24年連続で主演を務めた女優・観月ありささんのプロフィール

観月ありさ(みづきありさ)

生年月日;1976年12月5日
出生地;東京都練馬区
身長;170cm
血液型;A型
職業;女優、歌手、モデル
ジャンル;女優(映画・テレビドラマ)、歌手(J-POP)、モデル(写真集・広告・雑誌)
活動期間;1981年(昭和56年)~
事務所;ライジングプロダクション

4歳の頃からCMや雑誌などで子役モデルとして活動。
1989年にフジテレビ系で放送された人気ドラマ『教師びんびん物語II』に生徒役として出演し、連続ドラマ初出演。
1991年にフジテレビ系『放課後』で連続ドラマ初主演。以後24年間連続して主演を務めていてギネスに認定されている。

1991年『伝説の少女』で第33回日本レコード大賞新人賞・第29回ゴールデンアロー賞グラフ賞。
2004年『ぼくんち』で第27回日本アカデミー賞優秀主演女優賞
2010年ギネス・ワールド・レコーズ認定 - 連続テレビドラマで世界記録となる19年連続主演女優(2015年現在記録更新中)。等数々の受賞をしている。

そんな、観月ありさ最新主演ドラマ『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』

あらすじ

京都市の地方新聞社「京都新報」は、実業家の磯村憲吉によって買収され、「京都タイムス」としてリニューアルされ、売り上げ重視、大衆に親しまれる紙面づくりに方向転換しようとする。ところが、この方向転換に社員たちは反対し、次々と退社してしまう。
その中で、鉄忍布(くろがねしのぶ)は社会部の記者として、強い信念をもって、大胆、かつ粘り強い取材を武器に突撃取材を敢行、しかしそれが災いして、取材先から出入禁止(出禁(できん))を突き付けられることもたびたびあったが、それでもしぶとく会社に残って仕事をこなす。その一方、私生活では過去に離婚経験があり、前夫との間に生まれた中学生の息子を持つシングルマザーである。
そんな中、元全国紙記者の古林千華子が京都タイムズに入社する。古林は全国紙での出世レースに出遅れたことで退社し、中途採用で入社してきた。しかし、表立った反抗こそしないが、自らの我流を押し通そうとする鉄を疎ましく感じ、やがて鉄と古林は激しい対立を繰り広げることになる。

出典:http://ja.wikipedia.org

観月ありささん主演のドラマで、新聞記者の「鉄忍布」役で出演しています。

1992年、15歳のときにドラマ初主演を果たして以来、なんと「連続ドラマ主演24年」という境地に達し、前人未到の記録を更新中の観月ありささん。
疑問を抱いたときに発揮される、大胆にして粘り強い取材力で信念を持つ忍布は、執念の取材によって失うものは多く、取材先から“出入禁止デキン”を言い渡されることもしばしば。息子を育てながら男社会の中でブレずに生きる、芯の強いバツイチ女性記者をしなやかに演じる観月ありささんに期待です!!

その他のキャスト

財前直見
小林稔侍
宅間孝行
甲本雅裕
益岡 徹
谷内伸也
前田旺志郎 他

ドラマ『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』の主題歌は leccaさんが歌う「live again」

歌手:Iecca

lecca(れっか)

2000年代の初頭期から活動を続ける日本の女性レゲエ歌手。

主題歌:「live again」ー lecca

真実を暴く!!ドラマ『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』に対して、気になるキャストの声・・・

観月ありさ・・・記者「鉄忍布」役

「新聞記者の方に取材されることは多々ありますが、今回、自分が取材をする側になる…。それが、とても新鮮です! 24年間、さまざまな職業の役をやらせていただきましたが、24年目にしてホントに新鮮な役どころが来たな、と思っています。これから取材を受けるときは、新聞記者の方をよーく観察して、この役を演じたいと思います(笑)。
 鉄 忍布はとてもしつこい取材をする記者で、タイトルどおり、警察署などさまざまな場所で“出入禁止デキン”になっている女性なのですが、その一方で、忍布が1本の記事を書くためにどれだけ執念をかけているのか、彼女の一生懸命さを伝えていけたらよいなと思います。とにかく忍布の取材力、行動力はスゴいです! 彼女の執念の取材が隠された真実を暴き出し、事件を解決に導いていくところが、このドラマの大きなみどころだと思います。
 これまで、女性の新聞記者を主人公に描いた連続ドラマは少なかったと思います。視聴者の方にも新鮮に楽しんでいただけることと思いますし、忍布が事件を通じて関わり合っていく人々との人間模様もみどころのひとつです。ぜひご覧ください!」

出典:http://www.tv-asahi.co.jp

財前直見・・・デスク「古林千華子」役

「観月さん演じる鉄忍布をイビリ倒す、社会部デスクの古林千華子を演じています。でも、千華子もまた、小林稔侍さんふんする“タヌキおやじ”の磯村社主にかなりやられているんです! そんな人間模様も楽しみに見てくださるとうれしいですね!
 観月さんとは撮影の合間に和気あいあいと雑談したり、じゃれあったりして、とても楽しい雰囲気です。そのほか、子持ちのキャストの方々とは、子育て話を楽しんだり…と、オバチャンのように盛り上がっています(笑)! これからも楽しみながら、観月さんをイビらせていただきます(笑)」

出典:http://www.tv-asahi.co.jp

宅間孝行・・・記者「美馬健作」役

「この年齢で新人記者という変わった設定です。美馬の父親が老舗和菓子店の社長で、ゴルフの賭けに負けた磯村社主がボンクラ息子の美馬を引き取ってくれたという設定なのですが、現実にはありえない役柄! どう演じてよいのか、わかりません(笑)。
 観月さん、財前さんは共に初共演なのですが、いろいろな意味で“めった打ち”にあいながら頑張っています。観月さん演じる忍布さんからのパワハラもすごいですし、財前さんにも怒鳴られて、ブルーな日々を送っています(笑)。でも、現場は盛り上がりながらやっていますので、ぜひ楽しんで観ていただけたらと思います! シリアスな展開で心にグッとくるストーリーの中、美馬はひとりで“バカ”を突っ走っていますが、骨のある物語が崩れないようバランスを考えて演じています」

出典:http://www.tv-asahi.co.jp

甲本雅裕・・・警察担当記者「胡桃沢洋」役

「“胡桃沢洋”という演歌歌手のような名前の役柄ですが、新聞記者です(笑)。
 胡桃沢は京都府警の記者クラブ担当なのですが、記者の方に話を聞いたところ、警察の記者クラブに詰めていると、警察官のような雰囲気の人物になってくるそうです。胡桃沢は煮え切らない人間に見えるかもしれませんが、本当は新聞記者という仕事に誇りを持っていて、上司の指示には絶対に逆らわない実直な男なんです! 撮影が終わるまで頑張りたいと思います!」

出典:http://www.tv-asahi.co.jp

小林稔侍・・・オーナー「磯村憲吉」役

「新聞社のオーナー・磯村憲吉を演じています。観月さんとは今回20年ぶりにお会いしたのですが、20年前、握手したときの感触をいまだに覚えています。かなり汗ばんでいたのが印象的で、手のひらが、とてもジューシーでした(笑)。
 新聞は“社会の公器”ではありますが、社主は商売人でもあるわけで、売り上げも考えなければならない。そんな新聞社の内情を、このドラマで初めて教わりました。
 記者たちを叱咤激励して記事を取ってこさせる鬼のようなオーナー役ですが、磯村という男の中にどことなく人間味やペーソスを感じさせることができればと思います!」

出典:http://www.tv-asahi.co.jp

益岡徹・・・京都府警察捜査第一課「二宮正人」役

「『木曜ミステリー』の枠は視聴者の方に高い評価を得ている作品が続いていますので、この『出入禁止の女』も確実に皆さんに届くような作品にしたいと思っています。ボクも精一杯、力を尽くします!
 警察と新聞記者は持ちつ持たれつなところがあり、清濁織り交ざったような関係性がありますが、舞台となる新聞社“京都タイムス”の記者を演じる皆さんは、ホントに個性豊かな役者さんばかりなので、そういった人間模様も楽しくご覧いただけると思います。それにしても、観月さんはいろいろな役を演じられるなぁと感心しています!」

出典:http://www.tv-asahi.co.jp

観月ありささんのサバサバした演技に世間から注目が集まっているドラマ『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』

新聞記者のサバサバとした役は観月さんにあってた気がしました。それに 財前さんの存在感、さすがです。おみずの花道をやってた頃の財前さんを思い出しました。

出典:http://www.ch-review.net

私は 面白く観てるんだけどなー。観月さんのサバサバした演技しても 役にあってると思う。

出典:http://www.ch-review.net

初回脱落で戻ってきた。今日の放送が前回からの続き?ものだったみたいだけれど、すごく楽しめた。新発見は無かったということも、教授が亡くなったということも変わらないけれど、落ち着くところに落ち着いてて、一時間ドラマとして飽きずに楽しめた。

出典:http://www.ch-review.net

やはり脚本が長いもの向きなのか、2時間だとちょうどいいのでは。ということは毎週2時間は無理だから、季節モノの2時間ドラマか。クロガネの「気っぷの良さ」いいと思う。この記者役でまだ観たい。

出典:http://tv.yahoo.co.jp

同じ事件ものでも記者の現場の活気と観月さんのコミカルで軽快な小気味よい台詞。

宅間さんの「出来ない男」の一生懸命のハズレ方がユーモラスでついつい噴出してしまう。甲本さんは慎重型で寡黙な男の印象で何かカッコイイ。

今週は二時間の最終回ですが、シリーズになったら嬉しいですね!

出典:http://tv.yahoo.co.jp

毎週木曜夜8時~テレビ朝日にてドラマ『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』で観月ありささんの正義感あふれる記者魂を堪能しましょう!!

「今回、初めて新聞記者役を演じさせていただきます! ミステリードラマは数多くありますが、女性の新聞記者の目線で描かれたドラマは少ないのではと思います。新聞記者ならではの目線で事件をひも解いていく、骨のある作品にしていきたいと思っています!」
「このドラマは、新聞記者ならではの視点で事件を解いていく面白さと、さまざまな接点の中から生まれていく人間模様が見どころ。素晴らしいキャストも揃っていますので、ぜひご覧いただきたいですね!」とコメント。
24年連続主演し続けている観月ありささんの初新聞記者役。楽しみですね!!

ドラマ『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』は、テレビ朝日、木曜8時~

正義感あふれる記者を演じる観月ありささんだけでなく、個性派ぞろいの俳優陣の演技にも目が離せません!!

そんな、ドラマ『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』は、毎週木曜夜8時~

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ