記事ID49636のサムネイル画像

映画、小説と有名な時をかける少女についての解説まとめ!!

ドラマ、映画、小説と幅広い世代に知られている時をかける少女についてあらすじや内容などの解説を含めたものを調べてまとめました。時をかける少女を見たことがある方にも解説を読みもっと楽しめ、これから初めて作品を楽しむ人への参考にしてみてはいかがでしょうか。

時をかける少女とは

解説を始める前に時をかける少女のあらすじについて紹介します。
作品によって解説は変わりますが原作のあらすじを理解するといいでしょう。

ある日、中学3年生の少女・芳山和子は、同級生の深町一夫や浅倉吾朗と一緒に理科室の掃除を行っていた時に、実験室でラベンダーの香りを嗅いで意識を失う。その3日後、和子の周囲にはいくつかの事件が起こる。深夜に起こった地震により、吾朗の隣の家が火事になる。そして、その翌日に吾朗と共に交通事故に巻き込まれそうになった瞬間、和子は前日の朝に時間を遡行する。もう1度同じ1日を繰り返した和子は、一夫と吾朗にこの奇妙な体験を打ち明ける。最初は信じなかった2人も、和子が地震と火事を予言した事で、和子の話を受け入れる。3人の話を聞いた理科の担任である福島先生は、和子の能力はテレポーテーションとタイム・リープと呼ばれるものであることを説明し、事件の真相を知るためには、4日前の理科室に戻らなければならないことを指摘する。
やがて自分の意思でタイム・リープを行えるようになった和子は、4日前の理科実験室で正体不明の訪問者を待ち受ける。そこへ訪れたのは、深町一夫であった。一夫は自分が西暦2660年の未来で暮らしていた未来人であると語り、未来では採取できなくなったラベンダーを得るためにこの時代にやってきたのだと説明する。さらに和子や周囲の人間が持っている一夫の記憶は催眠術によるものであり、実際に和子が一夫と過ごした時間は、1ヶ月程度であることも打ち明ける。しかし、その1ヶ月の間に一夫は和子に好意を抱くようになっていた。タイム・リープのための薬品を完成させた一夫は再び未来へ帰還するが、その直前に、和子の前にいつか再び別の人間として現れることを約束する。
タイム・リープの秘密を守るために和子や他の人々から一夫の記憶は消されてしまうが、和子は心の底に残るいつか再び自分の前に現れると約束した誰かを待ち続けるのだった。

出典:https://ja.wikipedia.org

時をかける少女の作品は沢山ありますが今回はアニメ版映画時をかける少女の解説に絞ってまとめます。
そちらのあらすじは下記にあります。
解説としたら少し物足りないかもしれませんが同じ時間を何度も廻ったりしているのでこの量がまずわかっていれば十分な解説になると感じます。

東京の下町にある高校に通う女子高生・紺野真琴は、ある日踏切事故にあったのをきっかけに、時間を過去に遡ってやり直せるタイムリープ(時間跳躍)能力に目覚めてしまう。
最初は戸惑いつつも、遅刻を回避したり、テスト問題を事前に知って満点を取ったりと、奔放に自分の能力を使う真琴。そんなある日、仲の良い2人の男友達との関係に、微妙な変化が訪れていく。

出典:https://ja.wikipedia.org

時をかける少女の登場人物

時をかける少女の登場人物です。、解説も含めてまとめてありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。
個人の解説を理解しておくと物語が分かりやすくなりますよね。

紺野真琴(こんの まこと)
本作の主人公(新ヒロイン)。東京の下町にある高校に通う2年生。ある日突然、時間を跳躍する「タイムリープ」の能力を身につける。学校の成績は中の下。朝に弱く、遅刻をくり返す。
男友達の千昭と功介とは、放課後にキャッチボールやノックをして遊ぶ、奇妙な間柄。2人には恋愛感情を持っておらず、友達感情だったが…。
彼女が「タイムリープ」の能力を発動するためには、助走をつけてジャンプする必要があり(たまにそのような動作を行っていない場合があるため、彼女が知らないだけで、他にも方法は在ると思われる)、跳躍先で勢いがついたまま転がり回るため、周囲の人間から訝しがられている。
「タイムリープ」の使い方に慣れると、妹に食べられたプリンを先回りして食べたり、遅刻した日に時間通り登校し、設問の内容を知っている抜き打ちテストで満点を取るなど、ささやかな私利私欲のために能力を駆使するお調子者。
タイムリープをすると、残りの回数が痣のような感じで手首に2桁で表示される(残り回数が1回の場合は「01」)。
ミニスカートでのアクションが多いが、スカートが不自然になっても下着が見えないようにと作画設定がされている。

出典:https://ja.wikipedia.org

間宮千昭(まみや ちあき)
真琴のクラスメイトで、遊び友達。高校2年の春に転校して来た。美形であるため、女子生徒にファンも多い。
転校当初は喧嘩に明け暮れる日々を過ごすが、真琴に野球を誘われて以来徐々に感化され丸くなっていった。
数学の成績は極めて優秀だが、一方で簡単な漢字が読めないという妙な少年。
真琴と功介の3人で放課後に野球ごっこをするなどしてつるんでいる。不思議なバランスで結ばれていた3人だったが、千昭は真琴を意識し始めていた。
実は彼には秘密があった。

出典:https://ja.wikipedia.org

津田功介(つだ こうすけ)
真琴のクラスメイトで、遊び友達。精悍な容貌の秀才。家は病院で、彼も医者を目指している。高二の夏まで野球部に所属していたが、自主退部した。
彼がグループの一員であることは校内でも不思議に思われているようである。ボランティア部の後輩・果穂が彼に告白したことから、3人のバランスが微妙に崩れ始める。

出典:https://ja.wikipedia.org

芳山和子(よしやま かずこ)
真琴の叔母で、原作のヒロイン。美術館(東京国立博物館)で絵画の修復をする仕事をしている。
30代後半だが独身で、浮世離れしたその雰囲気からか、真琴は彼女を「魔女おばさん」と呼んでいる。
自分の若い頃に真琴を照らし合わせ、色々と助言のような、適当に調子を合わせているようなことを語り、最後のシーンで真琴に自分と真琴は違うと気付かせる。真琴はそれを後押しにし、最後のタイムリープへと向かう。

出典:https://ja.wikipedia.org

藤谷果穂(ふじたに かほ)
ボランティア部に所属する、真琴たちの下級生。
引っ込み思案な性格でいつも俯いている少女だが、過去のボランティア部のとある活動から功介に好意を抱いている。おせっかい焼きの友人が2人おり、彼女らに引きずられるかたちで功介に告白する。

出典:https://ja.wikipedia.org

早川友梨(はやかわ ゆり)
真琴のクラスメイトで、仲のいい女子生徒。
千昭が気になるようで、真琴を通じて彼の事を知ろうとする。真琴と千昭が既に付き合っているのではないかと恐れていた。

出典:https://ja.wikipedia.org

紺野美雪(こんの みゆき)
真琴の妹で中学生。
真琴には常々「バカ」と評されているが、真琴より早く起きたり、料理の手伝いを積極的にしたりと、真琴よりは真面目な性格。また、心配症な一面も。

出典:https://ja.wikipedia.org

上杉盛子(うえすぎ たかこ)
果穂の友人で、ボランティア部所属。髪を後ろで束ねている。友達思い。

出典:https://ja.wikipedia.org

野分析美(のわけ ともみ)
果穂の友人で、ボランティア部所属。前髪をヘアピンで留めている。

出典:https://ja.wikipedia.org

福島(ふくしま)
真琴らの担任教師。担当教科は数学。長髪オールバック・口ひげ・ネックレス・細く整えた眉のチンピラファッションだがテストの答案用紙に『もっと頑張りましょう』『Excellent!!』と書いて返す見た目より真面目な教師。

出典:https://ja.wikipedia.org

加藤(かとう)
真琴のクラスメイト。

出典:https://ja.wikipedia.org

おばさん
坂道で真琴とぶつかる子連れの女性。

出典:https://ja.wikipedia.org

高瀬宋次郎(たかせ そうじろう)
真琴のクラスメイト。タイムリープによって真琴が回避した不幸をかぶり、以降不運が続いてしまう。

出典:https://ja.wikipedia.org

登場人物が多く解説も多くなっていますが一度作品を見るともっとわかりやすくなりますよね。解説にはその人がどういう人物で役割なのかもあるのでそれを考えながら見るのも楽しいですよね。

時をかける少女の解説

時をかける少女のきになる部分について解説していきます。

Time and tide waits for no one.について

「Time and tide waits for no one.」

という「ことわざ」なのだそうです。
意味は、歳月人を待たず。

出典:http://yokokokon.com

そのあとのハァ?についても誰が書いたのか明かされていません。はっきりとした解説がないため様々な憶測がありますが自分の考えで推理しながら見るといいですね。

芳山和子について

アニメ版の方は、
原作から20年後の世界という設定。

出典:http://omnamahashivaya.info

アニメの方の魔女おばさんと同一人物。


そして、
真琴ほど行動的なキャラクターではないものの、
彼女と似ている部分も強く感じます。

魔女おばさん=真琴の未来の姿に近い存在
と思うこともできる訳です。

出典:http://omnamahashivaya.info

原作の主人公だったのです。この解説を読めばセリフの意味も理解できるのではないでしょうか。

未来で待ってるのセリフについて

千昭が最後に使ったタイムリープの影響だと思った真琴は、千昭にまた会えると思い過去に戻ることを決意しその最後のタイムリープを使った。真琴はタイムリープを使えるようになる以前の理科実験室に戻ります。真琴は千昭のいるグラウンドへ向かい走ります。千昭と再会した真琴はこれからどんなことが起こるのかについて説明する。千昭には未来に帰るためのタイムリープの能力が残っています。タイムリープの事を知られると一緒にはいられないと千昭は未来に帰ることに。千昭は涙を流す真琴をそっと抱き寄せて最後の会話を交わします。
千昭「未来で待ってる」
真琴「うん、すぐ行く、走っていく」

出典:http://eiga-watch.com

未来で待ってるの意味とは?絵なのか本当に又会えるのかはどの解説にも描かれていません。
しかしその後全力で生きていく真琴にはどんな意味でも大切な言葉だったのではないでしょうか。

この作品には根拠のある解説をするのが難しい点がいくつかあります。タイムワープしているので時間や日時の点からも解説が難しくなるのです。ただ確実なものがなくても自分で解説を考えながら見返すのも楽しみですよね。

時をかける少女の作品と解説

小説[編集]
シナリオ・時をかける少女
筒井による短編小説。1983年の映画のパロディであり、同年に書かれた。映画を演じる役者の作る虚構の世界と、現実に学校社会で起こる生徒の問題を絡ませ、役者たちの虚構の世界が現実世界に飲み込まれていく様を描く。

出典:https://ja.wikipedia.org

時をかける少女の小説はパロディのようで演じている役者の話です。解説も少しありますが実際に見てみなければ想像が難しい作品ではありますね。

映画[編集]
1980年以降で4回も劇場映画化された小説は他に存在しない(シリーズ化は除く)。
1983年 『時をかける少女』((旧)角川春樹事務所) 主演:原田知世、監督:大林宣彦
原田知世主演による大ヒット映画。大林監督の代表作「尾道三部作」の一つと数えられる。
主題歌「時をかける少女」(作詞・作曲:松任谷由実)も原田が歌った。
公開時のキャッチコピーは「愛の予感のジュブナイル」であった。
出演:尾美としのり、岸部一徳、根岸季衣、高林陽一、上原謙、入江たか子、高柳良一
1997年 『時をかける少女』((新)角川春樹事務所) 主演:中本奈奈、監督:角川春樹
大林版をプロデュースした元角川書店社長の角川春樹が自ら監督として制作。制作に角川書店は一切関わっておらず、大々的な宣伝を打つことも無く公開されたため、知名度が低い。
原田知世がナレーションを担当している。白黒作品。
主題歌「時のカンツォーネ」は、大林版の主題歌「時をかける少女」と同じ歌詞に、松任谷由実が新たにメロディをつけて自ら歌った曲である。
出演:野村宏伸、伊武雅刀、中村俊介、早見優、久我美子、浜谷真理子、榎木孝明、渡瀬恒彦、山村五美、倍賞美津子
2006年 『時をかける少女』(アニメ映画)製作:「時をかける少女」製作委員会、配給:角川ヘラルド映画、監督:細田守
大林版実写映画の約20年後、2006年を舞台とした新たな物語。主人公の紺野真琴は、芳山和子の姪の設定である。
原作者の筒井も本作を、「本当の意味での二代目」とコメントしている。
声の出演:仲里依紗、石田卓也、板倉光隆、原沙知絵、谷村美月、垣内彩未、関戸優希
2010年 『時をかける少女』 製作:映画「時をかける少女」製作委員会、監督:谷口正晃
主人公は芳山和子の娘という設定で、アニメ版の主人公の声を務めた仲里依紗が演じる。
出演:仲里依紗、中尾明慶、安田成美、勝村政信、石丸幹二、青木崇高

出典:https://ja.wikipedia.org

時をかける少女の映画は何度も形を変え映画化されています。アニメ版、実写版と様々で内容も少しずつ違っています。それぞれ監督や出演者の解説もありますので大まかな解説を見て気になるものから見ていくのもいいでしょうね。

テレビドラマ[編集]
1972年 『タイムトラベラー』『続 タイムトラベラー』(NHK少年ドラマシリーズ) 主演:島田淳子
NHKの少年少女向けテレビドラマ枠『少年ドラマシリーズ』の第一弾として、初映像化。
続編は筒井原作とクレジットされているが、実際は正編に続いて脚本を担当した石山透によるオリジナルストーリー。1978年、石山のノベライズが鶴書房盛光社刊。2011年、復刊ドットコムより再刊。
1985年 『時をかける少女』(フジテレビ単発ドラマ、「月曜ドラマランド」) 主演:南野陽子
1994年 『時をかける少女』(フジテレビ「ボクたちのドラマシリーズ」) 主演:内田有紀
原作者の筒井が住職役でレギュラー出演している。
チーフディレクターには『世にも奇妙な物語』シリーズなど多数を監督している落合正幸が起用された。
なおこの作品を以て、『ボクたちのドラマシリーズ』は事実上廃枠、またフジ土曜20:00のドラマ路線も事実上終了した。
2002年 『時をかける少女』(TBS単発オムニバス「モーニング娘。新春! LOVEストーリーズ」内の一篇) 主演:安倍なつみ
ステレオドラマ[編集]
1990年 『時をかける少女』 サウンド文学館・パルナス SFメルヘン(CD53分)、主演:岡坂あすか、演出:小笠原忍、企画・制作:学習研究社、製造:日本コロムビア株式会社、

出典:https://ja.wikipedia.org

ドラマでも時をかける少女は数回にわたり放送されていますがこちらも内容は少しづつ変わっていますので解説を見てからドラマを見ると理解しやすいですよね。

時をかける少女の解説についてのまとめ

こちらの解説で興味がわきましたか?
小説、映画など多くのジャンルで出されている時をかける少女。今まで見たことある作品以外にも触れてみるとまた違った感想やオリジナルの解説が出てくるのではないでしょうか。
解説の内容を理解し新たな目線から見るのも楽しいですよね。
また、謎のままの箇所の解説を考えながら見れるのも魅力の一つですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ