記事ID74493のサムネイル画像

笑いあり!涙あり!何度も見たくなる映画『青天の霹靂』をご紹介♪

大泉洋さんが主演を務める映画『青天の霹靂』。とても高く評価されている作品で、原作は劇団ひとりさんが書いています。また、劇団ひとりさんは映画にも出演しています。最初から最後まで見逃すことのできない青天の霹靂。家族の大切さについて改めて考えることができます。

映画『青天の霹靂』とは?

青天の霹靂は、東宝で2014年5月24日に公開された映画です。公開当初から高く評価されています。主演は大人気俳優の大泉洋さん、ヒロインは柴咲コウさんです。

青天の霹靂は、映画観客動員ランキングで2位を獲得しています。また、公開初週映画の満足度では1位を記録しました。さらに第6回TAMA映画賞で大泉洋さんは最優秀男優賞、劇団ひとりさんは最優秀新進監督賞を受賞しています。

原作は大人気お笑い芸人!

青天を霹靂を執筆したのは一体どのような方なのでしょうか?原作者は誰もが知っている有名なお笑い芸人です!

映画『青天の霹靂』の原作者は、誰もが知っているお笑い芸人の劇団ひとりさんです。劇団ひとりさんは元々、青天の霹靂を映画化したいと考え執筆していました。青天の霹靂は、約1年で完成したそうです。

劇団ひとりさんは、映画『青天の霹靂』で監督を務めています。また、自身も主人公の父親として出演しています。

劇団ひとりさんのプロフィール

名前 劇団ひとり
本名 川島省吾
生年月日 1977年2月2日
血液型 A型
出身地 千葉県
事務所 太田プロダクション

映画『青天の霹靂』の原作者は劇団ひとりさんだったのですね!

映画『青天の霹靂』のストーリー

大人気映画『青天の霹靂』のストーリーをご紹介していきます。

■映画『青天の霹靂』ストーリー

主人公の轟晴夫は35歳。学歴やお金、恋人もいない平凡な男。マジシャンが得意で一流のマジシャンを目指しているが中々実らず、マジックバーで17年間働いていた。

■映画『青天の霹靂』ストーリー

ある日、晴夫はテレビ番組のオーディションを受けることになる。晴夫にとっては、一流のマジシャンになるための大きなチャンス。オーディションの手ごたえを感じた晴夫は帰宅する。

■映画『青天の霹靂』ストーリー

オーディションの結果を待つ晴夫の元へ警察から電話が入る。内容は、自分の父親である正太郎が亡くなったということだった。晴夫は呆然とし、ホームレスだった父親が亡くなった土手へ向かう。

■映画『青天の霹靂』ストーリー

その時、青天の空から雷が落ちる。雷に打たれた晴夫が目を覚ますとそこは昭和48年の浅草だった。晴夫は、雷をうけたことによってタイムスリップしてしまったのだ。

■映画『青天の霹靂』ストーリー

タイムスリップしてしまった晴夫はある少年に連れられて浅草劇場へと連れていかれる。そこの支配人に認められ、舞台に立つことに…。そこでとても綺麗な女性が晴夫の助手になります。

■映画『青天の霹靂』ストーリー

そこで出会ったには自分の父親である正太郎だった。両親を恨んでいた晴夫にとってはとても複雑だったが関わっていくうちに自分の出生の秘密が明らかになっていく。

■映画『青天の霹靂』ストーリー

そこで出会ったには自分の父親である正太郎だった。両親を恨んでいた晴夫にとってはとても複雑だったが関わっていくうちに自分の出生の秘密が明らかになっていく。

映画『青天の霹靂』では母親である悦子が命をかけて晴夫を出産するシーンに涙が止まりません。母親の子どもへ対する思いは偉大だと実感できる作品です。

映画『青天の霹靂』の予告動画

映画『青天の霹靂』の予告動画です!予告だけでも面白い映画だということが伝わりますよね♪現在、青天の霹靂の映画はレンタルショップで借りることができます。

映画『青天の霹靂』のキャスト

■映画『青天の霹靂』のキャスト

大泉洋:轟晴夫役

主人公で学歴・お金・恋人もいない平凡な男。昭和48年へタイムスリップをし、自分の出生について知る。普段はマジックバーに働いている。父親に育てられたが、家を出たため高校以来会っていない。母親は自分が小さい時に出て行ったと聞いている。

■映画『青天の霹靂』のキャスト

劇団ひとり:轟正太郎役

晴夫の父親。とても頼りない男だが、母親に代わって男でひとりで晴夫を育てた。職業はマジシャンでタイムスリップをしてきた晴夫とコンビを組むことになる。

■映画『青天の霹靂』のキャスト

柴咲コウ:花村悦子役

晴夫の母親。夫である正太郎は母親が浮気をして家を出たと言っているが、実際は晴夫を出産する際に命を落としてしまう。

映画『青天の霹靂』には、 ベテラン俳優の笹野高史さんや風間杜夫さんが出演しています。

映画『青天の霹靂』の原作とDVDを見よう♪

合わせて見たい青天の霹靂の原作とDVDをご紹介します♪是非、家族で見てくださいね!

映画『青天の霹靂』の原作

商品名:青天の霹靂
作者:劇団ひとり
価格:1,400円(税抜)
出版社:幻冬舎
発売日:2010年8月27日

映画『青天の霹靂』のDVD

商品名:青天の霹靂
監督:劇団ひとり
価格:3,800円(税抜)
発売元:東宝
発売日:2014年12月10日

もう一度観たくなる映画『青天の霹靂』

映画『青天の霹靂』についてご紹介してきました!いかがでしたでしょうか?
劇団ひとりさんの作品はとても面白く、何度も見返したくなります♪また、面白い中にも感動的な場面があり1秒も見逃すことができません。青天の霹靂は、家族の大切さを改めて考えさせてくれる映画です。

青天の霹靂はひとりで見てももちろん楽しむことができますが、家族で見ることをおすすめします!家族で一緒に笑い一緒に涙を流してみましょう!あなたにとって素晴らしい映画になること間違いありません♪

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ