『あまちゃん』でブレイクした足立梨花のプロフィール

足立 梨花

1992年10月16日生まれ。
長崎県生まれの三重県三重郡菰野町育ち。
身長は162cm。A型。
ホリプロ所属。

2007年の中学校3年生の時に、第32回『ホリプロタレントスカウトキャラバン』で5万1923人の中からグランプリに選ばれる。
テレビ東京で2014年1月に放送された、連続ドラマ『大東京トイボックス』で初主演を果たした。
これまでに、『ふたつのスピカ』、『あまちゃん』など多くの作品に出演している。

足立梨花最新出演ドラマ『二十歳と一匹』

二十歳と一匹

あらすじ

「暗がりにぽかっと穴があいて、なんでかでっかいべロが出てきて顔をなめられる...。
それが僕の人生の、最初の記憶」

藤原理人(19歳)は、公園でうっかりうたた寝をしたときにでっかい犬に顔をなめられ起こされた。
それが災害救助犬・キューとの運命の出会いで、理人はなぜか災害救助犬のハンドラーを目指すことに。
しかし次が見つかるまでの腰掛け仕事のつもりの理人と、アホ犬・キューのコンビがうまくいくはずがない。

ある日、救助犬の訓練場に閉じ込められてしまった理人を、キューが必至のアラートで助け出す。
理人は助けを求める人の気持ちを初めて実感し、キューというパートナーがいることを心強く思う。
そして、あの「人生最初の記憶」が「20年前の震災」に結びついていたことを知る――。

震災で両親を失った幼子が、20年後に青年となって切りひらく未来とは。
自分を育ててくれた祖父母、20年前の消防隊員、震災を知らない若者……
いろんな人の思いを背負って、小さくても力強い一歩を踏み出す青年の姿を描きます。

出典:http://www.nhk.or.jp

東日本大震災をきっかけにハンドラーを目指す新人、木下サラ役を演じた足立梨花さん。

このドラマで災害救助犬・ジョイと一緒に撮影をし、「初めて災害救助犬と触れ合った時、待てを聞いてくれなかった」と撮影時の苦労を語っていた足立梨花さん。
災害救助犬・ジョイとどのように演じているのかにも注目です!

その他キャスト

主演:菅田将暉
本田博太郎、桐山照史、堀内正美、風吹ジュン、小林薫 他

阪神・淡路大震災をテーマに描かれたドラマ『二十歳と一匹』を岡本貴也が脚本を手掛ける

脚本:岡本貴也

1972年6月18日生まれ。
兵庫県神戸市出身。
ドリームプラス株式会社所属。
これまでにNHK 木曜時代劇「銀二貫」など数多くの脚本や演出を手掛けてきた。
2010年5月、初の本格小説『彼女との上手な別れ方』を発売し、2014年11月には映画化された。

脚本・岡本貴也のコメント

二十年前に須磨区の実家が全壊し、それを機にこの世界を目指すようになった私は、震災(東北も含め)をテーマにした作品を何本も作ってきました。このたび、二十年の節目にこのような大きな作品を書かせていただける機会をいただき、とても嬉しく思い、また恐縮しています。二十年も経てばどんな事象も「歴史」になります。今や歴史となってしまったあの悲劇にどう向き合うのか。この作品を創作するにあたり、監督やプロデューサーと何度も話したのは、「暗い話にしたくない。できる限り明るい物語を綴りたい」ということでした。経験した人にも、してない人にも、震災を知らない若者にも、何か希望を伝えたい。そんな思いでみんなで創り上げました。一人でも多くの方に観ていただきたい作品です。よろしくお願い申し上げます。

出典:http://www.nhk.or.jp

ドラマ『二十歳と一匹』に出演したキャストの意気込み

藤原理人役 菅田将暉

このドラマは、当時の大変さや悲惨さを伝えるのではなく、前を向き続けた人間がいるからこそ、今のすてきな神戸の町並みがあるんだということを受け継ぐひとつのきっかけになればいいなと思います。

出典:http://www.nhk.or.jp

木下サラ役 足立梨花

この撮影をするまで災害救助犬の存在をあまり知りませんでした。
災害救助犬の存在を知ることができたのは、私の人生の中で一番大きな宝物なんじゃないかというくらい、出会えてよかったです。災害救助犬に対して、たくさんの人が理解してくれたらいいなと思います。

出典:http://www.daily.co.jp

足立梨花出演ドラマ『二十歳と一匹』を視聴した世間の反応は?

『週末応援ナビ☆あほやねん!すきやねん!』で足立さんが出演しておられ、予告を見てドラマに興味を持ち第1話見させて頂きました。とても考えられる深い作品で感動しました。わたしは今17歳で阪神淡路大震災が起きた年はまだ生まれていなく地震や災害の経験もほとんどなく阪神淡路大震災の事も学校で少し習ったくらいでした。今までは"歴史だから関係ない、生まれていなかったから知らない"という考え方をして正直避けてきていた気もしますがドラマを見て今までの私の考えは間違っていたな、ととても感じさせられました。今までは"歴史だから関係ない"と思っていた事も"歴史だからこそ大切に考えよう"って思うようになり、お母さんお父さんなどに震災の事について聞いたり、本や新聞などを見て積極的に調べたりして本当に恐ろしい震災だったんだなぁと改めて感じました。これからは私も1人でも多くの人の力になりたい!と、そう思えたドラマでした。

出典:http://www.nhk.or.jp

二十歳と一匹を見ました。何度となく涙が流れました。震災を知る人間と知らない人間。これからどうやって子供たちに震災の出来事を伝えていこう?と強く感じました。理人のような若者が増えてくれると嬉しいです。音楽も静かな涙あり、感動ありでした。素晴らしかったです!!

出典:http://www.nhk.or.jp

なんとなく見始めましたが、とてもよかった。震災を忘れず、命の大切さや助け合う心を見つめ直す機会になりました。人を助ける仕事をしている方達に感謝したいです。菅田くんをはじめ、出演者やスタッフの皆さん、ありがとうございました。

出典:http://www.nhk.or.jp

ドラマと知りつつ最後まで
感情移入しながら見れた。

ドンピシャのキャスティング
にも☆5つ。

出典:http://www.ch-review.net

途中から観たのですが理人役の菅田さんの演技に引き込まれました。キューの反応を見逃したと気付いた場面と所長さんの対応、胸が熱くなりました。災害現場は何十倍も大変な状況だと思いますが、これからもレスキュー犬、ハンドラーのご苦労が実り、助かる命が増えることをお祈りしています。とても良いドラマでした。

出典:http://www.ch-review.net

NHK総合にて2015年1月17日放送された、足立梨花出演の阪神・淡路大震災20年 ドラマ「二十歳と一匹」

自身のブログで災害救助犬・ジョイとの写真を載せ、「犬から教わることってのがあって。なんかすごく感動しました。」と語っています。
最後には、ジョイといい感じになれたかなと語っており、災害救助犬 ジョイとの撮影時の大変さが感じられます。

NHK総合にて2015年1月17日夜7時30分に放送

阪神・淡路大震災が発生して20年を迎え制作されたドラマ『二十歳と一匹』。
阪神・淡路大震災を知らない世代にも受け継いでいきたい内容となっており、再放送が望む声が多く上がっています。
公式ホームページでは、撮影の裏話などが書かれたスタッフのブログも掲載されているので、是非一度チェックしてみてください!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ