日本映画界の重鎮!ビートたけしのヤバすぎる映画厳選4作品!!

お笑い界、そして映画界でも活躍するビートたけしさん。そんな、ビートたけしさんの映画をまとめてみました!いろいろな映画を撮っているビートたけしさんの映画をお楽しみください!さらに、ビートたけしさんの映画の特徴などもまとめてみました!

映画がすばらしい!ビートたけしさんのプロフィールとは?

ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のコメディアン、タレント、映画監督、俳優。本名:北野 武(きたの たけし)。日本国外では本名名義の映画監督・北野 武としての知名度が高い。
東京都足立区島根出身。オフィス北野所属。

出典:https://ja.wikipedia.org

本名 北野 武(きたの たけし)
生年月日 1947年1月18日(68歳)
出身地 日本・東京都足立区島根
血液型 O型
身長 168cm
最終学歴 明治大学工学部(現:理工学部)機械工学科卒業

出典:https://ja.wikipedia.org

ビートたけしさんは、本名の北野武という名前で映画を作っています。国外でも北野武とい
う名前はとても有名です!

ビートたけしさんの概要

1980年代初頭に起こった漫才ブームの中で社会風刺を題材としたシニカルな笑いツービートで人気を獲得、フジテレビTHE MANZAIやその後継であったオレたちひょうきん族らに出演し番組が大ヒット、お笑い芸人のみならず、日本のテレビ界を代表するタレントとなる。

出典:https://ja.wikipedia.org

映画監督時や『平成教育委員会』(フジテレビ系列)などの番組では本名の「北野武」名義を用い、その他の番組、映画で出演するときは芸名の「ビートたけし」でタレント活動している。

出典:https://ja.wikipedia.org

これに関して、2010年(平成22年)5月9日放送『平成教育委員会』では、「アカデミックな場所では『北野武』または『マス北野』、芸人として出る時は『ビートたけし』で使い分けている」との旨を述べた。日本国外では基本的に本名である『takeshi kitano(北野武)』だが、『beat takeshi kitano(ビートたけし北野)』と、いう、本名と芸名を併せた名義を使うこともある。

出典:https://ja.wikipedia.org

ビートたけしさんは多くの名前を使用しています。映画や芸人、画家など多くの媒体で
活躍しているため、区別するために変えてるのかもしれないですね。

ビートたけしさんの受賞歴

2003年 トロント国際映画祭 グランプリ
2004年 明治大学特別功労賞
2006年 ガリレオ2000賞 文化特別賞
2007年 ヴェネツィア国際映画祭 監督ばんざい!賞
2008年 モスクワ国際映画祭 特別功労賞
2008年 テッサロニキ国際映画祭 ゴールデン・アレクサンダー名誉賞

出典:https://ja.wikipedia.org

2009年 ソフィア国際映画祭 観客賞
2010年 芸術文化勲章 コマンドゥール(騎士団長)
2014年 シャンパーニュ騎士団 オフィシエ・ドヌール(名誉隊長)
2015年 シャンパーニュ騎士団 シャンベラン・ドヌール(名誉侍従)

出典:https://ja.wikipedia.org

ビートたけしさんは、数多くの映画の賞を国内外で受賞しています!これだけ受賞している
ということはそれだけビートたけしさんの映画は評価されているということですね!

ビートたけしさんのこれまでの映画をまとめてみました!

ソナチネ

『ソナチネ』は、ビートたけしが「北野武」名義で監督した4作目の日本映画である。1993年6月5日全国松竹系ほかで公開。日本アカデミー賞音楽賞受賞。
キャッチコピーは「凶暴な男、ここに眠る。」

出典:https://ja.wikipedia.org

ビートたけしさんらしい暴力的な作品ですが、素晴らしい表現力で描かれている映画です。久石譲さんが作曲した
音楽も映画の雰囲気に合っていて素晴らしい映画に仕上がっています。

キッズリターン

『キッズ・リターン』(Kids Return)は、1996年に公開された日本映画。北野武の6作目となる監督作品。オフィス北野とバンダイビジュアルによる製作。
さまざまな青年たちが大人の世界に踏み込み、さまざまな現実に直面する模様を描く青春映画。
1996年カンヌ国際映画祭監督週間正式出品作品。

出典:https://ja.wikipedia.org

青春映画の金字塔もいえるビートたけしさんの映画です。素晴らしい世界観と青年独特の
感情を描いた傑作です!ビートたけしさんの映画を見たことが無い人におすすめです!

HANA-BI

『HANA-BI』(はなび)は、1998年公開の日本映画。監督・脚本・編集・挿入画・演出北野武。主演はビートたけし、岸本加世子。
妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。
第54回ヴェネツィア国際映画祭にて金獅子賞を受賞しており、日本映画の受賞作品は「無法松の一生」以来40年ぶりである。

出典:https://ja.wikipedia.org

こちらは、人生模様を描いたビートたけしさんの作品です。特に海外で高く評価された
映画で金獅子賞を40年ぶりに受賞した作品です!

アウトレイジ

『アウトレイジ』(OUTRAGE)は、2010年6月12日に公開された日本映画。北野武の15本目の監督作品。
キャッチコピーは「全員悪人」「下剋上、生き残りゲーム」。
過激なバイオレンスシーンや拷問シーンが数多く含まれるため、映倫でR15+指定を受けた。

出典:https://ja.wikipedia.org

ビートたけしさんの映画はバイオレンスな表現が多いですが、この映画は特にバイオレンス
な表現が多い映画です。そのためR指定になりましたが、暴力的な描写が話題になりました!

ビートたけしさんの映画の特徴とは?

北野映画の特徴として以下のようなものが挙げらている。
ブルーを基調とした映像「キタノブルー」。
四コマ漫画の連続性。
瞬発的殺戮、秒殺、加減のない暴力描写のリアリズム。観客が想像する前に事が行われる恐怖。
多くの映画パロディー。
北野の口癖である「馬鹿野郎」もしくは「この野郎」といセリフが映画内で多用されている。
緊張の中に突如織り込まれるギャグ。

出典:https://ja.wikipedia.org

ビートたけしさんの映画にはこのような特徴が上げられています。芸人出身ということも
あり普通の映画監督とは違った視点でビートたけしさんは映画を作り出しています。

キタノブルー
「キタノ映画」のビジュアル面での特徴として、画面全体のトーン、小道具の色などに青が頻繁に使われるというものがあり、気品があるとして「キタノブルー」と呼ばれる。特に『ソナチネ』など中盤までの作品において顕著で、ヨーロッパで高い評価を得た。突然の雨により画面が青一色になったのがきっかけとされる。極力余計な色を使用しないようにしていたことから、以降青を意識するようになったという。ただし『Dolls』からはキタノブルーの傾向は薄れている。

出典:https://ja.wikipedia.org

さらに、キタノブルーと呼ばれるビートたけしさんの映画の特徴は海外を中心に高い評価を
受けています。

自らが俳優として数々の作品に出演する際の姿勢として、撮影方針に口出ししないようにしているため、監督を務める際にも撮影方針に意見をする俳優は嫌いだと発言している。また、有名俳優でも撮影後気に入らないと出演シーンを編集でカットすることもある一方で、大杉漣や寺島進など北野作品に多く出演したことで名前が知られた俳優もいる。

出典:https://ja.wikipedia.org

ビートたけしさん自身が俳優を務めることも多く、撮影方針もビートたけしさんの確固たる
信念があります。こうした姿勢も良い映画を作り上げるために必要な物なのでしょう。

新作映画も面白すぎる!?ビートたけしさんの新作映画を調べてみました!

龍三と七人の子分たち

『龍三と七人の子分たち』(りゅうぞうとしちにんのこぶんたち) は、2015年の日本映画。北野武監督の17作目であり、『アウトレイジ ビヨンド』(2012年)以来、およそ3年ぶりの作品となる。2015年4月25日に公開された。
キャッチコピーは「金無し、先無し、怖いもの無し! ジジイが最高!!」「俺たちに明日なんかいらない!!」。

出典:http://ja.wikipedia.org

数々の大物俳優を起用して作られたこの作品。アウトレイジとは打って変わってバラエティ
色の強い作品になっています!

撮影は昨年4~6月に行われたが、「楽しい現場だったけれど、心配したこともあった。中には“よーい、スタート”の声が聞こえなかったり、カンペの字が小さすぎて見えなかったり、衣装を着たまま帰っちゃったり。衣装の人を口説いているおじいちゃんまでいた」と“介護精神”皆無で言いたい放題。そして、「とにかく今日まで頑張ってくれて良かった。初日を迎えちゃえばどうでもいい」と満足げに話した。

出典:http://eiga.com

それでも、「ヒットしたらパート2を作る。タイトルは“龍三と七人の幽霊たち”で」とジョーク交じりに宣言。そして、「暴力映画ばっかりだったけれど、たまにはお笑いもと思って撮った。意外に基本ばかりなので、楽しんでほしい」とアピールしていた。

出典:http://eiga.com

この作品の記者会見はニュース番組でも放送されていましたよね。とても面白かったです。
もちろん映画の内容も面白いのでDVDの発売が待ち遠しいですね!

ビートたけしさんの今後の映画に期待ですね!

最新作も大ヒットしたビートたけしさん。今後も素晴らしい映画を期待したいですね。
まだまだ、映画製作は続けるようなのでこれからのビートたけしさんの映画が楽しみです。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ