菊地凛子初の海外主演作『トレジャーハンター・クミコ』予告編が公開

第30回インディペンデント・スピリット賞の主演女優賞ノミネートを獲得した、菊地凛子の初の海外主演作となる『Kumiko, The Treasure Hunter(原題)』の予告編が公開されました。記事では本作の最新情報や見どころをまとめていきます。

菊地凛子のプロフィール

菊地凛子(きくちりんこ)
本名 菊地 百合子
生年月日 1981年1月6日
出生地 神奈川県秦野市
女優
活動期間 1996年~

1996年、ラフォーレ原宿でスカウトされる。芸能界に入って直後はモデルの仕事をしていた。
1999年、本名の「菊地百合子」名義で新藤兼人監督映画『生きたい』でデビューした。
2004年、出演の石井克人監督映画『茶の味』はカンヌ映画祭で監督週間オープニング作品になった。同年5月に「菊地凛子」に改名。
2006年、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の映画『バベル』で、聾唖の女子高生・綿谷千恵子を演じた。映画自体には批判的な批評も多かったが、菊地の演技は評価され、アカデミー助演女優賞を含むいくつかの映画賞にノミネートされた。そのうち、ナショナル・ボード・オブ・レビュー新人女優賞、ゴッサム賞新人女優賞を受賞した。言葉が話せない役でアカデミー賞にノミネートされた5人目の女優になる。『バベル』における感情的で激しい演技は多くの国際的な監督を引き付けた。
2007年11月からシャネルのクルーズ・コレクション広告のモデルを務める。
2014年12月、音楽家名Rinbjö名義で、菊地成孔プロデュースにより、彼主宰のレーベルTABOOよりファーストアルバム『戒厳令』を発売。
2015年1月1日、染谷将太との結婚を発表。

菊地凛子の初の海外主演作となる『トレジャーハンター・クミコ』

トレジャーハンター・クミコ

あらすじ

モチーフとなったコーエン兄弟の「ファーゴ」さながらに、狂気じみた愚かさと悲しさをたたえた日本女性を演じた菊地に聞いた。

 女性は制服着用の企業に勤める東京在住の29歳、クミコ(菊地)。同僚となじめず、社長から暗に退職を、母からは結婚を迫られる。いら立ちの中、「ファーゴ」と出あい、舞台となった極寒の米北部をめざす。

 「『ファーゴ』の中で雪に埋められた大金を、自殺した日本人女性が探していた」という米国の都市伝説が元になっている。

出典:http://www.asahi.com

菊地凛子さんは「クミコ」役で出演しています。

監督

デイビット・ゼルナー

■主な作品
2013年 セインツ -約束の果て- (出演)
2013年 The Bounceback (出演)
2012年 Kid-Thing (監督, 脚本/原案, 出演)
2010年 Shit Year (出演)
2009年 Beeswax (出演)
2008年 Red vs. Blue: Reconstruction (出演)
2008年 Goliath (監督, 脚本/原案, 出演)
1998年 デッドマンズ・カーブ (出演)

その他キャスト

デイビット・ゼルナー
ネイサン・ゼルナー
勝部演之

ストーリーのベースはアメリカの都市伝説!?

 『トレジャーハンター・クミコ』のあらすじは、日本での生活に鬱屈としていた日本人女性が、ふとしたきっかけで、映画『ファーゴ』の一場面を現実に起きたことと信じ込んでしまい、米国ノース・ダコタ州をさまよった挙句に死んでしまう、というものです。

 これ実は実際に起こった話、そしてそこから海外で独り歩きした都市伝説を基にしたものだったりします。

英語圏を中心に広まった、ある日本人女性にまつわる都市伝説

 2001年、コニシタカコさんという東京在住の女性が、前述の映画の舞台の街、ノース・ダコタ州ファーゴから60キロ東に位置する地点で凍死しているのが発見された。この事件が都市伝説と化したきっかけは、事件関係者による証言。タカコさんの遺体が発見される6日前にタカコさんを保護したという地元警官が、タカコさんは映画『ファーゴ』の一場面にて同映画の主役が地面に埋めた、ブリーフケースいっぱいのお金を探していた、と証言したことから、このニュースは爆発的に広まった。

 このブリーフケースは劇中で地中に埋められたものなので、もちろん現実には存在するはずもない。それをタカコさんに何時間もかけて説明したが、言葉の壁により、話の趣旨がタカコさんにうまく伝わらなかったようだ、と警官は話した。

 前述の映画『ファーゴ』は、虚構と現実が入り混じる様をテーマにした映画である。同映画開始時に流れる「これは実話である」というテロップは、映画のフィクション性を皮肉ったものとして有名。また、同映画は主人公が起こした狂言誘拐を追うあらすじとなっており、主人公を追う女性警官が事件を取り巻く「嘘」と「真実」を見分けていく内容だ。

 映画『ファーゴ』を貫く「虚構か現実か?」という問いと、その映画を観て、劇中の宝を現実のものと錯覚してしまった日本人女性。このあまりにも出来すぎた一致は多くの人の興味を刺激し、アメリカの小さな目立たぬ町で起こった事故にもかかわらず、様々な英字メディアに取り上げられた。

出典:http://newsphere.jp

都市伝説を生み出したのは言葉の壁による行き違い

 タカコさんの宝探しの物語は、のちに米国人ジャーナリストのポール・バークゼラー氏の調査によって真実でないことが明らかになった。

 事件の真相は、仕事や、アメリカ人の既婚男性である恋人との破局に悩んだ末の自殺だったことが判明。タカコさんは、元恋人との思い出の場所であるミネソタ州を訪ねたのち、好きな映画だった『ファーゴ』の舞台であるノース・ダコタ州を訪れたのだという。タカコさんが自死の前日に元恋人にかけた40分の電話と、家族に送った遺書から明らかになった。

 この痛ましい事件が都市伝説として広まってしまった理由は、前述の警官とタカコさんのやり取りの最中に起こった行き違いだ。英語が不得意だったタカコさんが、手書きの地図を見せ、「ファーゴ」という地名を何度も繰り返し言ったことから、居合わせていた警官らはタカコさんが劇中のブリーフケースを探していると勘違いしてしまったのだった。

出典:http://newsphere.jp

(参考)『ファーゴ』あらすじ

 カー・ディーラーのランディガードは借金返済のために自分の妻ジーンを誘拐し、会社のオーナーでもある義父から身代金をいただこうと考えた。誘拐を実行するのは、妙な二人組、カールとグリムスラッド。だがジーンを自宅から誘拐した二人は、隣町ブレイナードまで逃げたところで、停車を命じた警官と目撃者を射殺してしまう。ブレイナードの女性警察署長マージは事件を追ってミネアポリスに赴くが、その間にも狂い始めた誘拐計画は次々と犠牲者を産んでいく……。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

日本未公開の映画『トレジャーハンター・クミコ』に対する世間の評判

見出し通り、日本では未公開なので、海外の評価が中心になります。

菊池凜子さんの『クミコ、ザ・トレジャーハンター』もファーゴ繋がりでとても面白そうですね。実在した女性のお話ということで、映画『ファーゴ』と同じくミステリー仕立てになっていそうですよね。

出典:http://momorex.blog.fc2.com

Great film! I saw it at IFF Boston last year and it really blew me away, up until now I was worried it would never get released. Very unique movie and a great exercise on loneliness and isolation. It made my top ten films of the year and no one knew what movie I was talking about....hopefully that will not be the case for long!

出典:http://www.reddit.com

I love trailers that leave you no impression on what the movie is about. I have no idea if this is a horror, thriller, mystery or whatever the fuck it is.

出典:http://www.reddit.com

菊地凛子主演映画『トレジャーハンター・クミコ』、今の所日本での公開日は未定

全米公開は2015年3月18日予定!

菊地凛子さんの初の海外主演作ということで期待も高まる本作ですが、残念ながら発表されている公開の予定はアメリカで、日本での公開予定は今の所ありません。
しばらく先になりそうですが、期待しても良いのではないでしょうか?
菊地凛子さんがどのように演技をするのか、楽しみにしましょう!

公式サイト

予告編

Kumiko, the Treasure Hunter Official Trailer 1

Kumiko, the Treasure Hunter Official Trailer 2

TOPへ