ウソ泣き!で世間を騒がせた野々村竜太郎元県議は現在何している?

    あの「ウソ泣き」野々村竜太郎元県議。以前、死亡説も飛び交ったが幸い?に生存しています。フジテレビが現在の野々村竜太郎を追いかけてスクープを狙ったが、批判続出で返り討ちにあったりと話題はいまだに事欠かない。実際現在どうなっているのか探ってみました!

    ウソ泣き県議として話題となった野々村竜太郎の現在とは?

    以前は県議として活躍されていた野々村竜太郎さん。

    しかし、政務調査費のお金を不正に受け取ったことが発覚し、2014年に釈明会見を行いました。

    その会見での支離滅裂な発言や、大人気ない号泣姿を見せたりとして世間を騒がせました。

    そんな野々村竜太郎元県議は現在どうなっているのか調べてみました。

    現在が気になる野々村竜太郎県議のプロフィール

    生年月日 1966年7月29日
    出身地:大阪市
    出身校:北野高、関西大法学部卒業

    【主な来歴』
    兵庫・川西市役所に就職。

    総務部や選挙管理委員会
    事務局に勤務し、2007年11月退職。

    2011年4月兵庫県議選で初当選で独身。

    地域政党として自ら初代代表になった野々村竜太郎

    地域政党として西宮維新の会を旗揚げし、自らがその初代代表に就きました。

    そして、兵庫県議会議員選挙への挑戦を表明し、自宅のある西宮市選挙区から立候補することを明らかにしました。

    公約として、兵庫県の公立高等学校の進学率と就職率の向上などを掲げ、4度の落選を経て、2011年4月兵庫県議会議員選挙にて当選を果たしました。

    兵庫県議会では、会派には所属せず無所属として活動していたそうです。

    2014年6月11日の兵庫県議会議長選挙においては、1票を獲得したものの、82票を獲得した梶谷忠修に敗れました。

    Wikipediaでは編集合戦のすえ削除審議も……

    そんな野々村竜太郎元県議ですが、政務調査費から約300万円を支出していたことが問題となりました。

    野々村竜太郎元県議の名を世に広めたのは、その問題の記者会見でのこと。

    号泣しながら潔白を訴えた姿がネットでも大きな話題となり、2014年に起きた印象深い出来事の一つだったはずです。

    現在が注目される、野々村竜太郎元県議が起こした問題って?

    「世の中を変えたい一心で、やっと議員になったんです…。」

    その言葉はどこにいってしまったの?と唖然となった人も多くいるのではないでしょうか。

    こんな人が本当に議員になっていいんでしょうか?

    目的示さず交通費300万を支出した野々村竜太郎元県議

    2013年度、豊岡市と兵庫県佐用町、東京都、福岡市の4カ所を日帰りで計195回訪問したとして、政務活動費から計約300万円を支出していたことが県議会が公開した収支報告書で判明しました。

    報告書には交通費の領収書添付が一切なかったほか、現地での活動を示す記載も見当たらず、“不自然”な支出に説明を求める声が強まったのです!

    政府活動費を不正利用した野々村竜太郎元県議

    政務活動費とは、地方議会の議員が行う調査研究や、その他の活動に必要な経費の一部として支給される費用であり、主な使用用途は人件費、交通費、研修費、会議費、広報費などに当たります。

    これらは月々の議員報酬とは別に支給されるものになっています!

    2012年の地方自治法改正により、それまでの政務調査費から名称が変更され、使途が拡大されたそうで、区市町村議会で月額数万円、都道府県議会では同20万~60万円程度支給されるそうです。

    兵庫県の政府調査費は50万円ほど支給されるそう。

    <政務活動費(政務調査費)最近の主な支出違反例>

    【「みちのくプロレス」の人件費や事務所費の問題】

    覆面プロレスラーで元岩手県議のザ・グレート・サスケ氏が、県から2005年度の政務調査費276万円の返還を求められたことがあった。

    2006年の12月に、盛岡地裁が返還を命じる判決を言い渡した。

    【事務所の家賃や自動車リース料問題】

    愛知県の市民団体が、2009年度に同県から交付された政務調査費約8116万円を自民、民主、公明県議団の各会派に返還させるよう県に求めた問題。

    その結果、名古屋地裁が同費の一部約2860万円の返還を命じたそうです。

    【少年野球大会の反省会や旅館での会合参加費問題】

    前橋市が市議会最大会派の清心クラブなどに、2004~2007年度の政務調査費約6100万円の返還を求めた問題。

    結果として、東京高裁が4会派に計約100万円の返還を命じました。

    現在は無職?野々村竜太郎元県議の例の会見の要因

    疑惑の目を向けられて、釈明会見を開きましたが、説得力のある説明ができず、どんどん窮地に。

    すると突如、「うあぁーーー。この世の中をっ。ひゃあーーー。世の中をっ。変・え・た・いっ」と咆哮して子供がえりした姿を見せました。

    最初の報道があった6月30日以降、抗議が殺到。

    3日朝も「電話が鳴りっぱなし」で、職員が対応に追われたそうです。

    寄せられる意見には、「議員を辞職しろ」「政務費を全額返還すべきだ」「あの会見では説明が不十分」「議会はきちんと調査してほしい」などの不満の声が殺到しました。

    野々村竜太郎県議は精神病?

    「気分の変動が激しい点は双極性障害の疑いがあり、反社会的な傾向もみられる。『窮鼠猫を噛む』じゃないが、窮地に追い込まれると急に攻撃的になる人がいる。冷静さを失い感情的に高揚して威嚇する。彼はまさにそういうタイプだ」と、精神科医の日向野春総氏は言っていました。

    会見ではわれを忘れて泣き叫ぶさまが注目されたが、この尋常ではない泣きっぷりも、一種の防衛反応だと言います。

    「泣くという行為は一種の攻撃でもある。興奮のあまりの涙。感情を爆発させて相手を牽制している。」のだそうです。

    野々村竜太郎元県議はナルシシズム的な傾向がある人だそうで、「感情的になっている半面で、攻撃されることをどこか楽しんでいる節も感じられる。ナルシシストは人からの関心を集めることで性的興奮を得る。野々村氏も、無意識下で性的な充足感を得ていたのではないか」と医師は語ります。

    野々村竜太郎(野々村議員)」辞職、刑事告発へ。そして現在に至る。

    野々村元県議は、議会の聞き取りに「偽りはない」と主張。

    しかし、ほとんどの質問には「覚えていない」と回答しました。

    議会事務局によると、野々村元県議は13年5~10月、6回にわたり、大阪の量販店で計約22万円分の家電製品を購入。

    うち3回分はいずれも1回の購入費が3万3600円で、具体的な品目は記入していなかったそうです。

    2012年4月にも80万円以上の家電を購入したが、転売や換金を否定。

    議会事務局が、うそをついた場合は刑事罰を受ける可能性を指摘したが「間違いない」と断言した。

    しかし、結局は刑事告発されました。

    野々村竜太郎元県議は辞表を提出

    兵庫県議の野々村竜太郎氏は7月11日、県議会議長あてに辞表を提出し、受理されました。

    松本隆弘副議長は記者会見し、県議会各会派の代表者10人の連名で、野々村氏を虚偽公文書作成・同行使容疑で兵庫県警に刑事告発したと発表。

    議会事務局はこれに先立ち、7月9日と11日の2回にわたって野々村氏と面談しました。

    野々村氏は出張や切手購入を事実と主張したが、過去3年間の政務活動費を全額返還すると表明したといいます。

    県議会は各会派の代表による検討会で領収書を不要とする旅費の例外規定を原則撤廃することを検討している。

    現在は世間にまったく姿を見せていない、野々村竜太郎元県議。

    「ニッポンの恥」を拡散したあの号泣会見以降、野々村竜太郎元県議は世間にまったく姿を見せていません。

    捜査関係者らによれば、「大阪市内の実家で両親と一緒に暮らしている」そうです。

    実家の集合住宅を訪ねましたが、夜になっても遮光カーテンが窓を閉ざしており、インターフォンを鳴らしても応答はないのだとか。

    マンション廊下でしつこく野々村竜太郎元県議を追いかけるフジテレビ

    フジテレビの取材班が集合住宅の廊下を小走りで逃げる野々村元議員を執拗に追いまわす様子が映されていたことがあります。

    途中、立ち止まってカメラにぶつかり倒れこんだ野々村元議員の行動を取材班は「体当たりのような行動」と表現し、「痛い」という野々村元議員に「こっちが痛いです」と返していた。

    流石にこれに対しては、フジテレビはやりすぎだという声が上がりました。

    不法侵入、公人ではない人を公衆の面前で追っかけまわすことはただの弱いものいじめで、視聴者も見てて気分が悪いとの声が上がりました。

    正義面をして、こんな明らかにおかしな一個人を追いかけ回すくらいなら、野々村が不正を犯すことが出来た仕組みや一緒のことをしてる他の大物議員に切り込んでいくべきとも声も。

    強いものに立ち向かっていく気概がないなら、偉そうにしないで淡々と事実だけ報道してればいいと野々村竜太郎元県議をかばうような声も上がりました。

    野々村竜太郎元県議の家族との関係は?

    野々村竜太郎元県議は結婚していないため、妻や子どもはいません。

    独り身なんだ…。と思われた方もいるかもしれませんが、こんな問題を起こすようでしたら妻や子どもがいなかったため、家族への負担が減ってちょうどよかったのではないでしょうか。

    家族構成としては、父親、母親、兄弟がいるそうです。

    野々村竜太郎元県議は辞職後、実家に戻りひっそりとした生活を送っているようです。

    ご両親もこの問題を聞いて、本当に心を痛めたのではないでしょうか。

    実家で暮らしているとのことですが、これ以上両親に迷惑をかけずに忠実な人になってもらいたいですね。

    野々村竜太郎の現在は不明だった!

    結局のところ野々村竜太郎議員の現在はわからずじまいといったところでしょうか。

    もう放っておいてあげるのが一番の得策な気がするんですけどね、、、

    世間を騒がせるだけ騒がせて、現在一気に消えていってしまったといった感じです。

    政府のお金を無断で勝手に使うなんて許せないですよね。

    本当に反省してほしいことですね。

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ