記事ID50747のサムネイル画像

シンガーソングライターmiwaのドラマ主題歌は、本当に素晴らしい!!

実力派女性シンガーソングライターmiwaさんは、ドラマ主題歌の名手であり、あの人気月9ドラマ『リッチマン、プアウーマン』のドラマ主題歌『ヒカリへ』は、ロングセールスを記録しました。この他にもmiwaさんが担当したドラマ主題歌がありますので、併せてご紹介します。

多くのドラマ主題歌を担当する!!シンガーソングライターmiwaのプロフィール

miwa(みわ)プロフィール画像

1990年6月15日生まれの25歳。神奈川県三浦郡葉山町に生まれる。身長148.9cm、A型。

miwaさんは、15歳の時から曲作りを始め、ライブ活動をしているときにスカウトされ、メジャーデビューしました。デビューシングルは「don't cry anymore」。この曲は、フジテレビ系ドラマ主題歌に起用されました。

miwaさんは、以下のドラマ主題歌を担当しています。

1stシングル『don't cry anymore』(2010年3月3日発売)⇒ フジテレビ系『泣かないと決めた日』ドラマ主題歌

7thシングル『FRiDAY-MA-MAGiC』(2011年9月21日発売)⇒ TBS系『桜蘭高校ホスト部』ドラマ主題歌

9thシングル『ヒカリヘ』(2012年8月15日発売)⇒ フジテレビ系『リッチマン、プアウーマン』ドラマ主題歌

15thシングル『月食~winter moon~ 他』(2014年11月12日発売)⇒ TBS系『ママとパパが生きる理由。』ドラマ主題歌

16thシングル『fighting-φ-girls』(ファイティング ファイ ガールズ)(2015年1月28日発売)⇒ TBS系『まっしろ』ドラマ主題歌

19thシングル『あなたがここにいて抱きしめることができるなら』(2015年11月11日発売)⇒ TBS系ドラマ『コウノドリ』ドラマ主題歌

シンガーソングライターmiwaのデビュー曲が、いきなりドラマ主題歌に起用される!!

miwaデビューシングル『don't cry anymore』ジャケット画像

miwaさんは、デビューから恵まれていました。デビューシングル『don't cry anymore』がいきなりドラマ主題歌に起用されたのです。miwaさんの実力があったから、ドラマ主題歌に起用されたのかもしれませんが。

「don't cry anymore」(ドント・クライ・エニーモア)は、miwaのメジャーデビュー1枚目のシングル。2010年3月3日にSony Recordsから発売された。

出典:https://ja.wikipedia.org

miwaがドラマ主題歌を担当する『泣かないと決めた日』画像

この『泣かないと決めた日』というドラマは、榮倉奈々さん演じる新入社員が会社で執拗な嫌がらせなどのいじめに遭うというドラマです。

デビューする新人が、ドラマ主題歌を担当するドラマとしては、ちょっとエグいですよね。

don't cry anymore [4:40]
作詞・作曲:miwa、編曲:Quatre-M & Naoki-T

フジテレビ系ドラマ『泣かないと決めた日』主題歌
高校生時代やこれからデビューする自身の思いとドラマの世界観を照らし合わせた歌詞となっている。

4thシングル「オトシモノ」のカップリングにピアノバージョンが収録されている。

出典:https://ja.wikipedia.org

2回目にドラマ主題歌を担当したのは、人気少女コミックのドラマ化「桜蘭高校ホスト部」!!

7thシングル・ドラマ主題歌『FRiDAY-MA-MAGiC』ジャケット画像

miwaさんがドラマ主題歌を担当したドラマ『桜蘭高校ホスト部』は、深夜ドラマだったのですが、好評だったらしく、翌年に映画化されています。

映画版『桜蘭高校ホスト部』でも、ドラマ主題歌同様、miwaさんが主題歌を担当しています。『いくつになっても』という曲です。

シンガーソングライターmiwaの新曲「FRiDAY-MA-MAGiC」が、7月22日(金)スタートのTBS系ドラマFridayBreak「桜蘭高校ホスト部」(毎週金曜深夜0時20分~)の主題歌に決定したことが明らかになった。

出典:http://news.music.biglobe.ne.jp

miwaがドラマ主題歌を担当した『桜蘭高校ホスト部』画像

このドラマは、2011年7月に放送開始されているのですが、初めて主演を務めた川口春奈さんをはじめ、山本裕典さん、大東駿介さん、千葉雄大さんなど、今をときめく俳優陣が勢揃いしています。

本ドラマは、累計1,200万部突破の人気少女コミック「桜蘭高校ホスト部」(葉鳥ビスコ原作 白泉社刊 月刊「LaLa」掲載作品)初のドラマ化で注目を浴びている。主人公・藤岡ハルヒ役には、ドラマ初主演となる川口春奈、ホスト部の部長・須王環役に山本裕典、クールな副部長・鳳鏡夜役に大東俊介など豪華人気俳優を揃えることにより実現した。

出典:http://news.music.biglobe.ne.jp

いつも元気いっぱいのイメージのmiwa画像

この演出兼プロデューサーの方が求めていた曲とmiwaさんの曲のイメージがぴったりですよね。ドラマ主題歌に選ばれるわけですよね。

演出兼プロデューサーを務める韓哲は、主題歌にmiwaを起用した理由について、「まず最初に元気のある若い女性アーティストがいいと思い、そして明るいポップスで元気が出て聴く人が楽しい気持ちになれる曲を探していました。その頃ちょうどmiwaさんがアルバムを出されたので聴いてみたところ、フレッシュなパワーに満ちた楽曲がたくさんあって、若くて元気なドラマイメージにピッタリだと思い主題歌をお願いしました。」と語っている。

出典:http://news.music.biglobe.ne.jp

miwa初の月9ドラマ主題歌にして、大ヒット曲『ヒカリへ』

9thシングル・ドラマ主題歌『ヒカリへ』ジャケット画像

シンガーソングライターmiwaさんが一気に世に知られるようになったのは、miwaさんにとって、初の月9ドラマ主題歌となった『ヒカリへ』です。

この『ヒカリへ』がドラマ主題歌となった月9ドラマが、小栗旬さん主演の『リッチマン、プアウーマン』です。

  7月9日にスタートするフジテレビ系の新〈月9〉ドラマ「リッチマン、プアウーマン」の主題歌を、シンガー・ソングライターのmiwaが担当することがあきらかとなった。

出典:http://tower.jp

miwaがドラマ主題歌を担当した月9ドラマ『リッチマン、プアウーマン』画像

この『リッチマン、プアウーマン』が、なかなか面白く、これまでの月9ドラマと比べても秀作でした。主演の小栗旬さんと石原さとみさんのコンビの掛け合いがすごく良かったのと、井浦新さん、相武紗季さんも良い味を出していて、とても面白いドラマでした。

  「リッチマン、プアウーマン」は、人間的に欠落した部分が多いものの、偶然と運でビリオネアとなった主人公のIT企業社長・日向徹を小栗旬が演じ、将来困らないようにと勉強や資格取得に励んできたが就職先の見つからないヒロイン役の東大生・澤木千尋を石原さとみが担当。生活スタイルも価値観もまるで異なる2人の恋を、世界的な不景気や経済難が続くリアルな現実を背景に描くシンデレラ・ストーリーとのこと。メイン・キャストには井浦新と相武紗季も名を連ねている。

出典:http://tower.jp

シンガーソングライターmiwaにとって、会心の作品となった『ヒカリへ』

『リッチマン、プアウーマン』と、ドラマ主題歌となった『ヒカリへ』の相性がとてもよかったんですよね。ドラマのクライマックスで、この曲が流れ始まると、もうたまらない気持ちになるんですよね。『ヒカリへ』は、本当にいい曲です。

  普段ギターやピアノで作曲をするmiwaがこのドラマに提供したのは、「台本を読んで浮かんだ」という4つ打ちのエレクトロ・サウンドに初挑戦した楽曲“ヒカリへ”。浮遊感のあるサウンドと、彼女の切ない言葉とメロディーが新鮮なナンバーに仕上がっているとのこと。

出典:http://tower.jp

miwaが意図したとおりに仕上がった月9ドラマ主題歌『ヒカリへ』

やっぱりmiwaさんって、天才なんじゃないでしょうか。この『ヒカリへ』を作った当時22歳の若さですからね。

miwaさんの大ファンの私としては、よくぞこんなにいい曲を作ってくれて、ありがとうという感謝の気持ちでいっぱいです。

miwa コメント

台本を読ませて頂いて、ヒロインが私と同じ大学4年生ということもあり、すぐに共感できました。実際、私のまわりの友人も就職活動は本当に大変そうでした。毎回シングルを作るときは、サプライズ的なものをどこかにいれようと思って制作作業に入るのですが、この主題歌では、今までの曲にはない、新しいサウンドに挑戦しました。この曲でドラマを少しでも盛り上げることができたら、大変うれしく思います。

出典:http://tower.jp

石原さとみ演じるヒロインと同じ大学4年生miwaが作った曲

miwaさんは、この曲『ヒカリへ』を作成当時、慶應義塾大学商学部に在学中の22歳の大学4年生でした。そして、石原さとみさん演じるヒロインもまた、東大の4年生ということで、感情移入することができたんじゃないでしょうか。

それにしても、『リッチマン、プアウーマン』の台本を読んで、名曲『ヒカリへ』を作ったmiwaさんの才能はものすごいです。

増本淳プロデューサー コメント

前向きで疾走感のある楽曲でドラマを盛り上げたいと考えていたところ、miwaさんの曲に出会いました。ヒロイン同様、現在大学に通っていらっしゃるということもあり、書き下ろしていただいた曲は、ヒロインの気持ちを我々よりも近いところで感じて、詩に投影してくださいました。結果、高揚感がありつつも、切ない恋心も伝わるドラマにピッタリなナンバーになりました。

出典:http://tower.jp

miwaの最新シングルは、TBSドラマ『コウノドリ』のドラマ主題歌

19thシングル・ドラマ主題歌『あなたがここにいて抱きしめることができるなら』ジャケット画像

TBSドラマ『コウノドリ』のドラマ主題歌となったmiwaさんの最新シングル『あなたがここにいて抱きしめることができるなら』は、予告CMを観ただけで、惹きつけられました。

miwaの新曲「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」が、10月16日(金)より放送されるTBSドラマ「コウノドリ」の主題歌に決定した。

出典:http://natalie.mu

miwaがドラマ主題歌を担当する『コウノドリ』画像

miwaさんがドラマ主題歌を担当したのは、このドラマで6曲目となります。miwaさんは、ドラマ主題歌を作るたびに、進化しているように思います。どの曲も台本を読んだりしてから、作り始めていますから、このドラマにはこのような曲をということを考えないといけないですから、すごく難しいと思います。

「コウノドリ」は講談社「モーニング」にて連載中の、鈴ノ木ユウによる同名マンガを原作とした医療ドラマ。miwaがドラマのために書き下ろした「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」は“誕生”をテーマとしたスローバラードで、ピアノとストリングスがドラマチックに展開する1曲となっている。miwaは楽曲の仕上がりについて「心から大切に思う人への“愛おしい”という気持ちが詰まった曲になりました」と語っている。

出典:http://natalie.mu

ドラマ『コウノドリ』に主演の綾野剛とmiwaのツーショット画像

このドラマ主題歌『あなたがここにいて抱きしめることができるなら』は、主演の綾野剛さんのお墨付きを頂いているんですね。miwaさんも嬉しいと思います。

TBSドラマプロデューサーの峠田浩氏はmiwaの起用の理由を「miwaさんは、真っ直ぐな目で、この世界を見つめて、曲を作られているのが、とても印象的でした。その目で、コウノドリの世界を見ていただくと、どのように感じ、どんな曲ができるのか、純粋に聞いてみたいと思い、今回お願いしました」とコメント。また劇中で主人公・鴻鳥サクラを演じる綾野剛は「最高! 本当に素敵です。音楽にしかない音楽の力ってあるから、見ている人たちにこの作品の感動を、miwaの歌声が加わることで更に力強く届けられると確信しました」と主題歌を絶賛している。

出典:http://natalie.mu

シンガーソングライターmiwaは、ドラマ主題歌を作る名手だった!!

15thシングル・ドラマ主題歌『希望の環(WA)/月食~winter moon~』ジャケット画像

いかがでしたでしょうか?

シンガーソングライターmiwaさんが担当したドラマ主題歌とドラマについて、ご紹介しました。

miwaさんは、大学在学中の19歳のときにデビューしました。しかもそのデビュー曲『don't cry anymore』が、榮倉奈々さん主演ドラマ『泣かないと決めた日』の主題歌に起用されました。

そして、シンガーソングライターmiwaさんにとって、運命の月9ドラマ『リッチマン、プアウーマン』に出会い、そのドラマ主題歌を担当しました。その曲『ヒカリへ』は、ロングセールスを記録して、miwaさんにとって、大ヒット作になりました。

TBSドラマ『コウノドリ』のドラマ主題歌『あなたがここにいて抱きしめることができるなら』も、なかなかいい感じです。

これからのmiwaさんのご活躍を期待しています。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ