記事ID50182のサムネイル画像

ナオト・インティライミ、ワールドカップ応援ソングを歌った!

メジャーデビュー以降、瞬く間に人気者になった歌手、ナオト・インティライミ。2014年には、ワールドカップ応援ソング『The World is Ours!』をリリースしました。ナオト・インティライミはどんなワールドカップソングを作ったのでしょうか。

瞬く間に人気者となったナオト・インティライミ

ナオト・インティライミ

ナオト・インティライミは2009年、Mr.Childrenのライブでコーラス、アコースティックギターを務めるサポーターとして出演。その翌年、シングル『カーニバる?』をリリースし、華々しいデビューを飾りました。

そして、2010年12月、デビューから1年も経たないうちに武道館ライブを行い、大成功を収めました。2012年には紅白歌合戦に出場しました。

DVD「ナオト・インティライミ LIVE in日本武道館〜無謀?感動!武道館!!!」

大盛況となった武道館ライブは、DVDに収録されて発売中です。

そんなナオト・インティライミですが、サッカーが大得意なのです。

かつて柏レイソルのジュニアユースチームにも所属していたこともあり、2007年から「Webサッカーマガジン」にブログを掲載していた。

出典:https://ja.wikipedia.org

こうした経歴がきっかけとなり、2014年にはライブ活動も精力的に行う中、FIFAワールドカップブラジル大会関連の番組に多数出演しました。そればかりか、ワールドカップの応援歌まで作詞・作曲することになったのです。

ナオト・インティライミ、2014年ワールドカップの応援ソングをリリース!

The World is ours! - ナオト・インティライミ

ナオト・インティライミは2014年6月18日、ちょうどFIFAワールドカップが行われていた時に、シングル『The World is ours!』をリリースしました。実はこの曲、すごいタイアップが付いていたのです。

“FIFA ワールドカップ ブラジル大会”の、コカ・コーラ“2014 FIFA ワールドカップ キャンペーン”アンセムの日本版

出典:https://ja.wikipedia.org

かつてサッカー選手として活躍していたナオト・インティライミは、この曲をリリースする際のインタビューで次のように話していました。

自分としてはもう憧れのワールドカップですからね! ホントは選手として招集されるのを待っていたんですけど (苦笑)。ただ、こういうった形でワールドカップに参加させていただけるのは光栄ですよね。

出典:http://music.emtg.jp

やはりワールドカップに対する憧れの気持ちがあったのですね。

そして、さらにすごいことに、この曲は世界中で歌われていたのです。

ナオト・インティライミのワールドカップ応援歌は、世界中で歌われていた!

ワールドカップを応援するナオト・インティライミ

このナオト・インティライミのワールドカップ応援ソング『The World is ours!』は、ブラジルのサンバ・バンドのMonoblocoに編曲してもらったこともあり、世界中の人々に気に入ってもらえることを意識していました。実際、この曲は世界中で歌われていたのです。

まずは、アメリカのシンガー、David Correyが歌うバージョンです。

David Correy -- The World is Ours (Lyric Video): Coca-Cola's 2014 FIFA World Cup™ Campaign Anthem

そして、インドネシアのミュージシャン、Dunia Kitaが歌うバージョンもあります。

Lagu Piala Dunia 2014 "Dunia Kita" ("The World is Ours") versi Indonesia

そして、アフリカバージョンもあります。

The World is Ours (Africa version): Coca-Cola's 2014 FIFA World Cup™ Anthem

他にもフランスバージョン、スペインバージョンなどがあります。ナオト・インティライミのワールドカップソングは本当に世界中で親しまれていたのです。

ナオト・インティライミ、ワールドカップ日本代表のあの人にエール!

香川真司

ナオト・インティライミは、ワールドカップ前の香川真司とTV番組の企画にて対談。

出典:http://www.soccer-king.jp

プライベートでも香川と親交が深いナオトは、約1年振りの再会を果たすと「僕たちサポーターもただ応援しているのではなく一緒に戦う気持ちで臨みます!シンジも頑張って!」とブラジルでの戦いに臨む“戦士”へエールを送った。

出典:http://www.soccer-king.jp

あの香川真司選手と親交があったとは驚きです。ナオト・インティライミは自身が作ったワールドカップ応援ソングを携えて、本気で日本代表を応援していたのですね。

ワールドカップ1次予選で敗退した日本

ワールドカップの1次予選で、日本は強豪国ばかりと当たってしまったため、決勝トーナメント進出は叶いませんでしたが、ナオト・インティライミのワールドカップ応援ソングは、きっと選手たちの心に響いたことでしょう。

さて、ワールドカップの時何度も何度も流れていた『The World is ours!』ですが、ワールドカップが終わった今でもライブでは定番曲となっています。

ワールドカップだけでなく、ライブでも盛り上げ役を果たす『The World is ours!』

"The World is Ours" - Naoto Inti Raymi at MMLive 2014

ナオト・インティライミの、シンガポールでのライブの模様です。
本当に盛り上がっていますね。

ナオト・インティライミは、ワールドカップ関連のサッカーに関する活動だけでなく、ライブ活動も精力的に行っています。

ナオト・インティライミのライブは、感動するバラードも歌われますが、盛り上がる曲が中心となることが多いです。『The World is ours!』のリリースによって、盛り上げ役となる曲がまた一つ増えて、ファンも大喜びです。

ナオト・インティライミのThe World is Ours 好き

Wed Dec 16 10:22:07 +0000 2015

The World is ours!! - ナオト・インティライミ https://t.co/C4VPbXydET @YouTubeさんから 今日の一押し曲です クラブワールドカップもようやく楽しみになってきました

Tue Dec 15 15:29:29 +0000 2015

ナオト・インティライミ『The World is ours!』国立で超盛り上がって聴いたことを思い出した!! もっと聴ききたい♪ #FNS歌謡祭

Wed Dec 16 10:28:39 +0000 2015

ワールドカップが終わり、ますます精力的に活動するナオト・インティライミ

ワールドカップが終わって以降、ナオト・インティライミはますます精力的に音楽活動を行うようになりました。ワールドカップで良い刺激を受けたのでしょうね。
メディアにもよく登場するナオト・インティライミはますます人気者となりました。

そして、ナオト・インティライミは2015年12月、念願のドームコンサートを京セラドーム大阪にて行います。今後どんな名曲を作るのか、どれだけ人気が高まっていくのか、楽しみですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ