQ200の天才少女で精子バンクの精子で出来た試験管ベビーと言う設定。

本田翼さんが出演した回は視聴率15.1%ととても高視聴率だった出演番組だったそうです。

日曜劇場「とんび」

本田翼さんは2013年1月13日 から 3月17日のTBSドラマ日曜劇場「とんび」に松本京役として出演しています。

アキラが勤める徳田出版学年部編集部の後輩役。

ショムニ2013(第4シリーズ)

本田翼さんはショムニ2013(第4シリーズ)(2013年7月10日 - 9月18日)に円山詩織として出演しました。

円山詩織は元棒高跳び選手のOL。オリンピック出場を期待される技量で満帆商事に入社したが、怪我で引退を余儀なくされ、陸上部も廃部になったことで、ショムニに異動となる。

「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」

安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜は、TBSの「日曜劇場」で2013年10月13日から12月15日まで放送されたテレビドラマです。

本田翼さんは安堂ロイドの修理をするサプライヤーのアンドロイドでサプリ役。

恋仲

2015年7月クールに本田翼さんはフジテレビ月9ドラマ「恋仲」で初めてヒロイン役を演じた出演番組です。

とてもキュンキュンしましたね。

本田翼の演技に対して世間の評価

最近、出演番組が増え、ドラマや映画で活躍中の本田翼さんですが、視聴者は演技についてどう思っているのでしょうか?

「顔は可愛いから、CMや雑誌だけで活躍してほしい! 演技は見たくない」

出典:http://news.livedoor.com

ファンでも評価がいまいちなんですね。

本田翼の演技力のなさでこのドラマ見る気失せた

出典:http://news.livedoor.com

恋仲を見た視聴者の評価ですが、以外に酷評が多いです。

本田翼のプロフィールは?

デビューから引っ張りだこで最近では出演番組も多く持つ本田翼さんとはどんな人物なのかを見ていきましょう。

本田翼(ほんだつばさ)

生年月日: 1992年6月27日
生まれ: 東京都
身長: 166 cm
血液型: O型
学歴: 放送大学、 東京都立新宿山吹高等学校
事務所: スターダストプロモーション

本田翼は本名で「翼」は苗字が本田なことから、父親がホンダの2輪車ウィングマークから名付けたそうです。

本田翼がモデルになったきっかけは?

デビューからトントン拍子に売れっ子になっていく本田翼さんの経歴を見てみましょう。

2006年中頃、本田翼さんが14歳の時に当時の所属事務所スプラッシュから、別々の7人に同じ日にスカウトされたそうです。

小学4年生の時にスカウトされ、母と「もし次にまたスカウトされたら考えよう」と話していたそうです。

本田翼さんは2006年にファッション雑誌「SEVENTEEN」の専属モデルとしてデビューしました。

可愛いので1日に7人にスカウトされるのもうなずけます。

本田翼さんは2007年からは「ラブベリー」の専属モデルへ転籍しました。

今はと違うロングな髪型ももまた似合いますね。

本田翼さんは2010年1月から「non-no」の専属モデルとなり今に至る。

特に下積みもなく一気に売れっ子になったようです。

本田翼がモデルを続けた理由とは?

本田翼さんは、大学進学に失敗して、高校卒業後の進路に迷っていたところ、「大学を再受験する」か「モデルの仕事を続ける」か「自衛隊に入る」という選択肢を母に迫られ、モデルの仕事をすることにしたそうです。

そこから出演番組をたくさんもてるようになってすごいです。

【まとめ】本田翼さんの演技力は可愛さと高感度でカバー

本田翼さんの演技はお世辞にも上手といえないと世間の反応がありながらも、出演番組も多く
ヒロインに抜擢されています。

上手でなくても、みんなが可愛い本田翼さんの姿を見たいという好感度の高さを感じますね。

元はモデルなので、演技力はこれからに期待です。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ