女優活動10周年を迎えた榮倉さんは。自らの女優人生でのターニングポイントを、映画『余命1ヶ月の花嫁』で組んだ廣木隆一監督とのタッグだと語っています。女優デビューを飾った2004年の「ジイジ~孫といた夏~」(NHK)からの10年間は出演作に途切れがなく、風格は増すばかりです。

この画像が掲載されている記事

この画像が掲載されている記事

TOPへ