記事ID78136のサムネイル画像

人気ハーフタレント・シェリーの結婚相手は日テレの社員!?

レギュラー番組を多くもっているハーフタレントのシェリー。そんなシェリーが結婚を発表しました。シェリーの結婚相手は日本テレビの社員?シェリーと結婚相手の出会いとは?結婚指輪の値段とは!?など、シェリーの結婚について調べてみました。

結婚を発表したシェリーのプロフィール

シェリーは、
1984年5月11日生まれで
スターダストプロモーションに所属しています。

父親がシチリア系のイタリア系アメリカ人で、母が日本人であり、シェリーの国籍はアメリカになっています。

スカウトがきっかけで14歳のときにモデルデビューしたシェリーは、『CUTiE』『spring』『Zipper』などのファッション誌のモデルやテレビやラジオのDJ、VJとしても活躍しました。

2000年代後半からは情報番組のキャスター・司会も務めているシェリーは、長くロングヘアーでしたが、2009年3月27日、『U・LA・LA』の最終回の生放送で自らはさみを入れ断髪し現在のショートスタイルになりました。

2014年1月21日、シェリーは日本テレビの社員と結婚したことを、レギュラー出演している日本テレビ系『ヒルナンデス!』および『今夜くらべてみました』の番組内で発表しました。

2015年12月22日、『ヒルナンデス!』の番組内で、同日の放送を最後に産休に入ることを明らかにしたシェリーは、2016年1月末、第1子女児を出産しました。

シェリーは、「リポビタンファイン」や「キリンビール のどごし オールライト」など、多数のCMにも出演していました。

シェリーが結婚を発表!

2014年1月21日、
シェリーが結婚したことがスポーツ紙で報じられました。

シェリーが結婚したことを報じたスポーツ紙は、「自身が出演する「ヒルナンデス!」で結婚を発表する意向。所属事務所はスポニチ本紙取材に「本人から結婚の報告は受けています」と話している」と記事にしていました。

その後シェリーは、レギュラー出演している「ヒルナンデス!」で「(入籍)しました。土曜日の18日にしました。日にちが素敵だということと、大安ということで」と、正式に結婚を発表しました。

メインMCの南原清隆から花束を贈られたシェリーは、「すいません。ありがとうございます」と指輪のない左手を見せ、照れ笑いを浮かべました。

シェリーはブログでもファンに「この度、私SHELLYは素敵な人を見つけて、なんとか嫁に行くことができました!!」と結婚を報告しました。

シェリーは結婚相手について「相手は、よく笑い、よく食べ、一生懸命仕事する人です」とコメントしました。

シェリーの結婚相手とは?

シェリーは結婚相手について
テレビ局の職員であることは明かしたものの
一般人であるため、素性は明かしませんでした。

しかし、シェリーが出演しているレギュラー番組で、結婚相手が「日本テレビのバラエティー番組のディレクター・相田貴史さん」であることが明かされました。

また番組では、シェリーの結婚相手は、「身長1メートル76、体重88キロ、東京都調布市出身の37歳で、お笑いコンビ「キャイ~ン」の“天野っち似”」と紹介されました。

他にも、番組ではシェリーと結婚相手が、1日に最高26回もキスをしていることや、左手薬指につけていた婚約指輪の値段が「320万円」ということまで暴露されました。

表情を曇らせ「これは何の番組ですか、もめますよ帰ったら」と話したシェリーは、さらに18日の婚姻届提出の様子をプライベートで撮影したビデオまで番組で公開され、あ然としていました。

シェリーの結婚相手は顔を隠しながらも番組に登場し「皆さんに祝福していただいて本当にうれしく思います」とコメントしました。

シェリーはこの番組でも自身の結婚について「みんなのシェリ子はお嫁にいっちゃいましたよ、ゴメンね」とコメントしました。

シェリーと結婚相手の出会いとは?

シェリーと結婚相手の出会いは、
ある番組のロケでした。

ある番組のロケで知り合ったシェリーと結婚相手は、ロケ後、共通の友人だったいとうあさこが仲介役となり急接近しました。

急接近したシェリーと結婚相手は、頻繁に食事デートを重ねて恋愛関係に発展し、同棲生活をスタートさせました。

その後、1年3カ月の交際を経て、2014年のお正月に行ったハワイ旅行で、結婚相手がシェリーにプロポーズしました。

結婚したシェリーのこれから

2014年に結婚し
2016年、女児を出産したシェリーは
すでに仕事復帰しています。

既婚者となり、1児の母親になったシェリーの
今後の活躍に注目していきたいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ