この名言は、武士と仏を批判し、土民や百姓の目線に立った言葉。 明智光秀は誠実で、民衆の人の立場になって物事を考える事の出来る武将であることが分かります。

この画像が掲載されている記事

この画像が掲載されている記事

TOPへ