記事ID62306のサムネイル画像

リメイクされ続けているロングヒット「時をかける少女」のあらすじ

細田守監督の「時をかける少女」に出てくる主人公は可愛くてかっこいい女の子なんです♪小規模な公開ながら時をかける少女は若い世代に支持され、ロングランヒットとなりました。気になる「時かけ」のあらすじをご紹介します!どんなあらすじの映画だったのでしょうか?

時をかける少女 あらすじの前に

時をかける少女は、1967年に初版が発行された筒井康隆が原作の漫画です。
細田守がリメイクしたのが、2006年でした。どんなあらすじなのでしょうか?

細田守の時をかける少女のキャッチコピーは「待ってられない 未来がある。」映画を最後まで観た後にもう一度思い出すキャッチコピーです。あらすじが気になる!

時をかける少女は小規模公開ながら、若い観客に支持されロングヒットとなった作品。日本アカデミー賞や東京アニメアワードなどを受賞するなど、高い評価を得ました。そのあらすじとは。

細田守の作品には、夏がテーマとなっている映画が多く、入道雲は細田守のこだわりのひとつ。夏の雲がキャラクターの成長を表現しています。そのあらすじとは?

時をかける少女のあらすじは?恋愛を考えたことが無かった主人公がタイムリープを使って無邪気に毎日を過ごしていると、気づいてしまった大人になっていく自分(真琴)。

主人公の毎日の成長に楽しく涙する、あらすじの映画です。時をかける少女の予告篇をどうぞご覧くださいね♪製作陣も豪華な人が集まっています!

時をかける少女 声優陣

主人公・紺野真琴の声は仲里依紗です。活発で天真爛漫な女の子の真琴。仲里依紗は、実写版の時をかける少女の主人公も演じています。あらすじではどう行動していく?

謎の多い真琴と功介の親友・間宮千昭の声は石田卓也です。軽そうに見えるけど一途な想いを秘めている彼の行動にきゅんとくる女の子も多いはず。あらすじでも主な登場人物。

あらすじでも登場。頭が良いけどそれをひけらかさないのがかっこいい、真琴と千昭の親友・津田功介の声は板倉光隆です。そんな彼に憧れている女子が時をかける少女に深く関わっています。

真琴とよくお昼を一緒に食べている真琴の女の親友・早川友梨の声は垣内彩未です。女の子らしい友梨と真逆の真琴。友梨は真琴に苛立ちを見せます。あらすじではどう関わっていく?

真琴の叔母で、真琴に影響を与える存在・芳山和子の声は原沙知絵。芳山和子は原作の時をかける少女の主役だった女の子が30代になった姿です。原作のあらすじも気になる!

仲里依紗の演技力と表現力に、物語に入り込んでいきますよ!
原作の時をかける少女のファンも、もう一度ときめく映画になっています♪

映画「時をかける少女」はどのようなあらすじなのでしょうか?

時をかける少女 あらすじ

細田守の時をかける少女のあらすじをご紹介します!登場人物はあらすじにどう関わっている?あらすじだけでは伝えきれない細かい描写を、是非映画を見て感じてくださいね♪

時をかける少女の真琴は女の子と遊ぶよりも、男の子とキャッチボールをしている方が楽しいと思っている女の子。真琴、千昭、功介は親友同士の三人組です。

あらすじでは、ある日、日直だった真琴は集めたノートを持って理科室へ。そこで友梨と一緒にメッセージを見つけます。意味は「時は誰も待ってくれない」

ノートを持って来た真琴は理科準備室から人影を感じ、様子を見に行きます。でもそこには誰も居ない・・・?ここから時をかける少女は生まれる?

あらすじで理科実験室からの帰り道、真琴は自転車に乗って帰っている道でブレーキが壊れてしまいます。そこに電車が!世界がスローモーションになった感覚。

次に気づいた時は朝。自分のベッドで寝ていました。でもどこも怪我していません・・・あれは夢だったのか?と疑問に思いながらも学校に行く真琴。時をかける少女になった?

すると、あれ?昨日と同じ会話、同じテスト・・・昨日がまた今日になっていました。真琴はこんなの普通じゃないよね?と驚きながらも自分の能力が楽しくなってきます。次のあらすじは?

食べたかったプリン、何時間も歌うカラオケ、失敗したらやり直せばいい。真琴は何度もタイムリープして後悔を無くします。時をかける少女になった?!

時をかける少女を満喫していた真琴は、突然後輩の女の子に功介との仲を聞かれます。真琴と功介は付き合ってるんですか?

私(真琴)が一肌脱ごう!と真琴はタイムリープを使って功介と彼女がうまくいくように行動を起こします。次のあらすじは?

いいことしたな~と自己満足する真琴。でもそう簡単にうまくいきません。あらすじでは真琴は何度もタイムリープを繰り返しますが・・・

真琴はタイムリープを使ってみんなが幸せになるように奮闘します。でもどこかで歯車がずれてしまう。真琴はどうするのか?映画時をかける少女を見て確認してみてくださいね!

時をかける少女 主題歌

時をかける少女のあらすじをご紹介しましたが、映画に欠かせないのが主題歌ですよね。
あらすじでは紹介しきれない部分を、主題歌、挿入歌から感じられます♪

時をかける少女で主題歌、挿入歌を歌っているのが奥華子です。
彼女の透き通った歌声が、時をかける少女の世界を彩ります。あらすじだけでは感じきれない感情を歌で伝えます。

主題歌:ガーネット
挿入歌:変わらないもの

注目したいのがその歌詞。時をかける少女の真琴の心情を歌っているような歌詞が、画面の真琴からじーんと心に響いてきます!

時をかける少女 あらすじから続く物語は

時をかける少女のあらすじから続くストーリーは?どんどん状況が変わり真琴が奮闘する姿が描かれています。

時をかける少女についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
真琴と千昭と功介の関係に、果穂や友梨はどのように関わっていき、真琴はどう考えていくのでしょうか?真琴の成長に涙するストーリーです。
是非、続きは時をかける少女をご覧になってみてくださいね♪

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ