武井咲主演のテレビドラマ “BEST5” をピックアップして紹介

明るい役の演技で評判の武井咲さん。武井咲さんが出演している、「東京全力少女」、「お天気お姉さん」、「戦力外捜査官」、「ゼロの真実〜監察医・松本真央〜」、「すべてがFになる」のあらすじ、キャスト、世間の反応などを紹介したいと思います。

ドラマの明るい演技が評判の、武井咲 のプロフィール

武井咲

誕生日:1993年12月25日
星座:やぎ座
出身地:愛知県
身長:163cm
デビュー作品:SEVENTEEN (雑誌)モデルとしてデビュー
趣味:バスケットボール、ネイル、お菓子作り

映画『るろうに剣心』で、第36回日本アカデミー賞の新人俳優賞、映画『今日、恋をはじめます』で、第22回日本映画批評家大賞の新人女優賞などを受賞しています。

ドラマ 『東京全力少女』の、佐伯麗役で出演している、武井咲

2012年10月10日~12月19日まで、日本テレビで放送されています。

武井咲ドラマ①『東京全力少女』のあらすじ

佐伯麗は香川県・琴平町で母親と二人で暮らしていたが、憧れの東京で生活してみたいと思い立ち、62万1000円の貯金を全額おろし、女手一つで自分を育ててくれた母親には感謝しつつも、家出同然で故郷を後にした。
麗は上京して早々、置引きに全財産を盗まれてしまう。途方に暮れる麗は下北沢のフリーマーケットで出会った芹沢華子から怪しい男を紹介される。その男こそが15年前に自分と母親を捨てた実の父親だった。

出典:http://ja.wikipedia.org

武井咲ドラマ①『東京全力少女』のキャスト

主役は武井咲さんで、その他には渡部篤郎さん、三浦翔平さん、塚本高史さんなどが出演しています。

武井咲ドラマ①『東京全力少女』の世間の反応

今回の武井咲ちゃんのドラマは、今までとは正反対といってもいいくらい、性格の明るいというか、タイトルのとおりに全力少女ですね。見ていて面白いけど、えー。と思わされるくらいありえない行動をしてます。父親は大変だわ。いつも思ってみてます。

出典:http://entertainment.rakuten.co.jp

最初、新聞でドラマ名を見て気になって、このドラマを見始めました。 最初から最後まで、面白く、楽しく見られました。あと、見てる人が元気になります。すごくいいドラマだと思います。特に、麗ちゃんとお父さん、麗ちゃんと大輔くん、麗ちゃんと櫻井さんの、コンビネーションが、いいと思いました。また、再放送やスペシャルをやってください。そして、いつまでも「東京全力少女」を、応援しています。

出典:http://tv.yahoo.co.jp

東京全力少女大好きです!
毎週めっちゃ楽しみにしてます!
武井咲ちゃんのピュアなかわいさとか
演技のうまさとか、ほんとに可愛い♪
渡部篤郎さんとのやりとりも
大好きです!

出典:http://tv.yahoo.co.jp

ドラマ『お天気お姉さん』の、安倍晴子役で出演している、武井咲

2013年4月12日~6月7日まで、テレビ朝日で放送されています。

武井咲ドラマ②『お天気お姉さん』のあらすじ

上司からゆとり世代扱いされている警視庁捜査一課の新人刑事・青木豪太はある日の捜査中、事件と気象との関わりを指摘する気象予報士・安倍晴子と出会う。晴子はテレビ太陽の朝の情報番組『モーニングZ』のお天気キャスター(お天気お姉さん)に採用され、無表情で天気予報を伝える姿が受けて一躍人気者になる。豪太は晴子の下宿先であり彼女の知人である蜜代がママを務めるスナック「蜜の味」に事件をたびたび持ち込み、晴子は豪太や、彼女の熱狂的なファンとなった監察医・三雲三平とともに、気象が関わる事件の謎を次々と解いてゆく。

出典:http://ja.wikipedia.org

武井咲ドラマ②『お天気お姉さん』のキャスト

主演は武井咲さんで、その他には大倉忠義さん、 佐々木蔵之介さん、壇蜜さん、 佐々木希さんなどが出演しています。

武井咲ドラマ②『お天気お姉さん』の世間の反応

今まではなんだか武井さんってネクラな優等生のイメージキャラクターだったのに今回はとってもあかぬけていてかわいくはまりました深夜枠なのに見逃したくないと見たくなったドラマは久しぶりでしたこんな役ならもっと歓迎ですね

出典:http://entertainment.rakuten.co.jp

全話見ました。
構えずに見れて、為になることもあり、面白いドラマでした。
武井咲さん、今まであんまり好印象ではなかったけど、この役はハマリ役ですごくよかったし、檀蜜さんの使い方や演技がよくてビックリでした。
佐々木さんや大倉くんは元々好きなので、2人のやり取りや、蜜の味での会話が楽しかったです。
テレ朝は刑事ものが得意ですし、続編を期待してます!

出典:http://tv.yahoo.co.jp

ほんとに夜11時放送はもったいない!

漫画的でもストーリーはしっかりしてたし、思いもよらないぷっと噴出してしまうユーモアもあって、なにより壇蜜さんも咲ちゃんもすっごく雰囲気がいい。

佐々木蔵之介さんもすっごくいい。楽しかったドラマでした。

ラブコメディでもなく、サスペンスでもなく、でも、なんかほっこりした可笑しさとなかなか意味深い謎解きがあったりで今までに無い新鮮なドラマでした。

出典:http://tv.yahoo.co.jp

ドラマ『戦力外捜査官』の、海月千波役で出演している、武井咲

似鳥鶏さんの、日本の推理小説シリーズが原作で、2014年1月11日 ~ 3月15日まで、日本テレビで放送されています。

武井咲ドラマ③『戦力外捜査官』のあらすじ

海月千波(武井咲)は警視庁のキャリア組。希望して捜査一課18係に配属されるが、キャリアに現場に来られるなど刑事たちにとっては大迷惑。
巡査の設楽恭介(TAKAHIRO)は川萩係長(八嶋智人)から「千波を絶対に捜査に参加させるな」と命じられる。

そこに中学生が銃で殺害されるというショッキングな事件の一報が入った。
本部に留め置かれた千波だが、設楽の制止を振り切り、現場で聞き込みを始める。捜査はド素人な千波だが実は推理オタクで、
設楽が心の中で思ったことを意外にズバリと言い当てたりするのだ……。
千波は事件の背景にいじめが絡んでいると推察するが、川萩たちは耳を貸さない。おまけに千波の失態で追っていた人物を取り逃してしまう。
川萩から「お前は戦力外! 」と怒鳴られる千波。しかしそんなことでひるむ彼女ではなかった。
果たして推理オタクの警部と熱血巡査コンビは、事件を解決できるのか――?

出典:http://www.amazon.co.jp

武井咲ドラマ③『戦力外捜査官』のキャスト

主役は武井咲さんで、その他にはTAKAHIROさん、八嶋智人さん、徳重聡さん、濱田マリさんなどが出演しています。

武井咲ドラマ③『戦力外捜査官』の世間の反応

一見コミカルな感じがしますが最後まで見ると感動的なところもあっていいドラマだなぁ。。と思えますねw主演の武井咲さんもかわいいですしまわりの役者さんたちもくせのある人ばかりでおもしろいですね。ちょっとだけしか出てませんがですが関根勤さんもおもしろいです。

出典:http://entertainment.rakuten.co.jp

武井咲ちゃん主演のコメディー系刑事ドラマ作品です。タカヒロがドラマ初出演しているのですが、あまり違和感なく演じられているので自然でいいと思います。重いイメージが多い中、こういったコミカルでくすっとできる刑事ドラマも観ていて楽しいです。

出典:http://entertainment.rakuten.co.jp

18係のメンバーがみんな面白くて笑い処満載でした。
楽しそうな職場だなぁなーんて。
真面目な刑事ドラマではないので気軽にみれて面白かったです。

出典:http://tv.yahoo.co.jp

ドラマ『ゼロの真実〜監察医・松本真央〜』で、松本真央役で出演している、武井咲

2014年7月17日~ 9月4日まで、テレビ朝日で放送されています。

武井咲ドラマ④『ゼロの真実〜監察医・松本真央〜』のあらすじ

中央監察医務院。死因不明の急性死、事故死、自殺など、すべての不自然死の検案・解剖を行う機関。ある日、万年人手不足にあえぐその医務院に、松本真央(武井咲)という新人監察医が着任する。彼女はIQ150という才女だが、学生時代から法医学の世界にのめり込んでいたという変わり者。自己紹介もそこそこに、プロファイラーのような洞察力で上司のプライベートをずけずけと分析するなど、初日から先輩職員たちを困惑させる。ただ一人、ベテラン監察医の印田恭子(真矢みき)だけは冷静に、真央を試すような言動を見せるのだった。

出典:http://www.amazon.co.jp

武井咲ドラマ④『ゼロの真実〜監察医・松本真央〜』のキャスト

主役は武井咲さんで、その他には佐々木蔵之介さん、生瀬勝久さん、和田正人さん、でんでんさん、六角精児さんなどが出演しています。

武井咲ドラマ④『ゼロの真実〜監察医・松本真央〜』の世間の反応

武井咲の演技が良いのはもちろん、脇を固める役者が上手い!キャラがそれぞれユニークでかつ魅力的だと思う。

出典:http://tv.yahoo.co.jp

武井咲ちゃん主演のドラマ作品です。タイトルにもあるように監察医を主人公としたストーリーなので結構珍しいと思います。死因を徹底的に調べ上げるのもこの職業に就いた理由も今後明らかになっていきそうなので楽しみです。

出典:http://entertainment.rakuten.co.jp

すっかりハマって観ています。毎回のストーリーも面白いのですが、最後のちょこっとずつ出されている松本の真実に引き込まれます。松本の境遇や親の秘密に近づくほどに、次ぎの回が楽しみになっていきます。印田先生や刑事も関わりがあったなんて。もう気になって気になって仕方ありません。そして、武井さんの美しさ!陰気な中にもびしっと通る一本の筋のような気迫がイイです。表情が無くても、あの大きな瞳が真っ直ぐ前を向いているだけで存在感を放っています。武井さんにピッタリの役ですね。

出典:http://tv.yahoo.co.jp

ドラマ『すべてがFになる』で、西之園萌絵役で出演している、武井咲

原作は、推理作家の森博嗣さんのミステリー小説で、2014年10月21日~- 12月23日まで、フジテレビで放送されています。

武井咲ドラマ⑤『すべてがFになる』のあらすじ

犀川研究室の旅行で、愛知県にある妃真加島(ひまかじま・架空)に向かった犀川創平と研究室の面々。犀川の恩師の娘である西之園萌絵も研究室の正式なメンバーではないが参加していた。妃真加島にはその所有者である真賀田家が設立した真賀田研究所があり、実は萌絵は研究所と多少の関わりがあったのだ。
真賀田研究所には優秀な研究者が集い、(世間の常識からは少し外れているが)彼らなりの論理・生活形態とそれを許容する環境の下で精力的に研究を進めている。その頂点に君臨するのが、真賀田四季博士。彼女は現存する最高の天才で、名実ともに研究所の活動の中心人物であった。そしてまた彼女は過去犯した殺人によっても有名人物であり、研究所の一画に隔離されている存在でもあった。

出典:http://ja.wikipedia.org

武井咲ドラマ⑤『すべてがFになる』のキャスト

主役は武井咲さんで、その他には綾野剛さん、小澤征悦さん、戸次重幸さん、 早見あかりさんなどが出演しています。

武井咲ドラマ⑤『すべてがFになる』の世間の反応

なんとなく見る前はでこぼこコンビのガリレオっぽいドラマの想像をしていましたが違いましたとってもシリアスでいきなり初回からミイラ化した遺体が登場したりけっこう難しめでまじめなドラマです一話でも見逃したらけっこう難しいかもね

出典:http://entertainment.rakuten.co.jp

犀川先生は恰好良いし萌絵も可愛い。
やはり映像化するなら犀川先生はとことん恰好良く演じるべき。
犀川先生と真賀田四季のやりとりも良かった。

出典:http://tv.yahoo.co.jp

1話目に気になって原作をシリーズ順に読み始め、はまってしまい全て読破しました。
理系じゃないので分かりにくい所も正直ありますが会話が素敵なので読んでるといろいろな発見があるので楽しくて何度も読み返したりしてます。
原作はあくまでも原作ですから、読者それぞれの想像が先にきてしまいますが、ドラマはアレンジされるのは仕方ないこと。
それでも原作そのままのセリフも散りばめられていて私は映像化したスタッフに感謝かな。
犀川先生と萌絵ちゃんの展開をどこまで持っていくのか楽しみ。
他にも見たいシリーズがあるけど、反響がなければスペシャルもないんだろなぁ。

出典:http://tv.yahoo.co.jp

武井咲の明るい演技に期待

テレビドラマにひっぱりだこの武井咲さん。最近では明るい役が増えたと評判です。武井咲さんが主役のドラマを、いくつかピックアップしてみましたが、どのドラマも面白いと思います。武井咲さんの今後の活動情報は、2015年3月21日(土)に戦力外捜査官スペシャルドラマが放送されます。武井咲さんの今後の活躍に期待大です。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ