藤沼 悟(ふじぬま さとる)本作『僕だけがいない街』の主人公。2006年では29歳で売れない漫画家として東京で生活している。彼が持つ特殊の力『再上映(リバイバル)』を使い、過去に起きた連続誘拐殺人事件の真相を追うことになる。 【ネタバレ:キャラ補足情報】 人間関係は希薄。漫画は主にゲームのコミカライズを手がけていた。心に思ったことを無意識のうちに声に出す癖があり、お茶目な一面もある。 雛月と会話するときにはよく、本音を口に出してしまうため、「バカなの」と罵られる時がある。

この画像が掲載されている記事

この画像が掲載されている記事

TOPへ