記事ID84306のサムネイル画像

大人気漫画『デスノート』の映画・ドラマ実写化キャストまとめ

週刊少年ジャンプで連載され、大人気となった漫画『デスノート』。2016年10月公開予定の最新作、実写版『デスノート Light up NEW world』が話題となっています。そこで今回は、過去に実写化された際のキャストを一挙にまとめたいと思います。

漫画『デスノート』とは

記事番号:84306/アイテムID:2676826の画像

『デスノート』は、原作‐大場つぐみ・作画‐小畑健による、少年漫画作品です。
2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載されていました。

名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵Lたちによる頭脳戦を描いた漫画となっています。

実写映画第一部『デスノート』

記事番号:84306/アイテムID:2676840の画像

2006年には実写映画の第一部(前編)『デスノート』が公開されました。
全体的なストーリーは、原作の第一部をベースに脚色したものとなっています。

記事番号:84306/アイテムID:2676860の画像

主人公である夜神月を実写版で演じたのは、実力派俳優の藤原竜也さんです。

夜神月の知的でどこか神秘的なオーラをはなっていますね!

デスノートの夜神月と言えば、藤原竜也さんしかいない!と思わせてくれるような、圧倒的な演技が光ります。

記事番号:84306/アイテムID:2676861の画像

名探偵Lを演じたのは、演技派俳優の松山ケンイチさんです。

松山さんも、L独特の世界観を表現し、原作漫画と比較してもまったく違和感がありません!

実写版デスノートにはかかせない、重要な人物です。

記事番号:84306/アイテムID:2676875の画像

第二のキラ、弥海砂を演じたのは、女優の戸田恵梨香さんです。

物語にはかかせない、重要な役どころですが、さすが女優さん!圧巻の演技をみせてくれました。

実写版を観てミサミサのファンになった方も多いのではないでしょうか。

記事番号:84306/アイテムID:2676877の画像

夜神月のデスノートの元の所有者である死神リューク。

実写化なんて無理でしょ!?と思っていたら、なんとも迫力のあるリュークがそこにはいました!

記事番号:84306/アイテムID:2676886の画像

そして死神リュークの声を担当されたのは、俳優の中村獅童さんです。

迫力のある声で、実写版リュークにぴったりの演技をみせてくれました。

第二部『デスノート the Last name』

記事番号:84306/アイテムID:2676842の画像

前作『デスノート』の後編として続いて公開されたのが、『デスノート the Last name』です。

前作同様、夜神月は藤原竜也さん、Lは松山ケンイチさんが演じました。

記事番号:84306/アイテムID:2676881の画像

そしてデスノートにはかかせない、もう一人の死神レム。

こちらも実写化なんて不可能だと思っていましたが、やはり迫力のある死神が!

リュークとはまた違った魅力のある死神です。

記事番号:84306/アイテムID:2676894の画像

もしかしたら知らない人も多いかもしれませんが、夜神月の妹、実写版・夜神粧裕を演じたのは満島ひかりさんなんです。

現在とは一味違った魅力を感じさせ、スクリーンの中でも一際光る演技を見せてくれました。

記事番号:84306/アイテムID:2676912の画像

忘れてはいけないのが、キラ対策本部を率いる夜神総一郎ですよね!

実は息子がキラであるとは知らずに、キラを追っているという切ない役どころを演じたのは、俳優の鹿賀丈史さんです。

実写版では、総一郎のキラに対する執念、そして息子を捕まえるという難しい役をかっこよく表現されていました。

スピンオフ実写映画『L change the world』

Lが最期を迎えるまでの23日間を描いたスピンオフ映画。

実写版オリジナルのストーリーとなっており、Lを演じたのはもちろん松山ケンイチさんです。

記事番号:84306/アイテムID:2676923の画像

前作実写版『デスノート』にも登場する、Lの世話役ワタリを演じたのは藤村俊二さんです。

ワタリの謎めいた雰囲気が原作そのままに表現されています。

記事番号:84306/アイテムID:2676950の画像

実写版オリジナルストーリーに登場する、物語の重要人物である少女、二階堂真希を演じたのは福田真由子さん。

子役とは思えない、素晴らしい演技を見せてくれました。

実写ドラマ『デスノート』

記事番号:84306/アイテムID:2676987の画像

実写ドラマ『デスノート』は、2015年7月5日から9月13日までに日本テレビ系列で放送されました。

漫画『デスノート』を原作とし、原作とは違うキャラクター設定でオリジナルストーリーとなり、実写映画版では描かれなかったキャラクターも登場しました。

記事番号:84306/アイテムID:2676989の画像

主人公夜神月を演じたのは、窪田正孝さんです。

実写映画版の藤原竜也さんとは違った、魅力のある演技で話題を呼びました。

記事番号:84306/アイテムID:2676995の画像

名探偵Lを演じたのは山崎賢人さんです。

デスノートのLと言えば松山ケンイチさんだろう!と思っていた方も納得の、素晴らしい演技で天才探偵という難しい役を演じてくれました。

記事番号:84306/アイテムID:2676998の画像

映画実写版では描かれなかったキャラクター、N(ニア)を演じたのは、優希美青さんです。

登場の時点では性別も含め正体、目的すべて不明の謎の人物ですが、ニア独特の雰囲気が画面を通して伝わってくるような演技で、世界観に引き込まれた方も多いのではないでしょうか。

記事番号:84306/アイテムID:2677009の画像

そしてドラマ実写版、弥海砂を演じたのは佐野ひなこさんです。

ミサミサの魅力をたっぷり伝えてくれるような、監禁シーンでは体を張った演技を見せてくれました。

最新作映画『デスノート Light up NEW world』

記事番号:84306/アイテムID:2677277の画像

現在話題の、2016年10月に公開予定の最新作『デスノート Light up NEW world』。

こちらは『デスノート the Last name』から約10年後の世界を描く実写版映画の続編となります。

完全オリジナルストーリーとなっており、原作ファンも映画・ドラマファンも、また違った視点で楽しめるのではないでしょうか。

記事番号:84306/アイテムID:2677062の画像

デスノート対策本部特別チームのエース捜査官、三島創を演じるのは東出昌大さんです。

2012年、映画『桐島、部活やめるってよ』で俳優デビューし、その後数々のヒット作に出演している東出さん。今回のデスノートでの演技にも注目ですね!

記事番号:84306/アイテムID:2677063の画像

Lが遺した遺伝子を受け継いだLの正当後継者を演じるのは、池松壮亮さんです。

2014年の第38回日本アカデミー賞新人俳優賞や、第57回ブルーリボン賞助演男優賞など、多くの賞を受賞している池松さんですが、実写版デスノートではどのような演技を見せてくれるのか、楽しみですね!

記事番号:84306/アイテムID:2677066の画像

キラに心酔しているサイバーテロリストの青年を演じるのは、菅田将暉さん。

菅田さんも、2016年の第40回エランドール賞新人賞を受賞するなど、今大注目の俳優さんです。

デスノートでしか見られない、菅田さんも楽しみですね!

記事番号:84306/アイテムID:2677068の画像

そしてなんと、10年後の世界を描いた本作品で弥海砂を演じるのは、前作から続投して戸田恵梨香さん!

前作『デスノート』とは違い、大人になったミサミサの魅力を伝えてほしいですね。

まとめ

記事番号:84306/アイテムID:2677075の画像

過去に実写版デスノートで主要な登場人物を演じられてきた方々をご紹介いたしました。

原作漫画とは一味違った個性を発揮してくれ、今までの作品はとても印象に残るものばかりでしたね!

そして次回作、実写映画版『デスノート Light up NEW world』に出演される方々も豪華な面々!
ますます期待が高まります!

みなさんも、実写映画公開前にもう一度原作漫画を読み返してみたり、前作実写映画『デスノート』シリーズ、実写ドラマ版『デスノート』を観返してみたりしてみてはいかがでしょうか。

これまでの復習をして、ぜひ10月には、劇場に足を運んで最新作を楽しんでください!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ