記事ID45866のサムネイル画像

「あまちゃん」主役の能年玲奈。ふり着な空気に包まれた女優・・・

「あまちゃん」では「天野アキ」役を演じていた能年玲奈さん。能年玲奈さん=「あまちゃん」の印象が強い彼女です。能年玲奈さんがブレイクした「あまちゃん」や、能年玲奈さんの素顔について、調べてまとめてみました。能年玲奈さんの素顔は・・・?

能年玲奈 プロフィール



能年 玲奈

生年月日
1993年7月13日(22歳)

出生地
日本の旗 日本・兵庫県神崎郡神河町

身長
162 cm[1]

血液型
A型[2]

職業
女優

ジャンル
テレビドラマ・映画・CM

活動期間
2006年 -

事務所
レプロエンタテインメント

出典:https://ja.wikipedia.org

能年玲奈とあまちゃん

能年玲奈とあまちゃん あまちゃんって?

『あまちゃん』は、2013年度(平成25年度)上半期にNHKで制作され、総合テレビとBSプレミアムで放送された連続テレビ小説・第88シリーズのテレビドラマ作品である。

出典:https://ja.wikipedia.org

能年玲奈とあまちゃん あまちゃん あらすじ

春子(小泉)
アキ(能年ちゃん)
三陸の実家に帰る
夏バッパ(宮本信子)と暮らす

夏バッパ
海女の仕事しとる

アキちゃん
おら海女になる・・・・

からの物語が始まる


高校の同級生
ユイちゃんと合う
ユイちゃんはアイドルになりた―いと 東京を目指す
平行して海女カフェがオ―プンする
お座敷列車が走る

―――――――――
このあたりで 前編終了

―――――――――
アキ種市先輩に恋をするも失恋する

ユイちゃんと 種市先輩が上京する

ユイちゃん上京するも
ユイちゃんの母失踪

アイドル辞めて地元に戻り不良になる


からの→アキのGMTの活動がスタートする


※ここからが面白いですね
アキ鈴鹿ひろみの付き人になる

内容は濃いです
中略

母の過去が明らかになる


そこからの
アキ成功する

震災が起こる

アキ地元に帰る

最終回 復興を果たした三陸鉄道が走る

じぇじぇ??

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ん円玲奈主演「「あまちゃん」の簡単なあらすじです。ここでは「じぇじぇじぇ」という言葉がたくさんでてきて、流行語大賞にも選ばれました。

能年玲奈とあまちゃん あまちゃん主役 天野アキ

天野 アキ(あまの アキ)演 - 能年玲奈 ※「東京編」(第73話 - 第132話冒頭)、第154話以降の語りも兼任。本作のヒロイン。16歳(高校2年生)の夏以来、東京から北三陸市に移住して海女となり、やがて親友・ユイと共にアイドルの道を歩む。

出典:https://ja.wikipedia.org

「あまちゃん」の中で能年玲奈さんが演じる「天野アキ」。東京では目立たない子だったアキが、三陸氏へ移り住むことにより、人間として成長したって感じですね。

能年玲奈とあまちゃん 潮騒のメモリーズ

潮騒のメモリーズ(しおさいのメモリーズ)アキとユイによる、北三陸の活性化のために結成された地元アイドルのユニット。衣装は絣半纏にフリルを施したもので、アキは赤を基調としたフリルに鉢巻きを意識した「北の海女」と書かれたリボンをつけている。ユイは青を基調としたフリルに車掌帽子をイメージした小さい髪留めを使用している。衣装デザインはユイが考えたもので、衣装を縫製したのはユイの母・よしえ。お座敷列車と海女〜ソニックでの活動実績があり、両方とも岩手こっちゃこいテレビの取材を受けている。なお、東日本大震災後に活動を再開してからは、「潮騒のメモリーズZ(ゼット)」と名乗ることがある[注 9]。

出典:https://ja.wikipedia.org

あまちゃんの中で結成された「潮騒のメモリーズ」。アキのお母さん、春子が昔影武者として歌っていた「潮騒のメモリー」を歌っている二人組、能年玲奈さん演じるアキとアイドルを夢見るユイのコンビ。この歌の歌詞が私は大好きです。

能年玲奈とあまちゃん あまちゃん以外での能年玲奈

あまちゃん出演前の能年玲奈

ロングヘアだったころの能年玲奈さん。かわいいですね。

2006年、ローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』(新潮社)のモデルだった新垣結衣に憧れて第10回ニコラモデルオーディションに応募し、グランプリを獲得[5][4]。

2010年、映画『告白』で生徒役として台詞はなかったものの女優デビュー[1]。オーディション選考の基準としては中学生の話ということもあり15歳以下としていたが、当時16歳の能年が選ばれており、生徒の中では最年長である。中島哲也監督は「彼女は特別だから」と語っている[6]。

2012年、映画『カラスの親指』で、第37回 報知映画賞 新人賞を受賞。本作はオーディションでヒロインを獲得し、能年は役作りのためにロングヘアだった髪を20cm以上切った

出典:https://ja.wikipedia.org

能年玲奈さんはモデルとしてデビューされたようです。その後映画ですスクリーンデビューされたようです、2012年にヒロイン役をした映画ではロングヘアをバッサリなんて、すごいです。さすがは女優ですね。

あまちゃん出演後の能年玲奈さん

あまちゃん出演の時と髪型は変わりませんが、雰囲気が全く違いますね。

2014年、エランドール新人賞を授賞。映画初主演した『ホットロード』で第6回TAMA映画賞最優秀新進女優賞[13]、第27回日刊スポーツ映画大賞新人賞[14]、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞[15]を受賞した。

出典:http://ja.wikipedia.org

映画「ホットロード」で初主演を果たした能年玲奈さん。あまちゃんとは全く違う役を上手にこなしていました。

能年玲奈ってどんな人?

人見知り 能年玲奈

人見知りな性格で[16][17]、特技は絵を描くこと、趣味はギター演奏、読書、アニメ鑑賞[1]。1歳下の妹がいる

出典:https://ja.wikipedia.org

生放送の番組でなかなか会話がかみ合わず、司会者が困っている場面を見ましたが、人見知りからきているのかなって感じました。「あまちゃん」での能年玲奈さんとのイメージが全く違いびっくりしました。演技は上手なのかもしれないですね。さすが、女優さん。

能年玲奈 名前の由来

書、アニメ鑑賞[1]。1歳下の妹がいる[17]。
「能年(のうねん)」という名字は珍しく、「お寺の子?」と聞かれることがよくある[18]。「玲奈」という名前は「お母さんが『れな』の音の響きが好きで」とのこと[19]。姓氏研究家の森岡浩は、この「能年」という名字について、播磨国飾東郡にあって、江戸時代に姫路の城下町に組み込まれた「南畝(のうねん)村」、現在の「兵庫県姫路市南畝町」[注 1]が由来と推定している

出典:https://ja.wikipedia.org

「能年玲奈」という名前を聞いたとき、苗字が珍しかったので、芸名かと思ったら、本名だったのですね。

能年玲奈の今

ニュースでちょくちょく報道されていますが、能年玲奈さんは
なにやら「洗脳」されているとか。

洗脳されて勝手に事務所を設立したそうですよ。
いわば独立したって事ですね。

何も能年さんがやったわけではなくて
演出トレーナーの滝沢充子さんがやったと噂されています

出典:http://shinkenshowv.xsrv.jp

せっかく「あまちゃん」でブレイクした能年玲奈さんですが、「あまちゃん」が終わってから、だんだんと表舞台へ出る機会が少なくなってきて、最後には「洗脳騒動」になったような気がします。今現在何をしているかわからない能年玲奈さんですが、また活躍してほしいです。

能年玲奈 エピソード

能年玲奈 エピソード1

一時期ひっぱりだこだったダンディ坂野。能年玲奈が子供のころにダンディ坂野の「ゲッツ」を真似していたなんて・・・。

子供の頃にはお笑い芸人になりたいと思った時期もあり、ダンディ坂野にハマっていた。小学校5年から6年生の頃、ダンディのギャグ「ゲッツ&ターン&リバース&ステップステップ」を何秒でやれるかを友達と競っていた。能年本人曰く「全盛期の頃は1秒で出来た」とのこと

出典:http://ja.wikipedia.org

お笑い芸人になりたかったという、能年玲奈さん。今の姿からは想像できないですね。しかも、ダンディ坂野が好きだったなんて・・・。

能年玲奈 エピソード2

「あまちゃん」ヒロイン合格発表はオーディションの最終審査としてNHKに呼ばれ、合格通知の入った封筒を渡されるというサプライズだった。しかし能年は封筒に入った紙に書かれた『ヒロインは能年さんに決定しました。』という文字を最終審査の台本だと勘違いし、声にだして読むも気づかずスタッフから「もう一度読んでください。」と言われ、何度も読んでしまった。最終的にはプロデューサーから「能年さんに決定しましたよ。」と言われ、そこで初めて気づいた[29]。

出典:https://ja.wikipedia.org

能年玲奈さんの天然ぶりが垣間見られるエピソードですね。あまりにも天然すぎてびっくりです。

能年玲奈 エピソード3

ヒゲが好きで、「『世界ヒゲ選手権』に行きたい」「家で、付けヒゲを付けたりしている」と発言している[27

出典:https://ja.wikipedia.org

お茶目な面がある、能年玲奈さん。テレビの中でも「ひげ」を披露していた能年玲奈さんでした。

能年玲奈とあまちゃんと まとめ

「あまちゃん」に出演したことでブレイクした、能年玲奈さん。ドラマの中で発していた「じぇじぇじぇ」も当時の流行語大賞に選ばれていました。そのくらい国民に印象深いドラマに出演した能年玲奈さんですが、「あまちゃん」に出演後はあまりぱっとしない感じがしています。とても演技が上手な女優さんなので、「あまちゃん」のイメージがなかなか抜け切れていませんが、テレビなどで活躍してほしいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ