記事ID7296のサムネイル画像

ブレイク中!池松壮亮の出演ドラマベスト5

昨年に引き続き2015年も引っ張りだこな池松壮亮さん。そんな池松壮亮さんのこれまで出演してきたドラマベスト5をまとめてみました。

ラインナップは、『とめはねっ! 鈴里高校書道部』、『Q10』、『陽はまた昇る』、『MOZU』、『オリエント急行殺人事件』です。

実力派俳優池松壮亮のプロフィール

池松 壮亮

1990年7月9日生まれ。
福岡県の出身。
身長 172cm。A型。
ホリプロ所属。
姉・池松日佳瑠(元劇団四季の女優)

デビューするきっかけは、児童劇団に所属していた姉と共に、『ライオンキング』の子役オーディションを受けるよう親から勧められた事である。
2001年(当時10歳)に、ミュージカル『ライオン・キング』のヤングシンバ役でデビューする。その後、数多くの作品に出演している。
2003年には、ハリウッド映画『ラストサムライ』で映画初出演。主演のトム・クルーズと心を通わす少年・飛源を演じ、第30回サターン賞では若手俳優賞にノミネートされている。
2014年の第38回日本アカデミー賞では新人俳優賞している。

池松壮亮が書道部員を演じたドラマ『とめはねっ! 鈴里高校書道部』

テレビドラマ『とめはねっ! 鈴里高校書道部』は、NHK総合テレビにて2010年1月7日から2月11日まで放送された。

原作は、河合克敏による書道が題材の漫画『とめはねっ! 鈴里高校書道部』。
『週刊ヤングサンデー』にて2007年2号から2008年35号まで掲載され、『ビッグコミックスピリッツ』にて2008年41号から2015年16号まで掲載された。

池松壮亮ドラマ①あらすじ

私立鈴里高校の入学式、女子柔道のホープとしてその名を知られる望月結希は、カナダ・プリンスエドワード島からの帰国子女である大江縁と知り合います。不慣れな日本での学校生活に戸惑う縁は、部員数が足りずに廃部の危機にあった書道部の先輩たちによって強引に入部させられ、書道と出会うことになります。
そんな時、結希が怒りにまかせて投げ飛ばした男子生徒が縁を直撃し、利き手の右腕を骨折してしまう事件が!書道部員たちは、縁を骨折させたという結希の負い目につけこみ、「字が書けなくなっている縁の代わりに」という理由で柔道部のホープであった結希も臨時部員として入部させてしまうのでした。
もともとは書道と縁のなかったふたりが、たまたま引きずり込まれた書の世界で字を書くことの面白さと難しさ、仲間たちとの絆を知っていく。そして結希と縁は、書の一大イベントである「書道甲子園」への出場を夢見て、目標へと走り始めます。
笑いと感動を満載した、波乱万丈のドラマが展開します。

出典:http://www.nhk.or.jp

池松壮亮ドラマ①世間の反応

私も観てます♪池松壮亮kが好きで(^-^)演技ウマイですよね~!
なんか、みんなハマリ役って感じ(特に朝倉あきc)で、このドラマ好きです☆

出典:http://www.casphy.com

おもしろいですよねー!
一番好きかも?

出典:http://www.casphy.com

見てる!
書道興味ないけど、おもしろいから見てるw

綺麗に書けるようになるかなって思って。
書写の時間に

出典:http://www.casphy.com

池松壮亮が学生役を演じたドラマ『Q10』

ドラマ『Q10』(キュート)は、日本テレビ系列にて2010年10月16日より12月11日まで放送された。

このドラマをきっかけに、前田敦子、柄本時生、高畑充希、池松壮亮で"ブス会"を結成し、ドラマが終了した現在も交流がある。

池松壮亮ドラマ②あらすじ

平凡で臆病で、人生をあきらめかけた青年が、転校生のロボット・Q10に恋をした。二次元愛するオタク男子、コンプレックスだらけの優等生、孤独な貧乏学生、赤髪バンド少女、病気を抱えた落第生、など個性あふれるクラスメイト、さらに、婚活中の担任教師、仕事に生きる女教授ほか入り乱れ、様々な「愛と友情と生き方」を描く、涙と笑いの物語。

出典:http://www.amazon.co.jp

池松壮亮ドラマ②キャスト

主演:佐藤健、前田敦子
蓮佛美沙子、賀来賢人、柄本時生、高畑充希、細田よしひこ、福田麻由子、池松壮亮、田中裕二、小野武彦、薬師丸ひろ子 他

池松壮亮ドラマ②世間の反応

平太と Q10 は幸せになるんですね。本当の意味で。今回の放送を見て確信しました。自分もそんな人と出会えたのかな。うん、多分きっと出会えた。ありがとう Q10。

出典:http://www.ch-review.net

何だかんだ言いながら結局毎週見てました。
前田さんは好きでも嫌いでもありませんが、ロボットのコメントや仕草がかわいいと思いました。最終話も良かったと思いますよ。
この手の番組は難しい事考えず見ればいいんじゃないですか?

出典:http://www.ch-review.net

クオリティが低くても、脚本がよければ
見た後のすっきりとした感じ、過去のものには無かった
そして切なさ、成長してる
こんな感じで、今後も作ってほしい

出典:http://www.ch-review.net

池松壮亮が警察学校の訓練生を演じたドラマ『陽はまた昇る』

ドラマ『陽はまた昇る』は、テレビ朝日系列にて2011年7月21日より9月15日まで放送された。

2011年5月14日に放送された佐藤浩市主演のドラマ『最後の晩餐 〜刑事・遠野一行と七人の容疑者〜』の続編のドラマである。

池松壮亮ドラマ③あらすじ

“ある責任”のために警視庁捜査一課の刑事として活躍した遠野一行(佐藤浩市)が警察学校へ異動となり、新米教官として宮田たちの前で教鞭をとることになる――

出典:http://dogatch.jp

池松壮亮ドラマ③キャスト

主演:佐藤浩市
三浦春馬、池松壮亮、斉藤由貴、ARATA、YOU、六角精児、石野真子、真矢みき、橋爪功 他

池松壮亮ドラマ③世間の反応

すごくよかった!
早く来週が見たくなった
三浦春馬君やっぱり上手!佐藤浩市さんに負けてないよ

他の学生もキャラが個性的で面白いし副教官も面白

出典:http://www.ch-review.net

佐藤浩市とARATAと池松くんがでてて嬉しい。見てて楽しいです!
なみおかかずきさんがああいう役するとなんか老けて見えますね~
好きですけど。
春馬もいいと思うし警官になりたいと思わせる爽やかなドラマ♪
これからも期待。

出典:http://www.ch-review.net

警察学校が舞台の爽やか青春物から、ちょい内容が変わってきたかな。
まぁ遠野の事件から、生徒たちがまたひとつ成長するんだろうけどね。
この先どのような展開になっていくのか楽しみ。

出典:http://www.ch-review.net

池松壮亮が双子の殺し屋を演じたドラマ『MOZU』

ドラマ『MOZU』は、TBSとWOWOWの共同で制作された。
『Season1〜百舌の叫ぶ夜〜』は、2014年4月10日から6月12日まで放送され『Season2〜幻の翼〜』は、WOWOWプライムにて2014年6月22日から7月20日まで放送、TBS系にて10月16日から11月13日まで放送された。

原作の、逢坂剛の『百舌シリーズ(公安警察シリーズ)』から『百舌の叫ぶ夜』、『幻の翼』がドラマ化

池松壮亮ドラマ④あらすじ

『MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜』は、最愛の妻を爆弾事件で失った公安のエース・倉木(西島秀俊)、愚直な叩き上げの刑事・大杉(香川照之)、事件の謎を解く鍵を握る公安警察官・美希(真木よう子)らが、謎の殺し屋「百舌」の正体や国家を揺るがす策略に迫る、スケールの大きなエンターテイメント巨編。
『MOZU Season2 ~幻の翼』は、倉木たちが国際的なテロ組織と息もつかせない激しい戦いを繰り広げるノンストップ・アクション・サスペンスとなっている。

出典:http://news.mynavi.jp

池松壮亮ドラマ④キャスト

主演:西島秀俊
香川照之、真木よう子、池松壮亮、伊藤淳史、長谷川博己、石田ゆり子、小日向文世 他

池松壮亮ドラマ④世間の反応

殺し屋くんがはまり役でした。
なんだかんだアクション含め楽しめました。
目的がなんなのか色んな方向に話がとっ散らかったけど
こういう映像のドラマを作れた事は素晴らしい

出典:http://www.ch-review.net

なんだかんだ言って映像は魅力的。自然など美しいシーンは美しいし、スタイリッシュな部分はスタイリッシュ。それだけでも私は楽しめるし、話も面白いです。ただ、連ドラにしたせいで話が引き伸ばされた感は確かにあるので、それは惜しいかな。それでもサタンがごとき東のせいで話がかき乱されてメリハリが出てきたし、室井の逆襲もあって最終回が楽しみ。ダルマや明星の父親の謎などはきちんと解明してほしい。

出典:http://www.ch-review.net

ダブルフェイスもエグかったけどモズは更に輪をかけてエグイ。でもストーリーが気になるから最後まで見ます。そういう単純な見方もあっていいんじゃないかな。喫煙シーンも確かに多い、一昔前のパターンかと思っちゃいました。
エグイシーンは目をつむり、耳を塞いでやり過ごす?笑

出典:http://www.ch-review.net

池松壮亮が探偵役を演じたドラマ『オリエント急行殺人事件』

ドラマ『オリエント急行殺人事件』は、フジテレビ開局55周年特別企画として2015年1月11日、1月12日の2夜連続で放送された。

アガサ・クリスティーの『オリエント急行の殺人』を原作とし、三谷幸喜が脚本を手掛けた。

池松壮亮ドラマ⑤あらすじ

昭和8年2月。下関港に一人の小柄な男がいた。
勝呂武尊(すぐろたける)(野村萬斎)。日本全国を震かんさせた「いろは殺人事件」を解決し、一躍有名人となった名探偵である。
小倉の軍事施設で起きた殺人事件を解決した勝呂は、これから下関駅に向かい、特別急行東洋に乗ろうとしていた。特急東洋は、下関と東京を結ぶ日本初の寝台付き列車。皇室関係者や政府の高官も利用する最新鋭の超豪華列車。
ところが2月だというのに、特急東洋の寝台は満席。たまたま下関で再会した鉄道省の役人・莫(ばく)(高橋克実)の計らいにより、勝呂は無理やり一等寝室を確保してもらう。
朝、下関を出発する特急東洋。東京に着くのは翌日の朝である。食堂車で勝呂は、実業家・藤堂(佐藤浩市)から身辺警護を頼まれる。だが彼の横柄な態度に勝呂は申し出を拒絶した。
翌朝、関が原付近で、大雪のために列車は身動きが取れなくなっていた。その中で、藤堂が客室内で他殺体となって発見される。莫は、勝呂に協力を依頼。状況証拠から、犯人は寝台車の乗客の中にいると判断した勝呂は、線路が復旧するまでに事件を解決してみせると約束する。

勝呂は、犯人の動機は、5年前に起こった剛力家の悲劇に始まり、その「復讐」であると推理する。剛力大佐(石丸幹二)、その夫人・曽根子(吉瀬美智子)、メイドの小百合(黒木華)を襲った不幸。その敵討を仕掛けたのは誰なのか。

出典:http://www.fujitv.co.jp

池松壮亮ドラマ⑤キャスト

主演:野村萬斎
松嶋菜々子、二宮和也、杏、玉木 宏、沢村一樹、吉瀬美智子、石丸幹二、池松壮亮、黒木華、八木亜希子、青木さやか、藤本隆宏、富司純子、高橋克実、笹野高史、小林 隆、草笛光子、西田敏行、佐藤浩市 他

池松壮亮ドラマ⑤世間の反応

私ももう、何度も観ました。それぞれの登場人物がとても魅力的に描かれていて、殺人事件がテーマなのに温かみを感じるドラマでした。特に第二夜、重と軽のバランスがとても良く、三谷さんの作品らしく、不自然ではない程度にクスリと笑えるところもあり、とても楽しく拝見しました。ぜひぜひ三谷さんの脚本で、シリーズ化してください!

出典:http://www.fujitv.co.jp

最初は豪華キャストという事で、軽い気持ちで見ましたが、これがまた面白い。ストーリーもだが、主人公はじめ、各出演者の演技、髪型、服装はまってしまいました!!アリバイを推理していく所は迫力ありましたね~。全員集合の中での謎解きはとても良かった。2夜は犯人目線からの物語で、なるほど~と思い直しながら見ました。違う事件でまた見たいです。

出典:http://www.fujitv.co.jp

原作よりも、70年代の映画化作品よりも、この映像で表現されている世界観が大好きです。丁寧で緻密でユーモラス。ほんとに続編希望です。

出典:http://www.fujitv.co.jp

そんな池松壮亮さんの今後の活躍に期待です!

池松壮亮さんのこれまで出演たドラマベスト5を紹介してきましたがいかがでしたか?
池松壮亮さんは今後、2015年夏公開予定の映画『私たちのハァハァ』や2016年公開予定の映画『シェル・コレクター』にと立て続けに出演予定です!
これからの池松壮亮さんにも益々目が離せません!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ