記事ID9548のサムネイル画像

高倉健との共演かなわず無念! ビートたけしが語る日本の大スター

ときの流れと言えばそれっきりだが、昭和の大スターたちが次々と亡くなっている。
その一人の高倉健さん。周囲の人たちからは、深いところで尊敬されていたようだ。大物同士の関わりとして知られる一人がビートたけしだが、北野も高倉を大変尊敬し、人間的に愛していたようだ。この二人の関わり合いについて調べてみました。

高倉健のエピソードを明かすビートたけし

本名 北野 武(きたの たけし)

ニックネーム たけちゃん、たけし、殿、世界のキタノ
生年月日 1947年1月18日(68歳)
出身地   東京都足立区島根
血液型 O
身長 168cm
方言 江戸弁
最終学歴 明治大学工学部(現:理工学部)機械工学科卒業
師匠 深見千三郎、松鶴家千代若・千代菊、立川談志
出身 浅草フランス座
コンビ名 ツービート
相方 ビートきよし
芸風 漫才(ボケ)
立ち位置 左
事務所 オフィス北野
活動時期 1972年 -

ビートたけし:健さんが銀座で車停めてたら、酔っぱらいがタクシーと間違って後ろのドアを開けて入ってきちゃって。「日比谷まで行ってくれ」って言ったら、「はい、分かりました」って運転して行っちゃって(笑)

「着きました」「いくら?」「…私ですけど」「あ、高倉健だ!」ってなことがあったって。

出典:http://numbers2007.blog123.fc2.com

マイクロバスに乗ってガラの悪いのがとんとんって叩くから、中から閉めてたの。それを開けようとしてて、押し問答になってやっと開けたら、「高倉です。開けてよ」って(笑)

出典:http://numbers2007.blog123.fc2.com

…共演する女性が、またメロメロになっちゃうんですよ。健さんは、そういうこと関係なく真摯でしょ。それで優しいでしょ。みんな健さんに惚れちゃうから。男も惚れちゃう。

出典:http://numbers2007.blog123.fc2.com

たけしが「冬の現場でもストーブに当たらない」「イスに座らない」と毒舌交じりに“高倉伝説”を明かすと場内は爆笑。これに対し高倉は「全部たけちゃんの作り話。迷惑してます」と渋い口調で淡々と釈明してみせ、さらに場を沸かせた。

出典:http://www.oricon.co.jp

映画『あなたへ』の完成披露試写会で舞台あいさつした高倉健(左)とビートたけし

親しみで高倉健のエピソードを語るビートたけしのプロフィール

都内の豪邸、愛車はロールスロイスファントムだが、他にもフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどがある。もちろん、収益不動産も複数所有しており、資産からの収入もある。総資産も数百億円は下らないだろう。

出典:http://media.yucasee.jp

1980年代初頭に起こった漫才ブームの中で社会風刺を題材としたシニカルな笑いツービートで人気を獲得、フジテレビTHE MANZAIやその後継であったオレたちひょうきん族らに出演し番組が大ヒット、お笑い芸人のみならず、日本のテレビ界を代表するタレントとなる。

出典:http://ja.wikipedia.org

映画監督「北野武」
映画監督・北野武としてのデビュー作『その男、凶暴につき』は、1989年(平成元年)に予定通り公開された。この時のことを後年関根潤三の著書の推薦文で「(映画監督について)あんなに大変な仕事はあるのかと思った。」と述べている。

出典:http://ja.wikipedia.org

ECC外語学院 ’08生徒募集広告

知ってか知らずか、『ビートたけし』さんと、ECCの副社長が偶然知り合って、意気投合。
そのまま夜明けまで飲み明かしたそうです。

そのお酒の席で、ECCの副社長
「CMに出て下さいよ〜」
と、するとビートたけしも
「あぁ、いいよ♪」
と、軽く引き受けたそうです。


しかし!このとき『ビートたけし』は
「ECC」ではなくて「UCC」だと思っていたらしい?

出典:http://mainitinetatyou.blog.so-net.ne.jp

そんな馬鹿な!!!

高倉健プロフィール

高倉健

本名 小田 剛一 (おだ ごういち)
生年月日 1931年2月16日
没年月日 2014年11月10日(満83歳没)
出生地 日本の旗 日本 福岡県中間市[1]
死没地 日本の旗 日本 東京都
身長 180 cm
血液型 B型
職業 俳優・歌手
ジャンル 映画・テレビドラマ・CM
活動期間 1955年 - 2014年
配偶者 江利チエミ(1959年 - 1971年)

出典:http://ja.wikipedia.org

1931年に福岡県中間市の裕福な一家に生まれる。父は旧海軍の軍人で、炭鉱夫の取りまとめ役などをしていた。母は教員だった。幼少期の高倉は、肺を病み、虚弱だった。終戦を迎えた中学生の時、アメリカ文化に触れ、中でもボクシングと英語に興味を持った。学校に掛け合ってボクシング部を作り、夢中になって打ち込み、戦績は6勝1敗だった

出典:http://ja.wikipedia.org

1963年に出演した『人生劇場 飛車角』以降、仁侠映画を中心に活躍、耐えに耐えた末、最後は自ら死地に赴くやくざ役を好演し、ストイックなイメージを確立し。本作を切っ掛けに、翌1964年から始まる『日本侠客伝シリーズ』、1965年から始まる『網走番外地』シリーズ、『昭和残侠伝シリーズ』などに主演し東映の看板スターとなる。『網走番外地』シリーズの主題歌(同タイトル)は、のちに歌詞の一部が反社会的であるとの理由で一時は放送禁止歌になったが公称200万枚を売り上げ、1966年には『昭和残侠伝』シリーズの主題歌『唐獅子牡丹』も大ヒットし、今も、カラオケなどで歌い継がれている

出典:http://ja.wikipedia.org

礼儀正しい人物として知られ、すべての共演者に挨拶を忘れず、監督やプロデューサーをはじめ、若い新人俳優やスタッフにも必ず立ち上がり、丁寧にお辞儀して敬意を払う。
千葉真一は高倉を “ 一生あこがれの存在で永遠の師匠 ” と公言している

出典:http://www.lastfm.jp

受賞・受章
第1回日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞(1978年) - 『幸福の黄色いハンカチ』
第4回日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞(1981年) - 『動乱』、『遥かなる山の呼び声』
第5回日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞(1982年)- 『駅 STATION』
第23回日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞(2000年) - 『鉄道員(ぽっぽや)』
第37回日本アカデミー賞 協会栄誉賞(2013年)
第1回エランドール賞1956年度・新人賞
紫綬褒章 1998年
文化功労者 2006年

出典:http://www.lastfm.jp

高倉健とビートたけし

27年ぶりの共演を果たした高倉健とビートたけし

務所の指導技官が、愛した亡き妻の生前の真意を知るために、富山から九州まで旅をする姿を描く『あなたへ』(2012年秋公開)。本作は、田中裕子、佐藤浩市、草なぎ剛、綾瀬はるから超豪華キャストの発表も記憶に新しい。

出典:http://news.walkerplus.com

「たけちゃんが来るのが待ち遠しくて、高山駅まで迎えに行った」という高倉は、ビートたけしとの共演について、「たけちゃんの役は出番こそ少ないが、ぱくっと食っていくおいしい役で、たけちゃんにしかできない。(ビートたけしの)常に新しいことに挑戦している姿には頭が下がります。たけちゃんのような素晴らしい人の力を借りて、大人の日本映画が一本でも多く作られることを切望します」と語った。

出典:http://news.walkerplus.com

本作で高倉が旅の中で最初に出会う人物、自称元中学教師の杉野輝夫を演じるのがビートたけし。撮影では、本番直前までセリフを復唱するなど久々の共演に緊張の面持ちで臨んだ。

「大変緊張しているが、楽しい時間を過ごしている」と6年ぶりの映画撮影を語る高倉

出典:http://news.ameba.jp

たけしは高倉の“伝説”を披露。「健さんはオフの日にも現場に来るんですが、『夜叉』のときは雪がものすごい所でストーブをたいていたんだけど『皆さんが働いているときに僕は当たれません』と言うので誰も当たれなくなっちゃって…。お願いですから帰ってくれませんか。あと、健さんは現場では椅子に座らないというのを俺が何かのときに言ったことで『あんたのおかげで俺は座れなくなった』と俺に怒ってました」。すかさず高倉が「訂正します。全部たけちゃんの作り話です。本当に迷惑してます」と突っ込みを入れ、会場を沸かせた。

出典:http://www.billboard-japan.com

大物同士の掛け合いは伝説になるんでしょうね。

ビートたけしとの共演を約束も高倉健他界

『夜叉』(85)以来、27年ぶりの共演となるふたり。本番直前までセリフを復唱するなど、久々の共演に緊張の面持ちのビートたけしだったが、撮影の合間にはふたりで和やかに談笑する様子も

出典:http://news.walkerplus.com

生前、北野武監督ことビートたけしに「一緒に映画を撮ろう」と語っていたが、実現しないまま他界。さぞ、無念だったことだろう。

出典:http://www.excite.co.jp

たけしと健さんの出会いは、1985年に公開された映画『夜叉』での共演だった。たけしは「『夜叉』で共演することになったんで、ロケ先の福井県に向かったんだけど、健さんは雪の中で、花束を持ってオイラを福井の駅のホームで待っててくれたの。『たけしさんですか? 高倉健です。私の映画に出てくださって、ありがとうございます。よろしくお願いします』。電車から降りたらそう言われて、花もらっちゃってさ。ああ、今のは高倉健だ。どうしよう。参ったなと思った」と、筆者に出会いを語っていた。

出典:http://www.excite.co.jp

健さん行きつけの銀座のフランス料理店を筆者がたけしに紹介したところ、その店を気に入り、頻繁に通うようになった。ある日、店の責任者M氏が、健さんに「最近、たけしさんに頻繁にお店を利用していただいています」と伝えたところ、「一緒に映画を撮りたいから、連絡先を教えてください」と言われ、オフィス北野の電話番号を教えた。すると、後日、健さん自ら電話したという。

出典:http://www.excite.co.jp

『もしもし、高倉健です。たけしさんと連絡を取りたいんですが』と。ところが、まさか健さん本人から電話がくるとは思わないから、出たヤツが『何言ってんだ。この野郎』と、すぐに電話を切った。さらに、2度目の電話は『松村(邦洋)だろ。モノマネばっかりしやがって』と、ガチャンと電話を切っちゃったんだよ」

出典:http://www.excite.co.jp

健さんに謝りの電話を入れたところ、「たけしさんのところに電話すると、すぐに切られるんですよ。モノマネするなと言われるんです」と、ちゃめっ気ある対応をしてくれたという。

出典:http://www.excite.co.jp

映画『あなたへ』(2012)で、たけしに出演をオファー。せっかくの誘いは断れないということで受諾したが、健さんと一緒に映画を撮るという話を現実化したかったたけしは、一方で“大阿闍梨”をテーマにした『阿闍梨』という企画を温めていた。
しかし、その話が実現する前に、健さんは他界してしまったのだ。

出典:http://www.excite.co.jp

ビートたけしさんもさぞ無念だったでしょうね。
だけど、ビッグスターの遺志を引き継ぐのもビッグスターの宿命ですよね。
遺志だけじゃなくて、そこから受け取った感性だとかを関わった人には受け継いでもらいたいですよね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ