松田龍平と宮崎あおい主演!「舟を編む」ってどんな映画??

松田龍平と宮崎あおいが主演を務め話題になった映画「舟を編む」。アカデミー賞外国語映画部門日本代表作品にも選出された映画「舟を編む」とはどんな作品なのか?映画「舟を編む」のキャストとは?など、映画「舟を編む」について調べてみました。

映画「舟を編む」とは?

映画「舟を編む」は
2013年に公開されました。

映画「舟を編む」は、女性ファッション雑誌『CLASSY.』に2009年11月号から2011年7月号にかけて連載され、2011年9月16日に光文社より単行本が刊行された三浦しをんによる小説が原作になっています。

映画「舟を編む」は、「営業部員の馬締光也が、定年を間近に控えて後継者を探していた辞書編集部のベテラン編集者・荒木に引き抜かれ、辞書編集部に異動することになり、社内で「金食い虫」と呼ばれる辞書編集部であったが、馬締は言葉への強い執着心と持ち前の粘り強さを生かして、辞書編集者として才能を発揮してゆく...」という物語です。

映画「舟を編む」は、2012年夏に撮影され、2013年4月13日に松竹/アスミック・エースの配給で公開されました。

映画「舟を編む」は、日本では全国237スクリーンで公開され、動員数ランキングで初登場3位となり、土日2日間は20代 - 60代の女性を中心に動員9万3,065人、興収1億1,374万4,400円を記録しました。

映画「舟を編む」は、2014年2月8日から、数々の映画賞受賞を受けて『凱旋公開』が全国で行われました。

映画「舟を編む」は、香港で2013年8月22日から公開され、当初限定公開映画として2スクリーンで封切られたがのちに4スクリーンに拡大され、翌年までロングランの予定で上映されました。

映画「舟を編む」は、日本国外の映画祭では第37回香港国際映画祭(2013年3月)、第17回プチョン国際ファンタスティック映画祭のビジョン・エクスプレス部門(2013年7月)、第57回ロンドン映画祭(2013年10月)ラフ部門で上映されました。

松田龍平と宮崎あおいが主演を務めた映画「舟を編む」は、監督を「川の底からこんにちは」の監督を務めたことでも知られている石井裕也が務めました。

映画「舟を編む」の主演は、松田龍平と宮崎あおい!

映画「舟を編む」の主演は、
松田龍平と宮崎あおいが務めました。

映画「舟を編む」で、馬締光也役を務めた松田龍平は、1999年、映画「御法度」で、俳優デビューを果たしました。

映画「舟を編む」で、馬締光也役を務めた松田龍平は、俳優松田優作と女優松田美由紀の長男で、弟は俳優の松田翔太、妹はYukiです。

映画「舟を編む」で、林香具矢役を務めた宮﨑あおいは、4歳の頃、母親の「思い出に残るように」という理由で子役デビューしました。

映画「舟を編む」で、林香具矢役を務めた宮﨑あおいは、2006年、NHKの連続テレビ小説『純情きらり』でヒロインを、2008年、NHK大河ドラマ『篤姫』で、主人公の篤姫を演じました。

映画「舟を編む」のキャストとは?

映画「舟を編む」には
多くの女優や俳優が出演しています。

映画「舟を編む」で、西岡正志役を演じたオダギリジョーは、1999年に舞台『DREAM OF PASSION』で俳優デビューを果たしました。

映画「舟を編む」で、岸辺みどり役を演じた黒木華は、大学在学中の2009年に野田秀樹の演劇ワークショップに参加し、オーディションに合格してNODA・MAPの公演『ザ・キャラクター』にアンサンブルとして出演してデビューしました。

映画「舟を編む」で、タケ役を演じた渡辺美佐子は、高等学校卒業後、俳優座養成所第3期生となり、卒業後は劇団新人会に入団し、1953年、『ひめゆりの塔』で映画デビューを果たしました。

映画「舟を編む」には他にも、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草薫、小林薫、加藤剛、又吉直樹などが出演しました。

映画「舟を編む」が多くの賞を受賞!

映画「舟を編む」は、
多くの賞を受賞しました。

映画「舟を編む」は、第5回TAMA映画賞の「最優秀男優賞」を松田龍平が、「最優秀新進女優賞」を黒木華が受賞しました。

映画「舟を編む」は、第38回報知映画賞で「作品賞」、「主演男優賞」を松田龍平が、「助演女優賞」を池脇千鶴が受賞しました。

映画「舟を編む」は、第87回キネマ旬報ベスト・テンで「日本映画ベスト・テン第2位」、「読者選出日本映画ベスト・テン第1位」、「日本映画監督賞」、「主演男優賞」を松田龍平が、「新人女優賞」を黒木華が受賞しました。

映画「舟を編む」は、2013年度SARVH賞、第9回サンスポなにわ映画大賞1位、2013年度日本映画ペンクラブ賞1位、2014年エランドール賞を受賞しました。

映画「舟を編む」は、第37回日本アカデミー賞で、「最優秀作品賞」、「最優秀監督賞」、「最優秀主演男優賞」、「最優秀脚本賞」、「最優秀録音賞」、「最優秀編集賞」など多くの賞を受賞しました。

映画「舟を編む」まとめ

映画「舟を編む」は
日本だけではなく、韓国や香港などでも公開され
話題を集めました。

そんな映画「舟を編む」は
DVD化されているので
是非ご覧下さい。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ