記事ID632のサムネイル画像

弾ける笑顔がステキな武井咲☆出演のドラマと映画を一挙紹介!

第11回国民的美少女コンテストでモデル部門とマルチメディア賞をダブル受賞した武井咲。
モデルとしてデビューして、今ではTVに引っ張りだこ。そんな彼女の出演するドラマと映画を紹介します。
デピュー作品の「アルコーマーチ~明日香工業高校物語~」から最新作の「ゼロの真実~監察医、松本真央」まで。

武井咲

最近、テレビで見ない日はないというほど活躍中の武井咲さん。
そんな武井咲さんのデビュー作品から最新作までを振り返ってみましょう!

武井 咲(たけい えみ、1993年12月25日 - )は、日本の女優、タレント、ファッションモデル。
愛知県名古屋市出身[2]。オスカープロモーション所属。

出典:http://ja.wikipedia.org

アスコーマーチ〜明日香工業高校物語〜(武井咲デビュー作品)

【あらすじ】武井咲の連ドラ初主演作となった学園ドラマ。第一志望のお嬢様学校の受験に失敗し、明日香工業高校(通称アスコー)に入学することになった吉野直は、男子生徒ばかりの環境に戸惑いながらも高校生活をスタートすることに。

つなぎ姿も似合ってます!

ちょっと縁遠い工業の世界。熱い男たちの世界をナオ(武井咲)が颯爽と駆け抜ける。彼女の前には様々な障害が待ち受けている。ナオは自分の力不足に涙する日があるが、翌日には前を向いて走り出す。若い方にも勿論ですが、若さの力の減退を感じている世代の人にも見て欲しい。もう一度走り出す勇気を貰えるでしょう。武井咲、剛力彩芽、松阪桃季、等身大の熱演も見事です。

出典:http://www.amazon.co.jp

志望校に不合格となり、不本意に入学した男子ばかりの工業高校。周囲とは衝突ばかりで、自分の居場所じゃないと思っていた場所…そんな場所を周囲からも必要とされ、自分の居場所に変えていった女子高生の物語です。武井咲さん、良かったなぁ~。自分の居場所は与えられるものじゃなくて、自分自身が創りだしていくもの。当たり前だけど、当たり前のこととして通用しなくなった現代。貴重な作品だったと思います。

出典:http://www.amazon.co.jp

息もできない夏

【あらすじ】「無戸籍」という運命を背負った少女が、贖罪を背負う父親ほど年の離れた男と出会い、すれ違い、周りから引き裂かれながらも距離を縮めていく姿を描く。

シリアスな演技もお見事です!

「無戸籍」とはどんなものなのか、ないとどうなるのか、それを知って考えることはとても意味があると思う。
 
 放送期間中に見ていない人は是非見てほしい。
 2012年のドラマでも指折りの見るべき作品だと思う。

出典:http://www.amazon.co.jp

武井咲と江口洋介を中心に、彼女が大人になり自分の戸籍がない事を知り始まる物語である。

最近よくある何でもかんでも、芸人を出してきたり無理に笑いをとる場面など、もちろんないシリアスな最近では珍しい作品に仕上がっています。

現代ならではの問題提起も織り込まれているので考えさせられます。

なので、地味ながらもハマる作品です。

出典:http://www.amazon.co.jp

東京全力少女

【あらすじ】武井咲主演によるハートウォーミングコメディ。香川県琴平から父親を探して単身上京したポジティブ&KY娘の佐伯麗。ところが上京して早々、彼女はバッグに入れていた全財産を盗まれてしまう。

コミカルな役もかわいいです!

作品自体は、今までの中では一番、武井咲の魅力が発揮されていたのではないだろうか?

もちろん、渡部篤郎さんありきで、あとは三浦翔平くんや(ストーリー的には、まったく相手にされてなくてかわいそうだったが)脇を固めてくれる、みんなに助けられての主役でしたが、タイトル通り全力感は、ちゃんと伝わってきたし、面白かったです。

比嘉愛未さんや、堀内敬子さんも(お母さん役)様々な作品をこなす事に綺麗になっていったりと、見どころはたくさんありました。

出典:http://www.amazon.co.jp

武井 咲 が笑わかしてくれる!泣かしてくれる!  好きだ~!!

出典:http://www.amazon.co.jp

お天気お姉さん

【あらすじ】“お天気お姉さん”なのにものすごく無愛想な天才気象予報士・安倍晴子が、幅広い天気の知識を駆使し警察とは違った視点で難事件を解決していく。

無表情でもお美しいです!

主役の武井さんの無表情さが非常に良かったです。
あそこまで徹底すると、見事な演技力だと思います。

出典:http://www.amazon.co.jp

実に面白い。

なんたってキャラクター設定がいい。、武井さんの無愛想と謎めきかげん、佐々木蔵之助さんの哀愁中年、壇蜜さんの意外とも言える芸達者ぶり、大倉さんのキレのあるボケ具合。その他出演者の方々の存在感がしっかり生きていて飽きさせない。

それにコミカルとシリアス、程よい緩い感じ、バランスがとれていた。

登場人物すべてが愛しいと思ってしまうし、続編で再会したいと本当に思ってしまう。

出典:http://www.amazon.co.jp

戦力外捜査官

【あらすじ】武井咲、TAKAHIRO主演による新感覚コメディ刑事ドラマ。海月千波は警視庁のキャリア組。希望して捜査一課18係に配属されるが、現場の刑事たちにとっては大迷惑。巡査の設楽恭介は「千波を捜査に参加させるな」と命じられ…。

黒ブチめがねもかわいいです!

見所は TAKAHIRO と 武井 咲 との美男美女の共演だけだったように思います。

しかし、そこが肝心でもあるんですよね。

その、二人を観るだけで作品として私の中では成立しちゃうんですから。

出典:http://www.amazon.co.jp

軽くて笑えるいいかんじです。。武井さんも良かったし、あの芸人さんの上司役もうまかった。

出典:http://tv.yahoo.co.jp

ゼロの真実〜監察医・松本真央〜(最新作)

【あらすじ】武井咲主演、死の謎に挑む孤高の天才監察医の活躍と法医学の現実を鋭く描く医療ミステリードラマ。

白衣姿もお綺麗です!

松本 VS 印田 (武井咲、真矢みき)

まず、見所はこの二人の闘いにあるのだが、もちろんそれだけではない、佐々木蔵之介の関西弁バリバリのギャンブル好きのはじけっぷりも見事で、あんな姿は初めて観た気がします。

出典:http://www.amazon.co.jp

脚本家さんは、最初から武井を想像してこの脚本を書いたそうで、見事に武井がハマってました。
武井咲も好演だったが、他の役者のみなさんも実によく役柄にハマっていて、見応えのあるドラマだった。
特に死刑員を演じた橋爪功(特別出演) が不気味で良かった。
佐々木蔵之介さん、 生瀬勝久さん、 でんでん、 真矢みきも良い演技であった。

出典:http://www.amazon.co.jp

最近ドラマ、映画出演だけでなく様々な場面で大活躍の武井咲さん!

まだ、お若いというのに何本もの主演ドラマに出て引っ張りだこの武井咲さん。
そんな武井さんの遍歴を振り返ってみました!
ますますこれから魅力的な女性になっていく「武井咲」さんに注目です!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ