記事ID7984のサムネイル画像

カッコイイ女性!ショムニで有名な江角マキコの出演ドラマベスト5!

ドラマに映画にバラエティにと、マルチな活動をされている江角マキコさん。そんな江角マキコさんが出演してきたドラマベスト5をまとめてみました。
ラインナップは、『ショムニ』、『Over Time-オーバー・タイム』、『ラブ・レボリューション』、『マルサ!!東京国税局査察部』、『ブルドクター』です。

スレンダー美人!江角マキコのプロフィール

江角 マキコ

1966年12月18日生まれ。
島根県出雲市の出身。
身長 170 cm。血液型 AB型。
インクワイヤー所属。

1985年、日本たばこ産業女子バレーボールチーム(現Vリーグ・JTマーヴェラス)に入団するが、1987年頃にケガで選手生命を絶たれ、同時に日本たばこ産業も退社。
その後、ファッションモデルに転身する。
1994年、矢沢永吉のアルバム『the Name Is...』のジャケット写真に起用されている。
1995年には、映画『幻の光』で女優デビューを果たし、その後ドラマ『それは、突然、嵐のように…』、『地獄の沙汰もヨメ次第』など数多くの作品に出演している。

江角マキコの代名詞ともいえる主演ドラマ『ショムニ』

ドラマ『ショムニ』は、フジテレビ系で放送されていたドラマシリーズ。
第1シリーズ『ショムニ』:1998年4月15日から7月1日まで放送。
第2シリーズ:2000年4月12日から6月28日まで放送。
第3シリーズ:『ショムニFINAL』2002年7月3日から9月18日まで放送。
第4シリーズ:『ショムニ2013』2013年7月10日から9月18日まで放送。

原作は、講談社の『モーニング』にて連載されていた安田弘之の同名漫画。

江角マキコドラマ①あらすじ

都内にある中堅商社「満帆商事株式会社」[注 1]で、「女子社員の墓場」「会社の掃き溜め」と呼ばれる部署・総務部庶務二課所属の6人のOLの活躍を一話完結形式で描く。彼女らは自らの欲望に忠実に行動しているだけだが、それが結果的に会社にとって良い結果を生むあるいは救ってしまうというのが基本プロット。

出典:http://ja.m.wikipedia.org

江角マキコドラマ①キャスト

主演:江角マキコ
・『ショムニ』第1シリーズ〜第3シリーズまで
宝生舞、京野ことみ、櫻井淳子、戸田恵子、高橋由美子、森本レオ、戸田菜穂、石黒賢、高橋克実 他
・『ショムニ2013』
ベッキー、本田翼、安藤サクラ、森カンナ、堀内敬子、三浦翔平、片瀬那奈、鈴木浩介、安田顕 他

江角マキコドラマ①世間の反応

大好き(笑)
肉食女子、万歳!
これ見て不快になるのは、一部の男子でしょ~
暗いドラマよりいいんじゃない?

出典:http://www.ch-review.net

昔のショムニで終わっとけばよかったのに。
残念。全くおもしろくない。

出典:http://www.ch-review.net

考えさせる系のドラマも良いですが、こういうドラマも好きです!
サクッと見れて、ハハっと笑えたらそれで十分です♪

出典:http://www.ch-review.net

江角マキコが出演した、男女の恋と友情を描いたドラマ『Over Time-オーバー・タイム』

ドラマ『Over Time-オーバー・タイム』は、フジテレビ系の「月9」枠にて1999年1月4日から3月22日まで放送された。

このドラマはオリジナル脚本で、ドラマ『ロングバケーション』も手掛けた北川悦吏子が務めている。

江角マキコドラマ②あらすじ

これは恋の話なのだ、たぶん。運命とか、宿命とかではなく--気がついたらなくてはならない存在の、ふたり。だから、ひょっとしたらこれは恋にはならないかもしれない。でも新しい、男と女のカタチになるかもしれない。これは友情とは違うのか!?

 人は泣きながら生まれてくるというけれど、人恋しくない赤ちゃんはいないので、やっぱり人間は、元来みんな寂しがりやなのかもしれない。そんな寂しさを埋めてくれるのは、親や結婚相手ではなく、たまたまそばにいた異性の友達だった…そんなことも許されるはず。男と女だから「いい友達」になるのか、男と女だから果てはくっつくか離れるしかないのか--。男と女が心の一番近いところにいることの、心地よさを危うさをコミカルに、そして時にはせつなく描く「Over Time」。

出典:http://www.fujitv.co.jp

江角マキコドラマ②キャスト

主演:反町隆史、江角マキコ
木村佳乃、西田尚美、石田ゆり子、椎名桔平 、加藤晴彦、伊藤英明 、西田尚美 、星野 有香 他

江角マキコドラマ②世間の反応

10年以上前のドラマですが、今でも芸能界の最前線で活躍する俳優さんたちが勢ぞろいしている作品です。みなさん若いなぁ。江角さん、反町さん、石田さん、椎名さん、木村さんだけでなく、田中麗奈さん、加藤晴彦さん、伊藤英明さんですからねぇ。豪華です。

出典:http://entertainment.rakuten.co.jp

反町さんと江角さんのダブル主演のラブストーリードラマ作品です。人気俳優や女優の方々がそろっており、まさに美男美女ぞろいですね。恋と友情について描かれているので見ていて共感でき、物語に見入ってしまいましたね。

出典:http://entertainment.rakuten.co.jp

キャスト、演技など、すごくよかったし、ブリグリの主題歌もすごくマッチしてて文句なしのドラマでした。反町さんが大好きだし江角さんもかっこいいんですよね。GTOやビーチボーイズでは見られない反町さんのあらたな一面が見られたような気がしました。

出典:http://entertainment.rakuten.co.jp

江角マキコ主演のラブストーリードラマ『ラブ・レボリューション』

ドラマ『ラブ・レボリューション』は、フジテレビ系列の「月9」枠にて2001年4月9日から6月25日まで放送された。

このドラマの主題歌は、平井堅の『KISS OF LIFE』を起用している。

江角マキコドラマ③あらすじ

月9始まって以来の30代女性の主人公・浅丘恭子(江角マキコ)は都内の総合病院で心臓外科医として働く32歳の外科医。「理系の女」「デキル女」は男からは煙たがられ「食えない女」「モテない女」として現在に至ってしまった3高(高身長、高学歴、高収入)女性が彼女。本当は「恋に不器用」なだけで、古風で、恋に夢見る女の中の女なのに、男はみな彼女を「強くてたくましく男が不要な女」と決めつける。本当の素直な自分をさらけ出せないちょっぴり切ない女。
 そんな彼女もイタリアの「バレンタイン聖堂」(「バレンタインデー」の起源で結婚の神様)を訪れてから恋愛運が上昇し・・・。
 そんな彼女を中心に、恭子と同じく3高の国際線スチュワーデスの真理子(米倉涼子)。そして、そんな「3高」女2人を取り巻く男性陣。テレビ局の政治部記者の須賀(藤木直人)、売れない小劇場の舞台俳優の矢吹(押尾学)たち。男女8人が明るく、楽しく、そしてせつなくロマンティックに繰り広げるラブストーリーの王道が『ラブ・レボリューション』です。

出典:http://www.fujitv.co.jp

江角マキコドラマ③キャスト

主演:江角マキコ
米倉涼子、藤木直人、押尾 学、酒井美紀、山本圭壱、山崎銀之丞、戸田麻衣子、ージョビジョバ。松本留美、西岡徳馬 他

江角マキコドラマ③世間の反応

藤木直人がドラマの中で時折言う「えっ?」がかなりの萌えポイントでした。

江角マキコの格好が、かなりキュート!
靴下の履き方とかすごく可愛い。服自体もかなり高そうな服ばっかりで本当に見てて楽しい。

真面目なできる女役にも関わらず、イケイケスッチー役の米倉よりモテるところがすごーく良いです。

出典:http://drama.nagoya

個人的に好きです。ちょっと大人を対象とした恋愛ドラマ。当時このドラマをみて、藤木直人さんにはまりました。藤木さんの大人な遊び風の雰囲気が魅力的です。江角さんは今と変わらずすごくきれいです。そういえば、このドラマ、加藤浩二の元相方がでています。

出典:http://entertainment.rakuten.co.jp

主演の女優陣が姉御肌的イメージが強い二人できっとかわいらしいドラマではないんだろうなと思いました。藤木直人さんがとにかくかっこよかったです。平井賢さんの歌われるドラマ主題歌「kiss OF life」がとてもよかったです。

出典:http://entertainment.rakuten.co.jp

江角マキコが国税職員を演じたドラマ『マルサ!!東京国税局査察部』

ドラマ『マルサ!!東京国税局査察部』は、フジテレビ系列にて2003年4月8日から2003年6月24日まで放送された。

このドラマはオリジナル脚本で、テレビ朝日系にて放送されている相棒シリーズの脚本も手掛けている、戸田山雅司が務めた。

江角マキコドラマ④あらすじ

 東京国税局査察部(通称マルサ)“査察総括第三課”。

 その活動内容は、通常の査察活動では摘発出来ない複雑かつ巧妙な脱税を暴くこと。
 査察対象は、非合法の闇カジノで大金を稼ぐヤクザの組長、税制改革の旗手を標榜する経済評論家、ベストセラーを連発する人気作家、あるいは、自らは脱税に手を染めずにウラ口座を売買する“脱税指南の女王”の銀行の窓口OL・・・・・・などなど、多岐にわたる。いずれも一筋縄ではいかない強烈な個性のターゲット(脱税者)の尻尾を掴むために、彼らにはあるひとつの権限が与えられていた。

 それは、「ミッション」=“潜入捜査”!

 『変装』『演技』『盗聴』『侵入』『フェイク』、あらゆるテクニックを駆使し、ほとんど詐欺寸前のコンゲームでターゲットを追い込み、その悪事を白日の下にさらす、それこそが、彼ら“査察総括第三課”に課せられた任務なのだ。

 そのチームの中枢が、女性査察官の円谷加音子(つぶらやかねこ)。
 スーパーモデルなみの体躯を駆使して変装するや、人格までも豹変させ、冷静かつ着実にミッションを遂行していく。最強かつセクシー&キュートなニュータイプのスーパーヒロイン。

出典:http://www.fujitv.co.jp

江角マキコドラマ④キャスト

主演:江角マキコ
香川照之、三宅 健、池田真紀、永井 大、佐藤二朗、猫背 椿、東 幹久渡 哲也 他

江角マキコドラマ④世間の反応

「マルサの女」という同じテーマであまりに有名な作品がある中、よくぞ同じテーマでチャレンジしました。江角さんの力強さ、香川さんの演技力、なかなかです。このドラマくらいから香川さんの怪演が評価されるようになりましたね。

出典:http://entertainment.rakuten.co.jp

江角さん主演のドラマ作品です。チーム感が感じられるようないい雰囲気が見ている側にも伝わってきましたね。個人的にV6の三宅くんが出演しているのが新鮮で、なかなか全体的にバランスが取れていたように思いました。

出典:http://entertainment.rakuten.co.jp

江角マキコさん主演のこのドラマは、国税庁職員としてかずかずの脱税を暴いていくという作品です。ショムニなどの江角さんと結構近い感じがする作品で、観ていてとても気持ち良くなる作品でした。タンカキル作品はお似合いです。

出典:http://entertainment.rakuten.co.jp

江角マキコが法医学者を演じたドラマ『ブルドクター』

ドラマ『ブルドクター』は、日本テレビ系にて2011年7月6日から9月14日まで放送された。

このドラマはオリジナル脚本で、ドラマ『フリーター、家を買う。』なども手掛けた橋部敦子が務めている。

江角マキコドラマ⑤あらすじ

ミステリアスな事件の真実を求め、死因究明にひた走る法医学者の信念強い生き様を描く医療ヒューマンドラマ。

出典:http://ja.m.wikipedia.org

江角マキコドラマ⑤キャスト

主演:江角マキコ
石原さとみ、稲垣吾郎、小日向文世、志田未来、ブラザートム、市毛良枝 他

江角マキコドラマ⑤世間の反応

私は江角マキコのはまり役だと思いますよ。姉御肌役やらせたらここまではまる女優さんも珍しいと思います。石原さとみも可愛い。オダキョーでこんなに可愛い人だったんだ、と注目してたんですけど。あそこまで稲垣吾郎に言われて、何も言い返さないのもどうなんだって感じですが。

出典:http://www.ch-review.net

なんだか詰め込まれすぎ
ちゃんと一つのテーマで最後まで語れない

出典:http://www.ch-review.net

久しぶり、すっきりした、ドラマが見られました。
Season2を期待したいです

出典:http://www.ch-review.net

そんな江角マキコさんの今後の活躍に期待です!

江角マキコさんが出演してきたドラマベスト5を紹介してきましたが、いかがでしたか?
やはり、江角マキコさんがと言えば『ショムニ』でのカッコイイ女性が有名ですね!

そんな江角マキコさん、最近では女優だけでなく、バラエティに司会業などマルチな活動をされています。
江角マキコさんのこれからの活躍に期待です!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ