記事ID78526のサムネイル画像

女性必見!見た後に思わず恋がしたくなるような「恋愛映画」20選

「ドラマは継続して見ないといけないから、恋愛ドラマが見れない!」という人にオススメなのが映画です。ここ数年、恋愛映画が多く人気も高くなっています。そんな中でも特に、見た後に思わず恋したくなるような恋愛映画を20作紹介します。

女性が「恋愛映画」に求めるものって何?

女性が「恋愛映画」に求める要素にはいくつかあります。

1.学生時代の淡い恋愛を思い出すもの
2.見ていて胸がキュンとするもの
3.爽やかな気持ちになるもの
4.悲しい結末でも途中にキュンとするシーンが多ければOK

こういった要素を備えた恋愛映画にはどういうものがあるのでしょうか。

恋がしたくなるような恋愛映画(邦画編)

数多くある恋愛映画。その中でも人気のあるものや、ここ数年の人気作品を調べてみました。

「いま、会いにゆきます」(2004年)

中村獅童、竹内結子が主演の恋愛映画

ある町に住む秋穂巧と澪は息子・佑司を授かる。しかし、澪は病気で亡くなってしまう。生前、澪は「1年経ったら、雨の季節に戻ってくる」という言葉を残していた。それから1年後の飴の季節、2人の前に死んだはずの澪が現れた。しかし、澪は過去の記憶がないため、2人のことも覚えていなかった。

「ただ、君を愛してる」(2006年)

玉木宏、宮崎あおいが主演の恋愛映画

ある日、誠人は静流と出会う。静流の不思議な行動が気になり、誠人はついカメラのシャッターを切った。これが誠人と静流の出会いとなる。二人は毎日のように森へ写真撮影に行く。しかし、誠人は同級生の女性に想いを寄せていた。
静流は「誕生日」プレゼントの代わりとして、誠人に「キス」をお願いする。それは「生涯ただ一度のキス、ただ一度の恋」になる事を静流は知っていた。

「恋空」(2007年)

新垣結衣、三浦春馬が主演の恋愛映画

主人公・田原美嘉と、ヒロ(桜井弘樹)のラブストーリー。
デートをしたり学校をさぼってみたりという中に、妊娠・流産、そして死について描かれた作品になっています。

「花より男子ファイナル」(2008年)

松本潤、井上真央が主演の恋愛映画

道明寺からプロポーズを受けて4年。交際に反対していた司の母から推定100億円のティアラを婚約の証として受け取るが、その夜ティアラが奪われてしまう。
人気アニメを映画化したもので、花沢類を演じた小栗旬にキュンとする女性が急増した。

「赤い糸」(2008年)

溝端淳平、南沢奈央が主演の恋愛映画

薬物、いじめ、自殺、事故死といった少し重い内容が含まれた映画でしたが、ドラマとの連動ということもあり、中高生には人気の映画でした。

「僕の初恋を君に捧ぐ」(2009年)

岡田将生、井上真央が主演の恋愛映画

子どもの頃から心臓病で入院していた逞と主治医の娘の繭はお互いに大人になったら結婚したいと思っていた。しかし、逞は20歳まで生きられないと繭は知る。歳を重ねるに連れ、逞も自分が20歳まで生きられないことを知り、繭を幸せに出来ないと距離を置くようになる。しかし、繭はそんな逞から離れようとしない。

「君に届け」(2010年)

三浦春馬、多部未華子が主演の恋愛映画

黒沼爽子は髪が長く暗いため「貞子」と呼ばれていた。そんな中、クラスの人気者で、爽子の噂を気にしない風早翔太と喋ったことをきっかけに爽子は成長していく。そしてクラスメイトの吉田千鶴、矢野あかねなどと仲良くなり恋愛にも向き合うようになる。
人気漫画の実写化で、常に「ドラマ・映画にして欲しい作品」と言われていました。

「今日、恋をはじめます」(2012年)

松坂桃李、武井咲が主演の恋愛映画

日比野つばきは、真面目が取り柄の女子高生。真面目過ぎるが故に注目の的になってしまう。そんな時、モテ男の椿京汰の隣の席になってしまう。そして、ある事件をきっかけにファーストキスを奪われてしまった。遊ばれていると分かっていても、つばきは京汰に惹かれてしまう。

「僕等がいた(前編・後編)」(2012年)

生田斗真、吉高由里子が主演の恋愛映画

釧路の高校に入学した七美は友達もできて楽しい高校生活をスタートさせた。しかし、女子に人気の矢野元晴との出会いに、いい印象がなかった。クラスメイトとして接するうちに矢野に惹かれていく七美。しかし、矢野には死別した恋人がいた。

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」(2013年)

佐藤健、大原櫻子が主演の恋愛映画

幼馴染で結成したバンドのメンバーだった小笠原秋は演奏をスタジオミュージシャンに差し替えられたことを知りバンドを脱退。秋はその後もバンドへの曲提供を続ける。
ある日、女子高生の理子と出会い、一目惚れをしたと嘘をつき交際を申し込む。この時名乗っていた名前は「シンヤ」、これも嘘だった。

「アオハライド」(2014年)

東出昌大、本田翼が主演の恋愛映画

中学生の頃、突然姿を消した初恋の相手、田中洸が高校1年の終わり、吉岡双葉の前に姿を表す。しかし、洸の名前は田中から馬渕に変わっていた。洸自体も背が高く、性格がクールで別人のようになっていた。

「好きっていいなよ。」(2014年)

福士蒼汰、川口春奈が主演の恋愛映画

橘めい(川口春奈)は小学生時代のある事件で心を閉ざしてしまい、人と話そうとはしなくなってしまう。高校生になってもクラスメイトと口を利かず一人でいることが当たり前になっていた。そんな時、誤って黒沢大和(福士蒼汰)に蹴りを入れてしまい、大和に気に入られてしまう。

「L・DK」(2014年)

山崎賢人、剛力彩芽が主演の恋愛映画

一人暮らしをしている女子校生・葵の隣室に越して来たのは、久我山柊聖。親友を無下に振った柊聖は嫌な奴だと思っていたが、優しい笑顔を見てしまい…。
この映画で、「山崎賢人といえば壁ドン」というイメージが定着しました。

「ホットロード」(2014年)

登坂広臣、能年玲奈が主演の恋愛映画

紡木たくの人気漫画の実写化。いろんな悩みを抱え、暴走族に入り不良の道へ進んでいく和希と、死を覚悟しているような春山の恋愛が描かれている。
今まで実写化は全て断っていた紡木たくさんが「能年玲奈が和希を演じるなら」ということで実写化が決まった。

「ストロボ・エッジ」(2015年)

福士蒼汰、有村架純が主演の恋愛映画

純粋な女子高生の仁菜子。自分に好意を寄せている大樹や、人気者の蓮に対する自分の思いにも気づいていた。その時、友達に「その気持ちが恋だよ」と言われ動揺する。
帰り道の電車で蓮と遭遇。それから蓮と関わることが増えてくることで、今まで感じたことのない感情が芽生え始める。

ここ最近の恋愛映画は漫画の実写化が多い!

邦画の恋愛映画を見てみると、人気漫画を実写化したものが多いようです。
漫画を読んでいる中高生が、実写化映画にも足を運ぶことが多いようで、ここ数年は似たような恋愛映画(学生もの)が上映されています。

そして恋愛映画に出演する俳優・女優も固定されてきているようで、「恋愛映画といえば○○さん!」という若い俳優さんも出てきているようです。

恋がしたくなるような恋愛映画(洋画編)

洋画の恋愛映画は、「2人の間の障害を乗り越える」という内容が人気のようです。
特に格差や病気による壁というものを題材にしているものが多い気がします。

「タイタニック」は19年前の作品ですが、若い世代にも人気の名作です。

「プリティ・ウーマン」(1990年)

リチャード・ギア、ジュリア・ロバーツが主演する恋愛映画

実業家・エドワードと、コールガールのビビアンがひょんなことで出会い、次第に惹かれ合うようになっていく。アメリカン・シンデレラストーリーと呼ばれた映画です。

「タイタニック」(1997年)

レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレットが主演の恋愛映画

貧しい青年(ジャック・ドーソン)と上流階級の娘(ローズ・デウィット・ブケイター)のタイタニック号内で繰り広げられる恋愛模様を描いた映画。ラストは、悲劇的な別れになる2人の姿が涙を誘った。

「ムーラン・ルージュ」(2001年)

ユアン・マクレガー、ニコール・キッドマンが主演の恋愛映画

パリにある「ムーラン・ルージュ」というキャバレーが舞台。人気の踊り子・サティーンと、若き作家・クリスチャンの甘く、そして切ないラブストーリー。

「私の頭の中の消しゴム」(2004年)

チョン・ウソン、ソン・イェジンが主演する恋愛映画

社長令嬢のスジンと工事現場で働くチョルスは互いに惹かれ合い結婚する。しかし、スジンが若年性アルツハイマー病になり、徐々に記憶をなくしていく。ついに夫であるチョルスの事も忘れてしまい、スジンは家を出てしまう。

「きみに読む物語」(2005年)

ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムスが主演の恋愛映画

1940年のアメリカ南部が舞台。青年ノアは16歳のアリーに一目惚れ。アリーがノアの家に行くとテラスではノアの父が詩を書いていた。2人は思い合っていたが、アリーの両親は2人の関係を認めず、ひと夏の出来事として終わってしまう。

「恋がしたいな」と思った時は恋愛映画で胸をキュンとさせましょう

「恋愛がしたいな」と思ってもなかなかタイミングが合わず恋愛ができないという人も、恋愛映画を見て胸がキュンとすると「恋をしよう!」という気持ちになります。

何だか寂しいな、と感じた時は恋愛映画を見てドキドキしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ