記事ID67927のサムネイル画像

いったいどれから見たらいい?スターウォーズdvdのおすすめ鑑賞順

映画史にその名をとどろかせる名作スターウォーズ。現在公開中のフォースの覚醒を含め全7作が公開されており、6作はすでにdvdに!普通は1作目から見るものですがスターウォーズのdvdはちょっと話が違います。ファンの間でも諸説あるおすすめdvdの見方をご紹介します!

スターウォーズってどんな映画!?

誰もが一度は聞いたことがある「スターウォーズ」という言葉。しかしスターウォーズを見たことない方も実は多いはず!いまさらちょっと聞きづらいというスターウォーズについて、簡単にご紹介します。

スターウォーズはSF映画です。フォースという特殊能力を操れる正義の人々ジェダイとフォースの力を悪用する人々との戦いを描いています。

しかしただのSF映画ではありません。フォースを使えない人々も含め様々な人間ドラマが繰り広げられる一大叙事詩なのです。

dvd化されているスターウォーズは6作あり!

スターウォーズは1977年に公開された「スターウォーズ/新たなる希望」をはじめ、現在公開中の「スターウォーズ/フォースの覚醒」を含め7作が公開済みです。そのうち6作がdvd化されています。ではまず公開順に見ていきましょう!(少々ネタバレがあります)

スターウォーズ/新たなる希望 1977年公開 (STAR WARS EPISODE Ⅳ A NEW HOPE)

記念すべきスターウォーズの1作目です。

反乱軍の指導者レイア・オーガナが銀河帝国の最終兵器・要塞の設計図を盗むことに成功。銀河帝国の皇帝パルパティーンはダース・ベイダーに設計図を取り戻すことを命じます。そしてレイアはダース・ベイダーにとらえられ、養父のオビ=ワン・ケノービに救いを求めるべく行動を共にしていたロボットのR2-D2とC-3POに設計図を託します。

彼らは惑星タトゥイーンにたどり着き、ルーク・スカイウォーカーという青年と出会うことに。ルークはオビ=ワン・ケノービにレイアの窮地を伝えると自分の父がかつてジェダイの騎士であったことを伝えられ、自らもジェダイの騎士になる訓練を受けることにします。そのころ、反乱軍にやとわれた密輸商人ハン・ソロとチューバッカもレイアを救うべく行動を開始していて・・・

いきなりフォースやジェダイ、銀河帝国という単語が当たり前のように出てきます。これがdvdを見る順番のカギになってきます。

スターウォーズ/帝国の逆襲 1980年公開 (STAR WARS EPISODE V:THE EMPIRE STRIKES BACK)

1作目から3年後を舞台にしたスターウォーズの2作品目です。

反乱軍に要塞を破壊され、銀河帝国軍と反乱軍の戦いはより激しいことに。ダース・ベイダーにより反乱軍の居所がわかってしまいますが、ハン・ソロとチューバッカはレイアらを連れて脱出に成功します。しかし逃げた惑星で彼らは捕らわれの身に。

そのころ、ルークは偉大なジェダイであるヨーダの元でジェダイの騎士となるべく修行を積んでいました。しかしレイアたちの危険を察知し救いに向かいます。そこでダース・ベイダーと出会いある事実を知ることに・・・

多くの人に愛されている作品です。劇中のとあるシーンは「トイ・ストーリー」でもパロディとして登場しています。気になる方はぜひdvdでチェックしてください!

スターウォーズ/ジェダイの帰還 1983年公開 (STAR WARS EPISODE VI RETURN OF THE JEDI)

前作から1年後が舞台のスターウォーズ3作品目です。

ルークとレイアはとあることになったハン・ソロを救出するため惑星タトゥイーンへ。その後、ルークはヨーダの元へ戻り、途中になっていたジェダイの修行を再び開始します。

そのころダース・ベイダーと皇帝パルパティーンはエンドアという惑星に要塞を作るため視察に訪れていました。反乱軍は帝国軍を討つべくエンドアに向かい、原住民イウォーク族と共に攻撃を行います。そして、ルークとダース・ベイダーにも決着の時が・・・

新たなる希望・帝国の逆襲・ジェダイの帰還までの3作品はスターウォーズ旧3部作と呼ばれている作品です。昔の作品ですがdvdはもちろんブルーレイとしても販売されています。

スターウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 1999年公開 (STAR WARS EPISODE I: THE PHANTOM MENACE)

旧3部作の公開から16年後。満を持して登場したスターウォーズの新3部作1作目です。

惑星ナブーと通商連合の間で貿易関税に関する緊張が高まっている銀河共和国。問題を解決するべく、ジェダイ・マスターであるクワイ=ガン・ジンと弟子、オビ=ワン・ケノービが派遣されます。2人は通商連合の攻撃を受ける中、ナブーの原住民族の青年ジャー・ジャー・ビンクスと共にナブーのアミダラ女王を救い出します。

しかし攻撃により惑星タトゥイーンへ一度立ち寄ることに。そこで彼らは母と一緒に奴隷となっていた少年アナキン・スカイウォーカーに出会います。クワイ=ガン・ジンはアナキンの並外れた能力に気づき、アナキンを奴隷から解放させることに成功します。その後、首都の惑星に戻りますが、議会は腐敗しており全く機能しない状態に。アミダラはナブーに帰還し、ジャー・ジャー・ビンクスの種族グンガンと和睦し共に通商連合と戦います。そんな中、フォースを使いこなす能力がありながらダークサイドに落ちてしまった「シスの暗黒卿」であるダース・モールが彼らの前に現れて・・・

新たな新3部作となりキャストも一新したスターウォーズの作品です。新3部作は最初から映画タイトルにエピソードという名前がついているのが特徴です。また、旧3部作とは比べ物にならないほど美しい映像なので、ぜひdvdで確かめてください。

スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 2002年公開 (STAR WARS EPISODE II: ATTACK OF THE CLONES)

ファントムメナスから10年後が舞台のスターウォーズ新3部作2作品目です。

銀河共和国に混乱が訪れる中、軍隊を保有すべきかの投票が行われることに。そこでアミダラ女王は影武者を置き、自身はパドメという侍女としてオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーと共に惑星コルサントへ向かいます。途中パドメを狙った刺客が現れ、オビ=ワン・ケノービは手がかりを頼りに惑星カミーノヘ向かいます。

コルサントに残ったアナキンとパドメは次第に愛を育むようになりますが、ジェダイにとって誰かに執着する可能性のある恋愛は禁止。掟に背きながらも愛し合う二人は、いまだ奴隷となったままのアナキンの母親を救いに向かいます。そこでとあることがあり・・・

ある登場人物が誕生するきっかけを少しずつ描き始めているクローンの攻撃。スターウォーズの映画の中で最も恋愛要素が強い作品となっています。SF要素だけでなく恋愛要素もあるのでお部屋でのdvd鑑賞デートにもおすすめです。

スターウォーズ エピソード3/シスの復讐 2005年公開 (STAR WARS EPISODE III: REVENGE OF THE SITH)

前作より4年後を舞台にしたスターウォーズ新3部作の完結編となる作品です。

銀河共和国の最高議長であるパルパティーンが他の星にとらわれる事態が発生。オビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーが救出に向かい、パルパティーンの命によりアナキンは敵を討ちます。その後帰還したアナキンはパドメが妊娠していることを知り喜びますが、母親を失ったトラウマからパドメを失うのではないかという悪夢にさいなまれます。

そんなアナキンにパルパティーンはフォースのダークサイドの力を使うことで、パドメを救うことができると話します。パドメを失う不安がどうしても消えないアナキンはパルパティーンによりダークサイドに堕ちてしまいます。そして師匠であるオビ=ワン・ケノービと戦うことになり・・・

スターウォーズに欠かせない人気キャラクターがどのようにして生まれたかを語るストーリーです。こちらも映像美が素晴らしいのでdvdで確認してみてください。

スターウォーズのdvdで主要俳優をチェック!

スターウォーズの魅力はストーリーだけでなくそのキャラクターと俳優陣。世界中から愛されるキャラクターを演じた俳優の魅力にdvdでぜひ浸ってみてください。

ルーク・スカイウォーカー(演:マーク・ハミル)

旧3部作の主役ルーク・スカイウォーカーを演じたのはマーク・ハミルです。主にスターウォーズシリーズが代表作で、新作のフォースの覚醒にも出演してファンを驚かせています。スターウォーズ以外ではあまり出演していないので、マーク・ハミルの姿を見たい方はスターウォーズのdvdを見るのがおすすめです。

レイア・オーガナ(演:キャリー・フィッシャー)

レイア・オーガナ(レイア姫)を演じたのは女優のキャリー・フィッシャー。マーク・ハミル同様スターウォーズが代表作品です。そのほかdvd可されている作品としては「スクリーム3」や「恋人たちの予感」に出演しています。また、キャリー・フィッシャーもフォースの覚醒で再びレイアを演じています。

ハン・ソロ(演:ハリソン・フォード)

スターウォーズ旧3部作に出演した俳優の中で、その後最も出世したと言っても過言でないのがハン・ソロを演じたハリソン・フォードです。元は大工として働いていたハリソン・フォードはスターウォーズで大ブレイク。その後「インディ・ジョーンズ」シリーズや「推定無罪」「エアフォース・ワン」など様々な作品に出演しており、dvdでもその姿をたくさん見ることができます。また、フォースの覚醒でもハン・ソロを演じています。

アミダラ女王・パドメ(演:ナタリー・ポートマン)

新3部作を象徴する人気キャラクター、アミダラ女王およびパドメを演じたのがナタリー・ポートマンです。「レオン」で鮮烈な映画デビューを果たし、その後「ブラック・スワン」でアカデミー主演女優賞を獲得している演技派です。ナタリー・ポートマンの幼い姿を見たい方はレオンのdvdがおすすめ!

若きオビ=ワン・ケノービ(演:ユアン・マクレガー)

旧3部作でアレック・ギネスが演じていたオビ=ワン・ケノービを新3部作で演じたのがイギリスの俳優ユアン・マクレガーです。「トレインスポッティング」や「ムーラン・ルージュ」「ビッグ・フィッシュ」など多数の作品に出演しており、ほとんどの作品がdvd化されています。

アミダラ女王の影武者(演:キーラ・ナイトレイ)

まだ無名のころ、スターウォーズに出演していたのがイギリスの女優キーラ・ナイトレイです。ナタリー・ポートマン演じるアミダラ女王の影武者として登場しています。その後、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズや「つぐない」「ラブ・アクチュアリー」「わたしを離さないで」など多くの作品に出演する人気女優となっています。ブレイク前のキーラ・ナイトレイを見たい方はファントムメナスのdvdでよく探してみてください。

スターウォーズ初心者向け!おすすめdvd鑑賞順

スターウォーズのストーリーや俳優をご紹介してきましたが、さて、これだけリリースされているdvdをいったいどのような順番で見たらよいのでしょうか。一般的な作品であれば1から順に見ていくのが普通ですが、スターウォーズは旧3部作で新3部作より後の時代のことを描いているためdvdをどこから見るか問題が発生しています。

ストーリー重視の方はエピソード1→2→3→4→5→6がおすすめ

ストーリーを重視して見たい方はエピソード4ファントムメナスのdvdから新3部作を見て、その後旧3部作のdvdに行くのがおすすめ。この順番でdvdを見れば、時間軸があっているため話がスムーズに頭に入ります。

映像美重視の方はエピソード4→5→6→1→2→3がおすすめ

映像美を楽しみたい方は旧3部作の新たなる希望のdvdから始めるのがおすすめ。というのも最初に新3部作のファントムメナスのdvdを見てしまうとどうしてもCG面で見劣りしてしまうのが否めないからです。監督の意向に沿った公開順でdvdを見てみるとどんどん進化する映像技術を楽しみつつ、スターウォーズの世界観にどっぷりとつかることができます。

dvdが気に入ったら!スターウォーズの新作を見に行こう!

dvdでスターウォーズの世界観にはまったらぜひ公開中(2016年3月現在)の新作「スターウォーズ/フォースの覚醒」を見に行ってみてください!

世界中のファンが待ち望んでいたスターウォーズの新作。なんといってもスターウォーズファンを喜ばせたのは、ルークやハン・ソロ、レイア姫が登場することです。これはdvdを見ていないと少々頭が?になってしまいますので、事前にdvdでチェックしておくほうがより映画を楽しめます。

スターウォーズの作品としては初めて女性が主役を演じたことでも話題となっているフォースの覚醒。また、新たなキャラクターと懐かしのキャラクターがともに活躍するのも魅力です。

次回作は2017年12月公開予定のスターウォーズ。しばらく先になってしまうので、映画館に行ったりdvdをレンタルしてスターウォーズの世界を思いっきり楽しんでみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ